ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 794555 全員に公開 ハイキング近畿

皆子山

日程 2016年01月10日(日) [日帰り]
メンバー m_89
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
付近に登山者用の駐車場は無い。
駐車は国道367号線の路肩、若しくは退避スペース。
平バス停に登山ポスト有り。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間49分
休憩
45分
合計
3時間34分
S退避スペース11:3811:42平バス停12:11寺谷橋出合12:2013:36皆子山14:1215:07平バス停15:12退避スペースG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●平〜寺谷出合
林道歩き(林道入口に鎖が架けられている)
付近の集落の畑では獣除け柵がしてあり、林道地面には複数種の獣の足跡があった。
寺谷橋を過ぎてすぐの寺谷出合にて靴を脱いで川を渡る。
とても冷たいが登山靴ごと浸かるよりはマシと判断。
案の定、川にある石は滑り易かった。

●寺谷出合〜皆子山
途中でルートミスする。(感想の中に記載)

●皆子山〜平
皆子山山頂は広く東側の展望良い。
三角点は有るが、指導標が無く、幾つも下山するルートがあるように思えた。
皆子山からは赤テープがあった北側へ一旦下山を開始するが断念。(感想の中に記載)
平への下山ルートは基本尾根伝いで赤テープ等が沢山着いてあって道もハッキリとしている。
途中で国道367号線が見え、正教院横へ下山する。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

川を渡り切った後、とても冷たい
2016年01月10日 12:17撮影 by Canon PowerShot G12, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川を渡り切った後、とても冷たい
3
ルートミスし進んだ途中にあった山小屋横の水場のある炊事場
2016年01月10日 12:36撮影 by Canon PowerShot G12, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルートミスし進んだ途中にあった山小屋横の水場のある炊事場
2
皆子山山頂近くの展望の良い場所で琵琶湖方面を望む。
2016年01月10日 13:30撮影 by Canon PowerShot G12, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皆子山山頂近くの展望の良い場所で琵琶湖方面を望む。
3
撮影機材:

感想/記録
by m_89

寺谷出合から少し登った先でコースアウトする?
谷筋を登り詰めるはずが、違う赤テープ等を伝って尾根を登って行く事に。
途中で小屋のようなものが見え、近付いて確認するとトイレだった。
その先に立派な山小屋があり、さらに先には水が出ている炊事場が有った。
小屋の前には木から吊るしたブランコがあった。
しかし、そこから辺りを散策するも赤テープ等が無く登るルートがわからなくなる。
小屋の右横に踏み跡があったので、少し進むと木に巻いた赤テープがあった。
それを頼って稜線に出ると、そこから左に折れて細い稜線にある境界の杭を忠実に辿って進むと本来のルートに出た。
本来のルートの出合点は平への矢印標地点。

皆子山から周回する予定で北側へオレンジリボンを頼って下山を開始したが、途中で坂の傾斜がキツくなったのとリボンが確認出来なかったので周回を断念する。
山頂へ登り返して元来た道を戻って、平への矢印標から平方面へ戻った。

平〜皆子山のルートは分かりやすいと思った。
しかし、自分が途中で間違えたのもあるが、この山域は指導標が少なく初心者向きでは無いと感じた。
獣の足跡と獣の糞を沢山見掛けたが、獣には出会わなかった。
また一人のハイカーとも出会わなかった。

登る山域の山、分岐点等の位置関係は事前に頭に入れていたが、ルートミスした原因として谷筋を登り詰める事が頭に入って無く、またハッキリとしたマップを持っていなかった事。
結果としてルートを間違えたが、いつでも引き返す気持ちを持っていつもよりは落ち着いて目印を探し確認して進んだ事から、迷ったとは思わずに今回は登頂出来た。
だが、今回はルート確認等の調査不足なのは否めないので反省する。
しかし、不思議と、また登りたいと思った山でもあった。
訪問者数:382人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/1/23
投稿数: 74
2016/1/25 0:29
 山小屋
その山小屋は、京都工芸繊維大学ワンダーフォーゲル部の「皆子山荘」です。
登録日: 2010/4/25
投稿数: 32
2016/1/31 22:25
 コメント有難うございます
返信遅くなりました。
あの立派な小屋は皆子山荘なのですね。
教えて頂き有難うございます。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

赤テープ 林道 三角点 水場 出合
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ