ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 791989 全員に公開 アイスクライミング八ヶ岳・蓼科

*八ヶ岳 三叉峰ルンゼ*岩溝の氷とナメ滝の続くルート

日程 2016年01月02日(土) 〜 2016年01月03日(日)
メンバー O-yamamituki, その他メンバー3人
天候二日間とも快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
赤岳山荘 駐車場 2日間 2000円
コース状況/
危険箇所等
○赤岳鉱泉までの道と地蔵尾根○
鉱泉までは北沢を歩くも雪はアイゼンをつけるほど雪はないです。
稜線上など厳冬期の雪ではなくザクザク春山の雪のようでした。
鎖や階段など全て出ています。
下山は南沢ですがスケートリンクのような凍ったところも多く、それでもアイゼンだと岩が出ていて歩きづらいので途中で外しました。

○三叉峰ルンゼ取り付き○
鉱泉から中山乗越へ向かう登山道を進み登山道が急になるあたりから柳川北沢へ入る
人気の石尊稜と途中まで一緒なのでトレースがしっかりありました。小同心中央ルンゼ、小同心ルンゼの先、石尊稜ルートから右岸へ入ると三叉峰ルンゼです。

○三叉峰ルンゼ○
最初の大滝はこのルートの核心。
ほぼ垂直で下段12mV−の難易度です。
その後はナメと小滝が連続する。
二俣から右に入りさらに氷瀑を二つほど楽しみました。
沢形を離れ雪の斜面を登り上げると石尊稜。
その先石尊稜上部岩壁へ登るか、石尊稜を懸垂するか迷ったけれど
登攀も5人パーティーだと時間がかかり、
懸垂も距離が長くロープが引っかかって回収できないリスクを避け
石尊稜右側の斜面をトラバースして稜線に抜けることにした。
もちろん支点などないのでアックスを打ち込んだり
スタンディングアックスビレイなどで確保しながらロープを出して慎重に抜ける。

雪が少ないけれど、それなりに冷え込んだようで氷自体はしっかりしていました。
このルートはゴルジュ帯なので雪崩等の危険もありますが
今年は雪崩れる雪自体が全くなく安心して登攀できました。
ラッセルも殆どなく快適。

写真

鉱泉のアイスキャンディー
ようやく本来の姿
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉱泉のアイスキャンディー
ようやく本来の姿
12
初日はアイスキャンディー
久しぶりのアイスの感覚
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初日はアイスキャンディー
久しぶりのアイスの感覚
17
ヘッテンつけてのスタートです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘッテンつけてのスタートです
2
石尊稜と途中まで一緒
ここから入ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石尊稜と途中まで一緒
ここから入ります
1
少しずつ明るくなってきました
トレースもあり順調に進む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しずつ明るくなってきました
トレースもあり順調に進む
1
真っすぐ行くと石尊稜のルート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っすぐ行くと石尊稜のルート
1
ここを右岸側に進む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを右岸側に進む
1
尾根を乗越した先に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根を乗越した先に
1
最初の滝が現れる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の滝が現れる
3
ここはそれぞれフリーで抜ける
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここはそれぞれフリーで抜ける
4
正面に大滝が現れる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面に大滝が現れる
5
F2(垂直、V−)
本日の核心部
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F2(垂直、V−)
本日の核心部
9
緊張して生あくびが止まらなかったです(^^;
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緊張して生あくびが止まらなかったです(^^;
8
ヤマちゃん一番手
スクリューでランナーを取っています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマちゃん一番手
スクリューでランナーを取っています
8
大師匠様の登りは美しいです✨
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大師匠様の登りは美しいです✨
7
Yちゃん初アイスルート
全く問題なくスイスイ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Yちゃん初アイスルート
全く問題なくスイスイ
9
F2の後の小滝&ナメは難しくないのでツルベ。後方の阿弥陀が綺麗。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F2の後の小滝&ナメは難しくないのでツルベ。後方の阿弥陀が綺麗。
8
大師匠、師匠が共にリード
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大師匠、師匠が共にリード
2
岩場の少し高い位置に残置のハーケン&スリングあり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場の少し高い位置に残置のハーケン&スリングあり
1
雪が深くないので助かります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が深くないので助かります
2
綺麗な氷瀑が続きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗な氷瀑が続きます
2
見上げるYちゃん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見上げるYちゃん
しっかりとした残置アバラコフ
有難く使わせていただきます♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しっかりとした残置アバラコフ
有難く使わせていただきます♪
2
私達はこのまま左岸へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私達はこのまま左岸へ
1
二俣より右岸の無名峰へ向かう滝
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二俣より右岸の無名峰へ向かう滝
1
ブルーアイスが結構シンドイ
ピッケルもアイゼンも固くて決まらない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブルーアイスが結構シンドイ
ピッケルもアイゼンも固くて決まらない
2
Yちゃん果敢にリード挑戦
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Yちゃん果敢にリード挑戦
7
抜け口の氷の状態が良くなく
何度も氷が割れて大きな塊が落ちる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
抜け口の氷の状態が良くなく
何度も氷が割れて大きな塊が落ちる
2
この先は岩が出没
私はアイゼンとアックスでここを登りあげるのが苦手でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先は岩が出没
私はアイゼンとアックスでここを登りあげるのが苦手でした
2
抜けたところ
ここからはコンテで石尊稜へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
抜けたところ
ここからはコンテで石尊稜へ
2
青空気持ちいい♪
でも雪ないです・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空気持ちいい♪
でも雪ないです・・・
1
赤岳、中岳、阿弥陀岳☆
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳、中岳、阿弥陀岳☆
11
太陽が温かい(#^^#)
ゴルジュ内はやっぱり寒かった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太陽が温かい(#^^#)
ゴルジュ内はやっぱり寒かった
2
ぽかぽか日向ぼっこの尾根歩き
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぽかぽか日向ぼっこの尾根歩き
1
時間が押してきたので石尊稜上部岩壁を登り上げずトラバースにて稜線を目指す
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時間が押してきたので石尊稜上部岩壁を登り上げずトラバースにて稜線を目指す
1
嫌らしいトラバースなのでロープを出し2ピッチ切ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
嫌らしいトラバースなのでロープを出し2ピッチ切ります
10
登る予定のルンゼは氷が薄く危険と判断。その先の登れそうなルートを見つけ登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登る予定のルンゼは氷が薄く危険と判断。その先の登れそうなルートを見つけ登る。
岩と草付のミックス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩と草付のミックス
1
稜線はすぐそこ。
ヤマちゃんはフリーで、私達は念の為ロープを出す
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線はすぐそこ。
ヤマちゃんはフリーで、私達は念の為ロープを出す
2
稜線へでて縦走路を進むと美しい富士山に出会えました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線へでて縦走路を進むと美しい富士山に出会えました
10
稜線も全く雪がありません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線も全く雪がありません
3
地蔵尾根を下ります
階段も全部出ていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵尾根を下ります
階段も全部出ていました
8

感想/記録
by mituki

2016年の登りはじめは毎年恒例となりつつある八ヶ岳アイスルートへ。
今年は暖冬からか雪が全くなく、アイスキャンディーやアイスルートもなかなか発達せずヤキモキしましたが、何とか登れるようになったとのことで決行。
今年は雪が少ないので、いつもならラッセルや雪崩などで心配される三叉峰ルンゼが最高なのではと。
読みがあたり、ラッセルはほぼなく、雪崩れる雪もない。
私達だけの貸し切り✨やったぁ(*^-^*)
氷の具合はなかなか良く、快適なアイスクライミングとなりました。
とはいえ、最初の大滝は緊張のあまりアクビが止まらずヘタレ全開(^^;
アックスも一発で決められず、簡単なところはツルベで登りスクリューを打つもふくらはぎや左腕がパンパン。
それでも、去年よりはほとんど弱音を吐かずに頑張った。。。と思います。
年齢的に体力は落ちていってしまうけれど、それでも自分の出来る何かを探して
去年より確実に向上して、もちろん無茶はせず、山を楽しんでいけたらいいな。



訪問者数:831人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ