ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 792675 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

バリエーションから蛭ヶ岳

日程 2016年01月07日(木) [日帰り]
メンバー yy0419
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
神ノ川林道終点附近に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間15分
休憩
1時間2分
合計
7時間17分
Sスタート地点07:1307:44広河原入口07:58岩水沢出合08:0808:47仏谷09:0310:06ミカゲ沢ノ頭10:1410:57蛭ヶ岳11:1211:23小御岳11:35ポッチノ頭11:48地蔵平11:5111:58地蔵岳(地蔵ノ頭)12:0814:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
※本コースは大部分がバリエーションルートになりますので、入山は十分な装備・経験等をもって自己責任でお願いします。
【ミカゲ沢ノ頭北西尾根】
 取付までは神ノ沢本谷を詰めましたが、魚留の滝の突破が課題になります。今回は滝直前で右岸を高巻きましたが、より手前から大高巻きが通常ルート。その他の小滝は通常の登山靴でも十分クリアできます。
 尾根の取付は仏谷出合を過ぎて本谷を少し遡った右岸から。テープあり。取付からしばらくは急登で、随所にトラロープ残置あり。1230m附近は一瞬展望ポイントあり。ミカゲ沢ノ頭直前がまたかなりの急登。トラとーぷあるが、わざと急なルートを取っているのではないかと思えるコース取りでした。ちなみにトラロープは触っていないので信用度は?ルートの確認には役立ちます。
【絵瀬尾根】
下り出しが地蔵尾根と共通なのか、最初から別なのかが分からず、しばらくウロウロした上、トラバースして絵瀬尾根に復帰しました。一応踏み跡はありますが、あまりはっきりしているものではなく、小尾根の分岐などかなり分かりにくい印象です。地図だけで追うのは結構難しく、できればGPSが有った方が安心できます。尾根末端は3つの小尾根に分かれますが、どれが正しいのかよくわかりません。真ん中の尾根を下りましたが、ちょうど伊勢沢出合に降り立ちました。かなりグズグズで歩き難かったです。神ノ川は伊勢沢出合のところで飛び石渡渉出来ました。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

魚留の滝
2016年01月07日 08:35撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
魚留の滝
1
ここを登って巻きました。
その後のトラバースを含め、やや不安定です。
2016年01月07日 08:35撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを登って巻きました。
その後のトラバースを含め、やや不安定です。
斜滝は難なく左岸から
2016年01月07日 08:50撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜滝は難なく左岸から
この小滝も左岸から
2016年01月07日 09:05撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この小滝も左岸から
仏谷出合(本谷上流側から振り返ったもの)
奥が仏谷、手前から流れるのが神ノ沢本谷。
2016年01月07日 09:07撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仏谷出合(本谷上流側から振り返ったもの)
奥が仏谷、手前から流れるのが神ノ沢本谷。
尾根取付点
2016年01月07日 09:12撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根取付点
こんな感じの尾根です
前半1000m附近までは急登です。
2016年01月07日 09:18撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じの尾根です
前半1000m附近までは急登です。
1
ここだけ展望が開けます(檜洞丸)
2016年01月07日 10:04撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここだけ展望が開けます(檜洞丸)
1
ミカゲ沢ノ頭直下はまた急登
トラロープが連続してあります。
2016年01月07日 10:28撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミカゲ沢ノ頭直下はまた急登
トラロープが連続してあります。
ミカゲ沢ノ頭に到着
鹿柵に沿って左に行くと登山道に出れます。
2016年01月07日 10:36撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミカゲ沢ノ頭に到着
鹿柵に沿って左に行くと登山道に出れます。
霧かかる蛭ヶ岳
2016年01月07日 10:58撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧かかる蛭ヶ岳
展望無しの山頂
2016年01月07日 11:20撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望無しの山頂
3
下山途中の一般ルートから檜洞丸と大室山
2016年01月07日 11:43撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山途中の一般ルートから檜洞丸と大室山
地蔵尾根下降点
2016年01月07日 12:19撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵尾根下降点
絵瀬尾根に復帰したところ(下部を見たもの)
2016年01月07日 12:32撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絵瀬尾根に復帰したところ(下部を見たもの)
絵瀬尾根に復帰したところ(上部を見たもの)
2016年01月07日 12:48撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絵瀬尾根に復帰したところ(上部を見たもの)
1
1148m附近から振り返った展望
2016年01月07日 13:20撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1148m附近から振り返った展望
同じく1148m附近から蛭ヶ岳方面
2016年01月07日 13:25撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく1148m附近から蛭ヶ岳方面
尾根末端
伊勢沢出合に出ました。
2016年01月07日 14:24撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根末端
伊勢沢出合に出ました。
1
林道終点ゲートに到着
2016年01月07日 14:51撮影 by FinePix XP60, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終点ゲートに到着

感想/記録
by yy0419

丹沢のバリエーションハイキングもだいぶ数をこなしてきたので、蛭ヶ岳に行った事の無いルートで上り下りとも行ってみようと思い計画しました。沢靴でなく沢を遡行するのは思っていた以上に厄介なものだと分かりました。(濡れてもいい状態で結果的に濡れないのと、濡れたくない状態で濡らさずに歩くのはずいぶん違う)思っていた以上にバリ色が強い濃いコースで、十分楽しめました。
訪問者数:480人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ