ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 789697 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走志賀・草津・四阿山・浅間

浅間山を望む 黒斑山〜蛇骨岳〜仙人岳

日程 2016年01月02日(土) [日帰り]
メンバー growmono
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
チェリーパークラインは凍結防止剤等撒いてあるが日陰に凍結有。
高峰ビジターセンター(冬季閉鎖)無料駐車場。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間50分
休憩
1時間10分
合計
6時間0分
S高峰高原ビジターセンター09:3010:40槍ヶ鞘11:00トーミの頭11:1011:20黒斑山12:1012:40蛇骨岳12:50仙人岳13:0014:00黒斑山14:00トーミの頭14:50槍ヶ鞘15:30高峰高原ビジターセンター15:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
撮影主体と中一日休みの4日連続登山の疲労でゆっくりです。
コース状況/
危険箇所等
 当日は雪が少なく、アイゼンなしで黒斑山まで登頂可能。
黒斑山〜蛇骨岳のトラバースは滑りやすく東側滑落注意。
蛇骨岳〜仙人岳の岩場は狭く足場が悪いので転倒、滑落注意。
白ゾレは南からの強風にも晒される、雪庇が北側にあり。
火口2km立入規制だがJバンド、賽の河原までは行ける。
その他周辺情報西条八十の如く、帽子を探しに霧積温泉へ。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

槍ヶ鞘よりトーミの頭、浅間山を望む。雪が少なすぎ。
2016年01月02日 10:43撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ鞘よりトーミの頭、浅間山を望む。雪が少なすぎ。
3
トーミの頭から黒斑山〜蛇骨岳〜仙人岳を望む。
2016年01月02日 10:57撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トーミの頭から黒斑山〜蛇骨岳〜仙人岳を望む。
トーミの頭から浅間山。
2016年01月02日 10:58撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トーミの頭から浅間山。
5
トーミの頭から北方180度パノラマ。
2016年01月02日 11:02撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トーミの頭から北方180度パノラマ。
1
黒斑山山頂から浅間山。トーミの頭からの画像と似ているが若干火口部と樹林帯の模様が異なる。
2016年01月02日 11:06撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒斑山山頂から浅間山。トーミの頭からの画像と似ているが若干火口部と樹林帯の模様が異なる。
1
仙人岳、鋸岳、Jバンド、後方に白砂山〜三国、谷川連峰。
2016年01月02日 11:06撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙人岳、鋸岳、Jバンド、後方に白砂山〜三国、谷川連峰。
3
向って真西からの火口。噴煙が少なく今日は機嫌が良いらしい。
2016年01月02日 11:24撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向って真西からの火口。噴煙が少なく今日は機嫌が良いらしい。
2
黒斑山から蛇骨岳を目指す。トラバース地帯も雪が少ないが滑りやすい。油断大敵。
2016年01月02日 12:17撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒斑山から蛇骨岳を目指す。トラバース地帯も雪が少ないが滑りやすい。油断大敵。
1
林間を過ぎ岩場へ差し掛かる。
2016年01月02日 12:32撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林間を過ぎ岩場へ差し掛かる。
トラバースする下は断崖。白ゾレが美しい。
2016年01月02日 12:32撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバースする下は断崖。白ゾレが美しい。
蛇骨岳山頂。岩場の踏み抜きと転倒に注意。
2016年01月02日 12:40撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛇骨岳山頂。岩場の踏み抜きと転倒に注意。
蛇骨岳の急岩場をクリアし白ゾレ地帯へ。途中北側に雪庇がある。吸い込まれるような断崖。黒斑山では無かった猛烈な南風を受けた。吹き飛ばされるほど。
2016年01月02日 12:54撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛇骨岳の急岩場をクリアし白ゾレ地帯へ。途中北側に雪庇がある。吸い込まれるような断崖。黒斑山では無かった猛烈な南風を受けた。吹き飛ばされるほど。
仙人岳山頂までもう少し。猛烈な下から吹き上げる風を受けながら歩く。撮影の腕が悪く、写真で伝えられないのが残念。
2016年01月02日 12:54撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙人岳山頂までもう少し。猛烈な下から吹き上げる風を受けながら歩く。撮影の腕が悪く、写真で伝えられないのが残念。
1
仙人岳手前から振り返る。どちらに落ちても・・・
2016年01月02日 13:02撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙人岳手前から振り返る。どちらに落ちても・・・
仙人岳山頂。風強し。煽られる。
2016年01月02日 12:59撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙人岳山頂。風強し。煽られる。
2
仙人岳の三角点と浅間山。
2016年01月02日 12:59撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙人岳の三角点と浅間山。
1
仙人岳から北方パノラマ。白根、四阿山が美しい。浅間隠山。
2016年01月02日 13:00撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙人岳から北方パノラマ。白根、四阿山が美しい。浅間隠山。
1
仙人岳から南方パノラマ。黒斑山と歩いてきた稜線が美しい。
2016年01月02日 13:01撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙人岳から南方パノラマ。黒斑山と歩いてきた稜線が美しい。
1
猛烈な風を受けながら仙人岳最端部から。
2016年01月02日 13:05撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猛烈な風を受けながら仙人岳最端部から。
4
火口のアップ。
2016年01月02日 13:48撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火口のアップ。
4

感想/記録

 前橋市からも綺麗に白化粧した浅間山が見える。
だが現地に行くとやはり雪の少なさに愕然とする。
スノーシューは置いていき、アイゼンを付けずに黒斑山山頂まで行けた。

 しかし浅間山の冬の美しさは裏切らず、そこにあった。
前橋からは西側を見る事が出来ないので尚更。
時間が無かったのでJバンドまでは行けなかった。
(猛烈な南風と貧弱脚で虎の尾が怖かったのが本音・・・)
31日以外浅間隠山、水澤山、赤城山と連続登山なので足が疲れやすかった。

 黒斑山〜蛇骨岳のトラバースからはアイゼンを付けた。
積雪が少ないが、日が当たり融けており滑りやすく滑落の恐れがあるので要注意。
一気に湯ノ平高原まで行けるが・・・

 蛇骨岳〜仙人岳の急な岩場の箇所も要注意。
踏み抜きや引っ掛けで転倒し滑落の恐れがある。
また白ゾレ付近から仙人岳にかけては、尾根がやや狭いが両側が断崖で
当日は猛烈な南風に煽られながら歩き慎重に行った。
滑落すれば、一気に賽の河原かシャクナゲ園まで行けるが・・・

 お正月らしく混雑し、何十人の方々と楽しい会話を交わし、記念写真を
頼まれ撮影させて頂いた。
またどこかでお会いする事もあるだろう。
覚えていようがいまいが、気軽に声掛けして下さい。
私はでかいニコンをぶら下げ、右手にはコンデジがトレードマーク。
それより昼食の本物の鍋焼きうどんに、皆さん驚かれていたようだった・・・

 詳細はブログにて掲載しております。
http://drf1969.blog.fc2.com/
訪問者数:261人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ