ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 794854 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走富士・御坂

三ツ峠〜本社ヶ丸〜天下茶屋

日程 2016年01月10日(日) [日帰り]
メンバー drunk
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
三ツ峠登山口※天下茶屋まで進入可

東名「富士IC」からR139→河口湖大橋→御坂道を目指す。
その後「三ツ峠」の案内看板がある。

道路状況:R139は、降雪、凍結なし(ノーマルで問題ないと思います)

駐車スペース:無料(早朝に満車になり、天下茶屋を含めて路駐多し)

トイレ:三ツ峠登山口、四季楽園、天下茶屋にあり
    ※但し使用可否は不明

コンビニ:R139上及び河口湖周辺に数件あり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間40分
休憩
16分
合計
5時間56分
S金ヶ窪登山口05:4005:40西川新倉林道脇駐車場05:4505:47金ヶ窪登山口06:40展望ポイント-106:46三つ峠山荘06:56三ッ峠山06:5807:12御巣鷹山07:52茶臼山08:05大幡山08:0608:26大幡八丁峠08:2708:44清八山08:49清八峠09:14本社ヶ丸09:1709:43清八峠09:48清八山09:4910:09八丁山10:1010:26八丁峠10:55御坂峠10:5711:11天下茶屋11:24三ツ峠登山口バス停11:35西川新倉林道脇駐車場11:36ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
山行歩行時間=5間51分(標準時間=7時間0分)
歩行距離=20.11km
標高差=544m
平均速度=3.43km/H
※全てGPSログより
 GPSログは長めに表記されているので、参考程度として下さい。
 データの間引きは1,000P以下にしています。
 (NV-U37使用:NMEA形式で記録後、フリーソフトでGPX形式に変換)
コース状況/
危険箇所等
1.登山道に積雪&凍結はありません
2.御巣鷹山以降、日陰になる為、結構寒さを感じる
3.御巣鷹山以降の登山道は結構荒れていますが、トレースはあります
4.全体的にアップダウンあり、但し八丁峠以降は気持ちの良い尾根歩き
5.本社ヶ丸手前は岩場あり(降雨後は凍結の恐れがあり危険)
6.天下茶屋以降は一般道歩き
7.三ツ峠山荘&天下茶屋は営業中でした

装備

個人装備 ヒートテックTシャツ 長袖シャツ アンダータイツ ノマドジャケット ノマドパンツ 靴下 帽子(ニット帽) 手袋(冬用) ストームクルーザージャケット(パンツは未使用) 着替え ザック ザックカバー スパッツ ダブルストック 行動食(SOYJOY×1+おにぎり×2+パン×1) 非常食(ビタミン剤+ドライフード) 飲料(スポーツドリンク×3+山専ボトル500mL) 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池(GPS+ デジカメ用) GPS ファーストエイドキット 常備薬(痛み止め) 日焼け止め リップ ロールペーパー 保険証(コピー) 携帯 タオル ツェルト 浄水ストロー(常備) 万能ナイフ(常備) カメラ(コンデジ+ミラーレス) エクストラクターポイズンリムーバー(常備) パラコード(予備30m) ホッカイロ(常備) ネックウォーマー(常備) ウルトラライトダウン(常備) 熊鈴×2(常備)

写真

三ツ峠山荘から。もうすぐ紅富士の登場となりますが、移動を優先させた為、最高潮の写真はありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ツ峠山荘から。もうすぐ紅富士の登場となりますが、移動を優先させた為、最高潮の写真はありません。
1
写真以上に、全体が燃えていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真以上に、全体が燃えていました
1
本当は、ここで紅富士を見たかったのですが、ちょっと遅れました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本当は、ここで紅富士を見たかったのですが、ちょっと遅れました。
8
御巣鷹山。これを「二鷹」とするか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御巣鷹山。これを「二鷹」とするか?
2
清八山からの眺望
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清八山からの眺望
2
本社ヶ丸山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本社ヶ丸山頂
2
そこからの眺望
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこからの眺望
2
清八山からの下山はこんな感じの尾根です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清八山からの下山はこんな感じの尾根です
1
そこからの尾根はこんな感じ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこからの尾根はこんな感じ
1
木に阻まれつつではありますが、富士山の眺望はあります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木に阻まれつつではありますが、富士山の眺望はあります
1
天下茶屋下山道の看板
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天下茶屋下山道の看板
1
旧御坂峠から
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧御坂峠から
1

感想/記録
by drunk

2016年1月10日(日)
2015年12月から続く長時間&長距離歩きにより、蓄積疲労が抜けずにいる。
また右足の状態も良くないので(既に捻挫から3ヶ月)、雪山も避けつつ
今回は過去訪れてはいるものの、ログが無い山行の中から、
記録を残す目的で、標高差のないルートを選択した。

もっとも、今シーズンの付近の山は、雪が少なく
あまり行く気持ちにもなれずにいる。
理由は、昨シーズンこれでもか!
と言う位あちこち出かけたので、雪の少ない現時点で
付近の雪山に行こうとは思わないからである。
また雪の無い道を走るのは、スタッドレスタイヤを痛めるだけなので
ここへきてセコさ満点、長距離移動を控えているのである……(-。-)ボソッ

さて、人気の「三ツ峠」、駐車場着は5:30頃でしたが、
既に空きスヘースは僅かとなっていた。
まあ自分のスタイルとしても、現地着は遅い感じですが、
とりあえず車は停められました。
で、即効で支度をしてヘッデン装着にてスタートです。

いつもの時間のスタートではありますが、
今回は、日の出の富士山を見る事が目的です。
そして暗闇の中歩き始めますが、基本的に車が通る道なので問題はありません。
ただ完全舗装路ではなく、クラッシャーで整地しているだけなので、
大雨等でえぐれている箇所は多々あります。
ちなみに、本日は今シーズン最低気温に近い寒さです。
※車の移動中の外気=-5℃表示

スタートして約1H、三ツ峠山荘に着きました。
この時点で富士山は薄紅色に染まっていたので、
すぐに紅富士と化す状態でした。
ただここまで少なからず汗をかいていた体では、
立ち止まっていると体が冷えてしまうので、山頂への移動を優先させました。
この決断が、紅富士最高の場面を写真に収める事が出来ない
最大の原因となりました。(゜ロ゜;) ハウッ!!。。
ダイヤモンド富士みたいな、こだわりもなく、
準備が不足していたと思います。
紅富士は、いつでも見られると……(-。-)ボソッ
なお個人的には、河口湖周辺からの富士山の顔立ちは良いと思います。

で、三ツ峠をあとにして、御巣鷹山から清八山、本社ヶ丸に向かいますが、
御巣鷹山以降の登山道は、結構荒れています。
樹林帯の中、リボン等案内も少なく、つまらない感じです。
ただトレースはありますので、分岐さえ間違わなければ、と思います。
また全体的にアップダウンがあり、
清八山までは、日陰も多く寒さを感じます。
本社ヶ丸手前には岩場がありましたが、凍結など無く問題ありませんでした。
なお清八山〜本社ヶ丸間は、偽ピークが数回あります。

本社ヶ丸をあとにして、清八山からは気持ちの良い尾根歩きになり、
木々の間からではあるものの、富士山を見ながらの歩きになります。
※たまに眺望の開ける箇所あり。
この頃になると太陽の暖かさが増し、穏やかな山歩きと言う感じです。
なので、他の登山者とのすれ違いも増えます。

八丁峠には「見回り道」の分岐がありますが、
雨などでかなり荒れている感じです。
以前はここを下山しましたが、今回は足を延ばします。

天下茶屋下山道の案内の所を下山すると、
整備された登山道にはなりますが、
大量の枯葉が滑りやすくて歩き難さを感じます。
ちょっとした表層雪崩ならぬ、表層枯葉崩と言う感じですね。
何やら、カムイ外伝にでてくる忍法名の様ですが……(-。-)ボソッ
なお正しくは「十文字霞崩」です。

と言う事でゆっくり下山は、前回同様となり、ちょっと物足りない感じです。

御坂峠に下山すると、初天下茶屋となりました。
御坂山系は多々訪れているものの、今更ここに初めてとは自分でも驚きですが、
とりあえず混雑している場所はスルーして移動します。
(^_^;)\('_') ォィォィ...

なおこの時期、ここからのバスはありません。
なので歩きで移動となりますが、大した距離ではありません。
ただ、車道歩き&車の往来多数なので、注意が必要です。

駐車場着≒11:36
この時点で登山開始と言う人も多数いました。
駐車場が満車のため、かなり下の方から歩く方もいらした模様です。

ちなみに車移動中、猿との遭遇がありました。
訪問者数:434人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/25
投稿数: 919
2016/1/11 19:12
 なるほど!こう歩きますかっ✨
drunkさん、こんばんは(^^♪
いやはや、三つ峠とタイトルを見て、地図を確認してビックリ!こういう歩き方もあるのですね〜!ヾ(≧▽≦)ノ御巣鷹以降はちょっと荒れ気味のようですが、まずその発想がなかったので驚きでした!!
朝のピンクのグラデーションのお空に富士山がキレイですね〜〜〜♬紅富士、ちょっと惜しかったですね💦でも8枚目の富士山はちょっとピンクに染まってイイ感じです(´艸`*)三つ峠からの富士山はのびのびと裾野を広げていて雄大ですね✨
捻挫の足、まだ本調子といきませんか〜💦思うように歩けないのはもどかしいですね💦早く、完治されることを願っています。
猿年なだけにお猿さんとの遭遇もありつつ、立派な富士山に新年らしい山行になりましたねっ✨
登録日: 2012/3/4
投稿数: 371
2016/1/12 19:20
 Re: なるほど!こう歩きますかっ✨
chi-sukeさん、毎度。
今シーズンは雪の無い、近場低山狙いにしようかと思っています。
ここ数日でかなり冷え込んだので、凍結などの心配はありますが
人気のある裏街道を、過去訪れたルートとは違うルートで歩こうかな、と……。

ちなみに過去には、こんな感じで歩いていました。
1.旧御坂峠〜本社ヶ丸〜旧御坂峠〜御坂黒岳〜旧御坂峠
2.三つ峠〜清八山〜八丁峠〜見回り道〜清八林道

なお、三ツ峠では猿との遭遇は多いです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ご来光 偽ピーク 雪崩 山行 ヘッデン
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ