ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 789883 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走中央アルプス

念願の空木・コスモ縦走達成 中央アルプス冬季縦走 檜尾岳〜空木岳〜南駒ヶ岳〜仙涯嶺〜越百山

日程 2015年12月29日(火) 〜 2016年01月02日(土)
メンバー kobetaka
天候12/29 晴れ
12/30 晴れ
12/31 曇り
1/1 晴れ
1/2 曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き JR駒ヶ根駅から檜尾橋までバス
帰り 伊奈川ダムからJR須原駅まで徒歩
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間1分
休憩
0分
合計
7時間1分
S檜尾登山口08:3711:51赤沢の頭15:38幕営地2430m付近
2日目
山行
8時間22分
休憩
0分
合計
8時間22分
幕営地2430m付近07:5711:18檜尾避難小屋14:10熊沢岳15:53東川岳16:19木曽殿山荘
3日目
山行
3時間52分
休憩
0分
合計
3時間52分
木曽殿山荘07:4009:21空木岳11:32摺鉢窪避難小屋
4日目
山行
6時間50分
休憩
0分
合計
6時間50分
摺鉢窪避難小屋06:5007:58南駒ヶ岳09:58仙涯嶺12:15越百山12:55南越百山13:40幕営地
5日目
山行
6時間2分
休憩
0分
合計
6時間2分
幕営地07:3008:02越百小屋10:11福栃平(南駒-越百分岐)13:32須原駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]
2016年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ハードシェル ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター バラクラバ ザック ザックカバー アイゼン ピッケル スコップ 行動食 調味料 水筒(保温性) ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 タオル ナイフ カメラ ポール テント テントマット シェラフ シュラフカバー ゴーグル わかん ハーネス ロープ カラビナ 下降器 スリング

写真

この山行の縦走路は過去2度に渡って敗退している宿願のコースです。
2013年の年末は悪天候と力量不足で敗退。
2015年の2月は雪崩の危険のため敗退。
今回にまたもや懲りずにこの縦走路に挑戦してみました。2015年2月の山行記録はヤマレコにアップしているので、興味のある方はそちらもごらんください。
2013年12月30日 07:27撮影 by COOLPIX P520, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この山行の縦走路は過去2度に渡って敗退している宿願のコースです。
2013年の年末は悪天候と力量不足で敗退。
2015年の2月は雪崩の危険のため敗退。
今回にまたもや懲りずにこの縦走路に挑戦してみました。2015年2月の山行記録はヤマレコにアップしているので、興味のある方はそちらもごらんください。
2
檜尾岳の登山口。今年はやはり雪が少ないらしい。
2015年12月29日 08:37撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
檜尾岳の登山口。今年はやはり雪が少ないらしい。
雪化粧程度の登山道を登っていく。このときは余裕をかまして登っていました。
2015年12月29日 10:28撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪化粧程度の登山道を登っていく。このときは余裕をかまして登っていました。
標高1991mの赤沢の頭。ここから徐々に積雪量が増していく。
2015年12月29日 11:51撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1991mの赤沢の頭。ここから徐々に積雪量が増していく。
赤沢の頭のすぐ先から空木岳が見えます。
2015年12月29日 12:09撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤沢の頭のすぐ先から空木岳が見えます。
標高2300m付近ラッセルが苦しく思うように進めない。積雪量は決して多くないのですが・・
2015年12月29日 14:28撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高2300m付近ラッセルが苦しく思うように進めない。積雪量は決して多くないのですが・・
アリジゴクのように踏むとどこまでも沈んでいく雪質にくるしめられました。
2015年12月29日 15:07撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アリジゴクのように踏むとどこまでも沈んでいく雪質にくるしめられました。
尾根の転換点(標高約2420m)からは千畳敷がみえる。
2015年12月29日 15:31撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の転換点(標高約2420m)からは千畳敷がみえる。
この日のうちに檜尾避難小屋まで行きたかったのですが、ズボズボの雪と重装備に体力が限界に達し、標高2430m付近でテントを張ることに。写真は幕営地から見た景色。
2015年12月29日 16:21撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日のうちに檜尾避難小屋まで行きたかったのですが、ズボズボの雪と重装備に体力が限界に達し、標高2430m付近でテントを張ることに。写真は幕営地から見た景色。
この日もラッセル地獄です。檜尾岳(右のピーク)に着くまで何時間かかることやら。
2015年12月30日 08:10撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日もラッセル地獄です。檜尾岳(右のピーク)に着くまで何時間かかることやら。
標高2450m付近。ラッセルしながらのトラバースが続く、苦しい場面。
2015年12月30日 09:09撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高2450m付近。ラッセルしながらのトラバースが続く、苦しい場面。
森林限界を越えて大展望が広がる。ロープウェイの往復だけでは見れない景色、苦労した甲斐があります。青空の下、宝剣岳がひときわ目立ちます。
2015年12月30日 10:08撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界を越えて大展望が広がる。ロープウェイの往復だけでは見れない景色、苦労した甲斐があります。青空の下、宝剣岳がひときわ目立ちます。
2
小屋は目の前なんですが、なかなかたどり着けません。一見雪面がクラストしているように見えますが、踏むとズッポリと沈み込む最悪な雪質。
2015年12月30日 10:54撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋は目の前なんですが、なかなかたどり着けません。一見雪面がクラストしているように見えますが、踏むとズッポリと沈み込む最悪な雪質。
1
宝剣岳から続く稜線と三ノ沢岳。
2015年12月30日 10:57撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝剣岳から続く稜線と三ノ沢岳。
やっとのことで檜尾岳の頂上に着きました。御嶽山と乗鞍岳も見えています。とにかくラッセル地獄から解放されたことが何よりうれしい。
2015年12月30日 12:41撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとのことで檜尾岳の頂上に着きました。御嶽山と乗鞍岳も見えています。とにかくラッセル地獄から解放されたことが何よりうれしい。
2
檜尾岳から見た木曽駒方面。
2015年12月30日 12:41撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
檜尾岳から見た木曽駒方面。
檜尾岳から見た熊沢五峰と空木岳、南駒ヶ岳。
2015年12月30日 12:42撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
檜尾岳から見た熊沢五峰と空木岳、南駒ヶ岳。
左から御嶽山、三ノ沢岳、乗鞍岳、木曽前岳、木曽駒ヶ岳、島田娘、宝剣岳、伊那前岳。
2015年12月30日 12:42撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左から御嶽山、三ノ沢岳、乗鞍岳、木曽前岳、木曽駒ヶ岳、島田娘、宝剣岳、伊那前岳。
2
御嶽山と三ノ沢岳。
2015年12月30日 13:18撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽山と三ノ沢岳。
こんな好天日に冬山登山ができて幸せです。写真は中央アルプス北部の全景。右端が檜尾岳です。
2015年12月30日 14:07撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな好天日に冬山登山ができて幸せです。写真は中央アルプス北部の全景。右端が檜尾岳です。
熊沢岳到着。ここまでとくに危険を感じるところはありませんでした。
2015年12月30日 14:10撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊沢岳到着。ここまでとくに危険を感じるところはありませんでした。
1
これから目指す山並み、東川岳、空木岳、赤梛岳、南駒ヶ岳。
2015年12月30日 14:20撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから目指す山並み、東川岳、空木岳、赤梛岳、南駒ヶ岳。
1
東川岳までは細かいアップダウンが続き、意外と体力を削られます
2015年12月30日 15:08撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東川岳までは細かいアップダウンが続き、意外と体力を削られます
東川岳に到着。日が傾いてきました。
2015年12月30日 15:53撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東川岳に到着。日が傾いてきました。
空木岳〜赤梛岳〜南駒ヶ岳の山並み。アルプスは厳冬期が一番きれいですね。
2015年12月30日 15:54撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空木岳〜赤梛岳〜南駒ヶ岳の山並み。アルプスは厳冬期が一番きれいですね。
3
この日の宿泊地、木曽殿山荘が見えました。この2日間のラッセルでもう体がヘロヘロ、早く休みたい。
2015年12月30日 16:13撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日の宿泊地、木曽殿山荘が見えました。この2日間のラッセルでもう体がヘロヘロ、早く休みたい。
前回(2015年2月)敗退した空木岳。今回は比較的雪が少なくいけそうです。
2015年12月30日 16:14撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回(2015年2月)敗退した空木岳。今回は比較的雪が少なくいけそうです。
残照空木岳。
2015年12月30日 16:45撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残照空木岳。
3
夕日と木曽殿山荘。地味ながら、今回のお気に入りの写真の一つです。
2015年12月30日 16:49撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕日と木曽殿山荘。地味ながら、今回のお気に入りの写真の一つです。
12/31は夜明けとともに山頂付近にはガスがかかっていました。とにかく強烈な風で泣きそうなほど寒いです。
2015年12月31日 08:30撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12/31は夜明けとともに山頂付近にはガスがかかっていました。とにかく強烈な風で泣きそうなほど寒いです。
空木岳頂上をめざしガスへ突入。ホワイトアウトというほどでもなく、視界もそこそこあり、さほど危険を感じませんでした。
2015年12月31日 08:38撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空木岳頂上をめざしガスへ突入。ホワイトアウトというほどでもなく、視界もそこそこあり、さほど危険を感じませんでした。
前回(2015年2月)敗退した場所。今回は雪が少なく、雪崩の危険はありません。
2015年12月31日 08:47撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回(2015年2月)敗退した場所。今回は雪が少なく、雪崩の危険はありません。
9時21分。展望のない空木岳山頂に立つ。寒いので、ほとんど休憩せずに摺鉢窪を目指します。
2015年12月31日 09:21撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9時21分。展望のない空木岳山頂に立つ。寒いので、ほとんど休憩せずに摺鉢窪を目指します。
一瞬ガスが切れ、赤梛岳が見えた。摺鉢窪カールの入り口付近から。
2015年12月31日 11:06撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一瞬ガスが切れ、赤梛岳が見えた。摺鉢窪カールの入り口付近から。
ガスの切れ間から見えた御嶽山。
2015年12月31日 11:07撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスの切れ間から見えた御嶽山。
晴れそうで晴れない赤梛岳。強烈な風で死ぬほど寒い中撮影。
2015年12月31日 11:07撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れそうで晴れない赤梛岳。強烈な風で死ぬほど寒い中撮影。
摺鉢窪カールと避難小屋。カール内は風が弱く暖かい。
2015年12月31日 11:18撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摺鉢窪カールと避難小屋。カール内は風が弱く暖かい。
この日の宿泊地、摺鉢窪避難小屋。トイレもあり快適です。1000円入れました。
2015年12月31日 11:35撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日の宿泊地、摺鉢窪避難小屋。トイレもあり快適です。1000円入れました。
1
摺鉢窪カール全景。
2015年12月31日 12:14撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摺鉢窪カール全景。
2016年元旦。カール上部を登る先行パーティ(9人)が見えます。この日は仙涯嶺を縦走し越百山へ抜ける、この山行の核心部です。
2016年01月01日 06:52撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2016年元旦。カール上部を登る先行パーティ(9人)が見えます。この日は仙涯嶺を縦走し越百山へ抜ける、この山行の核心部です。
新年の御来光。
2016年01月01日 07:02撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新年の御来光。
2
突然カール全体が紅色に染まった。超幻想的な朝焼けにしばらく呆然とする。
2016年01月01日 07:03撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突然カール全体が紅色に染まった。超幻想的な朝焼けにしばらく呆然とする。
4
稜線は相変わらずの強風。赤梛岳から雪煙が上がります。
2016年01月01日 07:23撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線は相変わらずの強風。赤梛岳から雪煙が上がります。
まずは宿願の冬季南駒ヶ岳を目指します。
2016年01月01日 07:23撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは宿願の冬季南駒ヶ岳を目指します。
登るにつれ中央アルプス北部の山並みが見えてきました。
2016年01月01日 07:36撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登るにつれ中央アルプス北部の山並みが見えてきました。
奥から、木曽前岳、木曽駒ヶ岳、中岳、宝剣岳、島田娘、檜尾岳、熊沢岳、東川岳、空木岳、赤梛岳。
2016年01月01日 07:36撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥から、木曽前岳、木曽駒ヶ岳、中岳、宝剣岳、島田娘、檜尾岳、熊沢岳、東川岳、空木岳、赤梛岳。
楽しく写真撮影しているように感じるかもしれませんが、実際は強烈な風と寒気で死ぬほど寒く、写真を撮っている状況じゃないんですよ〜。
2016年01月01日 07:44撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楽しく写真撮影しているように感じるかもしれませんが、実際は強烈な風と寒気で死ぬほど寒く、写真を撮っている状況じゃないんですよ〜。
南駒ヶ岳へ最後の尾根歩き。南駒は基本的に夏道と同じルートで登れます。
2016年01月01日 07:50撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南駒ヶ岳へ最後の尾根歩き。南駒は基本的に夏道と同じルートで登れます。
7時58分南駒ヶ岳頂上に到達。
2016年01月01日 07:58撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7時58分南駒ヶ岳頂上に到達。
1
南駒頂上からはこの大展望。
2016年01月01日 07:59撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南駒頂上からはこの大展望。
仙涯嶺〜越百山の稜線。
2016年01月01日 08:00撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙涯嶺〜越百山の稜線。
1
寒すぎてゆっくり休憩とはいきません。
2016年01月01日 08:01撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寒すぎてゆっくり休憩とはいきません。
1
次は仙涯嶺を目指します。
2016年01月01日 08:01撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次は仙涯嶺を目指します。
2
巨岩2つを左から巻くところで古いトレースを発見。ここまで基本的に夏道通り。
2016年01月01日 08:18撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨岩2つを左から巻くところで古いトレースを発見。ここまで基本的に夏道通り。
巨岩を巻いた後さらにトラバースして稜線中央付近へ移動。
2016年01月01日 08:27撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨岩を巻いた後さらにトラバースして稜線中央付近へ移動。
下りの途中で稜線の反対側へ、この方が足が楽だし、雪崩の危険も避けられます。
2016年01月01日 08:43撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りの途中で稜線の反対側へ、この方が足が楽だし、雪崩の危険も避けられます。
圧倒的な存在感を放つ仙涯嶺。
2016年01月01日 08:48撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
圧倒的な存在感を放つ仙涯嶺。
1
降りてきた南駒ヶ岳。
2016年01月01日 09:01撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降りてきた南駒ヶ岳。
仙涯嶺の頂上へは巨岩群を右からトラバースしていきます。
2016年01月01日 09:01撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙涯嶺の頂上へは巨岩群を右からトラバースしていきます。
登ってきたところを振り向いて撮影。冬季仙涯嶺を縦走する方は無雪期に偵察登山をしておくことをお勧めします。
2016年01月01日 09:32撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきたところを振り向いて撮影。冬季仙涯嶺を縦走する方は無雪期に偵察登山をしておくことをお勧めします。
この縦走で最も危険を感じた箇所。写真は一度、空身でルートを作って通りやすくしたところです。写真ではわかりにくいですが、足場が狭く、下側と右側が切れ落ちているうえに、壁から生えた木が邪魔になっています。
2016年01月01日 09:32撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この縦走で最も危険を感じた箇所。写真は一度、空身でルートを作って通りやすくしたところです。写真ではわかりにくいですが、足場が狭く、下側と右側が切れ落ちているうえに、壁から生えた木が邪魔になっています。
次は雪に埋もれたロープ帯。ここも足場が狭く危険。滑落=即死です。安全のため、持参したロープを出そうか迷いましたが、なんとか使わずに行けました。一気に渡ろうとせず足場を作りながら慎重に。
2016年01月01日 09:38撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次は雪に埋もれたロープ帯。ここも足場が狭く危険。滑落=即死です。安全のため、持参したロープを出そうか迷いましたが、なんとか使わずに行けました。一気に渡ろうとせず足場を作りながら慎重に。
このオブジェが見えれば仙涯嶺の頂上はもうすぐそこ。
2016年01月01日 09:48撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このオブジェが見えれば仙涯嶺の頂上はもうすぐそこ。
1
仙涯嶺の頂上へ最後の水平歩行。
2016年01月01日 09:53撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙涯嶺の頂上へ最後の水平歩行。
9時58分、ただ一人仙涯嶺の頂上に立ち、派手に大喜びしました。南駒〜仙涯嶺間の縦走は敗退も予想していただけに、達成感がハンパないです。
2016年01月01日 09:58撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9時58分、ただ一人仙涯嶺の頂上に立ち、派手に大喜びしました。南駒〜仙涯嶺間の縦走は敗退も予想していただけに、達成感がハンパないです。
仙涯嶺から見た南駒ヶ岳。2時間前にあの頂上から見ていた場所にいま立っています。
2016年01月01日 10:00撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙涯嶺から見た南駒ヶ岳。2時間前にあの頂上から見ていた場所にいま立っています。
仙涯嶺から見た御嶽山。
2016年01月01日 10:16撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙涯嶺から見た御嶽山。
1
仙涯嶺からはこの大岩を右へ巻く。
2016年01月01日 10:00撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙涯嶺からはこの大岩を右へ巻く。
1
仙涯嶺を越えれば、後は大した危険個所はありません。越百山まで白銀のプロムナードコースが広がるのみです。
2016年01月01日 10:27撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙涯嶺を越えれば、後は大した危険個所はありません。越百山まで白銀のプロムナードコースが広がるのみです。
越百山
2016年01月01日 10:42撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越百山
越百山
2016年01月01日 11:04撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越百山
振り返って見る南駒と仙涯嶺。
2016年01月01日 11:08撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って見る南駒と仙涯嶺。
2
越百山
2016年01月01日 11:13撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越百山
越百山
2016年01月01日 11:41撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越百山
1
越百山
2016年01月01日 11:53撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越百山
1
越百山の頂上手前から見た南駒と仙涯嶺。縦走してから眺めるこの2峰の美しさは格別。
2016年01月01日 12:08撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越百山の頂上手前から見た南駒と仙涯嶺。縦走してから眺めるこの2峰の美しさは格別。
12時15分越百山に到着。
2016年01月01日 12:15撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12時15分越百山に到着。
1
越百山からみた南アルプス。
2016年01月01日 12:16撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越百山からみた南アルプス。
せっかくなので、南越百山にも行ってみます。
2016年01月01日 12:16撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
せっかくなので、南越百山にも行ってみます。
12時54分南越百山に到着。
2016年01月01日 12:54撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12時54分南越百山に到着。
南越百山から見た越百山。
2016年01月01日 13:00撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南越百山から見た越百山。
1
予想外の好展望に驚く。越百山、南駒、仙涯嶺の3座が横並びする絶好の見晴台。
2016年01月01日 13:00撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予想外の好展望に驚く。越百山、南駒、仙涯嶺の3座が横並びする絶好の見晴台。
1
南越百山から見た南駒と仙涯嶺
2016年01月01日 13:01撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南越百山から見た南駒と仙涯嶺
1
南越百山から見た安平路山。
2016年01月01日 13:03撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南越百山から見た安平路山。
さあ今日はどこに泊まろうかな。
2016年01月01日 13:05撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ今日はどこに泊まろうかな。
越百山の頂上直下の稜線上にテントを張りました(笑)。
2016年01月01日 14:09撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越百山の頂上直下の稜線上にテントを張りました(笑)。
1
どうですかこのロケーション。最高でしょう。
この場所に泊まったのは夕焼けと朝焼けが見たかったからです。
そのかわり、寒すぎて夜中はほとんど眠れませんでしたが。
2016年01月01日 16:32撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どうですかこのロケーション。最高でしょう。
この場所に泊まったのは夕焼けと朝焼けが見たかったからです。
そのかわり、寒すぎて夜中はほとんど眠れませんでしたが。
1
夕暮れ時の越百山頂上。
2016年01月01日 16:43撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕暮れ時の越百山頂上。
夕焼けに染まる南駒と仙涯嶺。
2016年01月01日 16:45撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕焼けに染まる南駒と仙涯嶺。
2
夕焼けの南駒、稜線、御嶽山。朝焼けとはどこか色彩が違っているのですが、どう違うのかうまく言葉にできません。自分は夕焼けの方が好きです。
2016年01月01日 16:48撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕焼けの南駒、稜線、御嶽山。朝焼けとはどこか色彩が違っているのですが、どう違うのかうまく言葉にできません。自分は夕焼けの方が好きです。
2
夕焼けの南越百山。夕焼けも朝焼けもシャッターチャンスはほんの束の間です。
2016年01月01日 16:50撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕焼けの南越百山。夕焼けも朝焼けもシャッターチャンスはほんの束の間です。
越百小屋の方へ沈んでゆく夕日。
2016年01月01日 16:51撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越百小屋の方へ沈んでゆく夕日。
1
1月2日。南アルプスから日の出です。
2016年01月02日 07:03撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1月2日。南アルプスから日の出です。
朝焼けに染まる南越百山。
2016年01月02日 07:06撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝焼けに染まる南越百山。
1
朝焼けに染まる仙涯嶺と稜線。
2016年01月02日 07:06撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝焼けに染まる仙涯嶺と稜線。
2
朝の安平路山。
2016年01月02日 07:17撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝の安平路山。
この20分後、急激なスピードでガスに覆われていく越百山。即行で下山開始。ちょっと焦りました。
2016年01月02日 07:36撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この20分後、急激なスピードでガスに覆われていく越百山。即行で下山開始。ちょっと焦りました。
越百小屋まで降りました。ここで少し休憩。
2016年01月02日 08:02撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越百小屋まで降りました。ここで少し休憩。
山はこんな感じに。すっかりガスってしまいました。
2016年01月02日 08:13撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山はこんな感じに。すっかりガスってしまいました。
かなり下の方まで降りてきました。もう雪がほとんど積もっていません。
2016年01月02日 09:42撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり下の方まで降りてきました。もう雪がほとんど積もっていません。
福栃橋に下山。しかしこれで終わらないのが自分の登山。最寄りの須原駅まで歩いて帰ります。
2016年01月02日 10:11撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
福栃橋に下山。しかしこれで終わらないのが自分の登山。最寄りの須原駅まで歩いて帰ります。
長い林道歩き。
2016年01月02日 10:34撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い林道歩き。
山高きがゆえに尊からず木あるをもって尊ぶべし
2016年01月02日 12:17撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山高きがゆえに尊からず木あるをもって尊ぶべし
木曽前岳と三ノ沢岳(推測)
2016年01月02日 13:13撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木曽前岳と三ノ沢岳(推測)
登山口から約3時間20分、須原駅に着きました。今回の冬季中央アルプス縦走、完遂です。ここまで見てくださった方々ありがとうございました。
2016年01月02日 13:32撮影 by FinePix F200EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から約3時間20分、須原駅に着きました。今回の冬季中央アルプス縦走、完遂です。ここまで見てくださった方々ありがとうございました。
3

感想/記録

今回は冬山登山の厳しさを再確認する山行になりました。
 まずは檜尾尾根。ラッセルが苦しすぎて泣きそうになりました。最近仕事が忙しくあまり登山ができていないことや、荷物が重かったこともあると思いますが、12月の積雪量にこれほど苦しめられるとは思いませんでした。去年の2月に同ルートを登った時よりも積雪量は確実に少ないのですが、同じくらい体が沈むんです。ラッセルの大変さは雪の量だけでなく雪質も大きくかかわっていることがわかりました。
 次は風ですね。冗談じゃなく殺人的な寒さです。手足の指が凍傷寸前までいきました。同じ雪山でも2月以降とは比べ物にならない厳しさですね、年末年始は。結論として年末年始が一年で一番厳しい気がしました。

一方では厳しさを乗り越えて登る楽しさがあったり、厳しい分達成感も大きかったり、風景にいちいち感動したり、冬山を心底楽しんでいる自分も発見できました。やはりこの時期が一番きれいですね、山は。絵になります。ほかの時期の雪山とはどこか違うんですよどこかが。
今回さんざん山には痛めつけられましたが、もう次はどこの山に行こうかななんて考えています。
訪問者数:907人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ