ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 791233 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走甲信越

鳳凰三山

日程 2016年01月03日(日) 〜 2016年01月04日(月)
メンバー kodero
天候快晴(強風)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
夜叉神峠登山口の駐車場を利用。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間2分
休憩
2時間18分
合計
11時間20分
S夜叉神峠登山口06:0006:50夜叉神峠07:2008:18杖立峠08:3009:11火事場跡10:02苺平10:26南御室小屋10:4511:36砂払岳11:4012:00薬師岳小屋13:0013:20薬師岳13:3013:50観音岳13:5115:02地蔵岳15:0416:50観音岳17:10薬師岳17:20薬師岳小屋
2日目
山行
3時間9分
休憩
4分
合計
3時間13分
薬師岳小屋04:2004:21砂払岳04:56南御室小屋04:5805:25苺平05:2605:51火事場跡05:5206:22杖立峠07:04夜叉神峠07:33夜叉神峠登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
1日目のGPSログが取れていなかったので、以前のデータを流用しています。時刻は写真の時刻から手入力していますが、正確ではない可能性があります。
コース状況/
危険箇所等
雪はかなり少なく、所々岩が出ている所もあり。自分は、杖立峠で一応アイゼンをつけたのですが、いらなかったかも。(人によってはアイゼン無しで歩かれていました。)下山はアイゼンなしで下山しました。

装備

個人装備 長袖シャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター ネックウォーマー バラクラバ 毛帽子 着替え 予備靴ひも アイゼン ピッケル 昼ご飯 行動食 飲料 水筒(保温性) ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 サングラス タオル ツェルト ナイフ カメラ 三脚

写真

夜叉神峠で日の出を迎えられる様に、6時に登山口を出発。
2016年01月03日 06:24撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜叉神峠で日の出を迎えられる様に、6時に登山口を出発。
1
日の出時刻ちょうどに夜叉神峠に到着。白根三山が赤く染まってくれました。
2016年01月03日 07:13撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出時刻ちょうどに夜叉神峠に到着。白根三山が赤く染まってくれました。
3
夜叉神峠から先も雪はこの位、全然雪は少なかった。
2016年01月03日 07:59撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜叉神峠から先も雪はこの位、全然雪は少なかった。
杖立峠に到着
2016年01月03日 08:18撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杖立峠に到着
火事場跡に到着。
2016年01月03日 09:11撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火事場跡に到着。
火事場跡から望む白根三山。元気を貰えました。
2016年01月03日 09:12撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火事場跡から望む白根三山。元気を貰えました。
7
火事場跡から少し登ると富士山が姿を見せてくれました。
2016年01月03日 09:23撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火事場跡から少し登ると富士山が姿を見せてくれました。
3
上空には柔らかそうな雲が。フリースの生地をイメージしました。
2016年01月03日 09:34撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上空には柔らかそうな雲が。フリースの生地をイメージしました。
10
苺平に到着。辻山には帰りに寄るつもりだったので、まっすぐ南御室小屋に向かいました。後から考えたら、先に行っておけば良かった。
2016年01月03日 10:02撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苺平に到着。辻山には帰りに寄るつもりだったので、まっすぐ南御室小屋に向かいました。後から考えたら、先に行っておけば良かった。
南御室小屋に到着。
2016年01月03日 10:26撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南御室小屋に到着。
1
砂払岳に到着
2016年01月03日 11:38撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂払岳に到着
2
ここからは先は展望の良い稜線歩き。ただ、風が非常に強く、時々突風で少しバランスを崩す感じでした。
2016年01月03日 11:40撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは先は展望の良い稜線歩き。ただ、風が非常に強く、時々突風で少しバランスを崩す感じでした。
3
ここから望む白根三山もかっこいい。
2016年01月03日 11:44撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから望む白根三山もかっこいい。
11
薬師岳小屋で休憩後、薬師岳に登って来ました。
2016年01月03日 13:15撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳小屋で休憩後、薬師岳に登って来ました。
薬師岳に到着。こちらも山頂部に尖った岩が沢山有り、かっこいい。
2016年01月03日 13:20撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳に到着。こちらも山頂部に尖った岩が沢山有り、かっこいい。
1
白砂の山頂、観音岳へ続く稜線がすばらしい。ここの感じが自分はお気に入りです。
2016年01月03日 13:21撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白砂の山頂、観音岳へ続く稜線がすばらしい。ここの感じが自分はお気に入りです。
6
観音岳への登り。
2016年01月03日 13:35撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音岳への登り。
1
歩いて来た薬師岳からの稜線。
2016年01月03日 13:44撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いて来た薬師岳からの稜線。
1
観音岳に到着。
2016年01月03日 13:50撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音岳に到着。
山頂下にちょっと足跡あり。これは雷鳥かな?
2016年01月03日 13:51撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂下にちょっと足跡あり。これは雷鳥かな?
地蔵岳への稜線。尖った岩がゴツゴツしていて、こちらも素晴らしい。
2016年01月03日 13:50撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岳への稜線。尖った岩がゴツゴツしていて、こちらも素晴らしい。
1
八ヶ岳も綺麗でした。
2016年01月03日 13:53撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳も綺麗でした。
5
先週登った金峰山。肉眼でも五丈岩が確認できました。
2016年01月03日 13:54撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先週登った金峰山。肉眼でも五丈岩が確認できました。
1
八ヶ岳の奥には浅間山の姿も。
2016年01月03日 13:54撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳の奥には浅間山の姿も。
2
薬師岳の尖がりと富士山
2016年01月03日 13:54撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳の尖がりと富士山
10
地蔵岳に向け下って来ました。ここは小ピークの上り下りが続き、距離はないですが、ちょっと大変でした。(2回目なので気分的には楽でしたが。)
2016年01月03日 14:23撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岳に向け下って来ました。ここは小ピークの上り下りが続き、距離はないですが、ちょっと大変でした。(2回目なので気分的には楽でしたが。)
7
ちょっとおもしろい木。(この木がまだ有るか、ちょっと楽しみにしていました。)
2016年01月03日 14:27撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとおもしろい木。(この木がまだ有るか、ちょっと楽しみにしていました。)
4
赤抜沢ノ頭への登り。ここも尖がった岩が沢山あり、すごい景観です。西側に尖がりが多い気がするんですが、風向きの関係なんでしょうか。
2016年01月03日 14:36撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤抜沢ノ頭への登り。ここも尖がった岩が沢山あり、すごい景観です。西側に尖がりが多い気がするんですが、風向きの関係なんでしょうか。
3
赤抜沢ノ頭に到着。歩いて来た観音岳を振り返って。
2016年01月03日 14:52撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤抜沢ノ頭に到着。歩いて来た観音岳を振り返って。
1
赤抜沢ノ頭から望むオベリスク。あともう一回下ります。
2016年01月03日 14:53撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤抜沢ノ頭から望むオベリスク。あともう一回下ります。
8
地蔵岳に到着。真近で見るオベリスクの迫力がすごい。
2016年01月03日 15:02撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岳に到着。真近で見るオベリスクの迫力がすごい。
6
山頂のお地蔵さんたち。もう日没まであまり時間がないので、オベリスクの根本には行かずに、直ぐに引き返しました。
2016年01月03日 15:03撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂のお地蔵さんたち。もう日没まであまり時間がないので、オベリスクの根本には行かずに、直ぐに引き返しました。
観音岳の手間まで戻ってきて、20分くらい日没を待ちました。雲が晴れて、甲斐駒ヶ岳の右側に槍ヶ岳も見えていました。(風が強く寒かった)
2016年01月03日 16:23撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音岳の手間まで戻ってきて、20分くらい日没を待ちました。雲が晴れて、甲斐駒ヶ岳の右側に槍ヶ岳も見えていました。(風が強く寒かった)
3
北岳に沈む夕日。
2016年01月03日 16:31撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳に沈む夕日。
11
甲斐駒ヶ岳とオベリスクも夕焼け
2016年01月03日 16:32撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒ヶ岳とオベリスクも夕焼け
10
八ヶ岳も
2016年01月03日 16:32撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳も
9
八ヶ岳アップ
2016年01月03日 16:41撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳アップ
10
富士山は雲の関係なのか、中々赤くなってくれませんでしたが、一瞬だけ赤く染まってくれました。
2016年01月03日 16:39撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山は雲の関係なのか、中々赤くなってくれませんでしたが、一瞬だけ赤く染まってくれました。
8
白根三山の上空も夕焼け
2016年01月03日 16:46撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白根三山の上空も夕焼け
9
下って来た観音岳。だいぶ暗くなっていました。
2016年01月03日 17:10撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下って来た観音岳。だいぶ暗くなっていました。
1
小屋で夕食後、薬師岳で夜景を撮影。風は強かったけど、気温はそれほど低くなく助かりました。
2016年01月03日 19:06撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋で夕食後、薬師岳で夜景を撮影。風は強かったけど、気温はそれほど低くなく助かりました。
8
翌日は、小屋に泊まった方と一緒に早出して、超スピードで下山。ゲートが閉まると聞いていた朝8時に間に合いました。
2016年01月04日 07:51撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌日は、小屋に泊まった方と一緒に早出して、超スピードで下山。ゲートが閉まると聞いていた朝8時に間に合いました。
2

感想/記録
by kodero

1/4(月)の朝に、芦安のゲートが閉まるとの事だったのですが、「出るのは出して貰えるだろう」、という事だったので、薬師岳小屋に宿泊。
ただ当日、「林道の工事が始まると暫く出られないかも」という話も聞いたので、念の為、早出して下山する事にしました。
下山は、小屋に泊まった方と一緒に4:20に出発したのですが、その方にずっと前を歩いて頂いたので、約3時間で下山出来、芦安のゲートが閉まると聞いていた朝8時にはゲートを通過できました。(その時間、工事がすぐに始まる様な感じはなく、もう少し遅い時間でも大丈夫だったのかも。)

本当は、観音岳で日の出の写真を撮りたかったので、その点が今回は残念でしたが、次回にまた訪れたい。
訪問者数:712人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン 林道 栗鼠 地蔵 フリース
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ