ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 791542 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

あっさり権現岳 - 天女山から往復 -

日程 2016年01月04日(月) [日帰り]
メンバー Nishiden
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
八ヶ岳高原ラインの天女山入口に駐車、ここから天女山への車道は冬季閉鎖中。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間6分
休憩
1時間17分
合計
7時間23分
S天女山入り口ゲート04:1104:15天女山登山道口04:32天女山04:3604:38天女山上駐車場04:4204:53天の河原04:5406:19「ここが一番きつい」看板06:3206:51前三ツ頭07:0707:44三ツ頭分岐07:4507:49三ッ頭07:5608:42権現岳09:0509:35三ッ頭09:38三ツ頭分岐09:56前三ツ頭09:5810:10「ここが一番きつい」看板10:1511:15天の河原11:1611:22天女山上駐車場11:24天女山11:33天女山登山道口11:34ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
標高1800mまでほぼ雪なし、山頂までもスパッツ要らず。踏み固め雪道の為アイゼンは必須。頂上直下の鎖場も鎖露出。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

前三ッ頭への尾根道、樹林が低くなって富士山のシルエット登場。
2016年01月04日 06:31撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前三ッ頭への尾根道、樹林が低くなって富士山のシルエット登場。
4
日の出と競争して前三ッ頭に着いた。
2016年01月04日 06:53撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出と競争して前三ッ頭に着いた。
5
北岳、甲斐駒、千丈岳
2016年01月04日 06:54撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳、甲斐駒、千丈岳
5
三ッ頭のモルゲン
2016年01月04日 06:54撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ッ頭のモルゲン
4
中ア空木岳方面
2016年01月04日 07:05撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中ア空木岳方面
1
三ッ頭手前の分岐から、編笠山と遠くに御岳。
2016年01月04日 07:43撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ッ頭手前の分岐から、編笠山と遠くに御岳。
1
三ッ頭からの富士山
2016年01月04日 07:44撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ッ頭からの富士山
2
ギボシ、権現岳、阿弥陀岳、中山、赤岳と立ち並ぶ、三ッ頭からの眺め。
2016年01月04日 07:48撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギボシ、権現岳、阿弥陀岳、中山、赤岳と立ち並ぶ、三ッ頭からの眺め。
4
権現アップ
2016年01月04日 07:49撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現アップ
鎖が出てて楽勝の、頂上直下の岩場。
2016年01月04日 08:34撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖が出てて楽勝の、頂上直下の岩場。
1
標柱が置いてある、権現岳山頂。
2016年01月04日 08:47撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標柱が置いてある、権現岳山頂。
権現山頂からの赤岳、阿弥陀岳。
2016年01月04日 08:47撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現山頂からの赤岳、阿弥陀岳。
1
網笠越しに中ア、御岳を遠望、間に富士パラスキー場も見える。
2016年01月04日 08:48撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
網笠越しに中ア、御岳を遠望、間に富士パラスキー場も見える。
中ア少しアップ
2016年01月04日 08:48撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中ア少しアップ
三ッ頭裏手の鞍部、朝にはテントが張ってあった。
2016年01月04日 09:19撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ッ頭裏手の鞍部、朝にはテントが張ってあった。
三ッ頭から前三ッ頭に下りる緩斜面。
2016年01月04日 09:50撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ッ頭から前三ッ頭に下りる緩斜面。
1
前三ッ頭から下、標高2100m辺りまで踏み固められた雪道散在。
2016年01月04日 10:18撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前三ッ頭から下、標高2100m辺りまで踏み固められた雪道散在。
標高1800mより下は雪無し。
2016年01月04日 10:52撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1800mより下は雪無し。
天ノ河原のベンチ、もうあと僅か。
2016年01月04日 11:14撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天ノ河原のベンチ、もうあと僅か。
1
撮影機材:

感想/記録

 正月過ぎて東京から富山への戻り道、日帰りで夕方の新年会に間に合う条件で選んだのが権現岳、冬に一番登り易い天女山からの往復とした。

 朝4時前に、八ヶ岳高原ラインの天女山入口に駐車、天女山への車道はここで冬季閉鎖になっている。ゲートの脇を抜けて80mほど舗装路を行くと階段の遊歩道取付きとなる。天女山のピークを越えて駐車場を抜け、再び山道に入ると間もなく十字路の天ノ河原、後は三ッ頭手前の分岐まで一本道。

 標高1800m位から時々雪を踏むようになり、踏み固められて滑る箇所もあるが、登りは前三ッ頭までノーアイゼンで行った。標高2200mで6:30、木の間から富士山のシルエットが見えるようになり、2364mの前三ッ頭で丁度日の出を迎えた。樹林のないところは風が強く、突風に備えてよろけない様歩く必要があった。

 木戸口公園からの道を合わせて三ッ頭、その裏の鞍部にテント二張りのパーティーが朝の支度をしていた。三ッ頭からは目標の権現岳を常に眺めながら近づいていく。頂上直下に岩場の裾のトラバースと鎖場の岩登りがあって、雪の多い時に難所だった覚えがあるが、今は全く問題なし、楽々と2715mの山頂に達した。風は強いので、写真を撮ったら少し下りて岩陰で休憩した。

 山頂を離れたのは9時過ぎ、昼までに終えてしまおうとずんずん下る。前三ッ頭を過ぎると雪上と土上の交互となり、標高2250m辺り、日当りの良い尾根道で一度アイゼンを外し、2175mで左に折れて東斜面で再装着、1900mで完全に外し、天女山へと駆け下りた。首尾よく11時半過ぎには行動終了。
訪問者数:695人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

sou
登録日: 2012/5/27
投稿数: 676
2016/1/5 12:35
 Uターン登山ですか
あけましておめでとうございます

僕が小仙丈ケ岳から日の出を見ていたとき、Nishidenさんも八ヶ岳から見ていたとは驚きです 昨日は天気が良く最高の朝焼けが見れましたね。
甲斐駒から八ヶ岳を見たときは雪が少ないなと思ってましたが、赤岳・阿弥陀岳もほとんど雪がないですね。
登録日: 2011/2/23
投稿数: 465
2016/1/5 13:27
 Re: Uターン登山ですか
日の出の時、太陽から右に目を移していくと、富士山からさらに北岳、甲斐駒、千丈と並んで朝日を浴びていました。甲斐駒懐かしいなぁ(7日ぶり(笑))、千丈は綺麗だなぁとそっちも一生懸命見てましたから、そこにsouさんいたんですね。戸台ルートもまた行きたくなりました、30年ぶりに(また笑)。
登録日: 2011/2/21
投稿数: 748
2016/1/6 23:17
 帰りも山ですね!
明けましておめでとうございます。
富山への帰りもしっかりと山を楽しんでこられましたね。それにしても雪が少ないですね。正月の3000m近い高山とは思えない景色ですね。
私は未だ山に登れず、すっかりと脚力も落ちてきてしまった様です。なんとか休みの都合をつけて、雪山を踏みしめたいものです。
今年も宜しくお願いします。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ