ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 794041 全員に公開 ハイキング京都・北摂

大原三山(金毘羅山〜翠黛山〜焼杉山)

日程 2016年01月09日(土) [日帰り]
メンバー field8us
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス
京都バス16・17系統
行き:出町柳(10:14)→戸寺
帰り:大原(15:10)→出町柳
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間45分
休憩
35分
合計
4時間20分
S大原(戸寺)バス停10:4512:00金毘羅山12:0512:30翠黛山12:4013:30焼杉山13:5015:05大原バス停15:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック 昼ご飯 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ ガイド地図(ブック) 保険証 携帯 ツェルト カメラ

写真

戸寺バス停から出発。江文神社まではバス停手前の郵便ポストから京都一周トレイルの標識に従って進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸寺バス停から出発。江文神社まではバス停手前の郵便ポストから京都一周トレイルの標識に従って進みます
1
江文神社。金毘羅山への登山口は石段を登って左手へ。杉林を登って尾根を越えると江文峠からの道と合流し、琴平神社に着きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
江文神社。金毘羅山への登山口は石段を登って左手へ。杉林を登って尾根を越えると江文峠からの道と合流し、琴平神社に着きます
2
琴平神社。右手に細い石段があり、そこから進む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
琴平神社。右手に細い石段があり、そこから進む
2
尾根に出たところ。右はロックゲレンデ(今回は行かず)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に出たところ。右はロックゲレンデ(今回は行かず)
金毘羅山三角点への分岐。金毘羅山へは手前左から登る道を。振り返ってまっすぐ行くと琴平神社奥宮へ。翠黛山へは写真奥の標識から左へ山腹を巻く道を行きます(急坂あり)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金毘羅山三角点への分岐。金毘羅山へは手前左から登る道を。振り返ってまっすぐ行くと琴平神社奥宮へ。翠黛山へは写真奥の標識から左へ山腹を巻く道を行きます(急坂あり)。
琴平神社奥宮からは大原の里から京都市内まで一望できます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
琴平神社奥宮からは大原の里から京都市内まで一望できます
1
金毘羅山山頂に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金毘羅山山頂に到着
1
金毘羅山頂への道途中にある石碑からも展望良し
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金毘羅山頂への道途中にある石碑からも展望良し
翠黛山山頂。展望はありません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翠黛山山頂。展望はありません
2
翠黛山から北の尾根を下っていくと四つ辻に到着。焼杉山へはまっすぐ進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翠黛山から北の尾根を下っていくと四つ辻に到着。焼杉山へはまっすぐ進みます
1
焼杉山山頂。樹間から大原の里を見下ろせます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼杉山山頂。樹間から大原の里を見下ろせます
2
ここで古知谷方面へは行かず、右にとって大原へ。急斜面をトラバースする細い道で、落ち葉で足を滑らせないよう注意
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで古知谷方面へは行かず、右にとって大原へ。急斜面をトラバースする細い道で、落ち葉で足を滑らせないよう注意
TV中継アンテナを過ぎると杉林をひたすら下るのみ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
TV中継アンテナを過ぎると杉林をひたすら下るのみ
焼杉山登山口まで降りてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼杉山登山口まで降りてきました
1
登山口へはこの道を上がってすぐ右
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口へはこの道を上がってすぐ右
2

感想/記録

はじめまして、昨年秋から京都近郊の低山ハイキングを始め、今回初めて記録を作成しました。徐々にステップアップしていろんな山にチャレンジしていきたいと思います。

初めて歩いたコースですが、思っていたよりアップダウンが多くて退屈しませんでした。道標もしっかりしていたと思いますが、焼杉山からの下山中581mピークから別の尾根を下りかけてしまいました。テープの目印もあるので普通は間違えないと思いますが、「尾根を外さなければ大丈夫」と油断してぼーっとしていたようです。
訪問者数:308人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/1/1
投稿数: 5
2016/1/11 11:19
 大原15時10分発同乗してました!!
始めまして。偶然にも帰りバスご一緒だったんですね、私達は叡山電鉄出町柳から岩倉へ、そこから暫し町中を歩いて登山口へ、そして「瓢箪崩山」経由「金毘羅山」でした。毎年初めの山行はアイゼン装備で心配と言うか期待?!していたのですが、結構なポカポカ陽気で気持ち良かったですね!!
登録日: 2016/1/10
投稿数: 20
2016/1/11 13:16
 Re: 大原15時10分発同乗してました!!
rnishidaさん、始めまして。
そういえばバス発車間際に5〜6人のハイカーさん一行がやってこられたのを憶えています。
私はグレーのハットをかぶってバスの前の方に座っていました。
京都の低山をよく歩くのでまたお会いする機会があるかもしれませんね!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

三角点 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ