ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 794078 全員に公開 ハイキング近畿

小柿(三田市)の山歩き

日程 2016年01月10日(日) [日帰り]
メンバー takatukimaki
天候晴れたり曇ったり
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間9分
休憩
0分
合計
4時間9分
S神姫バス 発電所前停留所09:3010:20龍神の池探索引き返し11:08東播線鉄塔1911:50東播線鉄塔2012:24差桐峠12:44三田市野外活動センター13:29東播線鉄塔1813:39神姫バス 発電所前停留所G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
夏から気になっていた、「龍神の池 登山口」看板。
それがどんなところなのか、情報が全くない。
それじゃあ、確かめに行ってみよう。

近くにおあつらえ向きの関電送電線が通っているので、関電道も探索。
オプションで「四等三角点・小柿」をセットしてみることに。
コース状況/
危険箇所等
○登山口看板〜引き返し地点・・・引き返し地点までは踏み跡がわかるので辿って行った。テープなし。文字が消えてしまった看板が数カ所あり。
○登山口付近〜鉄塔20・・・関電道につき、明瞭、わかりやすい。プラスチック階段をたどればいい。ただし、等高線を読んでもわかるように急登。
○鉄塔20〜差桐峠・・・夏場は木々の枝葉が繁茂して歩きにくいだろうと思われるジャングルっぽい道。ただテープの類は大変多く、安心感は持ちながら歩ける。尾根道だが、展望はない。
○差桐峠〜東方向、県道309号線出合・・・思いのほか幅の広いわかり良い道。路面の状態はあまりよくない。
○野外活動センター〜羽束川水力発電所・・・センター敷地内登山道はよく整備されているが、階段だらけ。
展望台から尾根道(関電道)までは支尾根を辿るが、踏み跡はかなり弱い。
関電道に乗ればあとは快適。ただし急斜面で落ち葉が滑る。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

県道37号線沿いにある羽束川発電所脇が今日のスタート地点。
バス停は神姫バス「発電所前」。
土日は運行していません。
2016年01月10日 09:33撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県道37号線沿いにある羽束川発電所脇が今日のスタート地点。
バス停は神姫バス「発電所前」。
土日は運行していません。
3
県道を走っていると、左側に目に止まる看板がある。
去年の夏、弥十郎が岳への往復にこの道を走った時に見つけて気になっていた。
2016年01月10日 09:33撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県道を走っていると、左側に目に止まる看板がある。
去年の夏、弥十郎が岳への往復にこの道を走った時に見つけて気になっていた。
2
ほら、登ってみたくなるでしょう?
なんか楽しそう。
後ろの木の幹には関電道矢印看板が付いている。
2016年01月10日 09:33撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほら、登ってみたくなるでしょう?
なんか楽しそう。
後ろの木の幹には関電道矢印看板が付いている。
9
分岐点に残念な看板。
文字が全く読めない。
でもここで関電道を離れて矢印の示す右の道を進んでみる。
2016年01月10日 10:46撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐点に残念な看板。
文字が全く読めない。
でもここで関電道を離れて矢印の示す右の道を進んでみる。
2
これも判読不能。
2016年01月10日 09:40撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これも判読不能。
ここははっきり読めるが、行き先案内であって欲しかった。
2016年01月10日 09:43撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここははっきり読めるが、行き先案内であって欲しかった。
2
落ち葉に埋もれた丸太橋をわたり、ロープが張られた道を進む。
2016年01月10日 09:46撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉に埋もれた丸太橋をわたり、ロープが張られた道を進む。
4
これは読める?
・・・神の池まで90・・・???
目指す龍神の池、90m?900m?はたまた90分?
そっちへ向かっていることは間違いなさそう。
2016年01月10日 09:50撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは読める?
・・・神の池まで90・・・???
目指す龍神の池、90m?900m?はたまた90分?
そっちへ向かっていることは間違いなさそう。
2
炭焼き窯跡もあり、人の手が入った山であることが分かる。
2016年01月10日 10:01撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
炭焼き窯跡もあり、人の手が入った山であることが分かる。
6
このあたり、だだっ広い木々が疎らな平坦地。
この先踏み跡らしきものはない。
引き返そう。
2016年01月10日 10:10撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたり、だだっ広い木々が疎らな平坦地。
この先踏み跡らしきものはない。
引き返そう。
3
結局登山口看板にあった「龍神の池」「元感応寺跡」はどこなのかたどり着けないままで少し残念。
2016年01月10日 10:20撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結局登山口看板にあった「龍神の池」「元感応寺跡」はどこなのかたどり着けないままで少し残念。
6
関電道で尾根を目指すことに。
2016年01月10日 10:49撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
関電道で尾根を目指すことに。
1
分岐点。鉄塔20は目指す尾根上にあることは分かっているので、ここの分岐は見送り・・・
2016年01月10日 11:01撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐点。鉄塔20は目指す尾根上にあることは分かっているので、ここの分岐は見送り・・・
鉄塔19経由で鉄塔20を目指そう。
この鉄塔19への看板、「行ってこい、(鉄塔で行き止まりにつき鉄塔まで行ったら引き返してこい)」とは書いていないよね?
2016年01月10日 11:01撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔19経由で鉄塔20を目指そう。
この鉄塔19への看板、「行ってこい、(鉄塔で行き止まりにつき鉄塔まで行ったら引き返してこい)」とは書いていないよね?
2
プラ階段でわかりやすい。
2016年01月10日 11:04撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
プラ階段でわかりやすい。
3
東播線鉄塔19!
少し探してみたが、ここから鉄塔20への道は付いていなかった。
さっきの分岐点まで引き返すしかない。
2016年01月10日 11:08撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東播線鉄塔19!
少し探してみたが、ここから鉄塔20への道は付いていなかった。
さっきの分岐点まで引き返すしかない。
1
ちょっとだけ展望アリ。
おなじみ大船山。
2016年01月10日 11:09撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとだけ展望アリ。
おなじみ大船山。
11
鉄塔20へもプラ階段、そして急登。
2016年01月10日 11:46撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔20へもプラ階段、そして急登。
2
青い空に映える赤い鉄塔20。
2016年01月10日 11:50撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青い空に映える赤い鉄塔20。
6
西向きには鉄塔21への道が続いている。
2016年01月10日 11:51撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西向きには鉄塔21への道が続いている。
1
でも西へは下らず、南へ尾根道を下りたい。
ここまでの快適な整備された道とは一転して、いきなり未整備の道になる。
2016年01月10日 11:51撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも西へは下らず、南へ尾根道を下りたい。
ここまでの快適な整備された道とは一転して、いきなり未整備の道になる。
私の経験では信頼性のある「青と黄」テープや、赤、白テープ、今時のショッキングピンクのリボンが多数付いていて、道はそんなにさがす必要はなかった。
2016年01月10日 11:55撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私の経験では信頼性のある「青と黄」テープや、赤、白テープ、今時のショッキングピンクのリボンが多数付いていて、道はそんなにさがす必要はなかった。
5
道幅、約1mってとこか。
2016年01月10日 12:03撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道幅、約1mってとこか。
2
振り返って撮影。
ここまでが倒木、張り出した枝がうるさい体力消耗の道だった。
左の方の道っぽい所から出てきた。
2016年01月10日 12:21撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って撮影。
ここまでが倒木、張り出した枝がうるさい体力消耗の道だった。
左の方の道っぽい所から出てきた。
1
落ち葉が降り積もった広い「差桐峠」着。
ここから東へ進路をとる。
2016年01月10日 12:25撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉が降り積もった広い「差桐峠」着。
ここから東へ進路をとる。
2
この峠道は思いのほか幅の広く、枝道もない。
わかりやすい1本道で拍子抜けだが、路面は大きな石がゴロゴロで通過には時間がかかる。
2016年01月10日 12:32撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この峠道は思いのほか幅の広く、枝道もない。
わかりやすい1本道で拍子抜けだが、路面は大きな石がゴロゴロで通過には時間がかかる。
2
最後は「鳥獣被害防止金網柵」を通過して山道終了。
2016年01月10日 12:36撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後は「鳥獣被害防止金網柵」を通過して山道終了。
2
六地蔵さんの後ろの道を左から下りてきた。
ここは集落のお墓の一角です。
2016年01月10日 12:37撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六地蔵さんの後ろの道を左から下りてきた。
ここは集落のお墓の一角です。
11
県道309号線に出合ったところで振り返る。
民家の右の道から出てきた。
2016年01月10日 12:38撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県道309号線に出合ったところで振り返る。
民家の右の道から出てきた。
2
こちらから入るときはこの「・・・西国三十三・・・」石碑がよくわかる目印になる。
2016年01月10日 12:39撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらから入るときはこの「・・・西国三十三・・・」石碑がよくわかる目印になる。
3
真ん中のピークをはさんで、左側にさっき行った鉄塔19と、今から向かう鉄塔18(赤白)がきれいに見えて嬉しくなる。
2016年01月10日 12:39撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真ん中のピークをはさんで、左側にさっき行った鉄塔19と、今から向かう鉄塔18(赤白)がきれいに見えて嬉しくなる。
4
三田市のマンホール蓋は「三田市の鳥、キジのキッピー」と「三田市の花、サツキ」のシャレたデザイン。
同じデザインのカラーバージョンも見かけたことがある
2016年01月10日 12:45撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三田市のマンホール蓋は「三田市の鳥、キジのキッピー」と「三田市の花、サツキ」のシャレたデザイン。
同じデザインのカラーバージョンも見かけたことがある
13
三田市の野外活動センター。
ここから入って、四等三角点・小柿を獲りに行く。
2016年01月10日 12:44撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三田市の野外活動センター。
ここから入って、四等三角点・小柿を獲りに行く。
1
野外活動センターはアウトドア施設。
天体観測所も山中にあり。
そしてこの地図では、右上の斜めの道上に三角点がある。
2016年01月10日 12:46撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野外活動センターはアウトドア施設。
天体観測所も山中にあり。
そしてこの地図では、右上の斜めの道上に三角点がある。
1
あ!!!!!
リス君じゃないですか!
やったぁ^^こんにちは。
2016年01月10日 12:47撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あ!!!!!
リス君じゃないですか!
やったぁ^^こんにちは。
15
階段率90%。
そして急登。
2016年01月10日 12:56撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段率90%。
そして急登。
3
「四等三角点・小柿」。
元は地面にめり込んでいたみたいだが、周囲を丁寧に掘り下げて刻字が見えるようにした人がいるみたい^^
2016年01月10日 13:00撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「四等三角点・小柿」。
元は地面にめり込んでいたみたいだが、周囲を丁寧に掘り下げて刻字が見えるようにした人がいるみたい^^
9
ここはさっきの地図のてっぺん、展望台休憩所からの小柿集落。
展望はそれほどでもなかった。
ここからはテープなし、踏み跡薄めの尾根を関電道へと登っていく。
2016年01月10日 13:03撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここはさっきの地図のてっぺん、展望台休憩所からの小柿集落。
展望はそれほどでもなかった。
ここからはテープなし、踏み跡薄めの尾根を関電道へと登っていく。
2
ここで関電道に合流。
2016年01月10日 13:16撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで関電道に合流。
関電道はやっぱり快適。
2016年01月10日 13:22撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
関電道はやっぱり快適。
2
東播線鉄塔18、ヴィッ^^V
2016年01月10日 13:29撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東播線鉄塔18、ヴィッ^^V
4
矢印看板が示すところから下りてきた。
2016年01月10日 13:30撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢印看板が示すところから下りてきた。
水力発電用の水路?
2016年01月10日 13:31撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水力発電用の水路?
2
こんな様子。
2016年01月10日 13:31撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな様子。
3
水路脇の階段をずぅ〜〜〜〜〜〜っと下まで降りる。
2016年01月10日 13:33撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水路脇の階段をずぅ〜〜〜〜〜〜っと下まで降りる。
9
階段の途中で神社があったりもする。
2016年01月10日 13:35撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段の途中で神社があったりもする。
6
階段を下りきったら金柵にぐるっと周囲を囲まれた施設で行き止まりになる。
柵に沿って建物の左から回り込んで向こう側へ行く。
(夏場は草がぼうぼうで歩きにくかったが、今日は下草もなく楽に歩けた。)
2016年01月10日 13:36撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段を下りきったら金柵にぐるっと周囲を囲まれた施設で行き止まりになる。
柵に沿って建物の左から回り込んで向こう側へ行く。
(夏場は草がぼうぼうで歩きにくかったが、今日は下草もなく楽に歩けた。)
2
1回角を曲がると正面に羽束川の流れが見えてくる。
2016年01月10日 13:37撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1回角を曲がると正面に羽束川の流れが見えてくる。
1
もう1回右に曲がると、階段と羽束川に架かる橋が見える。
2016年01月10日 13:37撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう1回右に曲がると、階段と羽束川に架かる橋が見える。
2
階段を上ったところが発電所施設の正面。
ちょうど裏側(向こう側)に、さっき山から下ってきた階段が見えている。
2016年01月10日 13:38撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段を上ったところが発電所施設の正面。
ちょうど裏側(向こう側)に、さっき山から下ってきた階段が見えている。
2
橋を渡ったら、そこが発電所前停留所。
ゴール!!
2016年01月10日 13:39撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡ったら、そこが発電所前停留所。
ゴール!!
9

感想/記録

龍神の池、どこだったのでしょう?
元感応寺跡、どこだったのでしょう?
引き返したあたりはなだらかな地形だったので道があやふやになり途中で探索は断念。
今日は突然山歩きに行けることになったので、龍神の池や、感応寺跡の予習なしで出かけたのがダメだったのかもしれません。

東播線の関電道は安定した歩きやすさでした。予習なしでも歩けました・苦笑

過去に差桐峠と同じような「北千丈寺山北側の峠から東へ抜ける道」を歩き、迷いに迷った苦い記憶があるので今回も覚悟をしていったのですが、差桐峠から東へ抜ける道はとてもわかりやすいもので、拍子抜けしました。

今日は久しぶりに地図にない道をたくさん歩けました。
ヤマドリ、鹿を見かけました。

どうもありがとう。
訪問者数:426人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/5/12
投稿数: 391
2016/1/10 21:38
 お疲れ様でした
この辺りは、私の地元…高平谷なんですよ
なんとなく懐かしく見てしまいました
小柿野外活動センターからのところは、中学生の頃よく登った記憶がよみがえりました
私は、あまりにも地元すぎて思いつかない山歩きデス
感心してしまいました(。-_-。)
是非とも、色々教えて頂きたいと思います。よろしくお願いします(^-^)
でも、良いお天気でよかったです〜〜💟
登録日: 2012/6/25
投稿数: 1629
2016/1/10 21:49
 こんばんわ bbさん
ご苦労様でした
最後の写真に写っているのはbbさんの愛車ですか
登録日: 2012/11/26
投稿数: 284
2016/1/10 22:35
 また発見!
takatukimakiさん コンバンワ。

纏リス君。またありましたね。今度は大きな看板。
古い道標もあるので、昔は多くの人が登られていたのでしょうね。

冬は狩猟期間。山歩きには注意してください。
新しい発見、期待しています。
登録日: 2011/12/2
投稿数: 703
2016/1/10 23:39
 羽束山発電所!
takatukimakiさんお疲れ様でした。

私も以前より気になっていた看板!
三国ヶ嶽の山頂に『感應寺山』の書かれていた事から考えますと、山頂まで繋がっていると思っていましたが

それより、羽束山発電所!南側から通過できるんですね〜
登録日: 2014/2/23
投稿数: 178
2016/1/11 1:01
 お疲れさまでーす
takatukimakiさん
楽しいレコ
楽しみにしてます
遅れましたが、今年もよろしくお願いします
お互い無理せん程度にがんばりましょうね
登録日: 2013/11/1
投稿数: 846
2016/1/11 5:29
 Re: お疲れ様でした
1033さん、コメありがとうございます^^

今日は夫と神戸へ出かける予定が急に取りやめになったので、近場の探検に出かけました。
普段の山歩きは車がないことや、帰宅があまり遅くなれないのとで、なんとか近場で歩けそうなところはないかと、日々地形図とにらめっこ状態です

一般に周知された登山道と違って、マイナーな山歩きは道がついていても私有地であったりするので、踏み込み過ぎないように気にはかけていますが難しいところですね
でもどこへつながる道だろう?とか想像しながら歩くのはワクワクするんですよ

このあたりは1033さんのお庭だったのですね、うらやましいです
とってもいいところですね お邪魔しました
登録日: 2013/11/1
投稿数: 846
2016/1/11 5:40
 Re: こんばんわ bbさん
お師匠さん、コメントをありがとうございます。

そのとおり、この子が私の愛車3号君です
ちなみに1号は「センチュリオンのロードバイク」
セメントがなくなってタイヤの張替えができないままに和室に眠っております

2号は平成3年購入の「ママチャリ」
リーズナブルなお値段で購入した2号くん、今までにどれだけ修理、メンテにお金をかけてきたことか・・・ 今更買い換えられなくて現役です

そして3号がこの子、「HONDA today」
原チャのくせに半年ごとにオイル交換をして、バッテリーやタイヤもメンテしてやっています。私の山歩きの大事な相棒なので、過保護です
登録日: 2013/11/1
投稿数: 846
2016/1/11 6:00
 Re: また発見!
teizanさん、コメントをありがとうございます。

龍神の池と感応寺跡がどこだったのか気になって気になって仕方ありません

寺跡があったはずですが、歩いた道は参道であった気配ゼロ。
普通は何かしら信仰とかかわり合いのあるものが残されていたりすると思うのですがね
今度は三国ヶ嶽方面、上の方からこのあたりを探ってみても面白いかな?なんて考えています。

リス君は「癒し」ですね〜〜〜
近眼&老眼で野鳥や枝先に咲いている花などの識別がしづらく、悔しい思いをすることがよくあります。
でもリス君はじっとしてるし、近寄ってガン見してもニタ〜ッと笑ってくれるし、かわいいヤツです
登録日: 2013/11/1
投稿数: 846
2016/1/11 6:14
 Re: 羽束山発電所!
inakabusさん、コメありがとうございます。

やっぱり!!
inakabusさんも看板にお気づきでしたか
歩いてみるとなかなかに良い道だったのにびっくりしました。
でも最後は「捉えようのない広くなだらかな起伏、木々の疎らなどこでも歩けそうな様子」にお手上げ。
こういう地形のところは下手をすると来た道さえわからなくなる(ことが、過去に何度かあって、ちょっと学習して賢くなったつもりです )のでおとなしく回れ右、しましたがそこはとてもスッキリとした不思議な雰囲気の空間で、たどり着けて得した気分になれましたよ。

発電所の向こうへ回り込む道は偶然見つけました
夏に川に入って遊んでいる子供たちを見つけて、どこから川に下りたのかなあと気になりウロウロしてみたら、あったんです 正規の道じゃないです、路地裏の抜け道みたいなものですがね
登録日: 2013/11/1
投稿数: 846
2016/1/11 6:34
 Re: お疲れさまでーす
tera5392さん、コメントをありがとうございます。

こちらこそ、今年もどうぞよろしくおねがいします
tera5392さんがおっしゃるとおり、無理せず、っていうのが大事ですよね
なんだか自分で思っているほど身体は動いてなくて、よろけたり躓いたりすることがしょっちゅうです

この間はこけてアバラを打って、くしゃみの度に痛いやらおかしいやら
周りに迷惑をかけないようにしなくっちゃと思いますが、だからといって山歩きを控えようとは思えません

気持ちがリフレッシュされるプラス面の方が、筋肉痛でヨロヨロしながらでも仕事に向かう月曜日のマイナスを大きく上回っていますからね

もうしばらくは、こんな日々が続くかと思います
登録日: 2010/2/8
投稿数: 2482
2016/1/13 22:19
 年初から活発に発見されてますね!
こんばんは。
箕面の空色リスに感動したついでに寄らせてもらいました。
年明けから活発に登られてるのもサスガですが、デカリスも発見できてよかったですね
こうなったらいっそのこと、リス君クラブなるグループでも作ってくださいよ。
あっという間にメンバーは私も含め集まると思いますヨ
登録日: 2013/11/1
投稿数: 846
2016/1/14 8:24
 Re: 年初から活発に発見されてますね!
箕面でのリス君レコ、楽しんでいただき光栄です。
もう完全に「親バカ」状態のレコなので、お恥ずかしい次第です

ところで、「リス君クラブ」

いいですねぇ

クラブの活動は何をしましょうかね?
とりあえず山でリス君に出会ったら、必ずレコにupして宣伝する ・・・ぐらいかな
会員特典は・・・ShuMaeさんがGETしてくださった「林野庁発信:公式リス君生い立ち(!?)情報」を教えてあげます!!
で、どうでしょう
登録日: 2010/2/8
投稿数: 2482
2016/1/14 22:52
 Re[2]: 年初から活発に発見されてますね!
いいですね〜 「リス君クラブ」、是非

全国のリス君を見れるだけでも幸せだと思うんだけどなぁ〜<リスファンとしては
もちろん、各人が撮ったリス君はレコでご紹介いただくとして、
自分で回れないこんなところや、あんなところにも、こんな、あんなリス君いてました〜
みたいな・・・。
あかんかなぁ?

私の林野庁突撃情報でもいいけど、公開ネタなので、ここはひとつ
100ポイント溜まるとtakatsukimakiさんの箕面リス君ツアー参加券GET
とかの方が説得力があるかと思います
登録日: 2013/11/1
投稿数: 846
2016/1/15 8:14
 Re[3]: 年初から活発に発見されてますね!
ほんと、楽しそうですね
たぶん、リス君ファン、いっぱいいると思うので盛り上がりそうですね
登録日: 2015/2/6
投稿数: 6
2016/1/15 21:50
 地元の近くにこんな場所が!
お疲れ様です!
羽束山はたまに上がってますが、近くにこんな穴場があるとは!!リスくんもめっちゃ集めてますね!
takatsukimakiさんのレコはほんと参考になります!
低山歩きマスターレベルですね!!
登録日: 2013/11/1
投稿数: 846
2016/1/16 8:05
 Re: 地元の近くにこんな場所が!
tana0714さん、コメントをありがとうございます!

このあたりは、たぶんかなりのもの好きしか歩かないであろう( )山塊だと思います。
地味というか、展望のある頂きも見所のある名所もないですから・・・

でもこういうハイキング道以外の山を歩くときに強い味方となるのが関西電力の鉄塔とその巡視路、それから地面に打たれた境界杭です。
それを組み合わせて自分なりのルートを想像して歩くのも、なかなかおもしろいんですよ
地味な山なりの楽しみ方です

・・・ホントは百名山とか、アルプスとかに行きたいのですがね

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ