ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 794310 全員に公開 沢登り丹沢

不動沢/谷太郎川水系/丹沢

日程 2016年01月10日(日) [日帰り]
メンバー kawamasa(CL), その他メンバー2人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

8:12 入渓 ⇒ 8:45 不動の滝 8:52 ⇒ 9:43 二条の滝 9:51 ⇒ 9:52 美人の滝 10:00 ⇒ 10:08 二股(470m付近) ⇒ 12:16 二股(650m付近) ⇒ 13:48 稜線 ⇒ 13:53 稜線800m付近ピーク ⇒ <不動沢右岸尾根> ⇒14:00 750m付近(休憩) 14:20 ⇒ 14:30 616m付近ピーク ⇒ 14:58 415m付近ピーク ⇒ 15:23 谷太郎川林道
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

入渓ポイント
2016年01月10日 08:12撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入渓ポイント
閉めました
2016年01月10日 08:16撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
閉めました
入渓直後は
2016年01月10日 08:18撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入渓直後は
こんなかんじで、どうなることやらと思いましたが
2016年01月10日 08:23撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなかんじで、どうなることやらと思いましたが
不動の滝(8メートル)
滝の落ち口の不動明王の祠があります
2016年01月10日 08:43撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動の滝(8メートル)
滝の落ち口の不動明王の祠があります
右側を巻く
2016年01月10日 08:48撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側を巻く
ちょっと不安定
2016年01月10日 08:51撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと不安定
不動明王
2016年01月10日 08:52撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動明王
350メートル付近から面白くなってきます
2016年01月10日 09:14撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
350メートル付近から面白くなってきます
二条の滝(15メートル)
左のルンゼ状から巻く
2016年01月10日 09:43撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二条の滝(15メートル)
左のルンゼ状から巻く
二条の滝を越すと優美な美人の滝(2段10m)
光を浴びて実に美しい
右側を小さく巻いて登るが、落ち口に出るところがちょっとイヤらしいので、お助けを出す
2016年01月10日 09:52撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二条の滝を越すと優美な美人の滝(2段10m)
光を浴びて実に美しい
右側を小さく巻いて登るが、落ち口に出るところがちょっとイヤらしいので、お助けを出す
470メートル分岐は右に
日が当たって暖かそうだったのが選択ポイント(笑)
2016年01月10日 10:10撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
470メートル分岐は右に
日が当たって暖かそうだったのが選択ポイント(笑)
すぐの出てくる滝(7メートル)は左側を巻いたが、滝上にでるトラバースがちょっと厄介だった
2016年01月10日 10:15撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐの出てくる滝(7メートル)は左側を巻いたが、滝上にでるトラバースがちょっと厄介だった
で、ロープを出す。滑落するとかなり下まで転落する感じ
2016年01月10日 10:39撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、ロープを出す。滑落するとかなり下まで転落する感じ
涸滝が連続
2016年01月10日 10:51撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸滝が連続
やや被り気味の涸れ滝
ハーケン一枚打ち
2016年01月10日 11:00撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やや被り気味の涸れ滝
ハーケン一枚打ち
涸滝(2段15メートル)
左から合わせて巻く
2016年01月10日 11:19撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸滝(2段15メートル)
左から合わせて巻く
650メートル付近分岐は右に
2016年01月10日 12:16撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
650メートル付近分岐は右に
急峻で脆いルンゼから左の支尾根に乗る
ルンゼは脆い岩の上に落ち葉が積もっていて、滑りやすい
この付近の沢のツメはどこも、こんな感じ
2016年01月10日 12:41撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急峻で脆いルンゼから左の支尾根に乗る
ルンゼは脆い岩の上に落ち葉が積もっていて、滑りやすい
この付近の沢のツメはどこも、こんな感じ
不動沢と鳥屋待沢の中間尾根を下山
2016年01月10日 13:54撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動沢と鳥屋待沢の中間尾根を下山
撮影機材:

感想/記録

沢初めに丹沢三峰東面の谷太郎川水系の不動沢に

同じ水系の鳥屋待沢、大小屋沢以上に下流部は人里臭く、入渓してから暫くは「こりゃ選択を失敗したかな?」と思ってしまうような沢だが、350メートル付近の中流域からは素晴らしい渓相が展開し始める 。連続する涸滝の直登、高巻きのルート選択、脆いトラバースの処理等、入渓直後の印象とは異なり、なかなか歯ごたえのある沢である。この流域は、蛭が多いため敬遠されるが、冬の沢登りの対象としては実に趣ある地帯だと思う。
三峰東面の沢は、どこもツメ付近のルンゼが急峻で脆く、慣れないと処理に時間がかかる。今回は、ルンゼと支尾根の詰め上げで。50mロープをいっぱいに使って、計2ピッチ。同行メンバーの一人は沢経験1年弱だが、この流域は初めての経験だったためか、やや苦労していた様子。

※写真のポインティングは衛星の捕捉状態が悪いのか、結構ズレているので注意
訪問者数:213人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ