ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 791029 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

日光駅から雲竜渓谷は遠いなぁ〜(途中で挫折、Uターン)

日程 2016年01月04日(月) [日帰り]
メンバー nksan
天候☀ 気温10℃くらい
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間50分
休憩
0分
合計
4時間50分
SJR日光駅10:3013:30林道折り返し点15:20JR日光駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

久し振りのJR日光駅。きれいなインフォメーションセンターが新設されていました。外国人観光者が多いなぁ
2016年01月04日 10:24撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久し振りのJR日光駅。きれいなインフォメーションセンターが新設されていました。外国人観光者が多いなぁ
7
近くの金谷ベーカリーで菓子パンを調達。今日は周辺散策なので1個しか買いません・・・お昼はどこかのお店でと、思っていましたが、これが後々後悔のもとに。
2016年01月04日 10:39撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近くの金谷ベーカリーで菓子パンを調達。今日は周辺散策なので1個しか買いません・・・お昼はどこかのお店でと、思っていましたが、これが後々後悔のもとに。
13
晴れて、女峰山が良く見えた。しかし、全く雪がないねぇ
2016年01月04日 10:41撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れて、女峰山が良く見えた。しかし、全く雪がないねぇ
29
日光市街をテクテク、東照宮裏手の滝尾神社へ向かいます。
2016年01月04日 10:48撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日光市街をテクテク、東照宮裏手の滝尾神社へ向かいます。
5
滝尾神社への石畳、静かです。東照宮周辺の混雑とは大違い。
2016年01月04日 11:29撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝尾神社への石畳、静かです。東照宮周辺の混雑とは大違い。
9
神社入口の白糸ノ滝を見物
2016年01月04日 11:42撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社入口の白糸ノ滝を見物
14
左岸に廻り滝壺に近寄って。雪雨ないのに水量豊富、白布の滝って感じかな。
2016年01月04日 11:44撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左岸に廻り滝壺に近寄って。雪雨ないのに水量豊富、白布の滝って感じかな。
27
滝尾神社の運試しの鳥居。鳥居上部の小穴に石が通れば、幸運招くらしいが・・・ダメでしたね(>_<)
2016年01月04日 11:51撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝尾神社の運試しの鳥居。鳥居上部の小穴に石が通れば、幸運招くらしいが・・・ダメでしたね(>_<)
15
朱塗りの楼門が圧巻。
2016年01月04日 11:53撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朱塗りの楼門が圧巻。
16
無念橋(俗称、願い橋)由来。ふむふむ、昔はこの橋が俗界との境だったようだ。女峰山遥拝者はみんな、この橋を渡ったんですね。
2016年01月04日 11:57撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無念橋(俗称、願い橋)由来。ふむふむ、昔はこの橋が俗界との境だったようだ。女峰山遥拝者はみんな、この橋を渡ったんですね。
4
無念橋、重要文化財にしては意外と平凡(長さ2m)。歳の歩数で渡ると、願いが叶うというので、何回も往復するハメに・・・
2016年01月04日 11:57撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無念橋、重要文化財にしては意外と平凡(長さ2m)。歳の歩数で渡ると、願いが叶うというので、何回も往復するハメに・・・
4
三本杉、ご神体女峰山への遥拝所。とても厳かな気持ちになりました。
2016年01月04日 11:58撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三本杉、ご神体女峰山への遥拝所。とても厳かな気持ちになりました。
3
無念橋を渡り三本杉を崇めると、不思議と雲竜渓谷に向かいたくなった。時間的には雲竜は無理だが、せめて稲荷川の展望台くらいまでは行こう。
2016年01月04日 12:02撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無念橋を渡り三本杉を崇めると、不思議と雲竜渓谷に向かいたくなった。時間的には雲竜は無理だが、せめて稲荷川の展望台くらいまでは行こう。
4
薄暗いヒノキの舗装道を延々歩き、車止めのゲートを越えると薄っすら雪道も。今日は散策なのでズックなんだよね。
2016年01月04日 13:06撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄暗いヒノキの舗装道を延々歩き、車止めのゲートを越えると薄っすら雪道も。今日は散策なのでズックなんだよね。
9
つづら道途上から、赤薙山だね。だいぶ歩いたけど、帰路を思うと、今日はここまで。稲荷川展望台までも到達できず。陽が陰ると寒いし、パン1個じゃお腹も減って・・・挫折、Uターンします。
2016年01月04日 13:19撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つづら道途上から、赤薙山だね。だいぶ歩いたけど、帰路を思うと、今日はここまで。稲荷川展望台までも到達できず。陽が陰ると寒いし、パン1個じゃお腹も減って・・・挫折、Uターンします。
10
帰路下って、車止めのゲートの脇から巨大な堰堤の上に立つ。女峰山は左奥で見えないが、冬枯れのいい眺め。遥かな雲竜との思いでした。
2016年01月04日 13:45撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰路下って、車止めのゲートの脇から巨大な堰堤の上に立つ。女峰山は左奥で見えないが、冬枯れのいい眺め。遥かな雲竜との思いでした。
19
滝尾神社の先で、小沢に降りた。枯葉と苔生す小岩の狭間に清楚な流れ。
2016年01月04日 14:23撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝尾神社の先で、小沢に降りた。枯葉と苔生す小岩の狭間に清楚な流れ。
28
疲れた足のご褒美に、鬼平の水ようかん買って帰宅。甘さ控えめの水ようかんは冬でも旨い。さて、雪と氷の雲竜渓谷、今年はどうかな?
2016年01月04日 14:49撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
疲れた足のご褒美に、鬼平の水ようかん買って帰宅。甘さ控えめの水ようかんは冬でも旨い。さて、雪と氷の雲竜渓谷、今年はどうかな?
10
2011年2月に訪れた時の雲竜渓谷。この時は林道から深い雪道だった。
2011年02月13日 10:55撮影 by Canon IXY DIGITAL 920 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2011年2月に訪れた時の雲竜渓谷。この時は林道から深い雪道だった。
8
開口部入口の通称「友知らず」
2011年02月13日 11:08撮影 by Canon IXY DIGITAL 920 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開口部入口の通称「友知らず」
21
氷雪の神殿
2011年02月13日 12:24撮影 by Canon IXY DIGITAL 920 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷雪の神殿
42
巨大な雲竜瀑でした。また、行きたいなぁ!
2011年02月13日 11:38撮影 by Canon IXY DIGITAL 920 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨大な雲竜瀑でした。また、行きたいなぁ!
38
撮影機材:

感想/記録
by nksan

三賀日も終わり神社仏閣の大混雑も一段落と思い、ぶらり日光周辺を散策することにした。

未だ混雑の東照宮周辺を避け、当初は滝尾古道を巡るつもりでいた。東照宮裏手の滝尾神社なら静かだろう。稲荷川橋の手前を折れると、喧騒がウソのような静けさになった。その先、神社への石畳に入ると厳かな気分になる。

ほどなくして白糸ノ滝にでた。山蔭なので薄暗いが、清楚な流れ。右岸から左岸に廻り滝壺を覗く。傍らの石段を上がると、本殿への参拝道。本殿に詣で、あたりを散策する。故事、由来の遺物もあって、結構楽しめる。山道をちょっと上がれば、女峰山への表参道で、古びた行者堂がある。

神社をお参りしているうちに、雲竜渓谷方面へ歩いてみたくなった。すでにお昼時なので、雲竜往復は時間的に無理としても、展望が開けた稲荷川展望台までなら、行けそうな感じもする。が、食糧は菓子パン1個なので、腹は減りそうだが・・・

ヒノキ木立の林道を黙々と歩く。人もいないし、車も来ないが展望もない、実に退屈な道だ。緩い勾配道だが、長く歩くと足にくる。林道途中の車止めゲートになかなか着かない。ゲートまでこんなに距離あったかなぁ、と思う。

途上に整地された露地の広場があって、軽トラが1台止まっていた。車内で弁当を食べている様子に見えたので、失敬ながら窓越しに声をかけた。「もしもし、ここは駐車場ですか?」「いや、工事用で整地したんだ」「この先のつづら坂を登った先に展望台があると思いますが、ここからどのくらいの距離でしたかね?」「展望台?そんなの、あったかぁ〜」まったく空振り三振の会話だった。

稲荷川展望台は無くなったのかしら。今日はもう止そうかと思いながら先に進むと、やっと車止めゲートが前方に見えた。展望台までは1時間か2時間か。パンを食べて、また歩く。少しヒノキ木立から解放されて、対岸の枯れ尾根が見えた。つづら坂を上がると、薄っすら雪が残っていた。ズックなので浸水したらたまらない。その先もまたまたつづら坂。ただ黙々と行者の心境。

以前の記憶が薄れて展望台への距離がつかめない。展望台はこれを登り切ったまだ先だったかな〜。オマケに汗冷えで寒くなってきた。もう少し進んでみたいが、帰路の道のりを考えると日暮そう。中途半端だが、潮時と思い戻ることにした。

下りは足が勝手に前へでるので、転がるように下った。車止めゲートの脇から稲荷川の堰堤に降りてひと休み。静かな冬枯れの展望だった。滝尾神社のあたりでも小沢に降りて流れを愛で、JR日光駅へ戻った。

散策にしては少し長すぎた。ズックだったので足裏も痛くなった。今日は雲竜までの距離の2/3くらいか。駅から雲竜は遠いなぁ〜。何とも取り留めのない散策だった。
訪問者数:1478人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/10/1
投稿数: 1851
2016/1/6 19:20
 相変わらず素晴らしい映像です
nksanさん、こんばんは。

相変わらず素晴らしい映像です。楽しませて頂きました。

ところで、タイトルの挫折という文字を拝見してnksanさんが挫折されるとは一体どんなコースかと思わずカシミール3Dでルートを作成してグラフを見ましたところ
標高差850m 走行距離23km 推定走行時間 上り5時間、下り4時間となりました。
この季節では滑りやすいこともありますのでいくら山に慣れておられるnksanさんでも日光駅からの日帰りは無理かなと思いましたら5年前に行かれていたのですね。

さて、「えきねっと」からメールがあり1月の新宿から日光までのスペーシア号が4割引になるというのでホテルなど色々と調べたのですが雪ばかりの様な気がして計画を断念しました。
レコを拝見すると日光市街は本当に普段の靴でも問題なさそうですね。驚きました。

それでは次回も楽しみにしております。

Landsberg
登録日: 2015/1/24
投稿数: 1088
2016/1/6 21:21
 美しい冬の日光
nksan san こんばんは。
寒い中、パン一個で汗冷えしながらも長い距離を歩かれ
お疲れさまでした。いつも冷静で、山行計画などもとても
緻密そうななnksan sanでも挫折、Uターンなんてあるんですね〜。

美しい冬枯れの日光の山々、清らかな沢音が聞こえてくる
白糸ノ滝、そして厳かな神社の参道など…
新年早々、綺麗な写真に心癒されています。

2011年2月に行かれた時の雲竜渓谷の氷の滝はとても
迫力がありますね。暖冬の今年でも滝は凍っているんで
すかね?
今年もnksan sanの素晴らしいレコを拝見させて
頂きたく、宜しくお願いします。
happuより
登録日: 2012/10/7
投稿数: 387
2016/1/6 22:07
 Re: 相変わらず素晴らしい映像です
Landsbergさん、こんばんは。
いつもご訪問ありがとうございます。

今回は日光周辺の古道や知らない裏道散策の予定でしたが、妙な展開となってしまいました。雲竜は氷柱が期待できる厳冬期の1月下旬〜2月中旬以外は、まずハイカーは入りません。今季は暖冬で、今の感じでは巨大な氷の神殿は難しい感じがします。

本来なら、今は奥日光で雪遊びの頃なんでしょうが、戦場ヶ原でさえも雪なしです。
スノーシューやXCスキーも棚上げになっています。

今後、まとまった降雪があるのかわかりませんが、冬の奥日光はやはり雪がないと見栄えがしません。雪が降り積もったら、ぜひ割引キップでお出かけになられたら良いかと思います。無雪期とはひと味違う風景が待っていますよ!
登録日: 2012/10/7
投稿数: 387
2016/1/6 22:32
 Re: 美しい冬の日光
happuさん、いつもご訪問ありがとうございます。

まったくいい加減な性格なので、こんな始末になっています。
知らない高山や冬季雪山に入る時は、それなりに天候・ルートの様子を調べますが、
ある程度承知したルートの場合は多少横道に逸れることも、ままありますね。
知らない風景に出会うこと、これが何よりの楽しみです。

今年は雲竜の氷瀑も期待薄の感じがします。
毎年、1月中旬過ぎから雲竜のレコが沢山登場しますが、年を追うごとに氷瀑が細る
感じがします。温暖化の影響と受け止めています。
今年はお奨めしませんが、来季以降でチャンスがあれば、ぜひ雲竜へお出かけください。
必見の価値はあります。スノータイヤならゲート付近駐車で、往復6〜7時間です。
登録日: 2015/2/7
投稿数: 6
2016/1/10 13:09
 レポートありがとうございます
今年もそろそろ行きたいな、と思ってました。でも、この暖冬なので凍ってないのかなとも思ってました。ま、近いのでトレッキングがてら行ってみてみてもいいかなと思っていますが。
登録日: 2012/10/7
投稿数: 387
2016/1/10 16:24
 Re: レポートありがとうございます
hiromiyaさん、こんにちは。
参考にならないレコで申し訳ないです。
来週以降寒い日が続く予報ですが、1月も平年より気温が高いようです。
女峰山が白く輝くようであれば、期待が高まると思いますが・・・
レコを期待しています。

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 右岸 左岸 堰堤 ヒノキ ウソ 渓谷
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ