ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 793791 全員に公開 ハイキング箱根・湯河原

箱根外輪山(金時山〜明神ヶ岳〜明星ヶ岳〜塔ノ峰〜塔之台)

日程 2016年01月09日(土) [日帰り]
メンバー tosyjp
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

[アプローチ]
町田駅0636〜0728小田原0740〜0826仙石バス停
箱根湯本駅1539〜1658町田駅

[コースタイム]
千石バス停0826〜0921金時山0939〜1131明神ヶ岳〜1244明星ヶ岳〜1418箱根湯寮
コース状況/
危険箇所等
明神ヶ岳付近は泥濘んでいるところがあります。

写真

撮影機材:

感想/記録
by tosyjp

写真付きの感想は、ブログ「週末は歩きing」をご覧ください。
http://tosyjp.blog.fc2.com/blog-entry-89.html


金時山から塔之沢まで箱根外輪山を歩いてきました。
千石バス停を8時半にスタートしてうぐいす茶屋まで上がると、なだらかな稜線の先に金時山が見えてきました。
シベリアから寒気が下りてきていますが、今日は少し緩むそうで、風もなく気持ちがいい青空が広がっています。
DSC06305


金時山に着くと目の前に富士山が。
見慣れた景色とは言え、突然現れるとやはりドキッとします。
DSC06545


しかし、雪が少ないですね〜
DSC06372


稜線の先には愛鷹山塊が。
DSC06386


西の方角は、箱根山、大涌谷、外輪山、芦ノ湖、仙石原が一望できます。
大涌谷からはモクモクと白い噴煙が上がっていました。
DSC06524


山頂には金時娘ならぬ金時猫が。テーブルの上で大人しくしていました。
DSC06519


金時山を後にして明神ヶ岳を目指します。
稜線にはハコネダケが生い茂り、進んでいくルートが良く分かります。
DSC06561


一方、後ろを振り返ると金時山から下りてきたルートが。
全体的になだらかですが、山頂直下は急ですね〜
富士山の頭がちょこっと出ていました。
富士山と金時山の大きさがこれからどんどん変化していくのが面白いです。
DSC06605


箱根山の上空に雲が出てきました。
DSC06614


トレイルはハコネダケの手入れが行き届いています。
DSC06626


明神ヶ岳に向け標高を上げていくと、富士山がだんだん大きく見えるようになってきました。
DSC06658


火打石岳の山頂を巻いてしばらくすると明神ヶ岳が見えてきました。山頂は平らな部分の一番右となります。
微風で日差しが暖かいです。
DSC06675


東側には丹沢山地が。大山から大室山まで一望できますね〜
DSC06714


ちょうど大涌谷の正面を通過していきます。
DSC06732


明神ヶ岳山頂までなだらかな稜線が続きます。
DSC06739


明神ヶ岳に着くと20人ほどのトレランの方々が。
短パン姿で皆さん超元気ですね〜
DSC06776


明神ヶ岳の頂上まで来ると、富士山は金時山を遥かに超える大きさに。
DSC06756


明神ヶ岳から200mほど下り、なだらかな稜線を進むと明星ヶ岳が。
残念ながら山頂はほとんど眺望がありません。
DSC06829


明星ヶ岳からは針葉樹の森となり、急な下りや舗装された林道を経て塔ノ峰、そして塔之沢まで下ります。
途中、スギの実生が芽生えていました。
DSC06879


また、阿弥陀寺には立派な竹林が。
DSC06905


このユートは冬にお薦めです。登山ルートの終点には温泉が。
箱根湯寮の湯船に飛び込んで帰路につきました。
DSC06962


日差しも徐々に強くなってきましたね。
春の日差しを思わせる穏やかな冬晴れの中、
なだらかな箱根の稜線歩きを堪能できた一日となりました。


[Camera]
Sony α6000/Vario-Tessar T*E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z
訪問者数:355人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

林道 スギ 外輪山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ