ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 791189 全員に公開 雪山ハイキング中央アルプス

中アから始まる2016コスモ!

日程 2016年01月04日(月) [日帰り]
メンバー rupmo
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
伊奈川ダム駐車場までは雪、路面の凍結はありませんが、所どころ石が落ちているので、注意してください。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間4分
休憩
1時間3分
合計
8時間7分
S伊奈川ダム上駐車場06:3307:04福栃平(南駒-越百分岐)07:40下のコル(四合目)07:4107:55上のコル08:48上の水場08:5809:43越百小屋10:30越百山10:4011:25越百小屋12:0012:37上の水場12:4413:25上のコル13:36下のコル(四合目)14:07福栃平(南駒-越百分岐)14:40伊奈川ダム上駐車場14:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
林道・・・積雪2cm、山側はツララが多く氷の落下、落石の音に注意しながら川側を歩いて下さい。

下のコルまで・・・完全な夏道で積雪0、水場は枯れていません。

上の水場まで・・・積雪5〜20cm、朝は凍って滑りやすくチェーンアイゼンがあると楽に登れます。

小屋まで・・・積雪30〜50cm程度、10本以上のアイゼン必要です。

稜線まで・・・樹林帯は積雪50〜80cm、この日は風が強くトレースが不明瞭な所もありましたが、高い方向に進めば、直ぐに稜線に出ます。

山頂まで・・・急登ではありませんが、クラストしており、下りはピッケル必要です。特にこの日は、風も強く、無しでは下れません。

注意・・・急斜面がない越百でも、必ずピッケルは必須装備です。ストックは刺さりません。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター バラクラバ 毛帽子 ザック ザックカバー アイゼン ピッケル 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ガスカートリッジ コンロ 食器 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 携帯 時計 タオル ツェルト ナイフ カメラ ポール

写真

初登山は越百山。
今年は雪も少なく、正月の入山情報から、トレースはハッキリしていると思われます。
不明瞭の場合は即撤退予定で、6:30行ってきま〜す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初登山は越百山。
今年は雪も少なく、正月の入山情報から、トレースはハッキリしていると思われます。
不明瞭の場合は即撤退予定で、6:30行ってきま〜す。
2
今日の入山者ゼロ!ガ〜ン不安ですが、薄っすら雪が積もった林道を、トボトボ歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の入山者ゼロ!ガ〜ン不安ですが、薄っすら雪が積もった林道を、トボトボ歩きます。
2
荷、靴が重く登山口まで40分!
夏のUL登山と違い、既に疲れてしまいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荷、靴が重く登山口まで40分!
夏のUL登山と違い、既に疲れてしまいました。
2
登山道は積雪ゼロ!ラッキー
時間短縮ができそうです。
今日の計画は、山頂まで4時間半の11時着予定、予備1時間の12時に登頂出来ない時は下山します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道は積雪ゼロ!ラッキー
時間短縮ができそうです。
今日の計画は、山頂まで4時間半の11時着予定、予備1時間の12時に登頂出来ない時は下山します。
2
下の水場は冬も枯れていません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下の水場は冬も枯れていません。
1
飛行機雲だ〜
晴天率が高い中ア、今日の天気も期待できます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛行機雲だ〜
晴天率が高い中ア、今日の天気も期待できます。
2
下のコルまでは、全く雪がありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下のコルまでは、全く雪がありません。
1
コルを過ぎると雪道に変わります。
踏まれた雪は、凍っており、コイルアイゼンを装着しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コルを過ぎると雪道に変わります。
踏まれた雪は、凍っており、コイルアイゼンを装着しました。
2
荷物が重く修行の様な、登りが続いていますが、尖がった山が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荷物が重く修行の様な、登りが続いていますが、尖がった山が見えてきました。
1
樹林の隙間には御嶽もクッキリ望め、登りの辛さも忘れます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林の隙間には御嶽もクッキリ望め、登りの辛さも忘れます。
5
上の水場到着!
昼食用カップメンの水を汲み、荷重プラス!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上の水場到着!
昼食用カップメンの水を汲み、荷重プラス!
1
アイゼンに履き替え荷重マイナス?体に装着した荷重はプラスされている事を、後で気が付きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイゼンに履き替え荷重マイナス?体に装着した荷重はプラスされている事を、後で気が付きました。
5
高度が上がるに連れ、眺望も良くなります。
駒ケ岳でしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度が上がるに連れ、眺望も良くなります。
駒ケ岳でしょうか?
3
こちらは御嶽&乗鞍
何時ものショットです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは御嶽&乗鞍
何時ものショットです。
2
そして仙涯嶺に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして仙涯嶺に
1
南駒ヶ岳!
それにしてもい〜天気です!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南駒ヶ岳!
それにしてもい〜天気です!
8
心配していた巻き道も、トレースは明瞭で、安心して下りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
心配していた巻き道も、トレースは明瞭で、安心して下りました。
1
ハイ!越百小屋到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイ!越百小屋到着。
3
それにしても赤色は映える。
青、白、赤、白。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それにしても赤色は映える。
青、白、赤、白。
10
奥が南駒、手前が越百!
何度も来ていますが、今日は一段と遠くに見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥が南駒、手前が越百!
何度も来ていますが、今日は一段と遠くに見えます。
8
南には秋に登った安平路山と中ア縦走路。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南には秋に登った安平路山と中ア縦走路。
2
あと少し!
頑張って行きましょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと少し!
頑張って行きましょう。
2
松、シャクナゲ系の枝が邪魔ですが、
気持ちが良い稜線を越えて行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松、シャクナゲ系の枝が邪魔ですが、
気持ちが良い稜線を越えて行きます。
5
ド〜ン。迫力ある越百!
夏の様に直ぐ着きません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ド〜ン。迫力ある越百!
夏の様に直ぐ着きません。
12
こちらは南越百!
この時期なら簡単に行けそうですが、今日は風が強く行けません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは南越百!
この時期なら簡単に行けそうですが、今日は風が強く行けません。
5
夏に歩いた越百からの縦走路!
今年は妻を案内する予定です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏に歩いた越百からの縦走路!
今年は妻を案内する予定です。
3
必ず何枚も撮る定番ショット。
この後も出てきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
必ず何枚も撮る定番ショット。
この後も出てきます。
4
ザ雪山!
山頂直下はカチカチ、下りはピッケル必要です。
今日最大の間違いは、軽いピッケルしか持ってこなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザ雪山!
山頂直下はカチカチ、下りはピッケル必要です。
今日最大の間違いは、軽いピッケルしか持ってこなかった。
10
スタートから4時間、雪は少ないながら厳冬期の越百山登頂は感動です!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタートから4時間、雪は少ないながら厳冬期の越百山登頂は感動です!
15
風が強く、今日の寒さは10分が限界です。
越百山頂と恵那山!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風が強く、今日の寒さは10分が限界です。
越百山頂と恵那山!
6
いつもの彼ら!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもの彼ら!
5
仙涯嶺と南駒!
寒過ぎ!写真を撮って安全地帯に下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙涯嶺と南駒!
寒過ぎ!写真を撮って安全地帯に下ります。
11
少し下ると全く風がありません?
山頂直下はクラストした斜面で、軽量ピッケルが役に立ちました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し下ると全く風がありません?
山頂直下はクラストした斜面で、軽量ピッケルが役に立ちました!
2
寒さも和らぎ、ようやく眺望を楽しめます。
先ずは彼ら!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寒さも和らぎ、ようやく眺望を楽しめます。
先ずは彼ら!
2
正面には安平路山&恵那山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面には安平路山&恵那山。
3
夏とは全く違う、顔つきの越百!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏とは全く違う、顔つきの越百!
10
コスモ右側!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コスモ右側!
6
コスモ左側!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コスモ左側!
3
行き、山頂、帰りと基本同じ写真なので、下山します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行き、山頂、帰りと基本同じ写真なので、下山します。
3
雪尾根テクテク、楽しいな〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪尾根テクテク、楽しいな〜
7
ふかふか雪道、楽しいな〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふかふか雪道、楽しいな〜
1
雪があると樹林帯も、楽しいな〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪があると樹林帯も、楽しいな〜
3
コスモ小屋に、戻ってきました。
山頂とは違い、ポカポカです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コスモ小屋に、戻ってきました。
山頂とは違い、ポカポカです。
3
最高のロケーションで食事が出来ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高のロケーションで食事が出来ました。
6
今日も中アの空は
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も中アの空は
3
ディープブルー世界で
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ディープブルー世界で
4
迎えてくれました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迎えてくれました!
1
2016年!初登山!
中ア、バンザイ!!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2016年!初登山!
中ア、バンザイ!!!
10
名残惜しいが、下りましょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名残惜しいが、下りましょう。
1
僅かな時間で、こんなに遠くなってしまいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
僅かな時間で、こんなに遠くなってしまいました。
4
御嶽には雲が掛かり始めています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽には雲が掛かり始めています。
2
上の水場に到着です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上の水場に到着です。
1
振り返ると中アは、快晴のままです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると中アは、快晴のままです。
1
アイゼンは時間が掛かるので、軽量コイルにチェンジ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイゼンは時間が掛かるので、軽量コイルにチェンジ!
2
下のコルでアイゼンを外しますが、重い荷物、長距離のアイゼン歩行で足が痛い!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下のコルでアイゼンを外しますが、重い荷物、長距離のアイゼン歩行で足が痛い!
1
どうやら靴擦れができた様です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どうやら靴擦れができた様です。
1
あ〜痛い〜!
体力は残っていても、足が痛く思うように進めない(泣)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あ〜痛い〜!
体力は残っていても、足が痛く思うように進めない(泣)
4
痛みを我慢して、林道まで下れました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
痛みを我慢して、林道まで下れました。
1
林道には綺麗なツララが沢山あり、飽きません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道には綺麗なツララが沢山あり、飽きません。
6
寂しく留守番中の山専ウェイク号。
ただいま!無事帰って来ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寂しく留守番中の山専ウェイク号。
ただいま!無事帰って来ました。
7

感想/記録
by rupmo

2016年初登山は、中央アルプス越百山の頂きを目指しました。
私は、冬山経験も少なく、標高も高い厳冬期の越百山は登れません。
ただ、今年は暖冬で例年より雪が少なく、もしかしたら登れるのでは?
と年末から計画していました。
正月休み中の入山情報の確認と、その後の降雪がない安定した天気は、
トレースが消えることなく残っていると判断し、登ってきました。
計画では、暗い林道は歩きたくなく、ライトがいらない6時30分スタート。
軽量の夏に3時間15分で登っている経験から、荷重、アイゼン歩行を考慮し、
登頂時間は4時間30分に設定し、1時間山頂で遊んで12時には下山を
予定していました。
遅れた場合も、昼食を行動食に変更することで、1時間の予備時間を確保し、
12時下山は必ず守る計画です。
その他に、福トチ山の巻き道辺りが心配で、越百小屋までにトレースが
不明瞭になった場合は、無理を絶対にしないと決めていました。
駐車場には登山者の車が1台もなく、寂しいスタートなりましたが、
今年初登山です。楽しく行って来ましょう。
登り始めは、予想以上に雪が少なく、下のコルまでは完全な夏道でした。
その後、雪が出てきたものの、上の水場までは、コイルアイゼンで
問題なく登れましたが、冬装備の荷物が重く、まるで修行登山です。
上部も、はっきりしたトレースで安心して、時折見える眺望を楽しみながら、
雪山を堪能できました。
ただ山頂直下のクラストした斜面には焦りました!
今回装備の計画は、ほぼ樹林帯の越百ピストンだけなら、
ピッケルは不要と思っていましたが、出発前に心配になり、
春の雪渓用に買った、軽量ピッケルを持っていきました。
それが正解、なかったら山頂目の前にして撤退でした。勉強になりました。
少しずつ冬山経験を積み、安全最優先で雪山遊びを、
これからも満喫したいと思います。
最後に、前回木曽駒に続き、ディープブルーの世界を、
見せてくれた中ア越百山に感謝します。
中ア、バンザイ!!!そしてありがとうピッケル!

今年も宜しくお願いします。
訪問者数:770人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/2/23
投稿数: 290
2016/1/6 23:14
 夏に登っているからこそですね
ぼくが越百に行ってからはや10年くらいたっているような?
小屋まで暗い道だったような・・・
そんな記憶しかないのでは
この時期に行くのは怖いです。

僕もこの夏に予習して
雪のある時期に目指してみたいです。
それか連れて行ってもらうか?
一人では何かあった時に不安ですね。

気を付けてください。
そしてまた「万歳」を聞かせてください。
登録日: 2015/9/9
投稿数: 489
2016/1/7 9:08
 逆手ですね
暖冬だからこそですか!考えましたな。
しかし、春山のような写真ですね〜
中ア好きだからこその選択ですね
私の中では全く候補にあがりませんでした(笑)

越百の下りは木の根の連続で苦手意識がありましたが…
雪があると下りやすいのでしょうか?
登録日: 2014/2/4
投稿数: 383
2016/1/7 21:47
 Re: 夏に登っているからこそですね
ベッカムさん 明けましておめでとうございます。

私も初めて登った時は、暗いイメージでしたが、
何度も登っていると、暗く寂しいイメージがなくなりました。
恐らく中央アルプスの木曽側からの登山道は、全て西側斜面で、
朝日を浴びる時間が、非常に遅く、暗いイメージかな?
なんて考えています。
ただ夏は涼しく、歩けますよ!
冬は慣れた道でも怖く、今回もトレースが無ければ登るのを
止めていたと思います。
下山した後、少し無茶し過ぎ?いや良い経験ができたのでは?
など考えていましたが、どうしても雪を求めて登りたくなります。
本来この時期は、白草山や富士見台辺りで、手軽に雪遊びが出来れば
問題ないのですが、今年の異常な雪の少なさに困り果てています。
夏には越百〜南駒の小周回、越百〜空木の大周回など計画してください。
是非一緒に行きたいです!
今年も宜しくお願いします
登録日: 2014/2/4
投稿数: 383
2016/1/7 21:50
 Re: 逆手ですね
やまさん こんばんは。
越百の下りは、この時期でも木の根が出ていました。
それだけ雪が少なく、標高1700mまでは夏と同じと考えた方がいいです。
ただアイゼンなしでは難しく、長距離のアイゼン歩行は
かなり疲れます。従って、下から雪が繋がり、根が隠れたとしても
下りは別の意味で、疲れると思います。
やまさんなら大丈夫か

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ