ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 791905 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

東日原〜一杯水避難小屋〜七跳山〜大平山〜毛附

日程 2016年01月04日(月) [日帰り]
メンバー katsudon
天候晴れ。3,4月の気温。
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:奥多摩駅からバスで東日原へ
復路:大谷(オオガイ)からバスで西武秩父駅入口BS下車。その後、西武池袋線利用。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間31分
休憩
37分
合計
7時間8分
Sスタート地点(東日原)08:4710:32一杯水避難小屋10:4011:47七跳山11:5312:14林道跨ぎ12:24大平山13:04独標(1315mP)13:11大ドッケ13:1213:49586mP手前の分岐14:02川にぶつかり14:25渡渉地点14:3715:17浦山大橋15:2715:55ゴール地点(大谷BS)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
東日原から七跳山までは一般登山コースでまったく問題なし。
七跳山からの下山はバリルート。道標はないがリボンは頻繁にあった。浦山大日堂へ着地する予定だったが、終盤単純な判断ミスで毛附に向かってしまった。また、そのルートをさらに逸らして変なところに着地して難儀した。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

一杯水避難小屋
2016年01月04日 10:32撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一杯水避難小屋
ハナド岩からの展望
2016年01月04日 11:10撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハナド岩からの展望
七跳山。
2016年01月04日 11:47撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七跳山。
同七跳山。山名標示は見当たらなかった。中央の四角い残骸みたいな柱状のがかつて山名標示の道標だったのではなかろうか?
2016年01月04日 11:50撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同七跳山。山名標示は見当たらなかった。中央の四角い残骸みたいな柱状のがかつて山名標示の道標だったのではなかろうか?
大平山に向かう途中で林道跨ぎ
2016年01月04日 12:13撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大平山に向かう途中で林道跨ぎ
大平山
2016年01月04日 12:25撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大平山
はっきりと読み取れない道標が立木に掲げられているが、独標(13153mP)の地点と思われる。
2016年01月04日 13:03撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はっきりと読み取れない道標が立木に掲げられているが、独標(13153mP)の地点と思われる。
分岐点となる大ドッケ地点
2016年01月04日 13:11撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐点となる大ドッケ地点
大ドッケ分岐点から東の尾根(峠の尾根)への下り
2016年01月04日 13:11撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大ドッケ分岐点から東の尾根(峠の尾根)への下り
ネットフェンスが現れた。
2016年01月04日 13:24撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ネットフェンスが現れた。
強引に降りたら川。川床に飛び降り、靴脱いで渡渉した地点。
2016年01月04日 14:17撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
強引に降りたら川。川床に飛び降り、靴脱いで渡渉した地点。
渡渉後振り返り。
2016年01月04日 14:38撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉後振り返り。
撮影機材:

感想/記録

■七跳山から秩父の方へ下るルートは先月の酉谷避難小屋泊行山行の時に歩くつもりであったのだが、予定変更して他のコースを歩いたためその部分を今回決行することになった。
■東日原から七跳山までのコースは一般登山道でなんら不安なこともなくスイスイ足は運んだ。
七跳山に14時までに着いたら、浦山大日堂発14時発のバスに乗れるかもしれないという気持ちでやや急いだ結果、11:47に到着できた。七跳山は山名標示がなかったがそれと分かる。
■地形図を確認し浦山大日堂に向け下山開始した。14時のバスに間に合わせるべく急いだ。途中2人の登山者とすれ違った。途中リボンは頻繁にあったが、もしなかったら分かりづらかったかも。大ドッケから右折して峠の尾根へ入った。
■ログの586mP地点の直前での分岐で赤リボンは認めたものの無視して、よりしっかりしたように見えた左折のルートを進むという選択をしてしまった。地形図やGPSを確認する手間を省いて・・・・。省みるに魔がさしたような感じだったといえよう。急ぐ焦りが冷静な判断を妨げたようだ。もっとも、これはこれでその後正しくルートを辿れば問題なかっただろうが、その後ルートを逸れてしまった。
■けもの道のような、作業道のような踏み跡を強引に下降したら川で行き止まりとなった。川床に下りやすいところを探して飛び降り、そして靴を脱ぎ2、3m幅の川を渡渉した。
■14時のバスには間に合わなくなったので次の浦山大日堂16時発に乗ることになったが、結果論からすれば何も急いで山を下らなくてもよかった。ゆっくり落ち着いて歩けばよかったものをと後悔した。
■漫然とバスを待つのも寒いので、途中からバスに乗り込むことにして車道を歩いた。途中、浦山大橋の上で10名前後の釣り人が湖面まで40m前後もある湖に糸を垂らしてワカサギ釣りをしていた。午前中から掛かって10匹前後の釣果の親父さんとしばらく話した。よくじっとして長い時間居られるものだ、そんなに面白いのだろうかと思ってしまう。もっとも、山に登ろうと誘っても”金をらってもきついのは嫌だ”という友人もいるので、趣味の価値観は多種多様で自己満足の世界は面白い。
大谷BSで「ぬくもり号」に乗車した。
訪問者数:249人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ