ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 790721 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走大峰山脈

大峰山系 八経ヶ岳〜七曜ヶ岳

日程 2015年12月30日(水) 〜 2016年01月01日(金)
メンバー osudanuki
天候12月30日 快晴
12月31日 晴れ
01月01日 晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち73%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間3分
休憩
2時間0分
合計
9時間3分
S白倉橋07:0107:20熊渡07:56金引尾根・弥山川分岐08:00金引橋08:0209:54カナビキ尾根分岐10:0810:49ナベの耳11:16高崎横手11:2111:40狼平避難小屋11:5712:53大黒岩13:29弥山13:34弥山小屋14:4715:16大峰山15:2015:46国見八方覗15:4715:52弥山小屋15:57弥山16:0116:04弥山小屋
2日目
山行
6時間7分
休憩
1時間44分
合計
7時間51分
弥山小屋08:1709:05聖宝ノ宿跡09:1309:47弁天の森09:4810:07奥駈道出合10:32一の垰プレート10:3510:39一ノ垰10:48しなの木出合12:03天川辻12:0412:08行者還小屋12:1012:17行者の水場12:1912:25行者還小屋12:5813:11行者の水場13:2814:20七曜岳14:4115:33行者の水場15:39行者還岳15:4015:44行者の水場15:5916:08行者還小屋
3日目
山行
5時間16分
休憩
12分
合計
5時間28分
行者還小屋08:4908:57行者の水場09:04行者還小屋09:0909:12天川辻10:20しなの木出合11:00行者還トンネル西口11:0712:23大川口13:59熊渡14:17白倉橋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報年末年始大峰周辺は、温泉施設も食事処まず
 開いていませんのでガッカリしないでね。

写真

熊渡からカナビキ尾根経由で入山
2015年12月30日 07:23撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊渡からカナビキ尾根経由で入山
高崎横手
2015年12月30日 11:21撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高崎横手
狼平
避難小屋が森の中、可愛く建っている
まるでおとぎ話の世界みたいな光景である
2015年12月30日 11:39撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狼平
避難小屋が森の中、可愛く建っている
まるでおとぎ話の世界みたいな光景である
3
風も無く雲一つ無い 良い天気
2015年12月30日 13:00撮影 by PENTAX K20D , PENTAX Corporation
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風も無く雲一つ無い 良い天気
1
弥山小屋前
2015年12月30日 14:46撮影 by PENTAX K20D , PENTAX Corporation
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥山小屋前
弥山小屋前にテントを張る
今日の弥山での宿泊は、私の他に2人組のパーティのテントの2張りだった。

この辺り水場も無いし、雪を溶かして飲もうにも雪の量が少なくて少し掘ると地面というありさまなので、
下から担ぎ上げた方が無難です。
(私は、狼平で酌みました)
2015年12月30日 14:46撮影 by PENTAX K20D , PENTAX Corporation
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥山小屋前にテントを張る
今日の弥山での宿泊は、私の他に2人組のパーティのテントの2張りだった。

この辺り水場も無いし、雪を溶かして飲もうにも雪の量が少なくて少し掘ると地面というありさまなので、
下から担ぎ上げた方が無難です。
(私は、狼平で酌みました)
3
八経ヶ岳 頂上
2015年12月30日 15:15撮影 by PENTAX K20D , PENTAX Corporation
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八経ヶ岳 頂上
1
弥山頂上
2015年12月30日 15:55撮影 by PENTAX K20D , PENTAX Corporation
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥山頂上
1
夕方
夕日が辺りを、オレンジ色に染め上げていく
2015年12月30日 16:49撮影 by PENTAX K20D , PENTAX Corporation
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕方
夕日が辺りを、オレンジ色に染め上げていく
美しい光景を見せてくれたお天道様は、
西の地平線に沈んでいく

明日もよろしくお願いいたします。
2015年12月30日 17:00撮影 by PENTAX K20D , PENTAX Corporation
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しい光景を見せてくれたお天道様は、
西の地平線に沈んでいく

明日もよろしくお願いいたします。
2
12月30日 夕飯
ペンネのペペロンチーノ、マッシュポテト、玉ねぎスープ
水が貴重なので、ポテトとスープはパスタの茹で汁を使用
2015年12月30日 17:37撮影 by PENTAX K20D , PENTAX Corporation
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12月30日 夕飯
ペンネのペペロンチーノ、マッシュポテト、玉ねぎスープ
水が貴重なので、ポテトとスープはパスタの茹で汁を使用
2
翌朝 12月31日
6時起床 御来光を拝もうとテントを出るがガスで視界が利かず 断念
ゆっくり出発の準備を整える
2015年12月31日 08:17撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝 12月31日
6時起床 御来光を拝もうとテントを出るがガスで視界が利かず 断念
ゆっくり出発の準備を整える
聖宝ノ宿跡

この辺り位から青空見え始めた。
ヤハリ天気が良い方が気持ちが良い
2015年12月31日 09:06撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖宝ノ宿跡

この辺り位から青空見え始めた。
ヤハリ天気が良い方が気持ちが良い
弁天の森
2015年12月31日 09:48撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弁天の森
奥駈みち出合
2015年12月31日 10:07撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥駈みち出合
それにしても雪が少ない
まるで、11月下旬から12月初旬の様だ
殆ど夏道である
2015年12月31日 10:38撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それにしても雪が少ない
まるで、11月下旬から12月初旬の様だ
殆ど夏道である
行者還岳と行者還小屋
殆ど晩秋の景色だね

行者還小屋は、無人の小屋だが部屋は広いし、毛布も有る
そして、なんと!トイレを二つも備えている
携帯(私のはドコモ)もアンテナ三本だ 
凄いぞ行者還小屋!

今日の晩は荒れる予報なので、テントは、辞めて小屋を有り難く使わして貰う
2015年12月31日 12:08撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者還岳と行者還小屋
殆ど晩秋の景色だね

行者還小屋は、無人の小屋だが部屋は広いし、毛布も有る
そして、なんと!トイレを二つも備えている
携帯(私のはドコモ)もアンテナ三本だ 
凄いぞ行者還小屋!

今日の晩は荒れる予報なので、テントは、辞めて小屋を有り難く使わして貰う
1
行者還の水場です
初めはギョッとしますが安定しています(今は)
2015年12月31日 13:13撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者還の水場です
初めはギョッとしますが安定しています(今は)
水場のアップ
水の出が細いのであんまり寒いと凍る可能性あります。
2015年12月31日 13:13撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場のアップ
水の出が細いのであんまり寒いと凍る可能性あります。
水場から下を撮影
4〜5m位崩れているので、重い荷物を背負っている人は慎重に
2015年12月31日 13:13撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場から下を撮影
4〜5m位崩れているので、重い荷物を背負っている人は慎重に
七曜ヶ岳少し手前 殆ど夏道
頂上直下の鎖場も全く雪が無い
結局ロープはおろか,アイゼンも使わずじまい
余りにも雪が無さ過ぎて雪山に来た気がしない
2015年12月31日 14:04撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七曜ヶ岳少し手前 殆ど夏道
頂上直下の鎖場も全く雪が無い
結局ロープはおろか,アイゼンも使わずじまい
余りにも雪が無さ過ぎて雪山に来た気がしない
七曜ヶ岳 頂上
2015年12月31日 14:23撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七曜ヶ岳 頂上
残念ながら頂上からは、八経ヶ岳にガスが架かって見えない
2015年12月31日 14:23撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残念ながら頂上からは、八経ヶ岳にガスが架かって見えない
1
行者還岳頂上
2015年12月31日 15:40撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者還岳頂上
2
行者還岳は、余り展望がが良くない
葉っぱが、茂っているとほぼ展望ゼロである
2015年12月31日 15:41撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者還岳は、余り展望がが良くない
葉っぱが、茂っているとほぼ展望ゼロである
1
12月31日 夕飯
年越しソバにどん兵衛の袋麺、極食の十勝すき焼き(←かなり曖昧 忘れた)、尾西のアルファ米赤飯(最近、普通のアルファ米だと身体が拒否して吐き気を模様のだが、不思議と?赤飯は美味しく食べれる)
2015年12月31日 17:12撮影 by PENTAX K20D , PENTAX Corporation
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12月31日 夕飯
年越しソバにどん兵衛の袋麺、極食の十勝すき焼き(←かなり曖昧 忘れた)、尾西のアルファ米赤飯(最近、普通のアルファ米だと身体が拒否して吐き気を模様のだが、不思議と?赤飯は美味しく食べれる)
1
31日の夜半から風が強くなり、量は大したことはないが雪が降り出す。
開けて1月1日 
5時半に起床外の様子を見に行くと辺りはガスで覆われて10m強位しか視界が利かない ガッカリして小屋に戻り ふて寝する

6時半ダメ元で外の様子を見に行く
あれ!?西側はガスで視界がないが、東側は視界があるしかもボンヤリだが地平線がオレンジ色だ
「でも、こお言う時て日の出いまいちなんだよな〜」と独り言を呟きながら用意整え足早に撮影ポイントに移動する
2016年01月01日 06:47撮影 by PENTAX K20D , PENTAX Corporation
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
31日の夜半から風が強くなり、量は大したことはないが雪が降り出す。
開けて1月1日 
5時半に起床外の様子を見に行くと辺りはガスで覆われて10m強位しか視界が利かない ガッカリして小屋に戻り ふて寝する

6時半ダメ元で外の様子を見に行く
あれ!?西側はガスで視界がないが、東側は視界があるしかもボンヤリだが地平線がオレンジ色だ
「でも、こお言う時て日の出いまいちなんだよな〜」と独り言を呟きながら用意整え足早に撮影ポイントに移動する
7時55分
撮影ポイントで待機していると小屋で宿泊していた2人が現れ
「(御来光)どお?」と私に質問するので、
「無理っぽいね〜」と私の経験を基に答えた。
「そうだね〜」と御仁 
それから、二、三言交わして立ち去った。

それから数分後
東の空がオレンジ色に染まり出し、丸の欠片が見える
「!?うそーーーーーーー」
良い方に感がはずれた。
(あの時のお二人さん御免ね 騙した訳じゃないんだよ)
2016年01月01日 07:01撮影 by PENTAX K20D , PENTAX Corporation
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7時55分
撮影ポイントで待機していると小屋で宿泊していた2人が現れ
「(御来光)どお?」と私に質問するので、
「無理っぽいね〜」と私の経験を基に答えた。
「そうだね〜」と御仁 
それから、二、三言交わして立ち去った。

それから数分後
東の空がオレンジ色に染まり出し、丸の欠片が見える
「!?うそーーーーーーー」
良い方に感がはずれた。
(あの時のお二人さん御免ね 騙した訳じゃないんだよ)
1
それから、狂喜乱舞してシャッターをきりまくった
2016年01月01日 07:01撮影 by PENTAX K20D , PENTAX Corporation
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それから、狂喜乱舞してシャッターをきりまくった
全日は、ハゲハゲだったのに、昨晩の寒気と強風で樹氷の華が満開になり、
其処へ朝日が当たり私の乏しいボキャブラリーでは、
とても表現出来ない夢のような時間が数分間続きました。
2016年01月01日 07:04撮影 by PENTAX K20D , PENTAX Corporation
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全日は、ハゲハゲだったのに、昨晩の寒気と強風で樹氷の華が満開になり、
其処へ朝日が当たり私の乏しいボキャブラリーでは、
とても表現出来ない夢のような時間が数分間続きました。
3
初めは、桃色の光線が太陽が上るに従い黄金色に変わり、
全てを金色に染め替えていきます。
2016年01月01日 07:14撮影 by PENTAX K20D , PENTAX Corporation
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めは、桃色の光線が太陽が上るに従い黄金色に変わり、
全てを金色に染め替えていきます。
3
大峰の神様方
本当に素晴らしい時間をありがとうございました。
2016年01月01日 07:20撮影 by PENTAX K20D , PENTAX Corporation
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大峰の神様方
本当に素晴らしい時間をありがとうございました。
小屋に戻って朝食を食べ、ゆっくり帰り支度
小屋前で一礼し、下山開始
2016年01月01日 09:12撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋に戻って朝食を食べ、ゆっくり帰り支度
小屋前で一礼し、下山開始
しなの木出合 下り初め

下部に行くほど道が悪くなる
余りお勧めは出来ない道 ただし早い
2016年01月01日 10:22撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しなの木出合 下り初め

下部に行くほど道が悪くなる
余りお勧めは出来ない道 ただし早い
1
行者還トンネル西口
閉鎖中
2016年01月01日 11:08撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者還トンネル西口
閉鎖中
行者還岳(多分)
2016年01月01日 12:12撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者還岳(多分)
大川口
此処から先冬季閉鎖中
2016年01月01日 12:23撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大川口
此処から先冬季閉鎖中
みたらい渓谷まで無事、帰ってきました。
2016年01月01日 14:33撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みたらい渓谷まで無事、帰ってきました。

感想/記録

足もだいぶ良くなってき、重い荷物を背負って登山道を歩くことが可能になった。
しかし、走り込みも出来てないし、ぼっか訓練も出来てない
と、言う事で緩めの計画を立てたつもりだったが、
今の私には結構ハードだった。足は痛いし腰は痛いし肩は痛いし背中は痛いし
.....あだだぁぁ 体中シップだらけだ。

だが、やはり山はいい 本当にいい
訪問者数:583人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/10/12
投稿数: 6
2016/1/8 18:39
 初日の出最高!
おめでとうございます!やっぱり年末はじっとしていられないのですね(笑)雪が少なくてがっかりだったでしょうけど、山で迎える初日の出いいですねえ。写真を見ていても幻想的で神々しくその場にいたら涙が出たでしょうに…今年は昨年の分も山に登って、いい写真を撮って楽しませて下さいね。楽しみにしてます

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ