ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 791150 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走甲信越

五百山−鋸山

日程 2016年01月04日(月) [日帰り]
メンバー shiremono
天候曇り一時小雨
たまに弱い風
気温 鋸山山頂で8℃くらい
日の出 7:00 日の入り 16:37
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新潟県長岡市森上(モリアゲ)。県道24号の路肩に駐車(積雪なし)。

例年並の積雪であれば止める場所がなくなるので、路上駐車させてもらうしかない。交通量は少ないがバスなども通る。除雪車の稼動するような日は邪魔になるだけでなく、自分の車もたいへんなことになるので、やめた方がよさそうだ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間50分
休憩
42分
合計
6時間32分
Sスタート地点08:2610:38五百山10:4712:19鋸山12:5013:12花立峠13:1314:20半蔵金簡易郵便局14:2114:58ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
五百山の支尾根

棚田から尾根に乗ってしまえばあとはまっすぐ登るだけ。雪が少ないのでツボ足。多少のヤブはあるが難しいところはなかった。雪がもっと積もっていれば、尾根の細いところなどが難しくなり、斜面をトラバースするような場面も出てきそうだ。大平山−五百山の主尾根に出ると尾根が広くなり、気持ちのいい雑木林になる。

五百山−真木林道

五百山からの下りはコースがややわかりにくい。GPSで現在地を確認しながら進んだ。

大入峠登山口−鋸山

登山道の形はわかるが、雪がたまって通りにくいところにぶつかった。登山道を辿るのを中止して支尾根に上がった。やはり積雪期は真木林道から直接尾根に取り付いた方がよさそうだ。主尾根の上は、登山道のないところでもヤブこぎというほどではなく歩きやすかった。

鋸山−半蔵金

花立峠までは、雪が少ない上に先行者が往復したワカンジキの跡を辿ることができたので楽だった。花立峠からは、スノーシューの往復した薄い跡を辿った。ツボ足だとスノーシューの踏み跡に乗ってもかなりもぐるので、歩きにくかった。当然ワカンとストックを使うべきところだが、今回は体力的に余裕があったのであえてどちらも使わずに通した。半蔵金までのコースはわかりにくい。踏み跡がなかったらGPSに頼らないと歩けそうにない。
ファイル 天気図2016年01月04日12時.png (更新時刻:2016/01/04 19:37)
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 時計 GPS 地形図 コンパス カメラ 携帯電話 ストック ピッケル ワカン レインジャケット オーバーパンツ ゲイター グローブ オーバーミトン 目出帽 防寒着 行動食/非常食 水(1.4) 救急用品 ナイフ ヘッドランプ 薄手マット ツェルト

写真

棚田に上がる道から登りはじめた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
棚田に上がる道から登りはじめた。
1
細い尾根に乗るとヤブに行く手を阻まれる。といってもヤブはきつくない。ザックからつき出したピッケルが枝に引っかかることだけがうっとうしい。1回だけナイフで蔓を切った。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
細い尾根に乗るとヤブに行く手を阻まれる。といってもヤブはきつくない。ザックからつき出したピッケルが枝に引っかかることだけがうっとうしい。1回だけナイフで蔓を切った。
1
2013年12月に登った隣の尾根が見える。その時に登ってみたいと思ったこちらの尾根に今回ようやく登ることができた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2013年12月に登った隣の尾根が見える。その時に登ってみたいと思ったこちらの尾根に今回ようやく登ることができた。
前後に道はなさそうなのに、突然鉄柱があらわれた。測量用と思しきプラスチックの黄色い杭も。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前後に道はなさそうなのに、突然鉄柱があらわれた。測量用と思しきプラスチックの黄色い杭も。
2本目の鉄柱。アンテナがついている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2本目の鉄柱。アンテナがついている。
平らな山頂が大平山。大平山から五百山までは道がある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平らな山頂が大平山。大平山から五百山までは道がある。
2
大平山からの主尾根に合流する手前の急登。急登に見えたが、実際にはたいしたことがなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大平山からの主尾根に合流する手前の急登。急登に見えたが、実際にはたいしたことがなかった。
1
主尾根に合流すると尾根が広くなった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主尾根に合流すると尾根が広くなった。
1
五百山。積雪はせいぜい50cmくらい。小さな石の祠も頭が出ている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五百山。積雪はせいぜい50cmくらい。小さな石の祠も頭が出ている。
1
なだらかな尾根の下りはコースがわかりにくい。道の形がわかると安心する。ここから登り返そうとしている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なだらかな尾根の下りはコースがわかりにくい。道の形がわかると安心する。ここから登り返そうとしている。
2
尾根から外れるポイントには目印のテープがつけられていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根から外れるポイントには目印のテープがつけられていた。
1
五百山登山口の標柱。標識はついていなかった。雪に埋もれる期間は取り外しているのだろうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五百山登山口の標柱。標識はついていなかった。雪に埋もれる期間は取り外しているのだろうか。
2
真木林道に出た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真木林道に出た。
1
大入峠の鋸山登山口。雪が少ないので登山道を辿ってみた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大入峠の鋸山登山口。雪が少ないので登山道を辿ってみた。
この先で登山道は右に折り返して水平にへつっているように見える。あまり通りたくない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先で登山道は右に折り返して水平にへつっているように見える。あまり通りたくない。
折り返さずにまっすぐ小さな沢を遡ろうにも、雪が深そうだし踏み抜きもありそうだ。あまり進みたくない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
折り返さずにまっすぐ小さな沢を遡ろうにも、雪が深そうだし踏み抜きもありそうだ。あまり進みたくない。
1
木の根を手がかりに強引に支尾根に上がって脱出した。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の根を手がかりに強引に支尾根に上がって脱出した。
1
支尾根はヤブもなく登りやすかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
支尾根はヤブもなく登りやすかった。
1
西側の斜面は東側よりも雪が少ないようだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西側の斜面は東側よりも雪が少ないようだ。
鋸山の主尾根に乗った。雪が浅くて歩きやすい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋸山の主尾根に乗った。雪が浅くて歩きやすい。
1
登山道に合流するところ。鋸山方向から来てここで登山道なりに下ってしまったら、少し面倒なことになるかもしれない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道に合流するところ。鋸山方向から来てここで登山道なりに下ってしまったら、少し面倒なことになるかもしれない。
山頂直下は完全にヤブが出ている。越後平野には雪がない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下は完全にヤブが出ている。越後平野には雪がない。
3
花立峠まで先行者のワカンジキの跡を辿る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花立峠まで先行者のワカンジキの跡を辿る。
1
花立峠から半蔵金まではスノーシューの跡を辿った。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花立峠から半蔵金まではスノーシューの跡を辿った。
半蔵金側は比較的雪が多かった。ツボ足だとスノーシューの跡の上に乗ってもかなり沈むので歩きにくい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
半蔵金側は比較的雪が多かった。ツボ足だとスノーシューの跡の上に乗ってもかなり沈むので歩きにくい。
1
半蔵金側登山口近くの沢沿いの道は問題なく歩けた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
半蔵金側登山口近くの沢沿いの道は問題なく歩けた。
1
半蔵金側の登山道入口の標柱。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
半蔵金側の登山道入口の標柱。
舗装路に出るポイントにある標柱。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装路に出るポイントにある標柱。
振り返ると見覚えのある四本杉。2014年の1月に来た時は腰までのラッセルで、半蔵金から3時間以上かけてもあそこまでしか到達できなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると見覚えのある四本杉。2014年の1月に来た時は腰までのラッセルで、半蔵金から3時間以上かけてもあそこまでしか到達できなかった。
2
半蔵金簡易郵便局まで下ってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
半蔵金簡易郵便局まで下ってきた。
1

感想/記録

今回登った五百山の支尾根は、大平山の方から眺めるとまっすぐできれいに見えた。それから2年後にようやく登ることができてうれしい。カモシカのものらしい足跡がずっと続いていた。

鋸山の山頂には人がいた。話をしているうちに、昨年2月にも同じ場所で出会った人だということに気がついた。鋸山に昨年は108回登り、今年もすでに2回目だとのこと。
訪問者数:299人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ