ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 794218 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走東海

本宮山(三河富士から富士山眺望)

日程 2016年01月10日(日) [日帰り]
メンバー michele_alex
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
東名高速道路の豊川IC経由にて、ウォーキングセンター駐車場に朝7:25着。しかし、既に約30台(7割位か)が駐車。登山口近くにも駐車場あるが、ともに6〜7割は埋まっていた。複数の駐車場で合計数十台は停められると思われるが、山行の安全も考え、早めに来られることをお薦めします。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間30分
休憩
46分
合計
5時間16分
S豊川市 ウォーキングセンター07:4507:52本宮山登山口07:5709:50砥鹿神社奥宮09:5210:03本宮山10:3610:49砥鹿神社奥宮11:23砥鹿神社奥宮11:2912:54本宮山登山口13:00豊川市 ウォーキングセンター13:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所無し。もっとも、登山道に岩の露出多し。
その他周辺情報登山口近くに「本宮の湯」あり。610円。ナトリウム塩化物泉、炭酸泉。
入り口付近に、地元野菜の直売所もあり。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 着替え ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS 日焼け止め 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

ウォーキングセンターから登山口に向かう途中で十月桜が咲いていました
2016年01月10日 07:25撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウォーキングセンターから登山口に向かう途中で十月桜が咲いていました
1
登山開始。よく整備された登山道
2016年01月10日 07:36撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山開始。よく整備された登山道
十丁目の道標。五十丁目まであります
2016年01月10日 07:55撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十丁目の道標。五十丁目まであります
この辺りから植生が変わり、杉林になります
2016年01月10日 08:05撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りから植生が変わり、杉林になります
馬背岩
2016年01月10日 08:20撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬背岩
奇妙な形の岩が多くある。登山道にも様々な岩が露出しています
2016年01月10日 08:46撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奇妙な形の岩が多くある。登山道にも様々な岩が露出しています
岩と木の根とが露出している
2016年01月10日 08:48撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩と木の根とが露出している
新四十五丁目辺りの鳥居
2016年01月10日 09:06撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新四十五丁目辺りの鳥居
荒羽々気(アラハバキ)神社。祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)の荒魂(あらみたま)。健脚の守護神とのことで、今年一年の登山についてお祈りしました
2016年01月10日 09:15撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒羽々気(アラハバキ)神社。祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)の荒魂(あらみたま)。健脚の守護神とのことで、今年一年の登山についてお祈りしました
天の磐座(イワクラ)の一つ
2016年01月10日 09:17撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天の磐座(イワクラ)の一つ
砥鹿(トガ)神社奥宮の御本殿
2016年01月10日 09:23撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砥鹿(トガ)神社奥宮の御本殿
十月桜
2016年01月10日 09:31撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十月桜
是より霊峯本宮山砥鹿神社第一神域
2016年01月10日 09:35撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
是より霊峯本宮山砥鹿神社第一神域
この赤い歩道橋を渡って少し歩くと…
2016年01月10日 09:37撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この赤い歩道橋を渡って少し歩くと…
山頂です。気温は、4℃
2016年01月10日 09:40撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂です。気温は、4℃
大鳥居。
これを登山口の方に少し戻ると、右手に岩戸神社(奥の院)への参道入口があります
2016年01月10日 10:23撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大鳥居。
これを登山口の方に少し戻ると、右手に岩戸神社(奥の院)への参道入口があります
メイン登山道の東側の眺望
2016年01月10日 10:24撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
メイン登山道の東側の眺望
岩戸神社への途中。昔は茶店があったようですが、今は建物跡に水が溜まっています。錦鯉が泳いでいました
2016年01月10日 10:30撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩戸神社への途中。昔は茶店があったようですが、今は建物跡に水が溜まっています。錦鯉が泳いでいました
国見岩
2016年01月10日 10:39撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国見岩
この先に岩戸神社の祠があります
2016年01月10日 10:41撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先に岩戸神社の祠があります
富士山が綺麗に見えました。冠雪はあまり無く、白っぽくありません
2016年01月10日 11:07撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山が綺麗に見えました。冠雪はあまり無く、白っぽくありません
3
「本宮山天狗の寄木」と呼ばれる神木。樹齢約千年の杉の巨木
2016年01月10日 11:23撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「本宮山天狗の寄木」と呼ばれる神木。樹齢約千年の杉の巨木
蛙岩。顔は描かれていませんねw
2016年01月10日 11:51撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛙岩。顔は描かれていませんねw
展望台からの眺望
2016年01月10日 12:13撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台からの眺望
1
新東名高速が来月(2016/2)に開通するそうです。そのPAらしきものが見えました。長篠設楽原PA?
2016年01月10日 12:15撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新東名高速が来月(2016/2)に開通するそうです。そのPAらしきものが見えました。長篠設楽原PA?
下山しました
2016年01月10日 12:30撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山しました
ウォーキングセンターに本宮山に住む動物の剥製がありました。今年の干支の猿。登りの途中で、ギャーギャーと騒いでいました
2016年01月10日 15:08撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウォーキングセンターに本宮山に住む動物の剥製がありました。今年の干支の猿。登りの途中で、ギャーギャーと騒いでいました
ウォーキングセンターの北側から。今日は快晴で、三河富士と呼ばれる山容が綺麗に見えます。楽しい山行でした
2016年01月10日 15:39撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウォーキングセンターの北側から。今日は快晴で、三河富士と呼ばれる山容が綺麗に見えます。楽しい山行でした

感想/記録

例年ならスキーの時季だが、今年は雪が少ない為、登山に切り替えた。
前回に引き続き、雪の心配の少ないと思われる三河の中で、本宮山をセレクト。

登山客多いようなので、少し早めにと思い、7:25ウォーキングセンター駐車場着。しかし、既に7割程埋まっており、驚く。人気の山と聞いてはいたが、これ程とは。

鳥居のある登山道から登山開始。気温は4℃。登り始めは、アンダーアーマーのベースレイヤー+ル・コックの半袖、チャンピオンのトレーナー、ル・コックのウィンドブレーカー。
登山道は、よく整備されている。抜かしていく人、既に下りてくる人と挨拶を交わすが、ホント人多い!

馬背岩辺りからは地元豊川のリトルリーグの少年達が元気良く登っていく。結局、山頂まで抜いたり抜かれたりしながら、同行することになる。少し話した子は7歳でした。行き(登り)は、目を閉じれば、山ではなく野球のグラウンドにいるような歓声に包まれていた。

登山道は、林道との交差点(21丁目辺り)までは歩き易い(服装は、既に、ベースレイヤー+半袖Tシャツの2枚)。
しかし、この交差点からは急登が続くので、ギアチェンジが必要。
馬背岩が最大の難所。晴れていたので問題無かったが、雨の後などは滑らないように注意が必要かも。

岩と木の根の露出した登山道を行く。変化に富んでいて、飽きない。

幾つか鳥居をくぐって、荒羽々気神社、八柱神社を過ぎると、砥鹿神社本宮(御本殿)に着く。

富士山遥拝所から綺麗に富士山が見える。快晴に感謝。

流石に歩みを止めると、身体が冷えてくる。気温は4℃。
赤い大鳥居を越えたところにある休憩所で、服装を再び登り始めの4枚に。

赤い橋を渡る。下は新城市へ向かう道路。若干、興醒め。

山頂には10:00着。電波塔などあり、自然を満喫する雰囲気には到底ない。
それでも、良い天気で、豊川市内の眺望を楽しむ。
山頂で寝っ転がれるなんて、竜ヶ岳以来かな。

しかし、風強く、少し腹ごしらえをして、引き上げる。
下山開始。

下山時は、行きにスルーした奥の院(岩戸神社)へ。少し分かりにくいが、人が踏み固めた道を行く。岩戸神社の祠まで15分くらいか。国見岩まで辿り着いたら、その右手に下る階段あり。ずっと下っていくと、祠がある。山頂での少し興醒めな感じが、静謐な雰囲気によって救われる。少し長めに手を合わせた。

再びメインの登山道に戻った後は、往路を戻る。また多くの登山客が下山し、また登ってくる。年配の方も、家族連れも、多かった。この日の合計で、挨拶を交わした人は、100人を下らなかった。本当に、登山の好きな人、スポーツをする人、体力づくりをする人などに親しまれているんだと実感する。

13:00下山。気温は7℃。

本宮の湯で疲れを取った後、行きに寄れなかった(開館前だった)ウォーキングセンターに立ち寄る。案内の女性の方が快く色んなことを教えて下さるので、ついつい長居した。雪の時季のこと、年配の方でもお元気で登られていること(奥宮の休憩所の番付参照!)、登山道整備のボランティアの方のこと等々。ありがとうございました。

山行としての歩数は18,550歩。


訪問者数:362人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 林道 山行 奥の院 道標 神木
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ