ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 791573 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走近畿

五台山〜五大山・白髪岳・虚空蔵山 1day関西名山巡り

日程 2016年01月03日(日) [日帰り]
メンバー mimiyan, その他メンバー1人
天候晴れのいい天気 
1月とは思えない位の陽気
アクセス
利用交通機関
車・バイク
丹波・三田方面なので大阪から車で1時間半くらい
五台山:登山口のある、岩滝寺の手前に駐車場あり。
白髪岳:JR古市駅より2前未僚算海登山口
 住山集落に駐車スペースがあったので、そこに駐車
虚空蔵山:JR藍本駅に駐車して、そこから登るのが一般的なよう。
 僕らは(登山口すぐ近く)舞鶴若狭自動車道の高架の脇にスペースを見つけて、そこに駐車して、登山開始
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間6分
休憩
0分
合計
4時間6分
S岩瀧寺駐車場07:0708:16五台山08:27小野寺山08:54鷹取山09:04美和峠09:26愛宕山09:42五大山10:04愛宕山10:24美和峠10:0410:53岩瀧寺駐車場10:53ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
トレランさんほどのガツガツではないですが、出来るだけ荷物を軽量化して、平地や下り・ちょっとしたのぼり位ならジョグでのスピードハイクを心掛けています。
コース状況/
危険箇所等
・五台山〜五大山の縦走
 全般に踏まれているが、鷹取山〜愛宕山間はやや道が荒れていて、その上滑りやすい土壌で、急な上り下りが連続するので、歩行に注意が必要。
 小さい子や初心者はこのエリアには入らない方がいい。
 あと、この辺りの山域は2・3年前の福知山に洪水を引き起こした際の大雨の影響で、谷が幾つも崩落していて、まだ整備が行われていない箇所が多数あります。
 五台山〜五大山の縦走は体力的・技術的にもなかなかのボリュームです。

・白髪岳
 「丹波富士」呼ばれる、秀峰。よく踏まれている。標識も明瞭。
頂上付近は鎖場やロープが連続する岩場が連続する。
 頂上は360度のパノラマで抜群の大展望が拡がる

・虚空蔵山
 よく踏まれている。標識も明瞭。
頂上付近の丹波岩からの大展望は爽快である♪

雪の心配は一切ありませんでした。
その他周辺情報帰りは、三田温泉の「熊野の郷」を利用しました
清潔感があり、一部源泉かけ流しで、ゆったりできてなかなか良かったです
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

まずは一つ目五台山〜五大山の縦走へ

スタートは岩滝寺手前の駐車場から
幾つものバリエーションが組めそうですね
2016年01月03日 07:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは一つ目五台山〜五大山の縦走へ

スタートは岩滝寺手前の駐車場から
幾つものバリエーションが組めそうですね
祠にお参りしてから、防鹿柵を抜けていざ新年一発目の登山開始
2016年01月03日 07:13撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祠にお参りしてから、防鹿柵を抜けていざ新年一発目の登山開始
すぐに「独鈷ノ滝」
2016年01月03日 07:18撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに「独鈷ノ滝」
1
このすぐ横はこのような崩落
巻き道を行きます
2016年01月03日 07:20撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このすぐ横はこのような崩落
巻き道を行きます
浅山不動尊
弘法大使の手によると伝わる不動明王を祀っている
洞窟の中に祠があってなかなか興味深い
2016年01月03日 07:25撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅山不動尊
弘法大使の手によると伝わる不動明王を祀っている
洞窟の中に祠があってなかなか興味深い
途中幾つも崩落個所や洪水の爪痕が見受けられる
2016年01月03日 07:40撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中幾つも崩落個所や洪水の爪痕が見受けられる
でも標識はキチンと設置されていて、踏み跡もしっかりと付いている
2016年01月03日 07:40撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも標識はキチンと設置されていて、踏み跡もしっかりと付いている
兵庫50名山の五台山
テラスからの眺めは最高です
2016年01月03日 08:16撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
兵庫50名山の五台山
テラスからの眺めは最高です
今年1コ目の頂上
新年に相応しいいい山です
2016年01月03日 08:18撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年1コ目の頂上
新年に相応しいいい山です
2
文殊菩薩さまが祀られています
2016年01月03日 08:16撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文殊菩薩さまが祀られています
2
このテラスからの眺めはおススメですね
2016年01月03日 08:19撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このテラスからの眺めはおススメですね
愛宕山・五大山方面
2016年01月03日 08:20撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛宕山・五大山方面
2
いつまでも居たくなりますが、先を急ぎます
2016年01月03日 08:22撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつまでも居たくなりますが、先を急ぎます
2
すぐに小野寺山
2016年01月03日 08:29撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに小野寺山
鷹取山・愛宕山へはこの「分水界の径」の標識を辿る
2016年01月03日 08:44撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹取山・愛宕山へはこの「分水界の径」の標識を辿る
虎ロープの急な上り下りが連続します
2016年01月03日 08:49撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
虎ロープの急な上り下りが連続します
1
鷹取山ここは「氷上槍」ともいわれるそうです
2016年01月03日 08:54撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹取山ここは「氷上槍」ともいわれるそうです
1
美和峠
ここから五大山へはピストンとなります
2016年01月03日 09:04撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美和峠
ここから五大山へはピストンとなります
道はしっかりとしている
2016年01月03日 09:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道はしっかりとしている
しかしこちらも虎ロープの急な上り下りが連続する
美和峠〜愛宕山の道も結構荒れている所もあるので、注意
2016年01月03日 09:16撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかしこちらも虎ロープの急な上り下りが連続する
美和峠〜愛宕山の道も結構荒れている所もあるので、注意
1
愛宕山ゲット
2016年01月03日 09:26撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛宕山ゲット
愛宕山神社
ここはよく整備・清掃がなされている
2016年01月03日 09:26撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛宕山神社
ここはよく整備・清掃がなされている
左から五台山・小野寺山・鷹取山
今来た稜線がくっきりと見えます
2016年01月03日 09:55撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左から五台山・小野寺山・鷹取山
今来た稜線がくっきりと見えます
そしてようやく五大山
ここまでなかなかしんどい道のりでした
2016年01月03日 09:43撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてようやく五大山
ここまでなかなかしんどい道のりでした
1
ふたたび愛宕山まで帰ってきました
一般コースタイムはこんな感じ
2016年01月03日 10:04撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふたたび愛宕山まで帰ってきました
一般コースタイムはこんな感じ
美和峠からの下山道はかなり荒れている
2016年01月03日 10:34撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美和峠からの下山道はかなり荒れている
1
再び独鈷ノ滝まで下りてきました
2016年01月03日 10:48撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び独鈷ノ滝まで下りてきました
はい、無事下山
3時間43位の行動時間で、約8舛琉榮阿箸いΔ海箸任靴

結局誰とも会いませんでした。
下山後も駐車場は僕らの1台だけでした
2016年01月03日 10:53撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はい、無事下山
3時間43位の行動時間で、約8舛琉榮阿箸いΔ海箸任靴

結局誰とも会いませんでした。
下山後も駐車場は僕らの1台だけでした
続いて白髪岳 
車で古市エリアに移動 本日2ndステージ
関西百名山です
2016年01月03日 11:57撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続いて白髪岳 
車で古市エリアに移動 本日2ndステージ
関西百名山です
さあ、行きまひょ〜
2016年01月03日 11:55撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、行きまひょ〜
まずは白髪岳をめざす
そしてぐるっと廻り、ここへまた下りてきます
2016年01月03日 11:59撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは白髪岳をめざす
そしてぐるっと廻り、ここへまた下りてきます
駐車場からこの登山口まで約15分でした
ここまでの道も結構荒れている印象です

松尾山への縦走を考えている方は、下の駐車場を利用する方が賢明かと思います
2016年01月03日 12:10撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場からこの登山口まで約15分でした
ここまでの道も結構荒れている印象です

松尾山への縦走を考えている方は、下の駐車場を利用する方が賢明かと思います
1
稜線に出ました
2016年01月03日 12:34撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出ました
この辺りから岩場の連続です
2016年01月03日 12:39撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りから岩場の連続です
2
なかなかの高度感のある登りなどもあります
2016年01月03日 12:41撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなかの高度感のある登りなどもあります
1
振り返るといい眺めです
2016年01月03日 12:41撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返るといい眺めです
痩せ尾根の連続しているエリアもあります
2016年01月03日 12:43撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
痩せ尾根の連続しているエリアもあります
2
少しアルペンチックで楽しいです
2016年01月03日 12:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しアルペンチックで楽しいです
1
そして連続した岩場を越えたら、もう頂上です
2016年01月03日 12:54撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして連続した岩場を越えたら、もう頂上です
1
白髪岳
360度の大パノラマで気持ちがいいです

この日一番賑やかな頂上でした
2016年01月03日 12:54撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白髪岳
360度の大パノラマで気持ちがいいです

この日一番賑やかな頂上でした
2
続いて松尾山へ
2016年01月03日 13:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続いて松尾山へ
松尾山さんちょ
城跡などはありますが、眺望はない
2016年01月03日 13:36撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松尾山さんちょ
城跡などはありますが、眺望はない
2
大きなお地蔵さまでした
2016年01月03日 13:58撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きなお地蔵さまでした
1
卵塔群や幾つもの痕跡があり、かなり大きなお寺だったようです
2016年01月03日 13:59撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
卵塔群や幾つもの痕跡があり、かなり大きなお寺だったようです
「金剛蔵王」
小さいがなかなか凛々しい
2016年01月03日 14:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「金剛蔵王」
小さいがなかなか凛々しい
2
ススキのなびく田園まで下りたらもう終わり
2016年01月03日 14:18撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ススキのなびく田園まで下りたらもう終わり
白髪岳〜松尾山縦走は2時間30分の行動時間で、約7舛旅堋という事でした
2016年01月03日 14:24撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白髪岳〜松尾山縦走は2時間30分の行動時間で、約7舛旅堋という事でした
1
帰りの車中より白髪岳の全貌
2016年01月03日 14:31撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りの車中より白髪岳の全貌
2
続いては車にて、藍本まで移動
ラスト 3rdステージは虚空蔵山

舞鶴若狭自動車道の高架下の脇に駐車スペースがあったので、そこに駐車してのスピードハイク
2016年01月03日 14:58撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続いては車にて、藍本まで移動
ラスト 3rdステージは虚空蔵山

舞鶴若狭自動車道の高架下の脇に駐車スペースがあったので、そこに駐車してのスピードハイク
少し荒れた石畳みの林の中を抜けると、急に虚空蔵堂が現れる
2016年01月03日 15:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し荒れた石畳みの林の中を抜けると、急に虚空蔵堂が現れる
1
なかなかの歴史のありそうなお堂です
2016年01月03日 15:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなかの歴史のありそうなお堂です
役行者さんのお堂を抜けて
2016年01月03日 15:14撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
役行者さんのお堂を抜けて
1
立杭焼の陶の表示板
2016年01月03日 15:21撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立杭焼の陶の表示板
1
途中、この山のシンボル的な丹波岩より
2016年01月03日 15:26撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、この山のシンボル的な丹波岩より
2
丹波岩を越えるとすぐに頂上
2016年01月03日 15:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹波岩を越えるとすぐに頂上
2
虚空蔵山ゲット
2016年01月03日 15:33撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
虚空蔵山ゲット
3
ここもいい眺望が拡がります
2016年01月03日 15:34撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここもいい眺望が拡がります
今日はホントにいい空です
2016年01月03日 15:34撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はホントにいい空です
爽快です
2016年01月03日 15:36撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爽快です
1
実はかなりびびってます(>_<)
2016年01月03日 15:38撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
実はかなりびびってます(>_<)
2
よく見ると愛嬌のある鬼瓦
2016年01月03日 15:53撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よく見ると愛嬌のある鬼瓦
1
虚空蔵山は1時間7分位の行動時間でした
2016年01月03日 16:04撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
虚空蔵山は1時間7分位の行動時間でした
1
これにて新年登山ビシッと終了!
2016年01月03日 16:04撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これにて新年登山ビシッと終了!
3
温泉は「三田温泉 熊野の郷」
スーパー銭湯ですが、一部は源泉かけ流しでゆったりといい温泉でした。
2016年01月03日 16:38撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
温泉は「三田温泉 熊野の郷」
スーパー銭湯ですが、一部は源泉かけ流しでゆったりといい温泉でした。
五台山〜五大山 gps
2016年01月03日 21:48撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五台山〜五大山 gps
白髪岳・松尾山 gps
2016年01月03日 21:50撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白髪岳・松尾山 gps
虚空蔵山 gps
2016年01月03日 21:51撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
虚空蔵山 gps

感想/記録

新年一発目の登山は今年も、くらまてんぐさんと一緒に「関西の名山巡り」に行ってきました。
今回は丹波や三田の兵庫の名山巡り。

今まで行った事のない山で、これ位の近場でもこんないい山が沢山あるだな〜と、いつも感心しながら帰ってきます。

五台山〜五大山なかなかのボリュームで登り甲斐のある縦走です。
白髪岳は頂上付近の連続する岩場が印象的で、頂上からの360度の眺望も抜群
虚空蔵山は頂上付近の丹波岩からの眺めは爽快です

それぞれ個性的で印象に残るいい山ばかりでした。
楽しかった。

今年も新年一発目から機動力をフルに生かしたスピード登山スタイルで、沢山の山を巡れて温泉もよかった。
 新年から充実した一日でした。
いい山をありがとうございました。
そして今年もよろしくお願いいたします。
訪問者数:259人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

鎖場 崩落 巻き道 ピストン 地蔵
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ