ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 790163 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

荒地山

日程 2016年01月03日(日) [日帰り]
メンバー kickey
天候
アクセス
利用交通機関
電車
往路、復路:阪急芦屋川

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間8分
休憩
51分
合計
3時間59分
S高座の滝12:2312:39芦屋地獄谷12:4012:45小便滝12:4713:18風吹岩13:2213:52七右衛門嵒14:11テーブルロック14:4515:06荒地山15:0715:13黒岩15:1415:40奥高座の滝15:4215:50キャッスルウォール(基部)15:5616:22高座の滝G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
地獄谷はスリップ注意。荒地山の岩梯子も慎重に進みましょう。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

高座の滝。今日はここから荒地山を目指します。
2016年01月03日 12:28撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高座の滝。今日はここから荒地山を目指します。
9
地獄谷から取り付きます。
2016年01月03日 12:32撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地獄谷から取り付きます。
4
小滝群をクリアして行く。
2016年01月03日 12:50撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小滝群をクリアして行く。
4
小便滝。
2016年01月03日 12:54撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小便滝。
5
さらに上流へ。
2016年01月03日 12:58撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに上流へ。
3
今日はこの滝を右岸から巻く。(昨日は左岸から巻いた)。しっかりした道がついており、右岸から行くのが正解でした。
2016年01月03日 13:02撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はこの滝を右岸から巻く。(昨日は左岸から巻いた)。しっかりした道がついており、右岸から行くのが正解でした。
5
谷を詰める。
2016年01月03日 13:09撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷を詰める。
3
最後は風吹岩に飛び出します。
2016年01月03日 13:30撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後は風吹岩に飛び出します。
10
おばちゃんと一緒に荒地山に向かう。キャッスルウォールは今日もド迫力です。
2016年01月03日 13:50撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おばちゃんと一緒に荒地山に向かう。キャッスルウォールは今日もド迫力です。
9
岩梯子。
2016年01月03日 14:07撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩梯子。
8
七右衛門嵒を、久々にくぐり抜ける。(いつもは途中で左にトラバースしてテーブルロックに向かう)。ザックがひっかかって通りぬけに手こずる。(こんなに小さな穴だったっけ)
2016年01月03日 14:12撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七右衛門嵒を、久々にくぐり抜ける。(いつもは途中で左にトラバースしてテーブルロックに向かう)。ザックがひっかかって通りぬけに手こずる。(こんなに小さな穴だったっけ)
13
荒地山を周回した後、無事下山。気持ちよい青空が広がっていました。お疲れ様でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒地山を周回した後、無事下山。気持ちよい青空が広がっていました。お疲れ様でした。
12

感想/記録
by kickey

今日は荒地山へ行きました。

まずは、高座の滝の護摩堂で道中安全を祈願。
今日も地獄谷から取り付き、風吹岩直登コースを進みます。
小滝群を乗り越えて進むのは楽しいです。

風吹岩からは少し下って、荒地山へ向かう。
途中で、おばちゃんに荒地山への道を尋ねられ、私も行き先は同じなので
一緒に行くことにしました。高座の滝からA懸・B懸を抜けてここまで来たが、何年かぶりに来たらしく、荒地山への道が判らなくなった、とのことでした。
キャッスルウォールから岩梯子を抜け、テーブルロックで一休み。

ここで湯を沸かして、コーヒーブレイク。おばちゃんと山談義に花を咲かす。
大阪府の山岳会に所属していて、いろんな山を経験されている山の大先輩でした。
聞けば、以前は岩をやっていて、荒地山でも良く練習したそうです。
今は年齢の関係で体力的に厳しい所は行かなくなったが、以前に訪れた剱岳北方稜線の三ノ窓や、後立山連峰の不帰嶮縦走、白馬から栂海新道縦走、黒部峡谷の奥ノ廊下・赤木沢の沢登りだとか、興味深い話をたくさん聞かせて頂く。
北方稜線は逆立ちしても無理だとしても、剱や後立山連峰の一般縦走路は、一度は歩いてみたい私の憧れの場所です。とっても貴重な体験談を聞かせて頂き嬉しかったです。

結局、その後も行動を共にすることとなりました。荒地山山頂から黒岩に下り、キャッスルウォール経由で水のお不動さんにお参りした後、高座の滝に下りました。
とっても楽しい山となりました。

今日も良い山でした。







訪問者数:177人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2009/9/24
投稿数: 135
2016/1/3 22:02
 ニアミスでした
kickeyさん、こんばんは

荒地山、時間帯が違ってしまいましたのでお会いできませんでしたが、ニアミスでした。。テーブルロックは私の時も独占状態でした。
今日も山の楽しい出会いを満喫されたようですね。
登録日: 2013/6/16
投稿数: 168
2016/1/3 23:22
 Re: ニアミスでした
chamchanさん、こんばんは。

午前中は家でのんびりしていたのですが、天気も良くて暖かく、こんな日に家にいるのは勿体無い気がして、遅くから山へ向かったためニアミスとなってしまいました。
思いがけず、おばちゃんの体験談を聞けて良かったです。
「山は行きたい時に、行っとくべきよ!」と背中を押されると、その気になります。
難易度は高いですが、剱も後立山連峰も、できれば今年に行ければなぁと考えています。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ザック 右岸 左岸 廊下 直登 クリ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ