ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 794137 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

20160110_六甲登山有馬往復

日程 2016年01月10日(日) [日帰り]
メンバー toshi_a_2014
天候
アクセス
利用交通機関
徒歩
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち73%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間43分
休憩
37分
合計
6時間20分
S岡本八幡神社08:4909:00保久良神社09:14金鳥山展望休憩所前09:15旧金鳥ステーション休憩所前09:17森林管理歩道林間コース四叉路09:26本庄山三級基準点下09:29薬大尾根道合流点09:34風吹岩09:3709:45荒地山への分岐10:08雨ヶ峠10:18本庄橋跡10:21本庄堰堤北側の分岐10:50一軒茶屋10:56往き、六甲山頂11:0011:04往き、魚屋道下り口11:34往き、有馬稲荷神社近道分岐通過11:49魚屋道有馬側登り口虫地獄炭酸地獄11:5512:11帰り、有馬稲荷神社近道分岐通過12:58帰り、魚屋道下り口13:04帰り、六甲山頂13:0913:13一軒茶屋13:2713:49本庄堰堤北側の分岐13:51本庄橋跡14:04雨ヶ峠14:23荒地山への分岐14:31風吹岩14:3614:40薬大尾根道合流点14:44本庄山三級基準点下14:49森林管理歩道林間コース四叉路14:51旧金鳥ステーション休憩所前14:52金鳥山展望休憩所前15:00保久良神社15:09岡本八幡神社G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
魚屋道有馬側に以前からある斜面の崩落箇所。
その他周辺情報山頂と周辺は人多数。一軒茶屋の道を挟んで向かいのトイレは、ずっと使用禁止で、簡易トイレが 2 基置かれているのですが、女性はトイレに並ぶのが大変そうでした。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック 非常食 飲料 ヘッドランプ 保険証 携帯 時計 タオル ストック

写真

行きの風吹岩から眺める大阪湾
2016年01月10日 09:36撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行きの風吹岩から眺める大阪湾
行きの六甲山頂
2016年01月10日 11:00撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行きの六甲山頂
1
往きで、山頂下の東屋の前から眺める大阪湾
2016年01月10日 11:02撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
往きで、山頂下の東屋の前から眺める大阪湾
魚屋道登り口の虫地獄
2016年01月10日 11:51撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
魚屋道登り口の虫地獄
魚屋道登り口の炭酸地獄
2016年01月10日 11:52撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
魚屋道登り口の炭酸地獄
帰りの六甲山頂
2016年01月10日 13:09撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りの六甲山頂
1
帰り、山頂下の東屋の下から眺める大阪湾
2016年01月10日 13:11撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰り、山頂下の東屋の下から眺める大阪湾
大阪湾もう1枚
2016年01月10日 13:11撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大阪湾もう1枚
一軒茶屋でカツ丼
2016年01月10日 13:19撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一軒茶屋でカツ丼
3
一軒茶屋さんの石碑
2016年01月10日 13:27撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一軒茶屋さんの石碑
2016年1月18日から1月29日まで、橋の補修工事のため、魚屋道が通行止めになるということです。
2016年01月10日 13:31撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2016年1月18日から1月29日まで、橋の補修工事のため、魚屋道が通行止めになるということです。
振り返って下から撮影。
2016年01月10日 13:32撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って下から撮影。
魚屋道に住吉道が合流するポイントから本庄堰堤。堰堤の上の両サイドが削られています。
2016年01月10日 14:00撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
魚屋道に住吉道が合流するポイントから本庄堰堤。堰堤の上の両サイドが削られています。
1
帰りの風吹岩から眺める大阪湾。
2016年01月10日 14:33撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りの風吹岩から眺める大阪湾。
2

感想/記録

今日は、立っていれば肌寒いくらいで、行動にはちょうどよい気温でした。インナー 2 枚の重ね着の上に長袖シャツで登りました。記していますように、休憩、飲水は、かなり省略することができました。
六甲山頂の正午の気温は 4 度、ほとんど無風でした。麓の神戸市東灘区では、最高気温 11 度、最低気温 5 度。
往きの六甲登山は、ストックを使わずに登り、風吹岩で写真を撮った以外休憩なし、給水なしで山頂へ。山頂でも写真を撮っただけで、そのまま有馬へ。
有馬側へ下りかけた途端、風があり、日陰になるため気温も低く、ウインドブレーカーを着用しました。
有馬への下りは、脚への負担を考えて、ストック 1 本使用。有馬に着きましたが、連休で有馬は混んでいますので、有馬での昼食はあきらめ、虫地獄、炭酸地獄の写真を撮って、チョコ少々と少量の飲水で、そのまま帰りの六甲登山。
帰りの登山では、行程の半分くらいでストック 1 本使用。さすがに脚がつらかったです。ウインドブレーカーは着用しませんでした。
帰りの六甲山頂から一軒茶屋に下って、そこで昼食兼休憩。壁に六甲地獄谷を描いた大きい絵があります。30 年くらい前に描かれたものらしいということです。緑が茂った風景の絵ですので、そんなに昔のものではなさそうです。
帰りの下山では、七曲がりの下りと、雨ケ峠手前の登り、横池の手前の登りではストック 1 本を使用しましたものの、あとは使用せずで、休憩なし、金鳥山あたりでの少々の給水だけで、下りました。
暖かい季節以降は、同じことはできません。
訪問者数:262人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ストック 崩落 堰堤 東屋
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ