ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 790409 全員に公開 山滑走谷川・武尊

谷川岳B.C. 小春日和 新年滑り初め

日程 2016年01月03日(日) [日帰り]
メンバー STsnow
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
谷川ロープウエイ駐車場 冬季の土日祝日 1000円/日
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間1分
休憩
1時間18分
合計
5時間19分
S天神平08:5409:43熊穴沢避難小屋09:5710:34天狗の留まり場10:3511:35谷川岳・肩の小屋11:3711:46谷川岳(トマノ耳)12:2312:29天狗の留まり場12:55熊穴沢避難小屋13:1714:09天神平14:1114:13ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
熊穴沢避難小屋までは、まだ夏道、尾根は藪藪。
避難小屋から夏道の下り、死角が多いので担ぎました。
枝が沢山出てますので、担いだ板をかわすのが核心部でした。

山頂から大斜面、ずっと晴れていた割には良い雪質だった。
大斜面から避難小屋まで、 尾根と両方の斜面行ったり来たりして
上りの踏み跡、巾2/3ほど削ってならしてしまいました。

西黒沢下部は、とうとうと流れています。
熊穴沢は中間まで滑走ライン1,2本ありました。
ある程度滑走可能と思われますが、余程の技量と体力が無いと
上り返せない状況と感じました。

西黒本谷
中間部は出ています。中間まで滑走、登り返しのトレースが
1,2本ありました。
この日は、気温が高く 尾根スジからの雪の崩れの状況見ると
怖くてとてもあんな場所へは行けません。
その他周辺情報自分の定番
湯テルメ 谷川
Bosa Novaのチョコレート
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

AM9:00スタート時、B.C.は自分一人。
2016年01月03日 08:56撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
AM9:00スタート時、B.C.は自分一人。
4
綺麗な西黒尾根。ただし、行けるかなと思われる雪の少なさです。
2016年01月03日 09:14撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗な西黒尾根。ただし、行けるかなと思われる雪の少なさです。
5
熊穴沢避難小屋から上、板担ぎました。
2016年01月03日 09:59撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊穴沢避難小屋から上、板担ぎました。
2
熊穴沢上部、戻りの予定位置になります。
2016年01月03日 10:20撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊穴沢上部、戻りの予定位置になります。
4
主脈ーマナイタグラ方面も映えてます。
2016年01月03日 10:20撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主脈ーマナイタグラ方面も映えてます。
3
大斜面、昨日までのラインが多数。
2016年01月03日 10:39撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大斜面、昨日までのラインが多数。
2
西黒尾根、雪庇が育っていません。
2016年01月03日 10:39撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西黒尾根、雪庇が育っていません。
2
この状況で、尾根と左右使って下ってしまいました。すみませんでした。
2016年01月03日 10:39撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この状況で、尾根と左右使って下ってしまいました。すみませんでした。
4
NEWな板すごく重いです。2回休み入れないと上がれませんでした。
2016年01月03日 10:45撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
NEWな板すごく重いです。2回休み入れないと上がれませんでした。
4
主脈方面、残雪期のツアーコース。マナイタグラは先ず残雪期に。
2016年01月03日 11:39撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主脈方面、残雪期のツアーコース。マナイタグラは先ず残雪期に。
2
今日はトマから行きます。
2016年01月03日 11:40撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はトマから行きます。
1
厳冬期間の小春日和
2016年01月03日 12:05撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
厳冬期間の小春日和
4
のんびり休憩です。
2016年01月03日 12:08撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
のんびり休憩です。
4
本日は、オキへ向かう登山の方も多かったです。
2016年01月03日 12:08撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日は、オキへ向かう登山の方も多かったです。
4
では、稜線沿いから行きます。
2016年01月03日 12:09撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では、稜線沿いから行きます。
2
快適な滑走終了。
2016年01月03日 12:34撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快適な滑走終了。
1
上のラインで戻ってきました。
2016年01月03日 12:34撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上のラインで戻ってきました。
4
避難小屋、ここから担いで下りました。
2016年01月03日 13:05撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋、ここから担いで下りました。
2
こんな小枝も板担ぐと大変です。
2016年01月03日 13:45撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな小枝も板担ぐと大変です。
西黒本谷、埋まるんでしょうか?
2016年01月03日 13:56撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西黒本谷、埋まるんでしょうか?
2
ハイクアップより時間かかって戻ってきました。
2016年01月03日 14:01撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイクアップより時間かかって戻ってきました。
天神峠、まだ滑れません。
2016年01月03日 14:08撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天神峠、まだ滑れません。
2
ゴンドラより西黒沢下部。流れています。
2016年01月03日 14:26撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴンドラより西黒沢下部。流れています。
2

感想/記録
by STsnow

2016新年の滑り始めは、小春日和の谷川岳となりました。

四季通じて何度も来ている谷川山系ですが、1,2月はありませんでした。
通常ならば、1,2月の天候と積雪量から大変シビアな状況な事が多いので
行くエリアとして考えていませんでした。
1月の谷川岳とは思えない、穏やかで暖かな日差しの中、美しい雪山の
景色を堪能できた良い日でしたが、、、、
16時の水上で12℃、複雑な気持ちです。
標高の高いエリアでの滑走は可能ですが、麓まで開通していないので
どのエリアへ行くか下部の処理に大変迷います。

自分の記憶に深い似た状況はS59年、前年の豪雪から一転した暖冬。
でも1月末までにそれなりの積雪があって、3月末まで八方も下まで滑れたと思います。
今週、後半から寒気も戻ってくるようですので、積雪を期待します。
次の連休は、滑るか歩くか、それ次第です、残念。

以下余白
今シーズン4度目のB.C.で、おNEWな板、はじめて真剣に担ぎました。
重いです。ビンディングはTFTですが、2本で5kg弱になります。
ツアー用のセットと1.5kg弱の違いで、ハイクアップはそれなりですが、
担ぐとずっしりときます。
これを唐松まで、担ぎ上げられる気がしません。
この日のB.C.の方、ボード2名、スキー3名(自分含め)
一番時間がかかってます。
クトー持ってませんが、あれの値段、家人に言って装備する勇気もありません。



訪問者数:424人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

雪庇 避難小屋
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ