ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 794095 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

冬の赤岳、ようやく登る 文三郎道〜地蔵尾根

日程 2016年01月09日(土) 〜 2016年01月10日(日)
メンバー ninotsugi
天候1日目 快晴
2日目 朝のうち曇りのち快晴 夕方曇り
アクセス
利用交通機関
バス
バス
茅野駅〜美濃戸口 ¥930
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち69%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間56分
休憩
5分
合計
4時間1分
S八ヶ岳山荘11:3212:18やまのこ村12:35赤岳山荘12:3812:46美濃戸山荘12:4814:14中ノ行者小屋跡15:33行者小屋
2日目
山行
5時間38分
休憩
1時間51分
合計
7時間29分
行者小屋07:4008:50文三郎尾根分岐08:5109:09竜頭峰09:18赤岳09:2509:34赤岳頂上山荘09:4710:22赤岳天望荘10:3510:42地蔵の頭10:4711:26行者小屋12:2813:14中ノ行者小屋跡13:1614:17美濃戸山荘14:21赤岳山荘14:2814:29やまのこ村14:3015:09八ヶ岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
南沢コースは概ね標高2200mくらいからしっかりとした雪道になります。
何ヵ所かアイスバーンになっているところがありますので滑り止めがあると安心です。
文三郎コースは阿弥陀岳分岐まで圧雪されていて歩き易かったです。
それより上の竜頭峰付近の岩場は雪がついていなくて、ちょっと登りにくかったです。
連休とあって赤岳直下は渋滞していました。
赤岳山頂から地蔵の頭までは所々雪の着きが悪いところがありましたが、そういうところは鎖もでていたりして、特に問題はありませんでした。
地蔵尾根はナイフリッジができていないようですし、圧雪されていて歩き易かったです。

冬の赤岳は初めてですので、例年との比較はできません。
暖冬の影響で雪が少ないようです。全体的に予想していたよりも歩き易かったと思います。
その他周辺情報行者小屋 1泊2食 ¥9,000
八ヶ岳山荘 日帰り入浴 ¥500(温泉ではありません)
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

わが人生二度目の美濃戸口から出発です
2016年01月09日 11:27撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わが人生二度目の美濃戸口から出発です
5
1時間ほど歩いて美濃戸に到着です
赤岳山荘の前で小休止です
2016年01月09日 12:13撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1時間ほど歩いて美濃戸に到着です
赤岳山荘の前で小休止です
5
南沢を歩きます
まだ北沢を歩いたことはありません
いつかは歩く日が来るのでしょうか?
2016年01月09日 12:44撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南沢を歩きます
まだ北沢を歩いたことはありません
いつかは歩く日が来るのでしょうか?
1
橋を渡って
2016年01月09日 13:02撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡って
まだ登山道には雪がありません
2016年01月09日 13:17撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ登山道には雪がありません
2
けれどもアイスバーン!
油断は禁物です
2016年01月09日 14:03撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
けれどもアイスバーン!
油断は禁物です
8
カッチカチに凍りついた沢
2016年01月10日 13:15撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カッチカチに凍りついた沢
12
霧氷が綺麗です
標高2200mくらいからしっかりとした雪道になります
2016年01月09日 14:39撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷が綺麗です
標高2200mくらいからしっかりとした雪道になります
21
連峰が見えて来ました
2016年01月09日 15:22撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
連峰が見えて来ました
9
お世話になります行者小屋
外見に反して中はとっても綺麗です
2016年01月09日 15:32撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お世話になります行者小屋
外見に反して中はとっても綺麗です
9
夜の赤岳
とりあえず寒いです
冬にテントを張る勇気はまだ持ち合わせておりません
2016年01月09日 18:44撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜の赤岳
とりあえず寒いです
冬にテントを張る勇気はまだ持ち合わせておりません
24
朝の行者小屋
峰々は雲に覆われています
2016年01月10日 07:35撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝の行者小屋
峰々は雲に覆われています
5
文三郎を登っていきます
2016年01月10日 07:39撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文三郎を登っていきます
4
階段には木の板が貼ってあってアイゼンが引っかからないようになっていました
(階段の上のほうは木の板はなく網状になっているみたいです)
2016年01月10日 08:08撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段には木の板が貼ってあってアイゼンが引っかからないようになっていました
(階段の上のほうは木の板はなく網状になっているみたいです)
11
樹林帯を抜けました
この景色、冬山っぽいです
2016年01月10日 08:15撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜けました
この景色、冬山っぽいです
6
中岳です
雲がみるみるうちに取れていきます
2016年01月10日 08:16撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳です
雲がみるみるうちに取れていきます
8
圧雪されていてとても歩きやすいです
2016年01月10日 08:21撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
圧雪されていてとても歩きやすいです
3
中岳、そして阿弥陀岳
2016年01月10日 08:25撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳、そして阿弥陀岳
29
中岳分岐手前です
自分にとっては貴重な雪山
一歩一歩を噛みしめて丁寧に歩いていきます
2016年01月10日 08:37撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳分岐手前です
自分にとっては貴重な雪山
一歩一歩を噛みしめて丁寧に歩いていきます
11
そして中岳分岐です
2016年01月10日 08:44撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして中岳分岐です
8
稜線の風はそれなりです
2016年01月10日 08:46撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線の風はそれなりです
4
阿弥陀岳〜
2016年01月10日 08:50撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳〜
20
ゴツゴツしてきましたのでより一層慎重に登ります
2016年01月10日 09:00撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴツゴツしてきましたのでより一層慎重に登ります
5
山頂直下は渋滞です
2016年01月10日 09:07撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下は渋滞です
10
おっ!あれは富士山ではありませんか!
2016年01月10日 09:16撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっ!あれは富士山ではありませんか!
21
山頂標識の前は記念撮影の行列ができていました
皆さん笑顔です
2016年01月10日 09:24撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂標識の前は記念撮影の行列ができていました
皆さん笑顔です
33
赤嶽神社に参拝します
2016年01月10日 09:25撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤嶽神社に参拝します
8
北峰に向かいます
2016年01月10日 09:27撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰に向かいます
6
北峰から南峰を望みます
2016年01月10日 09:31撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰から南峰を望みます
10
それでは天望荘へ下ります
2016年01月10日 09:43撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでは天望荘へ下ります
7
山頂を振り返ります
2016年01月10日 09:51撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂を振り返ります
8
暫しの稜線歩きを楽しみます
2016年01月10日 09:53撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暫しの稜線歩きを楽しみます
10
景色に看取られてアイゼンをひっかけないように慎重に下っていきます
2016年01月10日 09:58撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景色に看取られてアイゼンをひっかけないように慎重に下っていきます
9
天望荘への下りです
2016年01月10日 10:00撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天望荘への下りです
10
天望荘で大休止です
風で雪が飛ばされています
2016年01月10日 10:29撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天望荘で大休止です
風で雪が飛ばされています
8
そして地蔵の頭です
2016年01月10日 10:40撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして地蔵の頭です
10
もう一度赤岳を眺めます
2016年01月10日 10:41撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一度赤岳を眺めます
18
それでは地蔵尾根を下ります
2016年01月10日 10:44撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでは地蔵尾根を下ります
8
地蔵尾根を下っています
ここも圧雪されていて歩きやすかったです
2016年01月10日 10:45撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵尾根を下っています
ここも圧雪されていて歩きやすかったです
4
あの辺りが大同心稜なのかな?
よぅわからんけど…
2016年01月10日 10:48撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの辺りが大同心稜なのかな?
よぅわからんけど…
7
この辺りが地蔵尾根の核心部なのでしょうか?
斜面にはステップが切ってあって歩きやすかったです
2016年01月10日 10:54撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りが地蔵尾根の核心部なのでしょうか?
斜面にはステップが切ってあって歩きやすかったです
6
降りてきた階段を振り返ります
2016年01月10日 10:57撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降りてきた階段を振り返ります
1
そして樹林帯に突入です
2016年01月10日 11:03撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして樹林帯に突入です
無事に行者小屋まで戻って来れました
2016年01月10日 11:23撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に行者小屋まで戻って来れました
5
行者小屋のお昼です
2016年01月10日 12:18撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋のお昼です
12
さらば赤岳
また来るぜ!(たぶん)
2016年01月10日 12:20撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらば赤岳
また来るぜ!(たぶん)
10
美濃戸への道を下ります
2016年01月10日 12:25撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸への道を下ります
1
八ヶ岳山荘で汗を流しました
今回も無事に下山できました
2016年01月10日 15:05撮影 by COOLPIX A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳山荘で汗を流しました
今回も無事に下山できました
8
撮影機材:

感想/記録

冬の赤岳。
いつかは登ってみたいと思っていましたが、なかなかその勇気が持てずに一歩を踏み出せないまま過ごしてまいりました。
けれども冬の天狗岳を3回経験しているし、そろそろ赤岳も行ってもいいんじゃないかと少しずつ思うようになってきたのでした。
それは先の年始の4回目の天狗岳山行で確信となったのでした。

悩んだのは文三郎を登るのか、地蔵を登るのか。
いや、文三郎を下るのか、地蔵を下るのか。
要はどちらが下りやすいのかということなんですが…。

色んな人に、そうこの前の天狗岳山行の際にも色んな人に聞いてみました。
たいがい皆さん、「地蔵尾根は下りたくない」と仰っていました。
「地蔵尾根を下るくらいなら横岳に行っちゃう」っていう人もいましたけど…。
でも、その次の言葉は皆さん必ず「文三郎もねぇ…」と続くのでした。
そして皆さん決まったように「中岳道が簡単だよ」と教えてくれるのでした。
結局、自分の目で確かめないとはっきりとはわからないということがわかったのでした。

文三郎を登り地蔵を下る。
最後の決め手は赤岳直下から岩場の下りにちょっと自信が持てなかったこと。
これだと登頂後に天望荘で休憩もできるし、自分なりにこれが一番安全だと判断したのでした。

冬の赤岳。行者小屋から登り始めてから1時間半、なんかあっけなかったです。
行者小屋までゆっくり回ってきても4時間。
拍子抜けするくらい、あっという間の山歩きでした。
天候にも恵まれたということもありますし、雪の少なさをどう判断するか難しいところですが考えていたよりずっと易しく感じました。

むしろ、南沢のなんとも言えない「かったるさ」が印象に残った山行となりました。南沢にももう少し雪がついていれば印象も変わっていたと思いますけど。

それでも、目標としていた冬の赤岳に登ったことには変わりませんし、それなりに楽しい山歩きでした。もうちょっと長く稜線歩きが楽しめたらよかったんですが、今日のところはやめておきました。

次回は雪がもっとたくさんある時に登ってみようと思いますし、いつかは赤岳から硫黄岳の縦走ができるようになったらいいですね。

次の目標もできましたし、やっぱり山いい!
訪問者数:831人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ