ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 791131 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走四国剣山

【四国冬季遠征2/2 剣山系】名頃-三嶺-次郎笈-剣山-水ノ越-名頃

日程 2015年12月31日(木) 〜 2016年01月02日(土)
メンバー Gipfel(CL), minami61
天候12/31 snow
1/1 sun
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
往路:レンタカー 新居浜駅-名頃

復路:レンタカー   名頃-高知-室戸岬(1泊)-鳴門-高松駅
   マリンライナー 高松 15:10-16:03 岡山
   新幹線望のぞみ 岡山 16:16-19:14 新横浜
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間54分
休憩
0分
合計
3時間54分
S名頃登山口12:5013:20林道登山口13:50ダケモミの丘14:40水場15:16三嶺16:00カヤハゲ16:44白髪避難小屋16:44宿泊地
2日目
山行
8時間41分
休憩
34分
合計
9時間15分
宿泊地06:0007:40高ノ瀬08:30丸石避難小屋09:00丸石10:10次郎笈11:06剣山11:4011:50刀掛ノ松12:00リフト西島駅12:40見ノ越登山口14:40奥祖谷二重かずら橋15:15名頃登山口15:15ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]
2016年01月の天気図 [pdf]

写真

新居浜駅から休み休みで車を走らせ、
名頃の駐車場に4時間かけて到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新居浜駅から休み休みで車を走らせ、
名頃の駐車場に4時間かけて到着
2
インクライン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
インクライン
林道と交差し、ここが登山口?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道と交差し、ここが登山口?
1
ダケモミの丘付近
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダケモミの丘付近
徐々に雪が見えてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徐々に雪が見えてきた
三嶺手前の水場が登山道から近いので、
水を汲みに立ち寄る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三嶺手前の水場が登山道から近いので、
水を汲みに立ち寄る
避難小屋分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋分岐
三嶺山頂
ガスに覆われ、何も見えなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三嶺山頂
ガスに覆われ、何も見えなかった。
1
クサリ場の急斜面を下る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クサリ場の急斜面を下る
2
今度はなだらかなカヤト
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度はなだらかなカヤト
多少はガスが晴れて、1日目最後のピークがうっすらと見えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多少はガスが晴れて、1日目最後のピークがうっすらと見えてきた。
白髪山との分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白髪山との分岐
1
避難小屋への最後の下り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋への最後の下り
白髪避難小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白髪避難小屋
1
真っ白な中を進んでいく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ白な中を進んでいく
夜明けが迫る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜明けが迫る
2
モルゲンロート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モルゲンロート
3
朝焼けは赤→金→黄緑→肌色と移り変わっていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝焼けは赤→金→黄緑→肌色と移り変わっていた。
2
快適な縦走路
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快適な縦走路
二重かずら橋の下降点を過ぎるとすぐに…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二重かずら橋の下降点を過ぎるとすぐに…
避難小屋があった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋があった。
丸石からの眺め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸石からの眺め
1
次郎笈の奥に剣山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次郎笈の奥に剣山
2
なおも笹原を進んでいく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なおも笹原を進んでいく
トラバース道分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバース道分岐
次郎笈の山頂は稜線からやや外れていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次郎笈の山頂は稜線からやや外れていた。
4等三角点もあり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4等三角点もあり
剣山を目指す
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣山を目指す
1
トラバース道合流点から次郎笈を振り返る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバース道合流点から次郎笈を振り返る
巻き道と別れる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻き道と別れる
一等三角点に触れない…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一等三角点に触れない…
2
三嶺方面の山々
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三嶺方面の山々
1
リフト西島駅
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リフト西島駅
リフトの下にトンネル
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リフトの下にトンネル
見ノ越駐車場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見ノ越駐車場
ここからは林道歩き
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは林道歩き
二重かずら橋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二重かずら橋
左折すると駐車場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左折すると駐車場
名頃駐車場に戻ってきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名頃駐車場に戻ってきた

感想/記録
by Gipfel

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-789601.html
12/31までは石鎚山山系にいた為、そこからレンタカーで移動

ドライブを楽しみながら、景勝地の"大歩危"や"祖谷のかずら橋"に立ち寄ってから
三嶺の登山口、名頃に着きました。
積雪は全くありませんでした。


【1日目】

駐車場から、なだらかな尾根道をのんびりと登っていきました。
林道と交差して、本当の?登山口に着きました。
なおも尾根上に進んでいきました。
徐々に天候が崩れ始め、雪がちらつき始めました。

植生の保護されたエリアに入ってくるとダケモミの丘でした。
展望は特になく、静かな山頂でした。

鞍部を通り過ぎると、やや急登があったと思ったら、
またなだらかな道を進んでいきました。
高度を上げるに連れて、樹木がまばらになってくると岩っぽくなってきました。

水場の標識があったので、汲んでいくことにしました。
水量はすくなったのですが、なんとか汲むことができました。

三嶺の避難小屋分岐に、登山者がいました。
挨拶を交わし、既に小屋には4〜5人の宿泊者がいるとのことでした。

日没までに白髪避難小屋まで時間的に到達できるか怪しかったのですが、
体力的には余裕があったので先へ進むことにしました。

三嶺の山頂には誰もおらず、風が強かったので、軽い休憩を取った後に先へ進みました。
下り坂になると、ドンドンと高度を下げていきました。
岩場も出てきて、鎖場もありました。

ガスの中、ダラダラと進んでくと、いつの間にかカヤハゲに着きました。
ピークに着くと、多少はガスが晴れてきて正面に白髪山分岐のあるピークが見えてきました。

積雪はそれほど多くないものの、風が強くアウタージャケットを着込んだまま進みました。
白髪山分岐で三嶺方向へ行く単独行の方に出会いました。
人のことは言えないものの、既にこの時間に16:30でしたが、果たして三嶺に到着できたのでしょうか…

分岐から10分ほど下ると白髪避難小屋に着きました。
この日の宿泊者は、他に単独行の二組がいました。


【2日目】

コースタイムと感想は後日追記予定
訪問者数:437人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/7/24
投稿数: 45
2016/1/9 23:42
 四国ですか
ずいぶんと遠くに行かれましたね。四国の山は名前もあまりよく分からない程度なので興味深く拝見しました。標高はあまりないのにけっこうな岩山があり、独特の山域のようですね。
登録日: 2011/11/10
投稿数: 166
2016/1/11 22:56
 Re: 四国ですか
takeosさん 返信遅れてすみません

思いの外、登り応えがあって楽しかったです!
早いうちに感想も記入します!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ