ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 791188 全員に公開 ハイキング丹沢

寄大橋-檜岳(モノレール尾根)-檜岳北尾根-山神経路

日程 2016年01月04日(月) [日帰り]
メンバー old-diver
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
寄大橋を渡った駐車スペースに駐車、朝7:40で1台、その他、橋の手前に1台。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間46分
休憩
30分
合計
8時間16分
S寄大橋(水源林管理棟前ゲート)07:3107:37水源の森・公衆トイレ07:4009:59檜岳10:0712:48山神峠13:0113:42伊勢沢ノ頭14:55中沢橋分岐14:5715:11H22・H23成長の森案内図15:1515:47ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
モノレール尾根(滝郷沢左岸尾根)は危険なところは無しだが、ほとんどが急登。
檜岳北尾根(仮)はヤセ尾根が多く、1ヶ所尾根がとぎれているが、巻き道有り。途中、狭い鹿柵(これが一番難敵)をくぐるところあり、その先はロープがあるが、まるでヘツリ。下山には支尾根があり、RFが難しい。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

登山届けとトイレに寄るので、檜岳へはこの尾根で登ります。トイレの先の小屋の所から渡渉して、モノレールの尾根に取り付く。(渡渉時、濡れ石は滑るので注意)
2016年01月04日 07:46撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山届けとトイレに寄るので、檜岳へはこの尾根で登ります。トイレの先の小屋の所から渡渉して、モノレールの尾根に取り付く。(渡渉時、濡れ石は滑るので注意)
1
急登の後、左の尾根に取り付く。
2016年01月04日 07:57撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登の後、左の尾根に取り付く。
1
尾根に上がった所で、下に降りて滝郷沢を見てみる。
2016年01月04日 08:05撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に上がった所で、下に降りて滝郷沢を見てみる。
滝郷沢の大滝(F2?)。なかなかの滝だな!
2016年01月04日 08:08撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝郷沢の大滝(F2?)。なかなかの滝だな!
3
敷かれたモノレールに沿って登る。仕事道もジグザグに出来ている。
2016年01月04日 08:13撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
敷かれたモノレールに沿って登る。仕事道もジグザグに出来ている。
1
杉の人工林。
2016年01月04日 08:18撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉の人工林。
1
途中、何ヶ所かベンチがある。たぶん山仕事人用でしょう。
2016年01月04日 08:40撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、何ヶ所かベンチがある。たぶん山仕事人用でしょう。
1
モノレール尾根はとにかく急だ。
2016年01月04日 08:49撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モノレール尾根はとにかく急だ。
2
明るく開けた所に来た。
2016年01月04日 09:12撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るく開けた所に来た。
1
最後もとにかく急。
2016年01月04日 09:20撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後もとにかく急。
1
右に雨山の崩壊地が見えてきた。
2016年01月04日 09:43撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右に雨山の崩壊地が見えてきた。
1
やっとこさ、登山道に出そうだ。ちょうど檜岳のベンチの所に出る。
2016年01月04日 09:58撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとこさ、登山道に出そうだ。ちょうど檜岳のベンチの所に出る。
1
登山道から雄大な蛭ヶ岳。朝は、はっきり見える。
2016年01月04日 10:02撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道から雄大な蛭ヶ岳。朝は、はっきり見える。
8
檜岳の西の端付近の鹿柵が壊れてる所から北に降りる。(リボンがあります。)
2016年01月04日 14:03撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
檜岳の西の端付近の鹿柵が壊れてる所から北に降りる。(リボンがあります。)
1
右の鹿柵に沿って降りる。
2016年01月04日 10:17撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右の鹿柵に沿って降りる。
途中で富士山がよく見えた。
2016年01月04日 10:19撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で富士山がよく見えた。
4
ヤセ尾根になってくる。
2016年01月04日 10:36撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤセ尾根になってくる。
1
尾根が切れている。ここは右に巻き道がある。
2016年01月04日 10:40撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根が切れている。ここは右に巻き道がある。
1
振り返って、巻き道から降りてきたところ。
2016年01月04日 10:41撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って、巻き道から降りてきたところ。
鹿柵に沿って人工林を降りる。薄暗い。
2016年01月04日 10:44撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿柵に沿って人工林を降りる。薄暗い。
順調に降りて行くが。。。
2016年01月04日 10:53撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
順調に降りて行くが。。。
1
鹿柵に行く手を阻まれる。ここは左に降りたくなるが、右に降りて巻いて行く。
2016年01月04日 10:55撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿柵に行く手を阻まれる。ここは左に降りたくなるが、右に降りて巻いて行く。
またまた鹿柵に行く手を阻まれる。よく見ると柵の向こうに新しいロープがある。鹿柵をどうにかくぐり抜けて柵の反対側に回る。
2016年01月04日 10:58撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またまた鹿柵に行く手を阻まれる。よく見ると柵の向こうに新しいロープがある。鹿柵をどうにかくぐり抜けて柵の反対側に回る。
ひえーッ!! これ降りられるのか??ロープに掴まって、まるでヘツリ。足元をよく見て。
2016年01月04日 11:03撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひえーッ!! これ降りられるのか??ロープに掴まって、まるでヘツリ。足元をよく見て。
4
ロープがなければ、ここであきらめる所だ!
2016年01月04日 11:04撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープがなければ、ここであきらめる所だ!
1
尾根の下は空洞が!! 大丈夫か? どうにか降りられる。
2016年01月04日 11:06撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の下は空洞が!! 大丈夫か? どうにか降りられる。
1
何となく踏み跡が出てきた。
2016年01月04日 11:14撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何となく踏み跡が出てきた。
人工林の遙か下にベンチが見えてきた。
2016年01月04日 11:20撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人工林の遙か下にベンチが見えてきた。
山神経路の字が読めない石碑の所に降りてきた。
2016年01月04日 11:24撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山神経路の字が読めない石碑の所に降りてきた。
綺麗な道標とベンチがあります。ここでランチ休憩。日が当たらないので少し寒い。
2016年01月04日 11:24撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗な道標とベンチがあります。ここでランチ休憩。日が当たらないので少し寒い。
1
ランチ後、経路を雨山橋方向に歩いて、板小屋沢の大堰堤を調査しに行きます。
2016年01月04日 11:43撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ランチ後、経路を雨山橋方向に歩いて、板小屋沢の大堰堤を調査しに行きます。
1
板小屋沢に来ました。沢の左岸を下って、堰堤を2−3越えます。
2016年01月04日 11:45撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
板小屋沢に来ました。沢の左岸を下って、堰堤を2−3越えます。
1
これが大堰堤か!! 凄いな! 堰堤の下に垂直な15m滝が続いている。この沢を遡行すると最後の難関はこの堰堤か。とても太刀打ちできない! 右岸から降りるにも30mロープが2本必要だ。左岸はオーバーハングで空中懸垂になる。それも支滝の横だ。
2016年01月04日 11:52撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが大堰堤か!! 凄いな! 堰堤の下に垂直な15m滝が続いている。この沢を遡行すると最後の難関はこの堰堤か。とても太刀打ちできない! 右岸から降りるにも30mロープが2本必要だ。左岸はオーバーハングで空中懸垂になる。それも支滝の横だ。
2
斜面に何かあるので、確認のために直接登り返します。 鹿ネットだった。 山神峠に向けて帰ります。
2016年01月04日 11:58撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜面に何かあるので、確認のために直接登り返します。 鹿ネットだった。 山神峠に向けて帰ります。
途中の水の垂れてる所。
2016年01月04日 12:21撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の水の垂れてる所。
1
崩壊地。左の壊れたハシゴを使って登ります。 その先のトラバースはロープが設置されています。
2016年01月04日 12:24撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩壊地。左の壊れたハシゴを使って登ります。 その先のトラバースはロープが設置されています。
1
ヘビ小屋沢からのモノレールの横断場所。今日は山神峠から景色を見ながら帰ろう!
2016年01月04日 12:31撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘビ小屋沢からのモノレールの横断場所。今日は山神峠から景色を見ながら帰ろう!
1
山神峠手前の白い大木。(白いので、ひときわ目立っています。いわゆるシロブナという木ですかね?)
2016年01月04日 12:43撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山神峠手前の白い大木。(白いので、ひときわ目立っています。いわゆるシロブナという木ですかね?)
3
山神さん。少し休憩して、ここから伊勢沢ノ頭に登り返します。
2016年01月04日 12:57撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山神さん。少し休憩して、ここから伊勢沢ノ頭に登り返します。
2
モノレール。
2016年01月04日 13:17撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モノレール。
1
午後なので少し霞んでいるが、ビューポイントで撮影。
2016年01月04日 13:27撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午後なので少し霞んでいるが、ビューポイントで撮影。
8
ヘビ小屋沢からのモノレールの終点。
2016年01月04日 13:38撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘビ小屋沢からのモノレールの終点。
1
今日は時間があるので、伊勢沢ノ頭から檜岳に行きます。
2016年01月04日 13:43撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は時間があるので、伊勢沢ノ頭から檜岳に行きます。
1
稜線途中から見る蛭ヶ岳。
2016年01月04日 13:47撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線途中から見る蛭ヶ岳。
1
檜岳西側のこの道標の裏から尾根を下って、寄大橋まで帰ります。今日はちょっと膝が痛いです。
2016年01月04日 14:07撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
檜岳西側のこの道標の裏から尾根を下って、寄大橋まで帰ります。今日はちょっと膝が痛いです。
P753です。左を巻きます。
2016年01月04日 14:55撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P753です。左を巻きます。
1
春を待つ三椏。
2016年01月04日 15:09撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
春を待つ三椏。
2
途中で見える鍋割山。
2016年01月04日 15:19撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で見える鍋割山。
1
ボランティア林の分岐場所。 地図の登山道は右に折れますが、今日は真っ直ぐ降ります。
2016年01月04日 15:24撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボランティア林の分岐場所。 地図の登山道は右に折れますが、今日は真っ直ぐ降ります。
1
ゲート手前の林道に降りてきました。しばらくぶりなので、疲れました。
2016年01月04日 15:43撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲート手前の林道に降りてきました。しばらくぶりなので、疲れました。
1

感想/記録

今日は、滝郷沢左岸尾根(モノレール尾根)を登り、檜岳の北斜面を下って山神経経路に降り、板小屋沢の大堰堤の調査(登れるか?降りられるか?)と、昨年ヘビ小屋沢で落としたスリングを回収するためにこのコースを選びました。
途中で滝郷沢の大滝も上から見られました。板小屋沢の大堰堤はとても太刀打ち出来そうも無いことが分かりました。
ヘビ小屋沢の落とし物は気力が無くなりあきらめました。
山登りをしていて、沢を見ると、とてつもなく難しそうに見えるのはなぜでしょうか?昨年遡行したヘビ小屋沢でさえ、今日は堰堤を降りるのが難しそうに見えました。
檜岳の北尾根(仮名称)は危険であり、あまり面白くはないので、おすすめできません。
訪問者数:338人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ