ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 790608 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

鹿島槍ヶ岳 赤岩尾根往復(冷池山荘まで)

日程 2016年01月01日(金) 〜 2016年01月02日(土)
メンバー sutepanda, その他メンバー2人
天候1/1雪のち晴れ、快晴
1/2曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
10時間23分
休憩
17分
合計
10時間40分
Sサンアルピナ鹿島槍スキー場07:3507:35大谷原ゲート07:5210:52西俣出合堰堤トンネル1370m07:5215:151950m高千穂平直下
2日目
山行
8時間48分
休憩
1時間24分
合計
10時間12分
1950m高千穂平直下06:5009:15赤岩尾根2400m地点09:30赤岩尾根の頭2488m地点10:31冷池山荘11:0511:34冷池乗越11:49赤岩尾根の頭2488m地点13:301950m地点高千穂平直下14:2015:30西俣出合トンネル1370m17:02サンアルピナ鹿島槍スキー場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大谷原ゲートの手前まで入れず
鹿島槍スキー場駐車場に駐車
その他周辺情報上原温泉は下山口から近くて気持ち良し おすすめ
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 冬山基本装備一式
共同装備 ザイル2 スノーバー2(使用せず)

写真

サンアルピナ鹿島槍スキー場に駐車
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サンアルピナ鹿島槍スキー場に駐車
1
大谷原ゲートで赤岩尾根方面を望む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大谷原ゲートで赤岩尾根方面を望む
爺が岳北峰が輝いています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爺が岳北峰が輝いています
5
1370m出合の堰堤のトンネル
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1370m出合の堰堤のトンネル
2
迫力ある鹿島槍ヶ岳東尾根
左端が今回の山行で一度だけ姿を見せてくれた鹿島槍ヶ岳北峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迫力ある鹿島槍ヶ岳東尾根
左端が今回の山行で一度だけ姿を見せてくれた鹿島槍ヶ岳北峰
10
1/2 6時45分 日の出直前
6:50テン場を出発
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1/2 6時45分 日の出直前
6:50テン場を出発
2
6時50分 テン場を出発
5分もせぬまに日の出タイム 6時58分くらい
画面右のほうに富士山
素晴らしい景色を楽しむ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6時50分 テン場を出発
5分もせぬまに日の出タイム 6時58分くらい
画面右のほうに富士山
素晴らしい景色を楽しむ
2
赤岩尾根全景
左が爺が岳北峰、中央に赤岩尾根の頭、右のコルが冷池乗越
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩尾根全景
左が爺が岳北峰、中央に赤岩尾根の頭、右のコルが冷池乗越
9
2500mより上部はガスっていて姿を見せず
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2500mより上部はガスっていて姿を見せず
5
10:31冷池山荘冬季避難小屋
11:05 小屋から下山

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:31冷池山荘冬季避難小屋
11:05 小屋から下山

2
11:34冷池乗越 夏道のトラバース地点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:34冷池乗越 夏道のトラバース地点
3
ふり返って見る冷池山荘
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふり返って見る冷池山荘
2
夏道のトラバース道を降らず、赤岩尾根の頭から雪壁を
バックステップで降る。
登りもトラバース道を通らず、雪壁をアンザイレンで登った。
すでにバケツができており、アンザイレンは念の為でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏道のトラバース道を降らず、赤岩尾根の頭から雪壁を
バックステップで降る。
登りもトラバース道を通らず、雪壁をアンザイレンで登った。
すでにバケツができており、アンザイレンは念の為でした
4
雪壁を降りきり ふり返る二人
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪壁を降りきり ふり返る二人
5
大冷沢ゲートで名残惜しくもう一度赤岩尾根をふり帰ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大冷沢ゲートで名残惜しくもう一度赤岩尾根をふり帰ります
1
17:02サンアルピナ鹿島槍スキー場駐車場到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
17:02サンアルピナ鹿島槍スキー場駐車場到着
2

感想/記録

11月下旬の鹿島槍岳赤岩尾根の下見時にはまったく雪がなく
信じられぬような北アでしたが、正月も全国的な暖冬。
1/1から3日間の予定で正月登山に出発。
1日は高千穂平までは届かず、直下の1950mあたりにてテントを設営。
2日は曇り空、冷池山荘避難小屋まで登る。
赤岩尾根の詰めはトラバース道を使わず、雪壁を直登する。
すでにバケツができていたので、念の為アンザイレンをする。

赤岩尾根の頭から小屋まで1時間かかる。
コルからの樹林帯の登りはちょっとしたラッセルとなる。
山頂へは届かないだろうとのリーダーの判断で往路を下山。
13:30に1950mテン場に戻る。
もう1泊の予定だったが2日で切り上げ下山する。

数年前の正月にも爺が岳東尾根から鹿島槍ヶ岳を目指したが、
強風でP3を越したあたりで下山。今回も山頂には届かなかったが
素晴らしい後立山を楽しめました。暖冬の今シーズンの鹿島槍ヶ岳の
積雪状況が多いのか少ないのか はっきりとは分かりませんが、
トレースがあれば楽ちんができます。なければ力量次第です。
赤岩尾根の詰めの雪壁。バケツが出来てなかったら、我々はトラバースをしたか、
あるいは直登していたか。壁には1mくらいの積雪はありました。
50度を越すような急な雪壁や、黒部から稜線に吹き上げる強風。
冷たかったけど元旦登山で気持ちが引き締まります。
北アはやっぱり素晴らしかったです。

堰堤トンネル近くで下山してきてすれ違った松本労山の単独の男性や
隣にテントを張った東京の単独の男性(40年ぶりだとか)、
1日のアプローチで我々を追い越していったお二人。
(一人の背中には花束がくくられていました)
みなさん鹿島槍にそれぞれの思いをいだいての正月登山なのでしょう、、、

最後にけして宣伝じゃないですが、お安い防寒テムレス。
素晴らしかったです。ネットで仕入れた知識。どなたのかは忘れてしまったけど
感謝します。今回テン場から上では使用しなかったが、薄いインナーを使うか
オーバー手袋を併用すれば高級手袋はもう不要でしょうか。
みなさんの高地での使用感やご意見も聞かせていただけると、ありがたいです。

訪問者数:686人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ