ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 792832 全員に公開 雪山ハイキング札幌近郊

ばんけいスキー場のち盤渓山

日程 2016年01月08日(金) [日帰り]
メンバー yuhokai
天候小雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
盤渓山の駐車は市民の森入口に止めました。本日の除雪状況ですと3〜4台程度といったところでしょうか。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間45分
休憩
5分
合計
2時間50分
S盤渓市民の森駐車場11:4013:40盤渓山13:4514:30盤渓市民の森駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
時間は写真の撮影時間を参考にしましたのでちょっとアバウトです。GPSログにはゲレンデの部分も含んでいますが時間には含めていません。盤渓山のログは地図を下にスクロールしていただくか、尺度をマイナスにすると見れます。
コース状況/
危険箇所等
登りは妙福寺への林道を進みお寺の右手の尾根を歩きました。トレースも赤テープもありませんが明瞭な尾根です。ただ山頂直下50m位はなかなかの急登で足場も不安定で登るのに時間と労力を要しました。下山はガイドブック(北海道スノーハイキング)通りに降りましたが、やはりこちらのコースの方が断然オススメです。
その他周辺情報時間と体力があれば奥盤渓、砥石へと山をつなぐのも面白いと思います。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

ばんけいスキー場のリフトタダ券を入手しましたので行ってみることにしました
2016年01月08日 09:06撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ばんけいスキー場のリフトタダ券を入手しましたので行ってみることにしました
5
2時間で10数本滑って滑走トレは終了。いやー今日も豪快にすっ転んでしまった(^^;
2016年01月08日 09:14撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2時間で10数本滑って滑走トレは終了。いやー今日も豪快にすっ転んでしまった(^^;
2
で、場所を移して(てか車ですぐ)の盤渓山の登山口。スキーブーツを登山靴へ、スキーをカンジキへと履き替えて準備完了!久々に革のブーツを履いたけど、やっぱいいね
2016年01月08日 11:39撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、場所を移して(てか車ですぐ)の盤渓山の登山口。スキーブーツを登山靴へ、スキーをカンジキへと履き替えて準備完了!久々に革のブーツを履いたけど、やっぱいいね
10
駐車場には先行の車が一台。盤渓市民の森へとスキーのトレースがありましたので、たぶんXCスキーだと思います
2016年01月08日 11:40撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場には先行の車が一台。盤渓市民の森へとスキーのトレースがありましたので、たぶんXCスキーだと思います
2
妙福寺へ続く車道を進みます
2016年01月08日 11:49撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
妙福寺へ続く車道を進みます
1
いつも上から見下ろしている妙福寺。ちょっとバチ当たりな感じもするので寄り道して正面から拝んでみました
2016年01月08日 12:07撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつも上から見下ろしている妙福寺。ちょっとバチ当たりな感じもするので寄り道して正面から拝んでみました
2
お寺の手前、向かって右側の尾根を進みます
2016年01月08日 12:20撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お寺の手前、向かって右側の尾根を進みます
2
おや、お経の碑ですかね?
2016年01月08日 12:31撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おや、お経の碑ですかね?
3
このあたりでは脛までのカンジキにちょうどいい積雪でしたが…
2016年01月08日 12:38撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりでは脛までのカンジキにちょうどいい積雪でしたが…
5
一旦車道に出て、再び稜線に取り付きます。進むにつれ高度感が増し、樹木周辺の空洞にも足(腰まで)を取られなんだか大変
2016年01月08日 12:45撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦車道に出て、再び稜線に取り付きます。進むにつれ高度感が増し、樹木周辺の空洞にも足(腰まで)を取られなんだか大変
2
山頂付近で正規の(?)トレースと合流
2016年01月08日 13:38撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂付近で正規の(?)トレースと合流
2
はい、つきましたー。頂上です!
2016年01月08日 13:41撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はい、つきましたー。頂上です!
13
山頂からはなかなかの見晴らし。藻岩山と手前にスキー場も見えますね
2016年01月08日 13:41撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からはなかなかの見晴らし。藻岩山と手前にスキー場も見えますね
4
絶好の位置に立つちびエゾマツ君。周囲にライバルがない環境なのでこれからスクスクと育つかも
2016年01月08日 13:42撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絶好の位置に立つちびエゾマツ君。周囲にライバルがない環境なのでこれからスクスクと育つかも
4
南側の山々。雪のシーズンなら充分に縦走が可能でしょう
2016年01月08日 13:43撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南側の山々。雪のシーズンなら充分に縦走が可能でしょう
2
さて、下山。トレースがあるってス・テ・キ
2016年01月08日 14:00撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、下山。トレースがあるってス・テ・キ
2
あっと言う間に車道に出ましたー
2016年01月08日 14:24撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あっと言う間に車道に出ましたー
1
そしてゴール地点へ。車は僕のもの一台のみとなっていました
2016年01月08日 14:29撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてゴール地点へ。車は僕のもの一台のみとなっていました
1

感想/記録

 ばんけいスキー場のリフトタダ券をもらったので平日休みのうちに使ってしまおうと9時オープンと同時に滑走開始。相変わらずへたっぴぃで…我ながら閉口してしまいますが、それでも徐々にマトモにはなっているのかなぁ。でも楽しいから、まーいいか!それより激しく転倒して後頭部を打ってしまった。やはりヘルメットは必須アイテムですね、これからツアーを本格化させるならなおのこと、です。

 冬休みのスキースクールのチビッコでリフトに行列ができ始めた頃、ちょうどチケットはタイムアウト。そして本日もWヘッダー(笑)ゲレンデからステージを盤渓山へと移します。盤渓市民の森駐車場に車を止め今度は登山の準備。そういえばレザーの登山靴は久々に履くなぁ。やっぱりこの靴紐キュッ!って感覚は何とも言えずいいですね。これから登るゾ!ってな感じで気合が入ります。

 さて今回登山ルートに選んだのは妙福寺向かって右の尾根を辿る尾根コース。地形図を睨みつつ山頂直下の急斜面は南東側にトラバースしてメジャールートに合流しできればな、と。でも実際は雪が深くカンジキを履いた足元は深く潜り、特に樹木根元の空洞にハマると脱出に一苦労。結果としては全くイメージ通りには行かず・・・目的のルートに合流できたのはほとんど山頂でした(^^;

 でも嬉しいことに山頂に立ったわすかな瞬間に視界が開け、眼下に札幌の市街地、周辺の山々、遠くには樺戸の山やかすかに日本海も見渡せました。標高は藻岩山より少しばかり高いだけですが、スライドする人もなく、静かでひっそりとした山頂と山歩きを楽しめたのが何とも楽しかったです。まぁ、平日という事が一番の理由でしょうが。。。。

 下山は東側の尾根道を下りましたが、トレースも明瞭で「こんなに赤テープあったかな?」ってくらい目印も沢山あり、コースも穏やか。やっぱり、この山に登るならこちらのルートが絶対にオススメですね!
訪問者数:212人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/10/8
投稿数: 615
2016/1/9 11:22
 すっげー頑張ってますね〜
僕なんか今年まだ一回もお山に行けて無いのになー。

そして、さりげなくBDのRPMとか
登録日: 2011/5/4
投稿数: 171
2016/1/9 14:12
 Re: すっげー頑張ってますね〜
今年の拙者はひと味違うぞ!(五右衛門風にね
てか、来週からどうなるかわからんしね

RPMはいいモデルなのにカタログ落ちして残念。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ