ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 790656 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

八ヶ岳 赤岳【日帰りで行く文三郎尾根〜地蔵尾根】

日程 2016年01月03日(日) [日帰り]
メンバー hana_hanajourneyman
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
美濃戸口駐車場(支払いは八ヶ岳山荘へ)
500円/1日
最寄ICからも雪や凍結なしで美濃戸口まではノーマルタイヤで行けました
その先も雪がないので、夏に上まで行ける車種であれば大丈夫でしょう
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち44%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間30分
休憩
2時間16分
合計
9時間46分
S八ヶ岳山荘07:1208:00美濃戸山荘08:0509:16中ノ行者小屋跡09:1710:04行者小屋10:4511:57文三郎尾根分岐11:5812:15赤岳12:4912:53赤岳頂上山荘13:15赤岳天望荘13:19地蔵の頭13:2013:59行者小屋14:2214:40赤岳鉱泉14:5715:29堰堤広場16:03美濃戸山荘16:1616:58八ヶ岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●登山ポスト
美濃戸口バス停横

●登山前トイレ
美濃戸口駐車場内(チップ制)
美濃戸山荘(チップ制)
どちらも水洗&温便座でキレイです

●登山道
美濃戸口〜美濃戸山荘
雪はありません

美濃戸山荘〜行者小屋(南沢)
最初は土と氷のミックス、標高2,000メートル辺りから雪が出てきます
登りはノーアイゼンで行けました

行者小屋〜文三郎尾根〜赤岳山頂
階段や鎖が出ていて、岩と雪のミックス、雪は締まっていてアイゼンが良く効きます
ここから12本爪アイゼンとピッケル使用

赤岳山頂〜地蔵尾根〜行者小屋
トレースはばっちりで鎖も出ているので歩きやすい

行者小屋〜赤岳山荘〜美濃戸山荘(北沢)
ここからチェーンスパイクを使用
北沢の方が氷が多く、下りで使うのであれば軽アイゼンかチェーンスパイクがあった方が歩きやすい
その他周辺情報もみの湯
500円/大人(17時以降は300円)
http://www.lcv.ne.jp/~mominoki/mominoyu.html
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

ICから美濃戸口へ向かう車窓から
良い天気になりそうです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ICから美濃戸口へ向かう車窓から
良い天気になりそうです
1
明日から仕事の人も多いからか、駐車場はまばら
日帰りピストンとしては7時過ぎと遅い出発になってしまいました
行ける所まで行くことにします
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明日から仕事の人も多いからか、駐車場はまばら
日帰りピストンとしては7時過ぎと遅い出発になってしまいました
行ける所まで行くことにします
9
雪がないのでこちらの方が車は多い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪がないのでこちらの方が車は多い
1
美濃戸山荘から南沢経由で行者小屋へ向かいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸山荘から南沢経由で行者小屋へ向かいます
2
川が凍っています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川が凍っています
2,000メートル近くなって雪が出てきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2,000メートル近くなって雪が出てきました
2
スケートリンク〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スケートリンク〜
2
前方が開けて大同心、小同心が見えてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前方が開けて大同心、小同心が見えてきました
1
どなたが作ったのか
かわいいウサギさんを発見
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どなたが作ったのか
かわいいウサギさんを発見
4
日が当たる場所に出ました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が当たる場所に出ました
行者小屋に到着
ここで準備をしながら休憩
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋に到着
ここで準備をしながら休憩
4
水は出てますね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水は出てますね
1
文三郎尾根経由で赤岳を目指します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文三郎尾根経由で赤岳を目指します
1
階段も出ています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段も出ています
阿弥陀岳、中岳がだいぶ近づいてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳、中岳がだいぶ近づいてきました
7
頭上には目指す赤岳がそびえます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頭上には目指す赤岳がそびえます
振り向けば北アルプス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り向けば北アルプス
阿弥陀岳との分岐まで来ました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳との分岐まで来ました
8
キレット分岐
ここからが核深部
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレット分岐
ここからが核深部
どんどん登っていきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん登っていきます
鎖も出ています
岩にアイゼンを引っ掛けないよう慎重に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖も出ています
岩にアイゼンを引っ掛けないよう慎重に
ここで富士山のお出まし〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで富士山のお出まし〜
10
ここを上りきると
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを上りきると
2
赤岳、頂上でございます
山頂から360度の大パノラマ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳、頂上でございます
山頂から360度の大パノラマ
16
山頂にいらっしゃった方に撮っていただきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂にいらっしゃった方に撮っていただきました
22
富士山と秩父方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山と秩父方面
1
山頂は賑わっています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は賑わっています
5
横岳から硫黄岳、蓼科山まで見えています
これだけ良い天気が続いてくれるのであれば縦走してみたいです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳から硫黄岳、蓼科山まで見えています
これだけ良い天気が続いてくれるのであれば縦走してみたいです
2
展望荘に向かって下っていきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望荘に向かって下っていきます
1
ここで富士山に別れを告げて
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで富士山に別れを告げて
7
地蔵尾根を下ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵尾根を下ります
2
雪が少ないので鎖も出ています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が少ないので鎖も出ています
トレースもばっちり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレースもばっちり
行者小屋まで下りて来ました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋まで下りて来ました
ここでアイゼンからチェーンスパイクに交換
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでアイゼンからチェーンスパイクに交換
4
赤岳鉱泉
アイスキャンディーに取り付いている方がいらっしゃいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉
アイスキャンディーに取り付いている方がいらっしゃいます
2
北沢の方が凍っている箇所が多いです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北沢の方が凍っている箇所が多いです
美濃戸山荘上の分岐まで戻ってきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸山荘上の分岐まで戻ってきました
2個100円のみかんを食べて水分補給
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2個100円のみかんを食べて水分補給
3
何とか明るいうちに戻ってくることができました
お疲れ様でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何とか明るいうちに戻ってくることができました
お疲れ様でした
5

感想/記録

全体的に雪が少なく、美濃戸までの道中も雪がなさそうで、ノーマルタイヤの我が家の車でも行けそうだったので、お正月休みの最終日に日帰りで赤岳を目指しました。
出発が遅くなってしまったので、頂上まで行けるか心配でしたが、天気にも恵まれ、山頂から素晴らしい景色を眺めることができました。
例年より雪は少ないとは言え、気温はそれなり、稜線上は強風、しっかり雪山らしさを味わうことができた山行でした。
訪問者数:1057人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ