ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 793370 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走赤城・榛名・荒船

藪岩魂No.10・毛無岩 (笠松ルート〜尾根ルート)

日程 2016年01月10日(日) [日帰り]
メンバー k1bb4kirakirakira
天候晴れ。毛無岩頂上付近は八ヶ岳方面からの強風。朝は氷点下も昼間はポカポカ陽気。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
道場神社先の路肩:軽なら4台
少し奥にも数台ほど駐車スペース有り
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち47%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間20分
休憩
52分
合計
7時間12分
Sスタート地点07:3009:36三又ピーク10:511275ピーク10:5310:56毛無岩東のコル11:03縦走路分岐11:08毛無岩大スラブ直下11:2211:47上級コース分岐12:25毛無岩12:4213:02毛無岩東のコル13:07縦走路分岐13:2213:31毛無岩展望台13:3514:09赤松の休み場14:42ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
携帯電波:尾根筋は入りますが、笠松コースの沢は圏外(ドコモ)
万歩計:18600歩
出会った人:5人
コース状況/
危険箇所等
打田0貉瓩涼書・藪岩魂にNo.10中級編で紹介されてるルートです。藪岩魂では尾根ルートのピストンですが、難易度の高い笠松ルートを登り毛無岩周回して尾根コースを下りました。恐らくこのルート取りだと上級に昇格すると思います。

笠松ルート
道が不明瞭なので初心者だけの入山は危険!特に地図上(迷)マークのある沢から尾根に登る道がわかりづらい。というか無い。テープ類もいきなり消えるのでシビアなルートファインディングが求められます。我々も尾根に上がる場所を探しつつも沢を真っ直ぐ進み過ぎてしまいました。このまま沢を詰める作戦もあったのですが、薄い踏み跡の細バンド道から斜めに戻り高度を稼ぎつつ、途中で急斜面を一気に登り岩壁の弱点をついて尾根に出ました。一般コースとは思えません・・・しかし尾根に出た途端テープが豊富に(笑)そこからしばらく快適な尾根道となります。笠松(大岩下の岩小屋以降)を巻くのが落ち葉やザレなどで見た目以上にシビア。滑落すると谷底までいきそうなのでお助けロープ出しました。このルートは破線ですが、上記2箇所を考えるとバリエーションレベルです。

1275ピーク〜毛無岩東コル〜縦走路分岐〜上級コース分岐〜毛無岩〜毛無岩東コル
1275ピークから毛無岩のコルまで快適で危険箇所はありません。コルから縦走路分岐まではバンド道は落ち葉が堆積してます。毛無岩西側は急な痩せ尾根となってますが霜で凍結しててむしろ快適でした。東側に降りるルートも非常に急な上にザレてて危険。固定ロープ類は一切ないので慎重に。毛無岩山頂から崖下を覗く時、前のめりになりすぎて転落しないよう注意!落ちたら助かりません。

尾根コース
道は明瞭でナイフリッジもそれほど危険はありませんが、全般的にザレてるので下りだとスリップしやすく神経使います。地図にある不安なハシゴはありませんでした。新しいトラロープが張ってあったので、それがハシゴの代替えかな!?赤松の休み場から左に入り植林帯を沢に向かって降ります。初心者や不安な方は尾根コースのピストンが無難。

【藪岩魂シリーズはこちらからどうぞ↓】
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/search_record.php?place=%E9%AE%B4%E4%BA%B2No&isphoto=1&request=1&submit=submit
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

路肩の駐車スペース。軽なら4〜5台いけるかも。奥にもスペースがあるようです(kira)
2016年01月10日 07:29撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
路肩の駐車スペース。軽なら4〜5台いけるかも。奥にもスペースがあるようです(kira)
道場神社。社でビバークできますね(kira)
2016年01月10日 07:31撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道場神社。社でビバークできますね(kira)
斜面を下りて赤い橋を渡ります(kira)
2016年01月10日 07:32撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜面を下りて赤い橋を渡ります(kira)
1
ヘーベルハウス?(kira)

確かに顔(-.-)に見えます。(k1)
2016年01月10日 07:33撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘーベルハウス?(kira)

確かに顔(-.-)に見えます。(k1)
1
しばし沢歩き(kira)
2016年01月10日 07:40撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばし沢歩き(kira)
ここは左岸へ(kira)

2016年01月10日 07:43撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは左岸へ(kira)

再び沢を遡行(kira)

階段状になった沢石が面白い(k1)
2016年01月10日 07:54撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び沢を遡行(kira)

階段状になった沢石が面白い(k1)
1
ガレてます(kira)

リボンやマーキングが少なくなり、ルートを予測しながら登ります(k1)
2016年01月10日 08:10撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレてます(kira)

リボンやマーキングが少なくなり、ルートを予測しながら登ります(k1)
ネジネジ(kira)

この辺りからは道しるべになる目印はほとんど無くなります。(k1)
2016年01月10日 08:21撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ネジネジ(kira)

この辺りからは道しるべになる目印はほとんど無くなります。(k1)
1
猟銃の薬莢が落ちてました(kira)

唯一の青いジャケットが人間の印、誤射しないでね(k1)
2016年01月10日 08:24撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猟銃の薬莢が落ちてました(kira)

唯一の青いジャケットが人間の印、誤射しないでね(k1)
1
尾根に取り付く場所が特定できず進み過ぎてしまった。適当なポイントを探し急斜面を一気に登りあげる(kira)

手足を使い登る(k1)
2016年01月10日 08:35撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に取り付く場所が特定できず進み過ぎてしまった。適当なポイントを探し急斜面を一気に登りあげる(kira)

手足を使い登る(k1)
1
上部は壁だが登れそうな箇所はないか行ってみます(kira)
2016年01月10日 08:47撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上部は壁だが登れそうな箇所はないか行ってみます(kira)
1
壁を巻くのは危険そうなのでここから登ります(kira)

バリエーションになるし(k1)
2016年01月10日 08:59撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
壁を巻くのは危険そうなのでここから登ります(kira)

バリエーションになるし(k1)
3
作戦成功!ほどなく尾根に出れました(kira)

ドンピシャでした(k1)
2016年01月10日 09:07撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
作戦成功!ほどなく尾根に出れました(kira)

ドンピシャでした(k1)
1
立岩(kira)

立岩の裏側と言えばいいのか(k1)
2016年01月10日 09:11撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立岩(kira)

立岩の裏側と言えばいいのか(k1)
2
尾根に出た途端テープが豊富に(kira)
2016年01月10日 09:11撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に出た途端テープが豊富に(kira)
1
毛無岩がよく見えます(kira)
2016年01月10日 09:13撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛無岩がよく見えます(kira)
4
快適な尾根が続く(kira)

のどかな登山道になってしまった(k1)
2016年01月10日 09:25撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快適な尾根が続く(kira)

のどかな登山道になってしまった(k1)
1
三又ピーク付近(kira)
2016年01月10日 09:35撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三又ピーク付近(kira)
ザレたトラバース(kira)
2016年01月10日 09:56撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザレたトラバース(kira)
1
熊さんかな。糞もいたるとこにありました(kira)
2016年01月10日 10:04撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊さんかな。糞もいたるとこにありました(kira)
1
笠松の大岩下は左から巻きます(kira)
2016年01月10日 10:16撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠松の大岩下は左から巻きます(kira)
西面に岩小屋があります(kira)

一泊しますかね(k1)
2016年01月10日 10:21撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西面に岩小屋があります(kira)

一泊しますかね(k1)
むむ、落ち葉で微妙なトラバース帯。尾根に出たいが壁なのでここを進むしかなさそうです(kira)

落ち葉で道はロスト、どこだろう(k1)
2016年01月10日 10:27撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
むむ、落ち葉で微妙なトラバース帯。尾根に出たいが壁なのでここを進むしかなさそうです(kira)

落ち葉で道はロスト、どこだろう(k1)
1
安全の為にお助けロープ出します。裏妙義並木沢コースの悪夢再び(kira)

落ち葉の下に細いバンド道が隠れているのかぁ(k1)
2016年01月10日 10:36撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安全の為にお助けロープ出します。裏妙義並木沢コースの悪夢再び(kira)

落ち葉の下に細いバンド道が隠れているのかぁ(k1)
2
もし落ちて止まらなかったら谷底まで・・・緊張します。反対側の滝?は凍結してますね(kira)

落ち葉、細いトラバース、木の少ない斜面のセットは困りますよ(k1)
2016年01月10日 10:38撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もし落ちて止まらなかったら谷底まで・・・緊張します。反対側の滝?は凍結してますね(kira)

落ち葉、細いトラバース、木の少ない斜面のセットは困りますよ(k1)
1
嫌なトラバースは続きます。赤い線から尾根に出ました(kira)

緊張です(k1)
2016年01月10日 10:42撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
嫌なトラバースは続きます。赤い線から尾根に出ました(kira)

緊張です(k1)
1
尾根に復帰(kira)
2016年01月10日 10:48撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に復帰(kira)
1275ピーク付近。トヤ山への分岐点(kira)
2016年01月10日 10:52撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1275ピーク付近。トヤ山への分岐点(kira)
1
毛無岩東のコルに到着。ここから毛無岩には直登せず一旦下ります(kira)
2016年01月10日 10:56撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛無岩東のコルに到着。ここから毛無岩には直登せず一旦下ります(kira)
1
道平川ダムと荒船湖(kira)
2016年01月10日 10:56撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道平川ダムと荒船湖(kira)
落ち葉がすごい(kira)
2016年01月10日 11:00撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉がすごい(kira)
縦走路分岐。ここから毛無岩の下を巻きます(kira)
2016年01月10日 11:03撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路分岐。ここから毛無岩の下を巻きます(kira)
毛無岩直下から大スラブを見上げる。クライマーはこちらからどうぞ。核心部5.8だそうです(kira)
2016年01月10日 11:08撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛無岩直下から大スラブを見上げる。クライマーはこちらからどうぞ。核心部5.8だそうです(kira)
6
腹減ったので大スラブ見ながら軽くランチ♪(kira)
2016年01月10日 11:13撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
腹減ったので大スラブ見ながら軽くランチ♪(kira)
あまり道よくないです(kira)
2016年01月10日 11:22撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あまり道よくないです(kira)
木段(kira)

整備されているのにビックリ(k1)
2016年01月10日 11:28撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木段(kira)

整備されているのにビックリ(k1)
上級コース分岐(尾根)に出ました(kira)
2016年01月10日 11:47撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上級コース分岐(尾根)に出ました(kira)
2
千ヶ平分岐は前橋山遊会の看板が目印(kira)
2016年01月10日 12:00撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千ヶ平分岐は前橋山遊会の看板が目印(kira)
1
空母・荒船山も雪はありません。(kira)

ドアップでテーブルマウンテン真横が見る事ができて良かった(k1)
2016年01月10日 12:02撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空母・荒船山も雪はありません。(kira)

ドアップでテーブルマウンテン真横が見る事ができて良かった(k1)
5
表万座スキー場が見えますが雪は少なそう(kira)
2016年01月10日 12:06撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表万座スキー場が見えますが雪は少なそう(kira)
八千穂スキー場(kira)
2016年01月10日 12:08撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八千穂スキー場(kira)
前衛峰から毛無岩を望む。中央左のナイフリッジを登ります(kira)
2016年01月10日 12:09撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前衛峰から毛無岩を望む。中央左のナイフリッジを登ります(kira)
3
八ヶ岳 (kira)
2016年01月10日 12:10撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳 (kira)
3
毛無岩と登山口の道場集落(kira)
2016年01月10日 12:10撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛無岩と登山口の道場集落(kira)
柱状節理?掌を広げたような形ですね(kira)
2016年01月10日 12:11撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
柱状節理?掌を広げたような形ですね(kira)
2
ナイフリッジは雪か霜で白くなってた(kira)
2016年01月10日 12:19撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナイフリッジは雪か霜で白くなってた(kira)
物語山・メンベ岩・御堂山とじじばば岩・表妙義・一番奥に榛名山(kira)
2016年01月10日 12:20撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
物語山・メンベ岩・御堂山とじじばば岩・表妙義・一番奥に榛名山(kira)
2
まだまだ登りますが土が凍ってて快適(kira)
2016年01月10日 12:21撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ登りますが土が凍ってて快適(kira)
山頂1290m(kira)
2016年01月10日 12:25撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂1290m(kira)
4
でもまだ登ります・・・(kira)
2016年01月10日 12:26撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でもまだ登ります・・・(kira)
1
右は断崖絶壁大スラブなのだ(kira)
2016年01月10日 12:27撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右は断崖絶壁大スラブなのだ(kira)
1
今度こそ毛無岩山頂。手前左がイデミ。そして荒船山(kira)
2016年01月10日 12:28撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度こそ毛無岩山頂。手前左がイデミ。そして荒船山(kira)
3
山頂から大スラブを覗くとスースーする・・・強風も吹きつけ恐怖増幅(kira)
2016年01月10日 12:30撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から大スラブを覗くとスースーする・・・強風も吹きつけ恐怖増幅(kira)
5
イエーイ(≧∇≦)b 調子に乗って落ちるなよ(kira)

私は、風の止んだタイミングで立つ(k1)
2016年01月10日 12:38撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イエーイ(≧∇≦)b 調子に乗って落ちるなよ(kira)

私は、風の止んだタイミングで立つ(k1)
9
浅間山も南側の雪が融けちゃってありませんね(kira)
2016年01月10日 12:40撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間山も南側の雪が融けちゃってありませんね(kira)
3
下りがこんな場所だらけで険悪。急なのは我慢できるがザレは嫌だ。。木の根・枝あらゆるものを掴むのだ!お助けロープ出すのも有効(kira)

表妙義にありそうな箇所、慎重にいかねば(k1)
2016年01月10日 12:52撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りがこんな場所だらけで険悪。急なのは我慢できるがザレは嫌だ。。木の根・枝あらゆるものを掴むのだ!お助けロープ出すのも有効(kira)

表妙義にありそうな箇所、慎重にいかねば(k1)
1
手前から表妙義・榛名山・武尊山。左に玉原・右に川場のゲレンデ(kira)
2016年01月10日 12:56撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前から表妙義・榛名山・武尊山。左に玉原・右に川場のゲレンデ(kira)
毛無岩のコル手前をショートカット(kira)

往路で見えてたからね(k1)
2016年01月10日 13:02撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛無岩のコル手前をショートカット(kira)

往路で見えてたからね(k1)
落ち葉がけっこう堆積(kira)
2016年01月10日 13:04撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉がけっこう堆積(kira)
1
再び縦走路分岐。ここで残りのランチタイム(kira)
2016年01月10日 13:07撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び縦走路分岐。ここで残りのランチタイム(kira)
展望岩から毛無岩(kira)

これ撮影時、木がカメラの三脚代わりになりました(k1)
2016年01月10日 13:32撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望岩から毛無岩(kira)

これ撮影時、木がカメラの三脚代わりになりました(k1)
2
トラロープその1。躊躇なく使わせて頂きます。危険なハシゴはこのへんにあったらしいが・・・(kira)

新しいトラロープ(k1)
2016年01月10日 13:37撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラロープその1。躊躇なく使わせて頂きます。危険なハシゴはこのへんにあったらしいが・・・(kira)

新しいトラロープ(k1)
1
トラロープその2(kira)
2016年01月10日 13:38撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラロープその2(kira)
1
地図表記のナイフリッジ(kira)
2016年01月10日 13:44撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地図表記のナイフリッジ(kira)
2
ここは右に巻きます(kira)
2016年01月10日 13:58撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは右に巻きます(kira)
1
笠松の大岩です。午前中に巻いて通過しました(kira)
2016年01月10日 13:59撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠松の大岩です。午前中に巻いて通過しました(kira)
2
このコースは硬い地面にザレが続く。下りは滑りやすくて神経使い脚にきます。。ストック出して4本足で対応(kira)

もう、足がプルプルいっている頃です(k1)
2016年01月10日 14:06撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このコースは硬い地面にザレが続く。下りは滑りやすくて神経使い脚にきます。。ストック出して4本足で対応(kira)

もう、足がプルプルいっている頃です(k1)
またしても滑って尻もちK1氏(笑)残念ながら決定的瞬間は撮れず (kira)

転けた瞬間、パパラッチに撮影されそうになり、素早く立ち上がる、あぶない(k1)
2016年01月10日 14:07撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またしても滑って尻もちK1氏(笑)残念ながら決定的瞬間は撮れず (kira)

転けた瞬間、パパラッチに撮影されそうになり、素早く立ち上がる、あぶない(k1)
赤松の休み場。ここから左の植林帯へ下降(kira)

ザレ道、勘弁してくれ〜という気持ちで一杯(k1)
2016年01月10日 14:09撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤松の休み場。ここから左の植林帯へ下降(kira)

ザレ道、勘弁してくれ〜という気持ちで一杯(k1)
いきなり倒木3本(kira)
2016年01月10日 14:09撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなり倒木3本(kira)
急降下(kira)
2016年01月10日 14:18撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急降下(kira)
沢まで降りました(kira)
2016年01月10日 14:22撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢まで降りました(kira)
1
笠松コースと尾根コースの分岐点。ゴールはすぐそこ(kira)
2016年01月10日 14:36撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠松コースと尾根コースの分岐点。ゴールはすぐそこ(kira)
帰りに大上集落に寄って立岩。日本離れした岩山と集落が絵になりますね!(kira)
2016年01月10日 14:58撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りに大上集落に寄って立岩。日本離れした岩山と集落が絵になりますね!(kira)
6

感想/記録
by k1bb4

西上州内では上級と掲載されている書物もあるようで、なかなかの手応えある山でした。
一部箇所によりますが、自分のいる位置を把握した上で、ルートを見極める事が必要になり、ルートファインディング的には面白く登れました。目印のリボンやテープの消失はいきなりやってきます。「えっ!」という感想です。
尾根コースの下りはザレ地獄とでも言いましょうか、しばらくは遠慮したくなりましたね。
頂上からの絶景はなんとも言いがたく、怖楽しいとでも言っておきましょう。
いい経験になりました、同行のkiraさんお疲れ様でした。

感想/記録

藪岩魂中級編かつ地図でも破線登山道と思って装備を軽めにしましたが、ちょっと反省。。序盤のルートファインディングで時間を浪費する不覚。うまく尾根に出れたがちょっと危険な登り方したかもしれません。進退窮まった時のロープなど車に置いてきました・・・お助けロープは持ってましたが。朝は氷点下も昼間はポカポカで下山時の尾根では汗ばむくらい。そして毛無岩だけ強風でした。序盤とザレで脚を消耗してガタガタ、距離のわりに終盤辛かった〜。。3週間ぶりの登山という事で翌日の筋肉痛を覚悟しましたが大丈夫でした。台風で崩壊した沢コースも復活してるようですね。荒船へ続く崩壊した道はどうなってるか不明。
訪問者数:427人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/7/21
投稿数: 594
2016/1/14 21:15
 次回西上州には是非~(^_^)
楽しく拝見させてもらいました
私が毛無岩に行ったのはかれこれ18年位前なので記憶がうろ覚えですが、多分同じようなルートだったと思います。
本格的は暑さになる前でしたから、おそらく梅雨明け前だったかと思いますが、道中誰にも会いませんでした
あの頃は今よりももう少し静かだったのかもしれません。

アルパインは某組織にて勉強してきますので、タイミングがあうときに西上州でお会いしましょう
登録日: 2014/12/15
投稿数: 129
2016/1/16 22:37
 Re: 次回西上州には是非~(^_^)
nyoroさんどうも。
毛無岩は西のナイフリッジより東の斜面の方が険悪でした
当時は沢と尾根コースだけで笠松コースは最近じゃないのかな!?踏跡薄すぎですもん。
今日は単独で黒滝不動から毛無岩眼前まで行っちゃいました〜
アルパインのリードはお願いしますのでみっちり仕込まれてください
西上州完全制覇目指して頑張りましょう!
明日明後日に西上州も引導渡されるかもしれませんね

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ