ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 790259 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

<富士+南アルプス>眺望ピカイチの浜立山〜滝子山(笹子〜浜立尾根〜初狩駅)

日程 2016年01月03日(日) [日帰り]
メンバー yamatake01
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:新宿駅西口から中央高速バス甲府行7:00発、中央道笹子8:27着
復路:中央線初狩15:41発高尾行
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間43分
休憩
2時間15分
合計
6時間58分
S桜森林公園08:3708:40寂悄荘入口分岐09:03道証地蔵09:17浜立山分岐10:06寺平10:1010:45浜立山10:5010:55浜立山直下の露岩11:2811:30浜立山11:50寂ショウ尾根分岐12:04滝子山13:2713:34滝子山・三角点峰13:3513:48女坂13:5013:52桧平13:5314:09北方川西尾根分岐14:1014:14フタマタ沢ノ頭14:26最終水場14:2715:02滝子山分岐15:0315:07藤沢子神社15:1015:35初狩駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
桜森林公園〜浜立山分岐まではGPSログがとれていないので直線で結ばれているが、道証地蔵までは沢沿いの林道歩きで問題なし。
コース状況/
危険箇所等
浜立尾根〜寺平:
山と高原地図には未掲載。尾根取付きから寺平(1246m地点、標識なし)まで急坂が続く。所要時間は45分〜1時間、所謂登山道ではないため踏み跡がある道ではないが、尾根の真中を只管上を目指せば道迷いはない。所々に赤テープが木に巻かれているのでルート確認できる。急坂のため落葉は少なくルート確認が助かる。
(山に慣れていない人は二人以上で登る方が良いだろう)

寺平〜浜立山&山頂直下の展望露岩
傾斜は緩やかとなるが、相変わらず明確な踏み跡は少ないので尾根の中央部を上方へ進む。一部岩越えや急登もあるが短区間で上方へ向えば問題ない。

浜立山山頂の手前1〜2分あたりのところで右(南側)へ広がる支尾根があり、木の赤テープが浜立山方面と支尾根方面の2本(頼りない小さな赤テープ)に巻かれているので、露岩の展望地へはここを2〜3分右へ下る。
浜立山〜寂ショウ尾根分岐〜滝子山〜初狩駅:
一般登山道で分かり易く歩き易い。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

スタートは中央道笹子バス停から
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタートは中央道笹子バス停から
寂ショウ尾根ルートはここを右へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寂ショウ尾根ルートはここを右へ
1
沢沿いに林道を進む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いに林道を進む
道証地蔵が登山道入口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道証地蔵が登山道入口
1
最初は沢を橋で渡る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は沢を橋で渡る
浜立尾根への入口は右側の木の赤と白のテープを見逃さないように(道証地蔵から約10分)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浜立尾根への入口は右側の木の赤と白のテープを見逃さないように(道証地蔵から約10分)
1
植林帯を約5分
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植林帯を約5分
浜立尾根への取付けはここ(通せんぼの)を右上へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浜立尾根への取付けはここ(通せんぼの)を右上へ
2
ここから浜立尾根
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから浜立尾根
3
気持良い明るい尾根ですが急坂が続きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持良い明るい尾根ですが急坂が続きます
目印の赤テープは要所に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目印の赤テープは要所に
1
右に緑の針葉樹が見えてくると急坂も終盤
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右に緑の針葉樹が見えてくると急坂も終盤
右奥の岩場は浜手山の展望露岩かな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右奥の岩場は浜手山の展望露岩かな?
寺平でほっと一息
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寺平でほっと一息
青空にブナの大木
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空にブナの大木
3
浜立山へ岩場が現れる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浜立山へ岩場が現れる
1
急坂もまだまだ出てくる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急坂もまだまだ出てくる
大きな岩を乗り越えて進む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きな岩を乗り越えて進む
3
山頂直下から右の広い支尾根へ下る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下から右の広い支尾根へ下る
1
分岐から2〜3分で展望露岩到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐から2〜3分で展望露岩到着
絶好のビューッスポットです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絶好のビューッスポットです
3
素晴らしい大展望
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素晴らしい大展望
5
南アのオールキャスト
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アのオールキャスト
8
南アルプスの大パノラマ(元サイズで詳細な山姿をご覧ください)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプスの大パノラマ(元サイズで詳細な山姿をご覧ください)
3
南ア最北部(鳳凰三山〜甲斐駒ヶ岳)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南ア最北部(鳳凰三山〜甲斐駒ヶ岳)
4
白峰三山(農鳥岳〜間ノ岳〜北岳)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白峰三山(農鳥岳〜間ノ岳〜北岳)
7
南ア南部の雄峰(聖岳〜赤石岳〜悪沢岳)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南ア南部の雄峰(聖岳〜赤石岳〜悪沢岳)
5
八ヶ岳(中央奥)と左に茅ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳(中央奥)と左に茅ヶ岳
3
八ヶ岳の主峰(赤岳〜横岳〜硫黄岳)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳の主峰(赤岳〜横岳〜硫黄岳)
4
雪のない奥秩父の金峰山(左)〜国師ヶ岳(右)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪のない奥秩父の金峰山(左)〜国師ヶ岳(右)
八ヶ岳の左裾奥は奥穂or雲?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳の左裾奥は奥穂or雲?
新春富士も格好良い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新春富士も格好良い
9
三つ峠山を従えた富士
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三つ峠山を従えた富士
4
丹沢、道志方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢、道志方面
3
地味な浜立山山頂は展望なし
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地味な浜立山山頂は展望なし
1
木に括りつけられた山頂標識
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木に括りつけられた山頂標識
2
山頂近くから滝子山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂近くから滝子山
寂ショウ尾根からのルートと合流
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寂ショウ尾根からのルートと合流
1
今日の目的地の滝子山まで2つのピークを越えていく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の目的地の滝子山まで2つのピークを越えていく
途中から山頂光る富士
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中から山頂光る富士
5
最後の急坂を振返る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の急坂を振返る
山頂には数人の登山者の姿
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂には数人の登山者の姿
富士展望のよい滝子山に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士展望のよい滝子山に到着
2
山頂標が岩で支えられている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂標が岩で支えられている
こちらは北側の小金沢連嶺・黒岳(左)と雁ヶ腹摺山(右)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは北側の小金沢連嶺・黒岳(左)と雁ヶ腹摺山(右)
2
秀麗富嶽十二景に相応しい美しい富士
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秀麗富嶽十二景に相応しい美しい富士
3
大谷ヶ丸〜ハマイバ丸〜黒岳〜雁ヶ腹摺山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大谷ヶ丸〜ハマイバ丸〜黒岳〜雁ヶ腹摺山
1
ハマイバ丸〜黒岳〜雁ヶ腹摺山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハマイバ丸〜黒岳〜雁ヶ腹摺山
雁ヶ腹摺山の裾野左(大峠)奥に雲取山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁ヶ腹摺山の裾野左(大峠)奥に雲取山
1
権現山(左)と扇山(右)の間の奥は生藤山(左)と陣馬山(右)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現山(左)と扇山(右)の間の奥は生藤山(左)と陣馬山(右)
山頂ピークから下り立つとスミ沢ルートとの分岐/今日は真直ぐ初狩駅方面へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂ピークから下り立つとスミ沢ルートとの分岐/今日は真直ぐ初狩駅方面へ
三角点はこちらのピーク
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点はこちらのピーク
1
今日は女坂を下ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は女坂を下ります
気持良い南斜面を下るも落葉に注意
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持良い南斜面を下るも落葉に注意
桧平に到着も標識は横置き
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桧平に到着も標識は横置き
桧平で男坂からの下りと合流
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桧平で男坂からの下りと合流
富士もまだまだ見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士もまだまだ見えます
1
冬の尾根道は最高
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬の尾根道は最高
ここで尾根と別れて左の沢ぞいルートへ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで尾根と別れて左の沢ぞいルートへ
すぐ植林帯へ入ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐ植林帯へ入ります
沢ぞいの下り、上りの場合の最後の水場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢ぞいの下り、上りの場合の最後の水場
林道に下り立つ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に下り立つ
左から下ってきて舗装道へ出る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左から下ってきて舗装道へ出る
ルート案内図
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルート案内図
1
神木の杉の巨木
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神木の杉の巨木
神社から富士が前方に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社から富士が前方に
1
ゴールの初狩駅に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴールの初狩駅に到着
1
ホームから下ってきた滝子山を望む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホームから下ってきた滝子山を望む
2

感想/記録

2016年初登りは新春富士を眺められる滝子山へ。
ルートは以前計画も行けなかった浜立尾根から浜立山経由のルート。
ヤマレコ情報でもたまに出ているが、このルート途中にある浜立山山頂すぐ下の南側露岩が展望台となっており、富士から南アルプスの大パノラマが展望できるという。

実際行ってみて仰天の大展望が広がっていた。
滝子山側を除く約270度が一望出来て大感激。白雪の南アルプスが北(甲斐駒)から南(聖岳)まで勢ぞろい。
雪を被った雄峰はそれぞれの山姿がくっきりと浮かびあがっている。
雪の南八ヶ岳が一望でき、奥秩父はこの時期雪がないのが珍しいが金峰山から国師ヶ岳、北奥千丈岳まで続いている。
南アルプスの手前には広い甲府盆地が広がり雄大な景色に時間を忘れてみとれてしまった。
この展望を楽しむには午前の早い時間帯が良いだろう。今回快晴のため11時前着でもバッチリだった。
そのためには滝子山からの下りに立ち寄るよりも道証地蔵側から登った方が良いだろう。是非お薦めの場所である。
今回もこのルートは本日私一人、展望台も一人占めだった。

滝子山山頂には滞在中(山頂に1時間20分滞在)10名ぐらいの登山者。人気の山の割にはお正月で少ない。
ズミ沢(スミ沢)コース経由が大半だったが、寂ショウ尾根コースから北方も。下山のルートは初狩駅方面が大半。

山頂では大谷ヶ丸山から廻ってきた山友のsaka氏とバッタリ遭遇。今年も楽しい山行をと新年の挨拶となった。

山頂でも富士がやや逆光であるが山頂部の輝きが美しい姿を見せてくれ、八ヶ岳、奥秩父の東側の甲武信ヶ岳など、小金沢連嶺、雁ヶ腹摺山、丹沢、道志、御坂の山々などいつまでも飽きることなく見とれて、結局saka氏と1時間20分の滞在。

今年最初の山登りは満足感十分で終わることが出来た。
訪問者数:404人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/3/20
投稿数: 376
2016/1/6 23:07
 新年の滝子山
明けましておめでとうございます

いつかは行きたい滝子山、見晴らしが素晴らしいですね〜
益々、行きたくなりました。
大パノラマと美しい富士山を眺めに近々訪れたいと思います。

本年もよろしくお願いします。
登録日: 2013/11/5
投稿数: 69
2016/1/7 10:26
 Re: 新年の滝子山
naoyannさん

新年おめでとうございます。
今年も多くの山をお楽しみ下さい。

滝子山は私の大好きな山の一つでお薦めです。
色んなルートをとれますが、初めてなら笹子駅からスミ沢経由で初狩駅のコースですかね。
南アルプスは滝子山の山頂から直接は見えませんが、少し西側(寂ショウ尾根側)へいけばご覧になれます。八ヶ岳・奥秩父は冬場なら木の葉が邪魔にならないので山頂からバッチリ見えます。
お天気の良い日に是非お出かけください。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ