ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 794873 全員に公開 沢登り富士・御坂

滝子沢左俣右沢

日程 2016年01月10日(日) [日帰り]
メンバー Lynn_Kato(SL), その他メンバー3人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
休工日だったので、車2台のうち、1台は権現橋の上部の最終堰堤に、もう1台は寂ショウ尾根の降り口先のカーブの駐車スペースに停めた。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間39分
休憩
3時間20分
合計
9時間59分
Sスタート地点08:1708:30F109:20F209:4515m滝10:5512:001条クラック滝12:4012:50ハング滝14:0014:50尾根に取りつく16:10滝子山16:3016:45寂ショウ尾根入口18:16寂ショウ尾根終点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

1つめの滝。私が直登したら隊長も運動靴で登り直してきたΣ(゜Д゜)
2016年01月10日 08:27撮影 by ASUS_Z00ED, ASUS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1つめの滝。私が直登したら隊長も運動靴で登り直してきたΣ(゜Д゜)
1
次の滝。水に濡れるのを恐れて巻いたが、そのことを後から後悔。(>_<)
2016年01月10日 09:24撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次の滝。水に濡れるのを恐れて巻いたが、そのことを後から後悔。(>_<)
ゴーロ歩きの果てに、ついに出た15m滝。ぽこぽこでかわいい。ルートは無限に選べる。FSには最適の遊び場。
2016年01月10日 09:51撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴーロ歩きの果てに、ついに出た15m滝。ぽこぽこでかわいい。ルートは無限に選べる。FSには最適の遊び場。
下から見た15m滝。右側に楽しそうなクラックが2本♡
2016年01月10日 10:17撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下から見た15m滝。右側に楽しそうなクラックが2本♡
1
てことで、隊長のレイバック。自分は沢靴+力量不足で足がうまく決まらず敗退。( ;∀;)
2016年01月10日 10:33撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
てことで、隊長のレイバック。自分は沢靴+力量不足で足がうまく決まらず敗退。( ;∀;)
1
富士山は最後に山頂に立つまで全身を見せてくれず、焦らされたw
2016年01月10日 11:10撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山は最後に山頂に立つまで全身を見せてくれず、焦らされたw
1条クラックの離陸場所に出来てた氷の芸術♡ 壊さぬように離陸。
2016年01月10日 12:05撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1条クラックの離陸場所に出来てた氷の芸術♡ 壊さぬように離陸。
一条クラック。超楽しかった。隊長はFSでクラック沿いに乾いた所に足を置いて登り、私とG隊員はクラックの流心に足も手も突っ込んで登り、H隊員は右側の乾いたスラブを小川山のように登ってたΣ(゜Д゜)
2016年01月10日 12:15撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一条クラック。超楽しかった。隊長はFSでクラック沿いに乾いた所に足を置いて登り、私とG隊員はクラックの流心に足も手も突っ込んで登り、H隊員は右側の乾いたスラブを小川山のように登ってたΣ(゜Д゜)
最後のハング滝。隊長がFSでリード中。支点は最初のお助けのハーケン+そのちょっと上に気休めのカム。核心はそのカムの上部分からマントルを返すまで。全体的に脆い。
2016年01月10日 13:04撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後のハング滝。隊長がFSでリード中。支点は最初のお助けのハーケン+そのちょっと上に気休めのカム。核心はそのカムの上部分からマントルを返すまで。全体的に脆い。
水浴びてOKならだいぶ難易度が下がるので、1月に雨具も着ずにシャワーしてる自分(;・∀・) ファイントラック様サマ。
2016年01月10日 13:23撮影 by ASUS_Z00ED, ASUS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水浴びてOKならだいぶ難易度が下がるので、1月に雨具も着ずにシャワーしてる自分(;・∀・) ファイントラック様サマ。
1
H隊員、なんと乾いたルートで登ってきた。Σ(゜Д゜)
2016年01月10日 14:09撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
H隊員、なんと乾いたルートで登ってきた。Σ(゜Д゜)
2
その上の滝は右から越えれば容易だが、H隊員は左から行く(;・∀・)
2016年01月10日 14:15撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その上の滝は右から越えれば容易だが、H隊員は左から行く(;・∀・)
その後の四俣、右から二番目の沢をグイグイ詰めて行ったら行き詰まり、隣の脆い岩尾根に移る。
2016年01月10日 14:52撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後の四俣、右から二番目の沢をグイグイ詰めて行ったら行き詰まり、隣の脆い岩尾根に移る。
この尾根は下部が悪く、ロープをFIXして何ピッチか繋いでなんとか詰め上がる。
2016年01月10日 15:24撮影 by ASUS_Z00ED, ASUS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この尾根は下部が悪く、ロープをFIXして何ピッチか繋いでなんとか詰め上がる。
1
頂上の横のポコのところに出ました。
2016年01月10日 16:17撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上の横のポコのところに出ました。
やっと富士山の全貌が\(^o^)/ 待っててくれてありがとう♡
2016年01月10日 16:17撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと富士山の全貌が\(^o^)/ 待っててくれてありがとう♡
急ぎで記念撮影して
2016年01月10日 16:17撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急ぎで記念撮影して
落ちる夕日を見ながら急いで下山開始。
2016年01月10日 16:47撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ちる夕日を見ながら急いで下山開始。
寂ショウ尾根。破線ルートだが、踏み跡明確+ピンクの紐の誘導もあった。
2016年01月10日 16:51撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寂ショウ尾根。破線ルートだが、踏み跡明確+ピンクの紐の誘導もあった。
噂通り道標まであるw
2016年01月10日 17:08撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
噂通り道標まであるw
暮れてきたが、広葉樹林で葉が全部落ちてるので明るい。
2016年01月10日 17:20撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暮れてきたが、広葉樹林で葉が全部落ちてるので明るい。
格別きれいな夕暮れとヤマノハ(本当はもっとオレンジ色に光ってた)♡
2016年01月10日 17:34撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
格別きれいな夕暮れとヤマノハ(本当はもっとオレンジ色に光ってた)♡
林道に出た!この最後のトラロープ+落ち葉滑り台が一番怖かったと全員一致の見解w
2016年01月10日 18:21撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に出た!この最後のトラロープ+落ち葉滑り台が一番怖かったと全員一致の見解w
お陰様で無事下山できました。山の神様、今日もありがとうございました。
2016年01月10日 18:23撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お陰様で無事下山できました。山の神様、今日もありがとうございました。

感想/記録

年が明けても雪がないので、フラットソールで沢へシリーズ第二弾!
今日は、岩屋2名(運動靴+フラットソール(FS))、沢屋2名(登山靴+FSが1名、ラバーソール(RS)の私、の4名編成です。
・車1台を下山口に、1台を入渓点の最終堰堤に停めてスタート。
・ゴーロ歩きにウンザリ感はなかったけど、15m滝までの各滝間が長くて幾度か不安に。(;・∀・) 
・15m滝はポコポコしてるけど完全なスラブで、直登しようとするとフリクションが小川山ほど効かないので結構難しくて色々面白いです。クラックルートもいくつかあり、隊長は滝の右側の垂壁にある立派なクラックをレイバックでOS。私もトライさせてもらったのですが敗退。(;・∀・) 一瞬沢の中だということを忘れる(粘って何度もリトライしたくなるほど)位の良い岩でした。
・その後がまた長く、また不安になってきた頃、やっと一条クラックが登場。この一枚岩がまた素晴らしく、FSの隊長はクラック沿いを濡れずに登って行き、私とG隊員はクラック沿いをがっつり手足突っ込んで登り、H隊員はクラックの右側のスラブをFSを生かして登りました。私もスラブ登攀するためにFSもって来ればよかった〜!と思った位、楽しかったです。
・最後のハング滝は巻くつもりが、お助けが残置されてるのを見て、火がついてしまい、隊長が乾濡の境界ラインで突破。しかしこのラインは私には難しくて、比較的容易な水線へ。(;・∀・) 今までせっかく濡れないようにしてきたのに、結局はシャワクラになってしまったww G隊員は巻き、H隊員はなんと乾いたハングを登ってきました。Σ(゜Д゜)
・最後の詰めは、右から二番目の沢を詰めたけれど、左に見えた顕著な尾根に乗らず、あえて奥まで詰めて行ったら行き詰まり、横のボロボロの尾根に乗って逃げました。が、ここの処理で意外に時間がかかり、稜線には日没直前に到着。やはり早めに尾根に逃げるのが鉄則ですね。(>_<)
・そこからは急いで寂ショウ尾根を下山しましたが、バリルートとは言えないぐらいしっかりした踏みあとがついていて助かりました。
ご一緒して頂いた皆様、有難うございました。年明け早々の沢始めがいきなり本気出す感じの大冒険となり、とても満足しました。(^^)
訪問者数:259人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ハーケン
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ