ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 789999 全員に公開 ハイキング関東

鎌倉七福神+天園・大仏ハイキングコース

日程 2016年01月03日(日) [日帰り]
メンバー hirokok510
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
鎌倉駅から天園ハイキングコースに入り、北鎌倉の浄智寺から銭洗宇賀福神社・佐助稲荷経由で大仏コースから長谷寺に下り、長谷駅に出る
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間50分
休憩
1時間41分
合計
7時間31分
S本覚寺06:3606:44妙隆寺06:4506:53宝戒寺06:5407:01鶴岡八幡宮07:0308:00鎌倉宮08:0908:28瑞泉寺08:3408:55胡桃山08:5609:05天台山09:15五林山09:21天園09:2809:31大平山公衆トイレ09:36大平山09:3909:55鷲峰山10:05十王岩10:0610:11勝上献(巘)10:1410:15建長寺 半僧坊10:2610:38建長寺10:4211:07浄智寺11:1811:28天柱峰12:07銭洗い弁天12:1512:29佐助稲荷神社12:4213:27長谷寺13:4414:04長谷駅14:0714:07ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

始発で自宅から鎌倉駅へー夜明け前に最初の鎌倉七福神の「えびす様」(本覚寺)に向かう
2016年01月03日 06:28撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
始発で自宅から鎌倉駅へー夜明け前に最初の鎌倉七福神の「えびす様」(本覚寺)に向かう
2
6時半前、明るくなり始めているがまだ暗い
2016年01月03日 06:29撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6時半前、明るくなり始めているがまだ暗い
1
後から考えればこのお堂がヱビス堂らしいーヱビスは7福神のうち唯一日本の神さまー伊弉諾伊弉冉の子で歩けなかったので足の船に乗せて送られ、大漁の神として戻ってくるというお話しーー
2016年01月03日 06:29撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後から考えればこのお堂がヱビス堂らしいーヱビスは7福神のうち唯一日本の神さまー伊弉諾伊弉冉の子で歩けなかったので足の船に乗せて送られ、大漁の神として戻ってくるというお話しーー
3
中を覗くがよく見えない−結局恵比寿様がどこだかわからず、最後の長谷寺・御霊神社のあと、時間があれば再訪することに
2016年01月03日 06:30撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中を覗くがよく見えない−結局恵比寿様がどこだかわからず、最後の長谷寺・御霊神社のあと、時間があれば再訪することに
1
次の妙隆寺に移動する途中の宇都宮稲荷
2016年01月03日 06:41撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次の妙隆寺に移動する途中の宇都宮稲荷
1
築地小劇場ー大正・昭和と活躍した「新劇の団十郎」丸山定夫の石碑ー広島で原爆に遭遇し、厳島で非業の死を遂げたがその後墓標が発見され、記念補が建てられたという。青銅が溶けてかなり傷んででいる。
2016年01月03日 06:43撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
築地小劇場ー大正・昭和と活躍した「新劇の団十郎」丸山定夫の石碑ー広島で原爆に遭遇し、厳島で非業の死を遂げたがその後墓標が発見され、記念補が建てられたという。青銅が溶けてかなり傷んででいる。
妙隆寺の七福神「寿老人」ー七福神中道教の神様「福禄寿」と同体異名とも言われる。「幸福」「長寿」「禄=収入アップ」という人間の欲しいものを象徴する神様。中国での形がそのまま輸入されたらしいーー
2016年01月03日 06:44撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
妙隆寺の七福神「寿老人」ー七福神中道教の神様「福禄寿」と同体異名とも言われる。「幸福」「長寿」「禄=収入アップ」という人間の欲しいものを象徴する神様。中国での形がそのまま輸入されたらしいーー
宝戒寺(七福神の毘沙門天)に向かうも開門は9時で入れない。まだ6時51分だーー
2016年01月03日 06:51撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝戒寺(七福神の毘沙門天)に向かうも開門は9時で入れない。まだ6時51分だーー
北条執権邸跡の碑ーこのあたりに北条氏の菩提・東勝寺を尊氏が再建して宝戒寺が建立されたらしい
2016年01月03日 06:51撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北条執権邸跡の碑ーこのあたりに北条氏の菩提・東勝寺を尊氏が再建して宝戒寺が建立されたらしい
新田義貞の鎌倉攻めで、北条氏側870余名がこの付近で自害し、尊氏がその霊を弔うために建てられたのが宝戒寺らしいーー
2016年01月03日 06:51撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新田義貞の鎌倉攻めで、北条氏側870余名がこの付近で自害し、尊氏がその霊を弔うために建てられたのが宝戒寺らしいーー
毘沙門天はインドでは財宝の神様で中国に渡って武神(戦の神)となり、日本では四天王の一つとなる。
2016年01月03日 06:52撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毘沙門天はインドでは財宝の神様で中国に渡って武神(戦の神)となり、日本では四天王の一つとなる。
鶴岡八幡宮に到着、まだ6時56分だ
2016年01月03日 06:56撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鶴岡八幡宮に到着、まだ6時56分だ
入口を入ると、右側に旗上弁天社ー頼朝が石橋山の敗戦後、房総・鎌倉と転々としてこの地に鶴岡八幡を建立したのち、平家追討の決意を込めて作ったのが「旗上弁天」らしい
2016年01月03日 06:57撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入口を入ると、右側に旗上弁天社ー頼朝が石橋山の敗戦後、房総・鎌倉と転々としてこの地に鶴岡八幡を建立したのち、平家追討の決意を込めて作ったのが「旗上弁天」らしい
弁天社に向かう
2016年01月03日 06:57撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弁天社に向かう
弁天社は廃仏毀釈の騒動で取り除かれた跡、古地図を元に再建されたという
2016年01月03日 06:57撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弁天社は廃仏毀釈の騒動で取り除かれた跡、古地図を元に再建されたという
時間が早すぎたのか、中は見れないー重要文化財で鎌倉彫刻の傑作というから残念だ
2016年01月03日 06:58撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時間が早すぎたのか、中は見れないー重要文化財で鎌倉彫刻の傑作というから残念だ
沢山の鴨・水鳥
2016年01月03日 06:59撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢山の鴨・水鳥
1
八幡宮に向かう
2016年01月03日 07:05撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八幡宮に向かう
下拝殿ー静御前が舞ったので「舞殿」とも呼ばれるー奥が大石段
2016年01月03日 07:05撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下拝殿ー静御前が舞ったので「舞殿」とも呼ばれるー奥が大石段
1
大石段の上に本宮―この本宮は平家滅亡後に建てられたもの
2016年01月03日 07:07撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大石段の上に本宮―この本宮は平家滅亡後に建てられたもの
1
様々な正月行事・祈祷が執り行われているーまだ7時を少し過ぎたばかりだが、八幡宮は参賀日は夜通し開かれているらしい。
2016年01月03日 07:07撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
様々な正月行事・祈祷が執り行われているーまだ7時を少し過ぎたばかりだが、八幡宮は参賀日は夜通し開かれているらしい。
八幡宮は質実剛健の武士道を確立した鎌倉幕府の中心的施設で、本宮は江戸時代の再建で重要文化財
2016年01月03日 07:09撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八幡宮は質実剛健の武士道を確立した鎌倉幕府の中心的施設で、本宮は江戸時代の再建で重要文化財
1
本宮でお参りして、頼朝の墓に移動
2016年01月03日 07:09撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本宮でお参りして、頼朝の墓に移動
 源頼朝を祀る白旗神社は、もとは上宮の西側にあったが、1885年(明治18年)、源実朝を祀る柳営社と合祀され現在地に遷された(※神仏分離前までは、薬師堂があった)という。
2016年01月03日 07:13撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 源頼朝を祀る白旗神社は、もとは上宮の西側にあったが、1885年(明治18年)、源実朝を祀る柳営社と合祀され現在地に遷された(※神仏分離前までは、薬師堂があった)という。
歌詠み将軍実朝などゆかりの文学碑
2016年01月03日 07:14撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歌詠み将軍実朝などゆかりの文学碑
畠山重忠邸跡
2016年01月03日 07:15撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
畠山重忠邸跡
頼朝の墓の麓にある白旗神社は神仏分離令後、明治5年、法華堂の代わりに建てられたもの
2016年01月03日 07:24撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頼朝の墓の麓にある白旗神社は神仏分離令後、明治5年、法華堂の代わりに建てられたもの
頼朝の墓と法華堂の解説
2016年01月03日 07:24撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頼朝の墓と法華堂の解説
現在の墓は江戸時代、島津家により整備されたらしい
2016年01月03日 07:25撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
現在の墓は江戸時代、島津家により整備されたらしい
斜面の上はどうなっているのか?道はありそうだがーー登る道はここにはない
2016年01月03日 07:26撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜面の上はどうなっているのか?道はありそうだがーー登る道はここにはない
お墓の傍の平地に頼朝没後に建てたれた法華堂は幕府創始者を祀るお堂として尊ばれたそうだーー
2016年01月03日 07:26撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お墓の傍の平地に頼朝没後に建てたれた法華堂は幕府創始者を祀るお堂として尊ばれたそうだーー
7時半前、太陽の日差しが差し込むー法華堂跡の奥に見える岩の階段を登ってみる
2016年01月03日 07:29撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7時半前、太陽の日差しが差し込むー法華堂跡の奥に見える岩の階段を登ってみる
名残の紅葉―暖かいな――寒波が来ないので葉が枯れ落ちていない
2016年01月03日 07:30撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名残の紅葉―暖かいな――寒波が来ないので葉が枯れ落ちていない
1
お墓からの道
2016年01月03日 07:31撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お墓からの道
北条家(義時)のお墓らしい
2016年01月03日 07:31撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北条家(義時)のお墓らしい
1
亀が背負う石碑
2016年01月03日 07:32撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
亀が背負う石碑
2
名残の紅葉
2016年01月03日 07:34撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名残の紅葉
第二代執権・北条義時の法華堂跡
2016年01月03日 07:34撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第二代執権・北条義時の法華堂跡
上の頼朝の墓の隣の平地に頼朝の法華堂、義時の墓の下の平地に義時の法華堂が建てられていたようだ。義時法華堂の敷地は広い
2016年01月03日 07:34撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上の頼朝の墓の隣の平地に頼朝の法華堂、義時の墓の下の平地に義時の法華堂が建てられていたようだ。義時法華堂の敷地は広い
少し進んで荏柄天神は鎌倉時代には大宰府天満宮、北野天満宮とともに三大天満宮と称せられていたらしい
2016年01月03日 07:42撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し進んで荏柄天神は鎌倉時代には大宰府天満宮、北野天満宮とともに三大天満宮と称せられていたらしい
受験生らが学問の神様にあやかろうと参拝
2016年01月03日 07:43撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
受験生らが学問の神様にあやかろうと参拝
大いちょう
2016年01月03日 07:46撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大いちょう
裏山はジャングル
2016年01月03日 07:47撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏山はジャングル
荏柄天神社本殿は鎌倉最古の現存木造建築ー鶴岡八幡宮若宮を移築したものー現存唯一の鎌倉時代の建築ーーって本当?
2016年01月03日 07:47撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荏柄天神社本殿は鎌倉最古の現存木造建築ー鶴岡八幡宮若宮を移築したものー現存唯一の鎌倉時代の建築ーーって本当?
河童筆塚と絵筆塚ー河童塚は写っていなかったーー
2016年01月03日 07:48撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河童筆塚と絵筆塚ー河童塚は写っていなかったーー
横山隆一らが建立した絵筆塚
2016年01月03日 07:48撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横山隆一らが建立した絵筆塚
若い巫女さん(アルバイト??)が権現社にやってきたのでパチリーー
2016年01月03日 07:51撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
若い巫女さん(アルバイト??)が権現社にやってきたのでパチリーー
後醍醐天皇皇子の護永親王を祀る鎌倉宮を訪ねるーー鎌倉は無数に歴史のある寺社があり、忙しいーー
2016年01月03日 07:56撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後醍醐天皇皇子の護永親王を祀る鎌倉宮を訪ねるーー鎌倉は無数に歴史のある寺社があり、忙しいーー
護永親王は後醍醐天皇の皇子で鎌倉幕府討伐で功績があったが、その後尊氏と対立して非業の死を遂げるーー社殿の後に残る土牢が最後の場所らしい―土牢を撮影し忘れるー
2016年01月03日 07:57撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
護永親王は後醍醐天皇の皇子で鎌倉幕府討伐で功績があったが、その後尊氏と対立して非業の死を遂げるーー社殿の後に残る土牢が最後の場所らしい―土牢を撮影し忘れるー
厄割石ーー土牢のことをすっかり忘れてこんなもの撮影してた!!
2016年01月03日 07:57撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
厄割石ーー土牢のことをすっかり忘れてこんなもの撮影してた!!
身代わりになった村上義光公の像を模した撫で身代わり武者像
2016年01月03日 07:58撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
身代わりになった村上義光公の像を模した撫で身代わり武者像
1
獅子頭は護永親王のお守り
2016年01月03日 08:00撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
獅子頭は護永親王のお守り
1
これから進む天園ハイキングコースを確認
2016年01月03日 08:04撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから進む天園ハイキングコースを確認
永福寺跡を訪問ー発掘された遺跡図ー
2016年01月03日 08:10撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
永福寺跡を訪問ー発掘された遺跡図ー
中之島跡
2016年01月03日 08:11撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中之島跡
発掘された永福寺跡ー復元された建物と庭園図−平泉の影響を受けた大きな社殿と庭園だったらしい
2016年01月03日 08:11撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
発掘された永福寺跡ー復元された建物と庭園図−平泉の影響を受けた大きな社殿と庭園だったらしい
奥州藤原氏を討伐した頼朝はその寺院文化の素晴らしさに打たれて永福寺を建立したようだ
2016年01月03日 08:12撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥州藤原氏を討伐した頼朝はその寺院文化の素晴らしさに打たれて永福寺を建立したようだ
今後の復元作業が楽しみ
2016年01月03日 08:12撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今後の復元作業が楽しみ
瑞泉寺は開門は9時からだが、手前のトイレを借りたらゲートが隙だらけなので思わず覗いてみたーー
2016年01月03日 08:22撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瑞泉寺は開門は9時からだが、手前のトイレを借りたらゲートが隙だらけなので思わず覗いてみたーー
恐る恐る中を覗く
2016年01月03日 08:22撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恐る恐る中を覗く
急な石段を登りーー
2016年01月03日 08:22撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急な石段を登りーー
瑞泉寺ー夢窓国師開山の鎌倉公方菩提寺
2016年01月03日 08:23撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瑞泉寺ー夢窓国師開山の鎌倉公方菩提寺
山号の錦屏山は周囲の山々の紅葉が錦のようだということから名づけられたという。
2016年01月03日 08:23撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山号の錦屏山は周囲の山々の紅葉が錦のようだということから名づけられたという。
本堂に向かう
2016年01月03日 08:25撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本堂に向かう
本堂のすぐ後ろには天女道など、昔修行に使ったと思われる岩屋がある。
2016年01月03日 08:26撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本堂のすぐ後ろには天女道など、昔修行に使ったと思われる岩屋がある。
左奥の小さなお堂の背後に国師の庭園があるようだ
2016年01月03日 08:26撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左奥の小さなお堂の背後に国師の庭園があるようだ
天女洞?
2016年01月03日 08:27撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天女洞?
鎌倉石の岩版をくりぬいて岩の彫刻を生かした庭園となっているらしい
2016年01月03日 08:27撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌倉石の岩版をくりぬいて岩の彫刻を生かした庭園となっているらしい
1
階段状の道が上までついていて、さらに上部にもう一つの庭園が展開しているようだが、公開されることがあるのだろうか?
2016年01月03日 08:27撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段状の道が上までついていて、さらに上部にもう一つの庭園が展開しているようだが、公開されることがあるのだろうか?
橋を渡ってジグザグの岩を切った階段を登ると「界一覧亭」と国師が名付けた草庵がと小庭園があるらしい。
2016年01月03日 08:27撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡ってジグザグの岩を切った階段を登ると「界一覧亭」と国師が名付けた草庵がと小庭園があるらしい。
下からだと上の庭園は見えないが一度は見てみたいものだ。
2016年01月03日 08:27撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下からだと上の庭園は見えないが一度は見てみたいものだ。
お寺のHPには「二つの橋も数えて十八曲りに園路を登ると錦屏山の山頂に出て、私たちはそこにまた大きな庭と出会います。鶴ヶ岡から鎌倉周囲の山並みが幾重にも波状をなして重なり、遠くには箱根の山々がかすみ、右手に霊峰富士が大きく裾を広げる足下には、相模湾が自然の池をなしているのです、借景の大庭園の広がるこの山頂に夢窓国師は小亭を建て、界一覧亭と名づけました。」とある。
2016年01月03日 08:28撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お寺のHPには「二つの橋も数えて十八曲りに園路を登ると錦屏山の山頂に出て、私たちはそこにまた大きな庭と出会います。鶴ヶ岡から鎌倉周囲の山並みが幾重にも波状をなして重なり、遠くには箱根の山々がかすみ、右手に霊峰富士が大きく裾を広げる足下には、相模湾が自然の池をなしているのです、借景の大庭園の広がるこの山頂に夢窓国師は小亭を建て、界一覧亭と名づけました。」とある。
上の庭園からは富士山や箱根の山々、相模湾が天然の池のように見え、借景の極致のような眺めのようだ。
2016年01月03日 08:28撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上の庭園からは富士山や箱根の山々、相模湾が天然の池のように見え、借景の極致のような眺めのようだ。
境内周辺の樹林―庭園の一部なのかー水仙や椿などが咲いている
2016年01月03日 08:30撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
境内周辺の樹林―庭園の一部なのかー水仙や椿などが咲いている
一周して元に戻る
2016年01月03日 08:32撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一周して元に戻る
出口に向かう
2016年01月03日 08:34撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出口に向かう
天園コースに入る
2016年01月03日 08:36撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天園コースに入る
之から歩くコースを確認
2016年01月03日 08:36撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
之から歩くコースを確認
向い側は天台山か?
2016年01月03日 08:40撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向い側は天台山か?
尾根道に出る
2016年01月03日 08:42撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根道に出る
眼下に天台山と国師の草庵のような庵の屋根が見える
2016年01月03日 08:43撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下に天台山と国師の草庵のような庵の屋根が見える
パノラマ写真の中央は天台山で山頂手前に高圧線鉄塔が、その左側の平地に見える白い建物は天園・大平山付近のゴルフ場のクラブハウスか?
2016年01月03日 08:43撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パノラマ写真の中央は天台山で山頂手前に高圧線鉄塔が、その左側の平地に見える白い建物は天園・大平山付近のゴルフ場のクラブハウスか?
2
浄明寺裏の団地を見ながら進む
2016年01月03日 08:45撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浄明寺裏の団地を見ながら進む
入口から10分くらいで分岐点、他の二つは集落に下る道だ
2016年01月03日 08:46撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入口から10分くらいで分岐点、他の二つは集落に下る道だ
富士見ポイントがあるので行ってみる。
2016年01月03日 08:46撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見ポイントがあるので行ってみる。
樹間からわずかに富士山が見えるが、今日はガスが多い
2016年01月03日 08:48撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹間からわずかに富士山が見えるが、今日はガスが多い
露出した岩盤が多く、岩をくりぬいた窟屋のような場所が見受けられる―お墓なのかかつての修業の場なのか?
2016年01月03日 08:50撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
露出した岩盤が多く、岩をくりぬいた窟屋のような場所が見受けられる―お墓なのかかつての修業の場なのか?
ところどころにあるむき出しの岩盤
2016年01月03日 08:55撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところどころにあるむき出しの岩盤
落ち葉を採れば亀に見えるか?
2016年01月03日 08:56撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉を採れば亀に見えるか?
背後から観る亀石
2016年01月03日 08:57撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
背後から観る亀石
露岩混じりの道
2016年01月03日 08:59撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
露岩混じりの道
貝吹地蔵に出る
2016年01月03日 09:02撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
貝吹地蔵に出る
自害した北条高時の首を敵にとられまいと逃げる家来を助けて地蔵が法螺貝を吹いて家来を瑞泉寺方面に逃したとか、新田勢が攻めてくるのを知らせたなどの伝説が残されている。
2016年01月03日 09:02撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自害した北条高時の首を敵にとられまいと逃げる家来を助けて地蔵が法螺貝を吹いて家来を瑞泉寺方面に逃したとか、新田勢が攻めてくるのを知らせたなどの伝説が残されている。
この周辺には戦死したり自害した北条一族の墓となる岩屋が何カ所もあるようだ
2016年01月03日 09:03撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この周辺には戦死したり自害した北条一族の墓となる岩屋が何カ所もあるようだ
尾根上は巨木も多く、古都保存法などで保護されたものだろうか?
2016年01月03日 09:06撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根上は巨木も多く、古都保存法などで保護されたものだろうか?
ムラサキシキブのような実
2016年01月03日 09:08撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ムラサキシキブのような実
貝吹き地蔵から5分進むと再び展望が開け、富士山が見えるーこの辺りは天台山付近なのかどうか、天台山が二つの鉄塔ラインの間にあるのはわかるが、コースが通過しないのでよくわからないーー
2016年01月03日 09:08撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
貝吹き地蔵から5分進むと再び展望が開け、富士山が見えるーこの辺りは天台山付近なのかどうか、天台山が二つの鉄塔ラインの間にあるのはわかるが、コースが通過しないのでよくわからないーー
獅子舞谷(紅葉ヶ谷)分岐ーということは天台山はとっくに過ぎているのか?
2016年01月03日 09:15撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
獅子舞谷(紅葉ヶ谷)分岐ーということは天台山はとっくに過ぎているのか?
この展望地はどうやら天園手前のピークらしいー五林山ということ??鎌倉の市街地の奥の岬は稲村ケ崎??
2016年01月03日 09:16撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この展望地はどうやら天園手前のピークらしいー五林山ということ??鎌倉の市街地の奥の岬は稲村ケ崎??
1
三度目の富士山
2016年01月03日 09:18撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三度目の富士山
1
入口から40分強で天園休憩所にーこの手前の露岩の展望地でサンドウィッチで補給。
2016年01月03日 09:19撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入口から40分強で天園休憩所にーこの手前の露岩の展望地でサンドウィッチで補給。
休憩所付近にある横浜市最高地点(159m)
2016年01月03日 09:25撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩所付近にある横浜市最高地点(159m)
少し先にある茶屋
2016年01月03日 09:26撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し先にある茶屋
休憩所にも茶屋には入らず通過
2016年01月03日 09:26撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩所にも茶屋には入らず通過
茶屋先の展望地
2016年01月03日 09:29撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶屋先の展望地
やはり稲村ケ崎方面か?
2016年01月03日 09:31撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはり稲村ケ崎方面か?
もう一つのピークは岩盤坂の先
2016年01月03日 09:33撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一つのピークは岩盤坂の先
鎌倉側のピーク―正式な太平山山頂
2016年01月03日 09:34撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌倉側のピーク―正式な太平山山頂
2
東側(横浜方面)はゴルフ場
2016年01月03日 09:35撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側(横浜方面)はゴルフ場
鉄塔の方向からすれば正面奥は横須賀あたりか?
2016年01月03日 09:35撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔の方向からすれば正面奥は横須賀あたりか?
左側にゴルフ場のクラブハウス+駐車場と歩きてきた稜線が見える
2016年01月03日 09:36撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左側にゴルフ場のクラブハウス+駐車場と歩きてきた稜線が見える
1
天園から1劼曚豹覆漾建長寺まで3分の二ほどのところ
2016年01月03日 09:45撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天園から1劼曚豹覆漾建長寺まで3分の二ほどのところ
紅葉の名残
2016年01月03日 09:49撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉の名残
半僧坊までけっこう長く感じる
2016年01月03日 09:49撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
半僧坊までけっこう長く感じる
民家が見え始め、下界が近くなった
2016年01月03日 09:52撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
民家が見え始め、下界が近くなった
首やぐらの残っていそうな岩屋はあちこちにある
2016年01月03日 09:57撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
首やぐらの残っていそうな岩屋はあちこちにある
こうした窟屋の中の様々な遺物は長い歴史の流れを感じさせてくれる
2016年01月03日 10:00撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こうした窟屋の中の様々な遺物は長い歴史の流れを感じさせてくれる
十王岩展望台
2016年01月03日 10:02撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十王岩展望台
十王岩の上
2016年01月03日 10:03撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十王岩の上
北側は樹木が茂り、展望はない
2016年01月03日 10:03撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側は樹木が茂り、展望はない
南側は開けて鎌倉の海岸線・相模湾がよく見える
2016年01月03日 10:03撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南側は開けて鎌倉の海岸線・相模湾がよく見える
左は三浦半島の丘陵か?
2016年01月03日 10:03撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左は三浦半島の丘陵か?
野仏か北条ゆかりのものか??
2016年01月03日 10:04撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野仏か北条ゆかりのものか??
これは横須賀方面か?
2016年01月03日 10:05撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは横須賀方面か?
建長寺案内
2016年01月03日 10:09撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
建長寺案内
半僧坊まで最後の下り
2016年01月03日 10:13撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
半僧坊まで最後の下り
建長寺の威容
2016年01月03日 10:14撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
建長寺の威容
半僧坊縁起
2016年01月03日 10:15撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
半僧坊縁起
建長寺の仏殿方面に下る
2016年01月03日 10:44撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
建長寺の仏殿方面に下る
龍王殿かな?
2016年01月03日 10:45撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
龍王殿かな?
法堂でしょうか?
2016年01月03日 10:45撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
法堂でしょうか?
千手観音座像
2016年01月03日 10:46撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千手観音座像
1
釈迦苦行像ースリランカに伝わるガンダーラ仏のレプリカらしい
2016年01月03日 10:47撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦苦行像ースリランカに伝わるガンダーラ仏のレプリカらしい
重要文化財の法堂ーかつては400人近い修行僧が境内の各施設をつかっていたようだ。
2016年01月03日 10:48撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
重要文化財の法堂ーかつては400人近い修行僧が境内の各施設をつかっていたようだ。
地蔵菩薩とは変わり種本尊ーかつて建長寺のある谷は処刑場だったため、その霊を弔うことがきっかけらしいーー。
2016年01月03日 10:49撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵菩薩とは変わり種本尊ーかつて建長寺のある谷は処刑場だったため、その霊を弔うことがきっかけらしいーー。
伽藍神像は道教由来で建長寺の守り神
2016年01月03日 10:49撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伽藍神像は道教由来で建長寺の守り神
重要文化財の古い伽藍の姿
2016年01月03日 10:50撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
重要文化財の古い伽藍の姿
1
柏槙(びゃくしん)の古木
2016年01月03日 10:52撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
柏槙(びゃくしん)の古木
建長寺を出て、結構疲れを感じたが、今日はこの先、距離はあっても標高差は少ないので頑張るつもりーー
2016年01月03日 10:55撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
建長寺を出て、結構疲れを感じたが、今日はこの先、距離はあっても標高差は少ないので頑張るつもりーー
まず浄智寺に向かう−11時7分を回る
2016年01月03日 11:07撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まず浄智寺に向かう−11時7分を回る
文人とのつながりーー
2016年01月03日 11:08撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文人とのつながりーー
まず七福神の布袋様を見に行く
2016年01月03日 11:12撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まず七福神の布袋様を見に行く
ユーモラスな布袋様
2016年01月03日 11:13撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユーモラスな布袋様
お腹をさすって元気をいただく
2016年01月03日 11:13撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お腹をさすって元気をいただく
この観音様は?
2016年01月03日 11:14撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この観音様は?
中央の大岩の右奥が布袋様、大岩の下に掘られた洞窟内に観音様
2016年01月03日 11:17撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央の大岩の右奥が布袋様、大岩の下に掘られた洞窟内に観音様
ハイキングコースを進む―浄智寺から10分くらいのところで見かけた石塔
2016年01月03日 11:31撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイキングコースを進む―浄智寺から10分くらいのところで見かけた石塔
葛原岡神社に向かう途中の大岩
2016年01月03日 11:36撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葛原岡神社に向かう途中の大岩
1
葛原岡神社手前広場
2016年01月03日 11:39撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葛原岡神社手前広場
葛原岡神社(くずはらおかじんじゃ)は後醍醐(ごだいご)天皇の忠臣として鎌倉幕府倒幕に活躍した日野俊基(ひのとしもと)卿をお祀りする神社
2016年01月03日 11:42撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葛原岡神社(くずはらおかじんじゃ)は後醍醐(ごだいご)天皇の忠臣として鎌倉幕府倒幕に活躍した日野俊基(ひのとしもと)卿をお祀りする神社
昇運の神龍
2016年01月03日 11:42撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昇運の神龍
お祓いを受ける―この後休憩用ベンチでお弁当を食べるー12時少し前
2016年01月03日 11:42撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お祓いを受ける―この後休憩用ベンチでお弁当を食べるー12時少し前
魔去る石?
2016年01月03日 11:58撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
魔去る石?
名残の紅葉
2016年01月03日 11:59撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名残の紅葉
1
日野俊基の墓
2016年01月03日 12:01撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日野俊基の墓
お墓―雰囲気は頼朝のお墓に似る?

2016年01月03日 12:01撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お墓―雰囲気は頼朝のお墓に似る?

この一帯は源氏公園の一部なのかな?
2016年01月03日 12:02撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この一帯は源氏公園の一部なのかな?
ここから銭洗弁天に向かう
2016年01月03日 12:06撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから銭洗弁天に向かう
1
12時10分、銭洗弁財天宇賀福神社に到着
2016年01月03日 12:10撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12時10分、銭洗弁財天宇賀福神社に到着
弁財天入口の岩穴
2016年01月03日 12:11撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弁財天入口の岩穴
岩のトンネルをくぐると
2016年01月03日 12:11撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩のトンネルをくぐると
宇賀福神社境内
2016年01月03日 12:13撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宇賀福神社境内
岩の隙間から水がしたたり落ちている
2016年01月03日 12:13撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の隙間から水がしたたり落ちている
参拝者で込み合っている
2016年01月03日 12:13撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
参拝者で込み合っている
銭を洗う参拝者の行列は遠くまで続くーー
2016年01月03日 12:19撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
銭を洗う参拝者の行列は遠くまで続くーー
込んでいるのですぐ立ち去り、佐助稲荷に向かうー途中少し道に迷う
2016年01月03日 12:19撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
込んでいるのですぐ立ち去り、佐助稲荷に向かうー途中少し道に迷う
佐助稲荷下社通過
2016年01月03日 12:29撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
佐助稲荷下社通過
赤い鳥居をくぐっていく
2016年01月03日 12:30撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤い鳥居をくぐっていく
1
佐助稲荷は狐だらけ
2016年01月03日 12:33撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
佐助稲荷は狐だらけ
霊狐泉
2016年01月03日 12:33撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霊狐泉

大仏コースに入る
2016年01月03日 12:42撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す

大仏コースに入る
ここは一旦源氏山の方に向かってから大仏切通に出る予定だったが、大仏方面に向かった
2016年01月03日 12:43撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは一旦源氏山の方に向かってから大仏切通に出る予定だったが、大仏方面に向かった
ハイキングコースより手前で降りてしまったーただし長谷寺へはこの方が近い
2016年01月03日 12:51撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイキングコースより手前で降りてしまったーただし長谷寺へはこの方が近い
1時10分過ぎ、長谷寺に到着
2016年01月03日 13:10撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1時10分過ぎ、長谷寺に到着
長谷観音と観音ミュージアムに向かう
2016年01月03日 13:12撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長谷観音と観音ミュージアムに向かう
長谷観音は撮影できないので、ミュージアムに向かう
2016年01月03日 13:18撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長谷観音は撮影できないので、ミュージアムに向かう
境内からの発掘遺物が並んでいる
2016年01月03日 13:18撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
境内からの発掘遺物が並んでいる
鎌倉時代の鏡
2016年01月03日 13:18撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌倉時代の鏡
常滑焼の骨壺
2016年01月03日 13:18撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常滑焼の骨壺
中世・近世の様々な仏像が展示されている
2016年01月03日 13:18撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中世・近世の様々な仏像が展示されている
この後、御霊神社に寄ってから再度本覚寺や鎌倉近代美術館などに寄ろうとしていて、急いで観たのだが、実際は人出がすごく、鎌倉駅であきらめて帰宅したので、もっとゆっくり見ればよかったーーと反省
2016年01月03日 13:19撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この後、御霊神社に寄ってから再度本覚寺や鎌倉近代美術館などに寄ろうとしていて、急いで観たのだが、実際は人出がすごく、鎌倉駅であきらめて帰宅したので、もっとゆっくり見ればよかったーーと反省
不動明王や様々な神像
2016年01月03日 13:19撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動明王や様々な神像
江戸の再興時代の弥勒菩薩座像
2016年01月03日 13:22撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
江戸の再興時代の弥勒菩薩座像
室町時代の大黒天
2016年01月03日 13:22撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
室町時代の大黒天
ヱビス神
2016年01月03日 13:22撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヱビス神
八臂弁財天
2016年01月03日 13:22撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八臂弁財天
ここの目玉の一つ、懸け仏
2016年01月03日 13:22撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここの目玉の一つ、懸け仏
懸け仏の起源は鏡に神仏の姿を線刻する「御正体」という神仏習合のもので、明治期の神仏分離令以降、失われたもので、現存しているものは貴重らしい
2016年01月03日 13:22撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
懸け仏の起源は鏡に神仏の姿を線刻する「御正体」という神仏習合のもので、明治期の神仏分離令以降、失われたもので、現存しているものは貴重らしい
阿弥陀如来立像(鎌倉時代)
2016年01月03日 13:23撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀如来立像(鎌倉時代)
大日如来坐像(室町時代)
2016年01月03日 13:23撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日如来坐像(室町時代)
本尊十一面観音像は関東大震災時に倒壊せず、光背だけは崩れ落ちたが、その部分が発見され、裏に文明17年(1485年)の記録があったという貴重な資料
2016年01月03日 13:23撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本尊十一面観音像は関東大震災時に倒壊せず、光背だけは崩れ落ちたが、その部分が発見され、裏に文明17年(1485年)の記録があったという貴重な資料
境内からの展望ー鎌倉の海・相模湾が一望できる
2016年01月03日 13:27撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
境内からの展望ー鎌倉の海・相模湾が一望できる
1
七福神の大黒様を探すー中央奥とsの右がそうかな?
2016年01月03日 13:40撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七福神の大黒様を探すー中央奥とsの右がそうかな?
これもーー
2016年01月03日 13:40撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これもーー
長谷寺付近のお店に掲げてあった長谷観音のポスター(現物は撮影できない)
2016年01月03日 13:44撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長谷寺付近のお店に掲げてあった長谷観音のポスター(現物は撮影できない)
最後の御霊神社に向かう
2016年01月03日 13:52撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の御霊神社に向かう
七福神最後の福禄寿を探す
2016年01月03日 13:53撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七福神最後の福禄寿を探す
この中にあるのが福禄寿らしい
2016年01月03日 13:54撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この中にあるのが福禄寿らしい
帰りがけに荏柄天神出口手前に境内奥に熊野権現社が見えたので行ってみる
2016年01月03日 13:54撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りがけに荏柄天神出口手前に境内奥に熊野権現社が見えたので行ってみる
1

感想/記録

久しぶりに鎌倉を歩く。天園コースは
若い時分に歩いたことがあったかもしれないが、浄智寺からの大仏コースは初めてか?随分昔のことなので忘れてしまった。七福神めぐりと天園と大仏ハイキングコースを歩く。意外と長く、建長寺まで下ったところで、何処まで歩くか考えたが、標高差が小さいので、最後まで歩くことにした。出発が早朝だったので、宝戒寺には入れず、また本覚寺の恵比寿様も場所がわからなかった。最終目標だった御霊神社の後、再度鎌倉駅で下車して、再訪するつもりだったが、人出がすごく、出口が込み合って行列をなしていたので、今回はあきらめた。また1月末で閉館する鎌倉近代美術館も訪問したかったが、またの機会に。国宝館も同様。

訪問先神社・七福神・仏像資料
1)本覚寺(夷様)
本覚寺は、日蓮宗の寺院です。日出上人を開山として永亨八年(1436)に創建されました。足利持氏が鎌倉の夷堂があった場所に寺を建てて日出上人に寄進した寺院です。文永11年(1274)に佐渡流罪を解かれ鎌倉に戻った日蓮上人は、この夷堂に滞在して布教を再開しました。その後、甲斐国の身延山に入って久遠寺を建立し本核的に日蓮宗の布教を行いました。本覚寺分骨堂には、身延山から分骨した日蓮上人の分骨が納められています。本尊は釈迦三尊(鎌倉七福神めぐり」より)―最初に夷堂ああり、後から寺ができたらしいーー
2)妙隆寺(寿老人)
妙隆寺は日蓮宗総寺院。一帯は鎌倉幕府の有力御家人だった千葉常胤の子孫・胤貞の別邸跡と伝えられ、一般には「千葉屋敷」とも呼ばれている。妙隆寺は胤貞が祖先追福のため、至徳二年(1385)、七堂伽藍を建立して妙隆寺を創建し、中山法華経寺の日英上人を開山に迎えたと伝えられる。妙隆寺は中山門流の中心となった。本尊は日蓮上人
3)宝戒寺(毘沙門天)
宝戒寺は、天台宗の寺院です。開基は後醍醐天皇。開山は天台座主五代国師円観恵鎮慈威和上で、建武2年(1335年)に創建されました。ここは、北条義時が小町邸を造って以来、北条執権の屋敷であった所です。
 元弘三年(1333)、新田義貞の鎌倉攻めにより鎌倉幕府は滅亡し、北条一族が滅びた。北条九代の霊を慰めまた国宝的人材を養成修行する道場として、後醍醐天皇が足利尊氏に命じて、この屋敷跡に建立させた寺です。本尊は子育経読地蔵大菩薩(国重文)。境内には本尊を安置する本堂の他、聖徳太子像を祀り、職人の信仰厚い太子堂、後年建てられた北条氏を供養する宝篋印塔、鐘楼がある。
4)鶴岡八幡宮(旗上弁財天)
鶴岡八幡宮は、京都の石清水八幡宮を厚く信仰していた源頼義が前九年の役で奥州の安部氏を平定した後、康平6年(1063)8月、京の石清水八幡宮を鎌倉由比ガ浜郷に勧請し社殿を創建した。その後、治承4年(1180),源頼朝が鎌倉入りするや由比ガ浜の八幡宮(元八幡)を,この地小林郷に移した。建久2年(1191)には武士の守護神の宗社に相応しく上下両宮の現在の姿に整えた。
源頼朝が,この高台に社殿を作った時は、既に平家は滅亡し、奥州・藤原氏も討伐し,全国60余州を平定した時であった。翌年には、征夷大将軍になり、まさに頼朝の絶頂期であった。鎌倉はこの頃は既に、京都と並んで政治文化の中心となっており頼朝は関東の総鎮守となって崇敬されていた。以来、鶴岡八幡宮は常に鎌倉のシンボルであり、幕府の儀式や行事はすべてここを中心に行われた。また武門のシンボルとしても豊臣、徳川家から手厚い信仰を受けていた。

旗上弁財天社は鶴岡八幡宮の境内社。源氏池に浮かぶ島に建てられている。
 源頼朝の旗挙げに際しては、家運長久の守護神として弁財天が現れ、霊験があったと伝えられ、旗上弁財天社は、北条政子が建立したものとも伝えられている。
 弁財天は仏教の守護神であることから、明治の廃仏毀釈で破壊されたが、1956年(昭和31年)に再興され、現在の社殿は、鶴岡八幡宮創建800年にあたる1980年(昭和55年)に、文政年間の古図をもとに復元されたもの。
 参道や島に並ぶ旗は、奉納された源氏の二引の白旗。

5)頼朝の墓と頼朝・北条義時の法華堂
建久9年(1199)12月27日源頼朝は,御家人の稲毛重成の亡妻の供養のために,相模川にかけた橋の完成祝いに出掛け、その帰り稲村ガ崎で落馬した。その落馬が原因で,翌年の建久10年(1199)1月13日に53歳で亡くなった。
 「法華堂跡」は、大倉幕府跡の裏山にある源頼朝墓を中心とする史跡。
 「法華堂」とは、1189年(文治5年)、源頼朝が聖観音像を本尊として建立した持仏堂のことで、1191年(建久2年)には、文覚に命じて京都で描かせた阿弥陀三尊像が掛けられた。
 持仏堂は、頼朝の死後「法華堂」と呼ばれるようになり、現在、源頼朝墓が建てられている場所が法華堂の跡だといわれている。
 『吾妻鏡』によれば、本尊の聖観音像は、頼朝が京都の清水寺から下されたもので、挙兵の際、髷の中に納めていたものだという(参考:しとどの窟)。
 源頼朝墓の東の山腹には、頼朝の片腕として貢献した大江広元、その子毛利季光、頼朝の子ともいわれる島津忠久の墓があり、その下の平場は、2005年(平成17年)に行われた発掘調査の結果、北条義時の法華堂跡ではないかと考えられている。
 宝治合戦で滅亡した三浦泰村一族のものといわれる「やぐら」も残されている。                  
6)荏柄天神:
 荏柄天神社は、源頼朝が鎌倉に入るより前からある古い神社で、1104年(長治元年)の創建と伝わる。荏柄山天満宮とも称され、鎌倉幕府の鬼門の守護神でもあった。現在の本殿は1316年に建造された鶴岡八幡宮若宮の旧拝殿で、鎌倉最古の木造建築として重要文化財に指定されている。
7)鎌倉宮
鎌倉宮(かまくらぐう)は、神奈川県鎌倉市にある神社である。護良親王(もりながしんのう)を祭神とする。祭神である護良親王は後醍醐天皇の皇子で、父とともに鎌倉幕府を倒し建武中興を実現したが、その後、足利尊氏との対立により足利方に捕えられて東光寺に幽閉され、建武2年(1335年)の中先代の乱の混乱の中で尊氏の弟の直義の命で、家来である淵辺義博(ふちべのよしひろ)によって殺められた。
武家から天皇中心の社会へ復帰させることを目的とした建武中興に尽力した親王の功を賛え、明治2年(1869年)2月、明治天皇は護良親王を祀る神社の造営を命じた。6月14日に鎌倉宮の社号が下賜され、7月に東光寺跡の現在地に社殿が造営された。
8)永福寺跡
 永福寺は、1192年(建久3年)、源頼朝が奥州平泉の中尊寺や毛越寺を模して建てた壮大な寺院だった。
 弟源義経と奥州藤原氏の霊魂を静めるために建立したといわれるが、それとともに頼朝自身の権勢を世に知らしめるためだともいわれている。
 中世三大紀行文の一つ『東関紀行』の作者は、「二階堂永福寺はことにすぐれたる寺なり」と記している。
  跡地は国の指定史跡となっていて、本堂の「二階堂」の名は地名として残されている。
9)瑞泉寺
 瑞泉寺(臨済宗円覚寺派)は、夢窓疎石(国師)の開山。
 1327年(嘉暦2年)、幕府の御家人二階堂道蘊(引付頭)が国師のために建立した瑞泉院がはじまりといわれ、鎌倉公方となった足利基氏が中興して瑞泉寺とした。 国師作の禅の思想に基づいた庭園は、書院庭園の起源ともいわれ、国の名勝に指定されている。 足利基氏以降、代々鎌倉公方の菩提寺として栄え、関東十刹第一位の格式を誇り、塔頭も十二院を数えたという。
 江戸時代には、徳川光圀が千手観世音を寄進している。開山堂の夢窓国師坐像(頂相彫刻)は国の重要文化財。

10)貝吹地蔵・北条首やぐら
 「北条首やぐら」は、1333年(元弘3年)、新田義貞の鎌倉攻めによって敗れた北条高時以下一族の墓と伝えられている(参考:鎌倉幕府の滅亡)。
 瑞泉寺側から天園ハイキングコースに入ると、偏界一覧亭跡に建つ堂がある。
 その少し先に「従是右北条御一門御廟所」の石標が建てられている。
 天園ハイキングコースの「貝吹地蔵」は、ほら貝を吹いて新田勢が攻めよせてきたのを知らせたという。

11)天園およびハイキングコース

 天園は、建長寺の鎮守半僧坊から瑞泉寺へと至る尾根道で、「六国峠」「鎌倉アルプス」などと呼ばれてきた。 江戸時代には巡礼道として整備されていたものと考えられている。 現在の天園ハイキングコースは、1937年(昭和12年)にその原形が誕生した。

12)十王岩
十王岩は、夜毎不気味な音をたてていたことから、「喚き十王」とも呼ばれている。
 建長寺のある場所が地獄谷と呼ばれる刑場だったことから、地獄谷で処刑された者の嘆き声だと恐れられていたという。

13)建長寺半僧坊 半僧坊大権現は、建長寺の鎮守。 建長寺裏山の中腹にある。
 後醍醐天皇の皇子「無文元選禅師」(むもんげんせんぜんじ)が開いた静岡県浜松市にある方広寺が半僧坊の本元。
 建長寺に半僧坊権現が勧請されたのは1890年(明治23年)のこと。
 半僧坊信仰が全国に広まったのは明治時代で、方広寺の山火事の際、円明大師(無文元選禅師)の墓と方広寺の鎮守「半僧坊」が類焼を免れたことから、半僧坊の威徳によるものという評判が広まった。
 半僧坊大権現は天狗の姿。参道石段には大小12体の鉄製の天狗像が置かれている。
15)建長寺
建長寺は、1253年(建長5年)、五代執権北条時頼が宋の蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)を招いて開いた日本で初めての「禅専門道場」。 臨済宗建長寺派大本山。 正式名称は「巨福山建長興国禅寺」。
 鎌倉五山の第一位で鎌倉四大寺の一つ。
  『吾妻鏡」によれば、1251年(建長3年)11月8日に事始が行われ、2年後の1253年(建長5年)11月25日に供養が行われた。
 開山の蘭渓道隆は、宋の厳格な禅風をそのまま持ち込み、境内は塵一つなく掃き清められていたという。
 掃除の行き届いている様子を「建長寺の庭を竹箒で掃いたようだ」というが、この言葉に建長寺の修行の厳格さをうかがい知ることができる。
 道隆の書いた指導書「法語規則」は国宝。
 道隆は、その死後、後宇多天皇より、日本で初めてとなる「禅師号」を授けられている。

開山 蘭渓道隆
開基 北条時頼
本尊 地蔵菩薩
※ 禅宗の本尊は、一般的に釈迦如来であるが、建長寺が建てられる前にあった心平寺の本尊が地蔵菩薩だったことによるらしい。
16)浄智寺
臨済宗円覚寺派・淨智寺が創建された十三世紀の終わり頃の鎌倉は、北条氏の勢力が極めて盛大で禅宗が栄えた時期であった。淨智寺は、鎌倉五山の第四位である。鎌倉幕府五代執権・北条時頼の三男・宗政が29歳の若さで弘安四年(1281)に没し、八代執権・北条時宗が弟の菩提を弔う為に、その夫人と子・師時を開基として建てた寺である。
延文元年(1356)の火災で,当初の伽藍は焼失したが,室町時代には方丈,書院,法堂など主要な建物や塔頭があった。しかし関東大震災で殆ど,倒壊し,現在は三門・楼門や新しい仏殿・方丈・客殿等が伽藍を形造っている。
17)葛原岡神社
 葛原岡神社は、由比ヶ浜の鎮守。 祭神は後醍醐天皇に仕えた朝臣日野俊基。
 1887年(明治20年)、明治天皇が忠臣顕彰のために創建した。
  俊基は、1332年(元弘2年)、倒幕計画に参加した罪で葛原ヶ岡で斬首。
 葛原岡神社がある場所が俊基の最期の地といわれ、「秋をまたで葛原岡に消ゆる身の露のうらみや世に残るらん」と詠んで死に果てたという(参考:鎌倉幕府の滅亡)。
 境内には、俊基の墓とされる宝篋印塔が建てられている。 

18)銭洗弁財天 宇賀福神社
 戦乱が鎮まり、民の加護を祈っていた源頼朝は、巳の年の1185年(文治元年)巳の月の巳の日に「宇賀福神」の夢を見た。
 夢の中に現れた「宇賀福神」は、「西北の仙境に湧きだしている霊水で神仏を祀れば、平穏に治まる」と告げた。
 泉を発見した頼朝は、岩窟を掘らせ宇賀福神を祀った。それが銭洗弁財天宇賀福神社のはじまりなのだという。
 五代執権北条時頼は、霊水で金銭を洗い一族の繁栄を祈ったと伝えられている。
 江戸時代には鎌倉五名水の一つに数えられた。
 かつては扇ヶ谷の八坂大神の末社だったが、1970年(昭和45年)に独立。
祭神
本宮/市杵島姫命
奥宮/弁財天

19)佐助稲荷神社
 源頼朝がまだ伊豆蛭ヶ小島に配流中の身であったころ、「かくれ里の稲荷」と名乗る神霊が夢に現れ、頼朝に挙兵を勧めたという。
 のちに、鎌倉に武家政権を築き上げた頼朝は、「かくれ里」と呼ばれるこの地に祠を見つけ、御家人畠山重忠に命じて社殿を建立させた。
 それが佐助稲荷神社の始まり。
 頼朝が武家政権を築き上げたことから「出世稲荷」とも呼ばれている。
 建立時期は建久年間(1190〜1199年)と考えられているが詳細は不明。
1909年(明治42年)までは鶴岡八幡宮の末社に加えられていた。2月の「初午祭」では、春の農作業開始の前に豊作が祈願され、鎌倉神楽が奉納される。

祭神
宇迦御魂命
大己貴命
佐田彦命
大宮女命
事代主命

20)長谷寺・長谷観音・大黒天
 長谷寺は736年(天平8年)の開創と伝えられ、「長谷観音」の名で親しまれている(奈良の長谷寺に対し「新長谷寺」と呼ばれていた。)。
 開山の徳道によって一本のクスノキから彫られたという本尊の「木造十一面観音像」は、高さ9.18メートルで日本最大級。
 ただ、長谷寺が天平の昔からあったという記録はなく、梵鐘の銘文から鎌倉時代後期の建立ではないかと考えられている。
 経蔵裏の「アジサイ」は見事で、見晴台からは由比ヶ浜の海が一望できる。
 12月には、鎌倉ではここだけとなった「歳の市」が開かれている。
※  近年では、西大寺流律宗と長谷観音信仰の関係が指摘されており、極楽寺の忍性との関係も注目されている。
※  鎌倉時代の長谷には、地獄の情景を表す円応寺(新居焔魔堂)があった。
 長谷寺は、その円応寺と極楽浄土へと導く鎌倉大仏とともに浄土信仰に基づく情景を構成する寺院群の一つだったという説もある。

鎌倉観音巡礼第4番札所(十一面観世音)

鎌倉・江の島七福神(大黒天)
開山 徳道
開基 藤原房前(藤原鎌足の孫)
本尊 十一面観世音菩薩

21)御霊神社(福禄寿)
 目の前を江ノ電が走る御霊神社(ごりょうじんじゃ)は、平安時代に大庭御厨を開発した鎌倉権五郎景政を祀る。
 別名「権五郎神社」。
 鎌倉には、大庭・梶原・長尾・村岡・鎌倉という平氏一族の五家があって、その祖先をまつる「五霊神社」が建てられた。
 しかし、鎌倉権五郎景政が武勇の誉れが高いことや、景政が領していた地であったことなどから、いつしか景政一人を祀る神社となったのだという。
 景政の武勇伝から「目の神様」として親しまれている。
鎌倉・江の島七福神(福禄寿)
祭神 鎌倉権五郎景政

今日、訪問できなかった施設
1)鎌倉国宝館
  1923年(大正12年)の関東大震災では、多くの寺社が倒壊し、仏像などの貴重な文化財も大きな被害を受けた。
 鎌倉国宝館は、その教訓から鶴岡八幡宮の境内に建設された博物館で、1928年(昭和3年)4月3日に開館した。
 昭和49年には、財団法人氏家浮世絵コレクションが館内に開設され、肉筆浮世絵が展示公開されている。
 1983年(昭和58年)には、収蔵庫としての新館が竣工された。
 本館の建物は、奈良東大寺の正倉院を模した「高床式校倉風」に造られ、平成12
年に国の登録有形文化財に指定されている


〜寺社の主な収蔵品〜

鶴岡八幡宮
鶴岡八幡宮

木造弁財天坐像(旗上弁財天社)

舞楽面

菩薩面(手向山八幡宮)

古神宝類などの国宝品

荏柄天神社
荏柄天神社

木造天神坐像

木造天神立像

建長寺
建長寺

木造北条時頼坐像

国宝「蘭渓道隆像」(絵画)

国宝「法語規則」

黒漆須弥壇

円覚寺
円覚寺

木造阿弥陀三尊立像

前机

佛日庵公物目録

円覚寺境内絵図

青磁袴腰香炉

木造地蔵菩薩坐像)

木造明巌正因坐像

円応寺
圓應寺

木造初江王坐像

木造倶生神坐像

木造鬼卒立像

木造人頭杖
壽福寺
壽福寺

木造地蔵菩薩立像

銅造薬師如来坐像

栄西禅師坐像

喫茶養生記

浄智寺
浄智寺

木造韋駄天立像(土紋装飾)

木造地蔵菩薩坐像(鎌倉二十四地蔵)

浄妙寺
浄妙寺

木造阿弥陀如来立像

明月院
明月院

木造上杉重房坐像

明月院絵図

常楽寺
常楽寺

梵鐘(鎌倉三名鐘)

辻の薬師堂
辻の薬師堂


薬師三尊及十二神将立像

九品寺
九品寺

石造薬師如来坐像(永仁4年銘)

石造閻魔大王像

石造奪衣婆像

光明寺
光明寺

国宝「当麻曼荼羅縁起絵巻」

浄土五祖絵伝

光触寺
光触寺

頬焼阿弥陀縁起

2)鎌倉近代美術館
神奈川県立近代美術館は、鶴岡八幡宮の平家池の畔に建てられた日本で最初の公立近代美術館(1951年(昭和26年)の開館)。
 設計を担当したのは、フランスで活躍したル・コルビュジエに師事した坂倉準三。
 日本のモダニズム建築を代表する建物として、1999年(平成11年)に「DOCOMOMO日本近代建築20選」に選ばれた。
 1989年(昭和59年)には小袋坂の登り口に鎌倉別館が、2003年(平成15年)には葉山町に新館が開館している。
「2016年1月31日をもって閉館」もニュースは衝撃を与えたが、建物そのものは保存されることになった。

展覧会概要  「カマキン」最後の展覧会
 「鎌倉近代美術館(略称:カマキン)」として長く愛されてきました鎌倉館での最後の展覧会となるPART3では、1951年の美術館誕生から1965 年までの15 年を取り上げます。草創期の当館では、戦前、戦中の文化的空白を埋めるべく、佐伯祐三、萬鉄五郎、古賀春江、松本竣介などの、小規模ながらも充実した展覧会が開催されました。そうした調査と研究を重視した展覧会のあり方は、美術館の礎として受け継がれてきました。本展では、この時期に取り上げた作家による作品を所蔵品から選んで展示すると同時に、美術館の活動に伴って改修が重ねられてきた坂倉準三設計による鎌倉館の変遷を、図面や写真、映像資料で紹介します。
 なお、鎌倉別館では「工芸と現代美術」と題して、所蔵品の中から工芸・デザインとその現代美術への展開を追います。

訪問者数:246人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ガス 紅葉 アルバイト 地蔵 下界
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ