ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 794377 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

富士山・南アがくっきりの鍋割山・塔ノ岳(表丹沢県民の森から鍋割山稜、大倉尾根 周回)

日程 2016年01月10日(日) [日帰り]
メンバー shibusan
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
往路:東名高速 秦野中井IC、県道71号・62号・706号、県立秦野戸川公園、三廻部林道 経由(大倉のコインパーキングが満車だった為、秦野戸川公園から表丹沢県民の森に移動した)
駐車:上秦野林道 路肩(表丹沢県民の森駐車場付近)
復路:三廻部林道、堀川、県道706号・62号・71号、東名高速 秦野中井IC 経由

三廻部林道・上秦野林道 みくるべ病院〜表丹沢県民の森駐車場付近までのドライブレコーダー動画:
https://youtu.be/kiD-xhCt0ZQ

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

07:55 表丹沢県民の森駐車場
08:20 二俣
09:05 後沢乗越

10:05 鍋割山頂 10:45

11:15 小丸尾根分岐
11:25 大丸
11:35 金冷し

11:50 塔ヶ岳山頂 12:25

12:40 金冷し
12:55 花立山荘
13:15 天神尾根分岐
13:25 堀山の家 13:35
14:30 二俣
14:50 表丹沢県民の森駐車場

GPSロガー:山と高原地図 on iPhone 6
写真のGPSは、「RICOH WG-5 GPS」で取得されたもので、iPhone 6と若干ズレが発生している
コース状況/
危険箇所等
鍋割山稜、大倉尾根は、危険個所なし。山頂近辺は、所々、泥濘あり。
堀山の家〜二俣は、点線(バリエーションルート)の為、自己責任で。道標はなく、木に付けられた、赤黄のテープ、白のペイントを目印に注意深く進む。(遭難事故が多いとのこと)
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

備考 ドライレイヤー:finetrack スキンメッシュT
ベースレイヤー:mont-bell ジオラインL.W.ハイネックシャツ Men's
ミドルレイヤー:mont-bell ジオライン 3Dサーマル ジャケット Men's
ボトムス:Alpine DESIGN ストレッチカーゴパンツ
ハット:mont-bell ワイドブリムハット
グローブ:Millet ウール インナー グローブ
フットウェア:mont-bell ラップランドブーツ Men's
バックパック:Gregory Z40
チェストバッグ:PaagoWorks フォーカス L(カメラバッグ)
トレッキングポール:Black Diamond トレイルショックコンパクト

(表丹沢県民の森〜鍋割山稜2、塔ノ岳山頂〜表丹沢県民の森)
アウター:mont-bell ライトシェル アウタージャケット Men's

写真

日曜日AM7時 大倉のコインパーキングは満車だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日曜日AM7時 大倉のコインパーキングは満車だった。
表丹沢県民の森に移動し、上秦野林道の路肩に駐車。
2016年01月10日 07:52撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表丹沢県民の森に移動し、上秦野林道の路肩に駐車。
1
坂だったので、タイヤに滑り止めの石を置いた。
2016年01月10日 07:44撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坂だったので、タイヤに滑り止めの石を置いた。
トイレは駐車場の奥にあった。
2016年01月10日 07:54撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トイレは駐車場の奥にあった。
1
まずは、上秦野林道を二俣方面へ歩く。
2016年01月10日 07:53撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは、上秦野林道を二俣方面へ歩く。
林道ゲートの脇を通過。
2016年01月10日 07:58撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道ゲートの脇を通過。
2
上秦野林道を進む。
2016年01月10日 07:59撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上秦野林道を進む。
歩いている道は、水無堀山林道に変わり、勘七橋を渡る。流れる川は、四十八瀬川。
2016年01月10日 08:08撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いている道は、水無堀山林道に変わり、勘七橋を渡る。流れる川は、四十八瀬川。
再び、林道ゲートの脇を通過。
2016年01月10日 08:09撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び、林道ゲートの脇を通過。
西山林道出合い。そのまま直進すると、大倉に行ってしまう。
2016年01月10日 08:10撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西山林道出合い。そのまま直進すると、大倉に行ってしまう。
ゲートが見える左の表丹沢県民の森から来た。道標に従って、二俣へは右へ進む。
2016年01月10日 08:11撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートが見える左の表丹沢県民の森から来た。道標に従って、二俣へは右へ進む。
二俣に到着。鍋割山稜0。
2016年01月10日 08:17撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二俣に到着。鍋割山稜0。
道標の先に河原と勘七沢を渡る木橋が見える。
2016年01月10日 08:17撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標の先に河原と勘七沢を渡る木橋が見える。
この手の木橋は、縦揺れが大きい。
2016年01月10日 08:19撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この手の木橋は、縦揺れが大きい。
2
小丸尾根の分岐。そのまま鍋割山稜を進む。
2016年01月10日 08:21撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小丸尾根の分岐。そのまま鍋割山稜を進む。
1
木橋で本沢を渡る。
2016年01月10日 08:35撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木橋で本沢を渡る。
3
鍋割山稜2。ここから坂が急になりそうだったので、ザックを下ろし、アウターのソフトシェルを脱いだ。
2016年01月10日 08:40撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割山稜2。ここから坂が急になりそうだったので、ザックを下ろし、アウターのソフトシェルを脱いだ。
この場所は、ボランティアで運ぶペットボトルが置いてある。
2016年01月10日 08:43撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この場所は、ボランティアで運ぶペットボトルが置いてある。
鍋割山稜を進む。
2016年01月10日 09:01撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割山稜を進む。
後沢乗越に到着。鍋割山稜5。
2016年01月10日 09:06撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後沢乗越に到着。鍋割山稜5。
後沢乗越から急登が続く。
2016年01月10日 09:06撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後沢乗越から急登が続く。
鍋割山稜を進む。
2016年01月10日 09:41撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割山稜を進む。
鍋割山頂手前に、富士山のスポットが現れた。
2016年01月10日 09:59撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割山頂手前に、富士山のスポットが現れた。
1
美しい富士山。
2016年01月10日 09:56撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しい富士山。
10
右隣に南アルプスも。
2016年01月10日 09:59撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右隣に南アルプスも。
5
鍋割山頂(1272.5m)に到着。
2016年01月10日 10:06撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割山頂(1272.5m)に到着。
1
もちろん鍋割山頂からも富士山はばっちり。
2016年01月10日 10:08撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もちろん鍋割山頂からも富士山はばっちり。
1
富士山をズームアップ。
2016年01月10日 10:08撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山をズームアップ。
3
「ヤマスタ」アプリ、「鍋割山」でチェックイン。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「ヤマスタ」アプリ、「鍋割山」でチェックイン。
鍋焼きうどんとやまなみ登頂スタンプラリーの押印を目当てに、鍋割山荘へ。
2016年01月10日 10:05撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋焼きうどんとやまなみ登頂スタンプラリーの押印を目当てに、鍋割山荘へ。
富士山と南アルプスを眺めながら鍋焼きうどん(卵なし)を頂いた。
2016年01月10日 10:23撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山と南アルプスを眺めながら鍋焼きうどん(卵なし)を頂いた。
8
「ヤマスタ」アプリ、「鍋割山荘の鍋焼きうどん」でチェックイン。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「ヤマスタ」アプリ、「鍋割山荘の鍋焼きうどん」でチェックイン。
1
富士山と南アルプス。
2016年01月10日 10:40撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山と南アルプス。
5
南アルプス(赤石岳、悪沢岳)をアップ。
2016年01月10日 10:41撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプス(赤石岳、悪沢岳)をアップ。
2
塔ノ岳に向けて鍋割山を出発。
2016年01月10日 10:43撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳に向けて鍋割山を出発。
鍋割山稜を進む。
2016年01月10日 11:06撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割山稜を進む。
2
途中、秦野、小田原の街並みと、駿河湾、大島がよく見えるスポットがあった。
2016年01月10日 11:10撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、秦野、小田原の街並みと、駿河湾、大島がよく見えるスポットがあった。
3
大島(三原山)のアップ。
2016年01月10日 11:10撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大島(三原山)のアップ。
4
小丸尾根分岐を通過。
2016年01月10日 11:14撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小丸尾根分岐を通過。
大丸(1,386m)を通過。
2016年01月10日 11:25撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大丸(1,386m)を通過。
金冷し(大倉尾根)まで来た。
2016年01月10日 11:35撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金冷し(大倉尾根)まで来た。
金冷しからの急登は堪える。
2016年01月10日 11:38撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金冷しからの急登は堪える。
塔ノ岳山頂(1,491m)に到着。
2016年01月10日 11:56撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳山頂(1,491m)に到着。
8
さすが日曜日の塔ヶ岳。山頂は人が多い。
2016年01月10日 11:54撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さすが日曜日の塔ヶ岳。山頂は人が多い。
3
富士山と拘留孫仏(狗留尊仏)如来像。
2016年01月10日 11:54撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山と拘留孫仏(狗留尊仏)如来像。
1
塔ノ岳の富士山は、ちょっと雲がかかってしまった。
2016年01月10日 11:55撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳の富士山は、ちょっと雲がかかってしまった。
2
北西方向。写真左端のピークが檜洞丸。右端から3つ目のピークが蛭ヶ岳。
2016年01月10日 11:54撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北西方向。写真左端のピークが檜洞丸。右端から3つ目のピークが蛭ヶ岳。
2
蛭ヶ岳方面をアップ。写真左端から、蛭ヶ岳、鬼ヶ岩、不動の峰。
2016年01月10日 11:54撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳方面をアップ。写真左端から、蛭ヶ岳、鬼ヶ岩、不動の峰。
東の大山方面。中央に見える尾根道が「表尾根」で、その先のピークが「木ノ又大日」。
2016年01月10日 11:57撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東の大山方面。中央に見える尾根道が「表尾根」で、その先のピークが「木ノ又大日」。
1
大山のアップ。
2016年01月10日 11:58撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山のアップ。
2
「木ノ又大日」のアップ。木ノ又小屋が見える。
2016年01月10日 11:59撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「木ノ又大日」のアップ。木ノ又小屋が見える。
1
西方向。南アルプス(左から聖岳、赤石岳、悪沢岳、塩見岳、農鳥岳、間ノ岳、北岳、観音岳)が見える。
2016年01月10日 12:01撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西方向。南アルプス(左から聖岳、赤石岳、悪沢岳、塩見岳、農鳥岳、間ノ岳、北岳、観音岳)が見える。
1
南アルプスをアップ。左から、農鳥岳、間ノ岳、北岳、観音岳。
2016年01月10日 12:01撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプスをアップ。左から、農鳥岳、間ノ岳、北岳、観音岳。
5
やまなみ登頂スタンプラリーの押印の為、尊仏山荘に寄った。
2016年01月10日 11:55撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やまなみ登頂スタンプラリーの押印の為、尊仏山荘に寄った。
トイレ(チップ制100円)にも寄った。
2016年01月10日 12:10撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トイレ(チップ制100円)にも寄った。
1
素晴らしい景観が名残り惜しいが、キリがないので、下山開始。
2016年01月10日 12:27撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素晴らしい景観が名残り惜しいが、キリがないので、下山開始。
3
金冷し。下山は、大倉尾根へ。
2016年01月10日 12:40撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金冷し。下山は、大倉尾根へ。
このような通路が取り付けられていた。
2016年01月10日 12:42撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このような通路が取り付けられていた。
花立山荘に到着。
2016年01月10日 12:53撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花立山荘に到着。
大倉尾根 花立山荘からの下りは、展望がよい。
2016年01月10日 12:55撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大倉尾根 花立山荘からの下りは、展望がよい。
1
戸沢(天神尾根)への分岐。
2016年01月10日 13:14撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸沢(天神尾根)への分岐。
大倉尾根は急な下りが続く。登ってくる登山者の表情がみな険しい。
2016年01月10日 13:14撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大倉尾根は急な下りが続く。登ってくる登山者の表情がみな険しい。
1
堀山の家に到着。
2016年01月10日 13:26撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堀山の家に到着。
1
ここから「二俣」へ抜けるバリエーションルートを進む。道標はなく、遭難事故多発で危険との案内板のみ。
2016年01月10日 13:34撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから「二俣」へ抜けるバリエーションルートを進む。道標はなく、遭難事故多発で危険との案内板のみ。
木に付けられた、赤黄のテープ、白のペイントを目印に注意深く進む。
2016年01月10日 13:35撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木に付けられた、赤黄のテープ、白のペイントを目印に注意深く進む。
「小草平の沢渡渉地点」。小草平ノ沢には、小さな滝があった。
http://www.yamareco.com/modules/yamainfo/ptinfo.php?ptid=21002
2016年01月10日 14:12撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「小草平の沢渡渉地点」。小草平ノ沢には、小さな滝があった。
http://www.yamareco.com/modules/yamainfo/ptinfo.php?ptid=21002
1
堀山の家からのバリエーションルート、二俣側の出口。木に取り付けられた遭難事故多発で危険の案内板が目印。
2016年01月10日 14:22撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堀山の家からのバリエーションルート、二俣側の出口。木に取り付けられた遭難事故多発で危険の案内板が目印。
二俣の「鍋割山稜0」。バリエーションルートからは、写真右側から下りてきた。
2016年01月10日 14:28撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二俣の「鍋割山稜0」。バリエーションルートからは、写真右側から下りてきた。
「表丹沢県民の森」駐車場近くのゲートが見えた。
2016年01月10日 14:47撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「表丹沢県民の森」駐車場近くのゲートが見えた。
やまなみ登頂スタンプラリーのスタンプ。左から鍋割山と塔ヶ岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やまなみ登頂スタンプラリーのスタンプ。左から鍋割山と塔ヶ岳。
3

感想/記録

久しぶりに塔ノ岳に登りたくなったので、日曜日の早朝に、秦野市大倉方面へ向かった。

朝7時位に、県立秦野戸川公園に到着したが、24時間コインパーキングは満車だった。日曜日だと朝7時でも遅すぎるようだ。公園付近は、登山客でいっぱいで、大半が大倉尾根を登ることを考えると窮屈になった。8時位に公園の駐車場が開くのを待ちたくないので、表丹沢県民の森に行ってみることにした。

表丹沢県民の森の駐車場はもちろん満車だが、上秦野林道の路肩は空いていた。塔ノ岳の他に、丹沢山へ行くか、鍋割山へ行くか悩んでいたが、二俣からだと必然的に近い鍋割山になった。

今年は、年末から正月に掛けて好天が続いているので、この日の天気も期待しており、案の定、好天だった。鍋割山、塔ヶ岳等から、富士山、南アルプス、駿河湾等がはっきり見えた。丹沢から、南アルプスがこんなにもよく見えるとは思わなかった。

鍋割山荘では、名物の鍋焼きうどんを食べた。暖かくて美味しかった。混んで一度に纏めて調理している時に卵抜きを注文した為、少々手間を取らせてしまった。

やまなみ登頂スタンプラリーのスタンプは、鍋割山、塔ノ岳で押印できた。iPhoneヤマスタアプリのチェックインは、鍋割山(含 鍋割山荘の鍋焼きうどん)ではできたが、塔ノ岳では電波が圏外でできなかった。どこか電波が繋がる場所があるのかもしれない。

下山は、堀山の家まで大倉尾根を利用した。登ってくる登山者の表情がみな険しかった。堀山の家から二俣までは、バリエーションルートを下った。遭難事故が多いとのことで、木に付けられた、赤黄のテープ、白のペイントを目印に注意深く進んだ。

丹沢の次回は、急登が続く大倉尾根を登ってみたくなった。



訪問者数:435人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ