ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 790756 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

2016年山の事始めは北横岳から

日程 2016年01月03日(日) [日帰り]
メンバー Gatti
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち73%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間8分
休憩
1時間18分
合計
3時間26分
S北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅09:3309:44坪庭09:4710:19三ツ岳分岐10:27北横岳ヒュッテ10:4410:55北横岳(南峰)11:0511:09北横岳11:2811:33北横岳(南峰)11:4011:54北横岳ヒュッテ12:1012:17三ツ岳分岐12:1812:42坪庭12:4512:57北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅12:5912:59ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雪が少ないので、歩きやすいのやら、歩きづらいのやらといったところですが、ところどころ岩が露出しているところがあるので、アイゼンを引っ掛けないように注意しましょう。
私は最初からアイゼン装着していきました。
最初の階段は凍結していたので、アイゼンなしの人は登りづらそうでしたが、そこ以外は北横岳ヒュッテまではアイゼンなしあるいはチェーンアイゼンのほうが歩きやすいと思います。
ヒュッテを超えると勾配がきつくなるので、10本以上のアイゼンが歩きやすいように思いましたが、アイゼンなしで登っていかれる方もいらっしゃいました。
ワカン、スノーシューの出番は皆無です。
雪がないとはいえ、さすが冬の北八ヶ岳の頂上はさむいです。
バラクラバ等はすぐに出せるようにしておいたほうが良いと思います。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター マフラー 毛帽子 ザック 輪カンジキ アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) レジャーシート 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ

写真

ロープウェイは9時スタートなので6時に家を出ればよかったのですが、諏訪湖の夜景が見たかったので4時に出発しました。(実は久々の山行で早く目が覚めてしまった)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイは9時スタートなので6時に家を出ればよかったのですが、諏訪湖の夜景が見たかったので4時に出発しました。(実は久々の山行で早く目が覚めてしまった)
3
8時ころ駐車場到着しました。
さすがにまだ駐車場はガラガラ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8時ころ駐車場到着しました。
さすがにまだ駐車場はガラガラ。
1
抜けるような青空。でも山は真っ黒け。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
抜けるような青空。でも山は真っ黒け。
1
ロープウェイの頂上駅に到着しました。
どうしようか迷いましたが、最初からアイゼン装着していきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイの頂上駅に到着しました。
どうしようか迷いましたが、最初からアイゼン装着していきました。
1
最初の階段は凍結していて、アイゼン着けていない人はちょっと登りづらそうにしていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の階段は凍結していて、アイゼン着けていない人はちょっと登りづらそうにしていました。
1
しかし雪少ないですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし雪少ないですね。
こんな感じです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じです。
青空はいい感じ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空はいい感じ
ヒュッテの屋根にも雪がないです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒュッテの屋根にも雪がないです。
1
それでもさすがにヒュッテを過ぎると雪は多少増えていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでもさすがにヒュッテを過ぎると雪は多少増えていきます。
1
南峰到着しました。
いきなり強風。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南峰到着しました。
いきなり強風。
3
蓼科山と北アルプスの山並を見ながら進むと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓼科山と北アルプスの山並を見ながら進むと。
2
浅間山と黒斑山。初冬の景色のようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間山と黒斑山。初冬の景色のようです。
2
左は穂高、槍ヶ岳など北アルプス南部
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左は穂高、槍ヶ岳など北アルプス南部
1
右は後立山など北アルプス北部の山並
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右は後立山など北アルプス北部の山並
1
きれいだなぁ。
風が強くなければずっと見ていたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きれいだなぁ。
風が強くなければずっと見ていたい。
5
さっ降りるとしますか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっ降りるとしますか。
南峰にむかう途中から。
う〜ん。かっこいい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南峰にむかう途中から。
う〜ん。かっこいい。
2
南八ヶ岳。赤岳ってやっぱり急峻。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南八ヶ岳。赤岳ってやっぱり急峻。
あまりお腹もすいていないので、ヒュッテの裏で山専ボトルに入れてきたコーヒー飲んですぐに降りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あまりお腹もすいていないので、ヒュッテの裏で山専ボトルに入れてきたコーヒー飲んですぐに降りました。
1
坪庭をぐるっと回って山頂駅に戻ってきました。
終始快晴で良いスタートが切れました。
雪はこのあとどうなるんでしょうね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坪庭をぐるっと回って山頂駅に戻ってきました。
終始快晴で良いスタートが切れました。
雪はこのあとどうなるんでしょうね。

感想/記録
by Gatti

昨年の10月末に唐松岳に登って以来、約2ヶ月半ぶりの山登りでした。
年末にも天気が良さそうな日があったのですが、大掃除やら正月の準備やら(家族は自分以外はサービス業に従事しているので、掃除や正月の買出し、おせち料理は自分の担当)で恨めしく天気予報を眺めていましたが、3日は手が空いたので、ようやく山に行ってくることができました。

北横岳か蓼科山かどちらにしようかと思ったのですが、しばらく歩いていないので北横岳に決定。
他の方のレコの情報から積雪不足はわかっていましたが、あれほど雪がないとは。。。。
天気は終始快晴だったので、雪があればさそがし奇麗だったにに。。。とも思いましたが、ザクザクとアイゼンが雪に食い込む音を楽しみながら、のんびりと楽しく2016年の山登りを開始することができました。

しかし今年の雪の無さは異常です。岩、木製階段が露出していたりしているので、アイゼンをひっかけやすい状況ですの行かれる方は注意してくださいね。

しかし、やっぱり冬靴+アイゼンで片足1.5kgは重い。
北横岳にしておいてよかった(;^_^A アセアセ・・・

参考までに今回の装備
 上 モンベル メリノウールLW
   パタゴニア キャプリーンMW
   パタゴニア R1フーディ(北横ヒュッテから)
   ハードシェル
 下 タイツ モンベル ジオライン MW
   フリースパンツ
   ハードシェル
   アルパインゲイター
 足 スマートウール アルパインソックス
   ザンバラン エクスパートGT
   グリベル エアーテック12本
 サングラス(予備ゴーグル)ウール帽子
 強風で寒いのは頂上だけで、ヒュッテに着いてしまえば全く問題なしでした。
訪問者数:924人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ