ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 789713 全員に公開 山滑走甲信越

厳冬期 越後駒ヶ岳

日程 2016年01月01日(金) [日帰り]
メンバー YSHR, その他メンバー3人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間5分
休憩
35分
合計
10時間40分
S石抱橋02:5006:40道行山06:5010:15駒の小屋10:2010:33越後駒ヶ岳10:33駒の小屋10:5310:53石抱橋13:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
2.50 780m 石抱橋発
4.21 830m 尾根取付
6.40 1298m 道行山 
8.04 1377m 小倉山
9.35 1763m 前駒
10.15 1900m 駒の小屋
10.33 2002m 越後駒ヶ岳
10.53 2002m 越後駒ヶ岳発
12.48 830m 尾根取付
13.30 780m 石抱橋
コース状況/
危険箇所等
シルバーラインは終日通行可 銀山平石抱橋まで車が入れた

写真

越後駒に朝日が当たり出した
2015年12月31日 07:07撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越後駒に朝日が当たり出した
9
圧倒的な存在感 越後の盟主
2015年12月31日 07:17撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
圧倒的な存在感 越後の盟主
11
やはりここも薮が行く手を阻む
2015年12月31日 07:25撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはりここも薮が行く手を阻む
5
朝陽のなーかで微笑んで、、、
2015年12月31日 07:32撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝陽のなーかで微笑んで、、、
7
兄ちゃんが行く
2015年12月31日 07:32撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
兄ちゃんが行く
6
新雪直後は気持ちいい
2015年12月31日 07:51撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新雪直後は気持ちいい
3
荒沢岳から日が登る
2015年12月31日 07:55撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒沢岳から日が登る
2
ウーン マンダム
2015年12月31日 08:00撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウーン マンダム
14
素晴らしき稜線歩き
2015年12月31日 08:01撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素晴らしき稜線歩き
7
パクミン機関車ラッセル
2015年12月31日 08:08撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パクミン機関車ラッセル
6
樹氷もキラキラ
2015年12月31日 08:14撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹氷もキラキラ
12
兄ちゃんを振り返る
2015年12月31日 08:23撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
兄ちゃんを振り返る
駒が近づく
2015年12月31日 08:30撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒が近づく
10
待ってなさい
2015年12月31日 08:50撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
待ってなさい
8
大自然の中では人間なんてチッポイ存在
2015年12月31日 09:08撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大自然の中では人間なんてチッポイ存在
6
いよいよここからが核心
2015年12月31日 09:40撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよここからが核心
21
ナイフリッジ
2015年12月31日 09:43撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナイフリッジ
17
左右どちらも谷
2015年12月31日 09:43撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左右どちらも谷
15
これぞ雪山
2015年12月31日 09:46撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これぞ雪山
19
駒の小屋
2015年12月31日 10:08撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒の小屋
3
小屋を振り返る
2015年12月31日 10:10撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋を振り返る
4
スキーがあれば一気だ
2015年12月31日 10:56撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキーがあれば一気だ
9
冬の銀山平
2015年12月31日 12:47撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬の銀山平
6
駒を振り返るともう雲に隠れていた
2015年12月31日 13:27撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒を振り返るともう雲に隠れていた
8
撮影機材:

感想/記録
by YSHR

越後駒ヶ岳は言わずと知れた百名山で八海山、中ノ岳と並んで越後三山と知られる.豪雪地帯ゆえ厳冬期のワンディは多分記録がないであろう.

当初大湯から長い林道歩きを計画していたが直前に銀山平まで車が入れる事を知りこれはラッキーと八海山下山後疲れた体に鞭打ち車を走らされた.

夕方銀山平に到着、雪不足とは言えこの辺りでも1mは積雪はあろう.明朝3時発として就寝して目が覚めた.

石抱橋を渡りいきなりラッセルが始まる.夏道登山口を目指して川沿いの道を歩くが雪が多くて薮片斜面となり進めなくなった.今日は行くなと言う事か?ここで諦める僕たちではない.上部にもう一本林道がありそうだと引き返し登り上げると確かに林道がありここを詰めて行くと先に進めた.

1時間半かけてようやく尾根の取付へ、しかしだ、ここも絶望的な薮に阻まれてにっちもさっちもいかない、ダメ元で行くしかない,薮パッチンを受けまくり少しずつだがルートを伸ばす.

ラインを見つけてスキーで難儀なジグを切る.ここもパクミンが頑張る.暗闇の中なんとか道行山にたどり着く。この山の巻きは僕が引き受けよう.巻き職人の技をパクミンに見せてあげよう.

薮に阻まれる箇所もあったがほぼ完璧に巻いて過ぎた鞍部に出た.この辺りで薄明るくなり正面に圧倒的な駒が現れた.素晴らしい景色だ.本当に来て良かった.

朝日が荒沢岳から昇る。周囲は全て山で大自然のまっただ中にいる.

小倉山も完璧に巻きこれで帰りはシール無しで早く帰れる.小倉山からの駒までの稜線歩きはこれぞ雪山と言う感じだった.

帰りの滑りも期待出来る.豪雪地帯ゆえ雪は多く快適なゲレンデとなっている.駒の小屋の手前はナイフリッジになっていて慎重に歩いて行く.駒が近づいて来る.

小屋は雪で半分以上埋っていた.さあ山頂だ.ゴーール.今日も大満足です.

山頂で写真を撮ってさあ帰ろう.スキーで行けばあっという間である.雪質はよく道行山までは快適だった.

この先は薮修行.僕たちは大した事はないがパクミンは苦労していた.最後林道に下りようとして木を潜るが頭を思いっきり打った.メットのおかげで衝撃は大した事はなかったがメットが無ければぶっ飛んだだろう.

林道に下りると後は石抱橋までスキーを走らせた.駒は素晴らしい山であった.
訪問者数:2476人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/4/20
投稿数: 16
2016/1/10 17:17
 厳冬期の厳しさを想像します
2000年頃からYASUHIROさんのページを楽しみにしています。
秋田県「本荘山の会」のページの管理人、今野といいます。
これまで、4回ほどメールを差し上げるとすぐにご返事があり、恐縮しました。
若い山スキーヤーが耳を丸出しの野球帽姿というのはビックリです。
なんぼ北海道人でも、人間ではないみたいな印象です。
さて、5月の連休に同じ銀山温泉から越後駒を登った記録がありました。
運良く、沢沿いに歩けましたが、雪崩におびえながらの山行でした。
http://honjoyama.fc2web.com/10.5.5etigokoma.html
同行の荘司会長も文登研の講師を長年やっていて、会員で当時の若手2人も講師をしたことがあります。
平成元年度、私が研修生で参加した山スキー講習会で京都の梶山正さんと同じ班になり、班長は富山県警の北山さんでした。
そのとき、講師の一人はわが山岳会会員でした。
登録日: 2013/5/30
投稿数: 33
2016/1/11 22:47
 Re: 厳冬期の厳しさを想像します
今野様 こんにちは YSHRです。 メール有り難うございます.記録拝見しました.沢伝いのコースもあるのですね.参考になります.文登研講師の懐かしいお名前も出て来てなんだか感慨深いです.パクミンは氷点下10度くらいの極寒の中で野球帽、シャツ一枚の腕まくりとこの世の人とは思えませんでした.子供の頃から道北紋別で育って寒さに対する順応が備わっているのだと思います.

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

鞍部 林道 ナイフリッジ 一本
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ