ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 794613 全員に公開 山滑走東北

会津駒ヶ岳

日程 2016年01月09日(土) [日帰り]
メンバー katsuki123
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

[6:00]滝沢 発
[12:15]駒の小屋 着
[13:15]会津駒ヶ岳 着
[16:30]滝沢 下山
コース状況/
危険箇所等
やはり雪が少なく、登山口からしばらくはツボ足でした。写真は下山時に撮ったものです。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

駒の小屋。冬季は閉じてます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒の小屋。冬季は閉じてます。
3
小屋前斜面。ガスっていてわかりずらいですが、白くぬけています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋前斜面。ガスっていてわかりずらいですが、白くぬけています。
下山途中の尾根上り返し後co.1910。このくらいの標高であれば尾根上は疎林帯。尾根が平らなところはうまくいかないと滑れずに歩きになってしまいます。尾根北側は南より樹林が薄いのですが、ちょっとした沢型地形も多い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山途中の尾根上り返し後co.1910。このくらいの標高であれば尾根上は疎林帯。尾根が平らなところはうまくいかないと滑れずに歩きになってしまいます。尾根北側は南より樹林が薄いのですが、ちょっとした沢型地形も多い。
1
下っていくと樹林が濃くなっていき、最終的に土が露出する状況。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下っていくと樹林が濃くなっていき、最終的に土が露出する状況。

感想/記録

多少は雪が積もっていることを期待して会津駒ヶ岳に行ってみた。ひょっとしたら大戸沢岳のほうに行けるかもと思っていたが、まだまだ無理ですね。
滝沢からヘッドライトをつけて、町内放送の「夏の思い出」をBGMに林道をシールで進んだ。積雪は控えめで、林道序盤はストックの先が地面に当たる程度だった。
登山口の階段を上った先も雪はうっすらと被る程度で、20〜30分ツボ足で上ってからシールに切り替えた。序盤は夏道を行き、中盤からは尾根上を、帰りに滑るルートを探りつつ小屋へ向かって上った。ルート上危険な個所は特にないが、尾根が平らなところは微妙な起伏があり、帰りのスキーを考慮したルート取りはなかなか難しい。途中、暑くて脱いだネックウォーマーを落としたが、後続の登山者が枝にかけておいてくれていた。感謝。
小屋下からピークはガスがでていたものの、ほぼ無風だったので、時間が押しているのを承知で駒ヶ岳へ行った。
帰りは、ピークからスキーで下りたかったが、斜度の感覚がわからないくらいガスが濃かったので、来た道を小屋まで引き返した。小屋下のポコをまいて平坦な尾根の北斜面を滑ったが、途中の沢型は白くぬけていて雪の状態もいやらしい感じがしたので、上り返して尾根を下り、ブッシュが濃くなるあたりからツボ足で滝沢まで下った。夏道はしばらく下っていくと雪がぐさぐさになっていて、まるで残雪期のようだった。もっと雪が降ってくれると大戸沢等周辺の山も行けるのだけど、どうにかならないものかな。
訪問者数:640人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ストック ガス 林道
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ