ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 794938 全員に公開 ハイキング丹沢

二俣から鍋割〜塔ノ岳周遊(小丸尾根/鍋割北尾根)

日程 2016年01月02日(土) [日帰り]
メンバー shimata2
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
表丹沢県民の森ゲート前駐車スペース
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
鍋割北尾根を下りる途中、オガラ沢分岐の道標(リボン)に注意
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

7時に表丹沢県民の森ゲート前駐車スペースに駐車。
7時半に出発しました
2016年01月02日 07:27撮影 by iPhone 4S, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7時に表丹沢県民の森ゲート前駐車スペースに駐車。
7時半に出発しました
小丸尾根への分岐
2016年01月02日 07:57撮影 by iPhone 4S, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小丸尾根への分岐
小丸尾根は整備された歩きやすい道でした
2016年01月02日 08:49撮影 by iPhone 4S, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小丸尾根は整備された歩きやすい道でした
この日は快晴、途中から富士山が見え隠れします
2016年01月02日 09:20撮影 by iPhone 4S, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日は快晴、途中から富士山が見え隠れします
稜線まであと一息のところで視界が開けます。
2016年01月02日 09:30撮影 by iPhone 4S, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線まであと一息のところで視界が開けます。
稜線には霜が下りていますが雪はありません
2016年01月02日 09:32撮影 by iPhone 4S, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線には霜が下りていますが雪はありません
この日は本当にいい日でした
2016年01月02日 09:46撮影 by iPhone 4S, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日は本当にいい日でした
10時に鍋割山荘到着
2016年01月02日 10:05撮影 by iPhone 4S, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10時に鍋割山荘到着
東丹沢登山詳細図に「道標なし 熟達者向け」と記載のある鍋割北尾根をくだります。念のためここからGPSログ開始。入口は鍋割山頂から雨山峠方面に200mほど下った登山道右側に判りやすい道標あり。足元がややもろいので乱立する木々を掴みながら下ります
2016年01月02日 10:43撮影 by iPhone 4S, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東丹沢登山詳細図に「道標なし 熟達者向け」と記載のある鍋割北尾根をくだります。念のためここからGPSログ開始。入口は鍋割山頂から雨山峠方面に200mほど下った登山道右側に判りやすい道標あり。足元がややもろいので乱立する木々を掴みながら下ります
400mほど下り、西側に続くリボンと踏み跡に従ってトラバースします。この後に、沢向こうに木のリボンと固定ロープが見えたため沢方向に下りかけました。尾根を外さないよう注意です
2016年01月02日 10:43撮影 by iPhone 4S, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
400mほど下り、西側に続くリボンと踏み跡に従ってトラバースします。この後に、沢向こうに木のリボンと固定ロープが見えたため沢方向に下りかけました。尾根を外さないよう注意です
尾根方向に戻り、途中右手に見える踏み跡と道標にしたがって鍋割沢方面に下ります
2016年01月02日 12:28撮影 by iPhone 4S, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根方向に戻り、途中右手に見える踏み跡と道標にしたがって鍋割沢方面に下ります
ほっと一息。小一時間ほどロスしました
2016年01月02日 12:47撮影 by iPhone 4S, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほっと一息。小一時間ほどロスしました
下から見上げるとこんな感じ。リボンは見えにくいです
2016年01月02日 12:48撮影 by iPhone 4S, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下から見上げるとこんな感じ。リボンは見えにくいです
対岸に渡り塔ノ岳に登り返します
2016年01月02日 12:52撮影 by iPhone 4S, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
対岸に渡り塔ノ岳に登り返します
塔ノ岳手前の水場
2016年01月02日 14:23撮影 by iPhone 4S, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳手前の水場
この水場はパイプで引いてあります
2016年01月02日 14:22撮影 by iPhone 4S, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この水場はパイプで引いてあります
14時半に尊仏山荘到着
2016年01月02日 14:39撮影 by iPhone 4S, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14時半に尊仏山荘到着
塔ノ岳山頂から
2016年01月02日 14:39撮影 by iPhone 4S, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳山頂から
山頂で大休止し15時に下山開始です
2016年01月02日 14:41撮影 by iPhone 4S, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂で大休止し15時に下山開始です
花立山荘
2016年01月02日 15:23撮影 by iPhone 4S, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花立山荘
堀山の家
2016年01月02日 15:56撮影 by iPhone 4S, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堀山の家
堀山の家から二俣に向かう分岐の看板
2016年01月02日 15:57撮影 by iPhone 4S, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堀山の家から二俣に向かう分岐の看板
踏み跡も道標(リボン)もしっかりしています
2016年01月02日 16:06撮影 by iPhone 4S, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡も道標(リボン)もしっかりしています
沢を渡り、登り返します
2016年01月02日 16:42撮影 by iPhone 4S, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を渡り、登り返します
17時前に二俣に到着しました
2016年01月02日 16:51撮影 by iPhone 4S, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
17時前に二俣に到着しました
撮影機材:

感想/記録

表丹沢県民の森ゲート前駐車スペースに車を停め、鍋割から塔ノ岳を周遊しました。鍋割北尾根を下降中、西側にトラバースした後のオガラ沢分岐にて、尾根方向でなくトラバース方向の延長上に見えた道標(リボン)に従って、沢方向に下りかけました。暫くして引き返しましたが、尾根に戻る斜面の足元が脆くかなり大変でした。道標(リボン)を信じ過ぎずに、地図読みをして尾根を外さないよう注意が必要です。
訪問者数:94人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

GPS 水場 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ