ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 795041 全員に公開 ハイキング丹沢

丹沢主稜日帰り縦走【大倉〜西丹沢・歩き応え◎コース】

日程 2016年01月10日(日) [日帰り]
メンバー hana_hanajourneyman
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク
●東名秦野中井ICから大倉へ
大倉バス停向かいの24H駐車場 800円/1日

●西丹沢から大倉へ車を回収
西丹沢自然教室〜新松田(富士急湘南バス)
季節によって本数が違うので注意
http://www.fujikyu.co.jp/syonan/rosen_time/time01_h.html

新松田〜渋沢(小田急線)

渋沢駅北口〜大倉(神奈中バス)
https://www.kanachu.co.jp/dia/diagram/timetable01/cs:0000800350-1/nid:00127899/dts:1452470400
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間53分
休憩
2時間3分
合計
10時間56分
S大倉バス停04:4704:51大倉山の家05:13観音茶屋05:1605:32見晴茶屋06:16堀山の家06:1806:56花立山荘06:5807:24塔ノ岳07:4607:47尊仏山荘08:21竜ヶ馬場08:2208:34丹沢山08:5009:42鬼ヶ岩09:4410:08蛭ヶ岳10:3511:36臼ヶ岳11:4311:59神ノ川乗越12:0113:06青ヶ岳山荘13:3713:44檜洞丸13:4914:38展望台14:3915:09ゴーラ沢出合15:1115:43神奈川県立西丹沢自然教室15:43ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●登山ポスト
大倉バス停、どんぐりハウス横

●登山前トイレ
大倉バス停
登山道にも多くの山小屋があるのでトイレには困りません。

●登山道は雪もなく滑り止めは不要でした。
ぬかるんでいる箇所が多く、滑らないよう注意です。
全般的に整備が行きと届いていて歩きやすい登山道です。
その他周辺情報さくらの湯(山北町健康福祉センター内)
400円/2時間
http://www.town.yamakita.kanagawa.jp/contents_detail.php?frmId=1619
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

おはようございます
時間は午前5時前、本日は長丁場のため、夜明け前にどんぐりハウスを出発
朝早くにもかかわらず、にゃんこさんがお出迎え
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おはようございます
時間は午前5時前、本日は長丁場のため、夜明け前にどんぐりハウスを出発
朝早くにもかかわらず、にゃんこさんがお出迎え
4
人懐っこいにゃんこさん
しばらく着いてきていました
お腹空いてた?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人懐っこいにゃんこさん
しばらく着いてきていました
お腹空いてた?
20
さて、いよいよ登山道へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、いよいよ登山道へ
1
まだまだ暗闇の中を進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ暗闇の中を進みます
2
もうすぐ夜明け
夜景の光が朝焼けに変わっていきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ夜明け
夜景の光が朝焼けに変わっていきます
1
明るくなって展望も開けてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るくなって展望も開けてきました
5
何とか御来光までに開けたところまで登って来れました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何とか御来光までに開けたところまで登って来れました
10
日の出って好きだなぁ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出って好きだなぁ
9
山肌が赤く染まっていきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山肌が赤く染まっていきます
3
しばし登る太陽を拝んでから先に進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばし登る太陽を拝んでから先に進みます
15
木道はほんのり白くなっています
滑らないように
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道はほんのり白くなっています
滑らないように
4
塔ノ岳到着
まだ本日の全行程の3分の1に満たない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳到着
まだ本日の全行程の3分の1に満たない
21
海に朝日が反射して輝いています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
海に朝日が反射して輝いています
9
富士山に南アルプス、そして快晴の青い空
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山に南アルプス、そして快晴の青い空
4
丹沢山へ整備された登山道を進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢山へ整備された登山道を進みます
5
丹沢山と富士山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢山と富士山
5
今度は蛭ヶ岳を目指しどんどん進みます
ここからの稜線歩きがいいんですよね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度は蛭ヶ岳を目指しどんどん進みます
ここからの稜線歩きがいいんですよね
14
丹沢山を過ぎると人も少なくなり、静かな山歩きになります
東京方面もよく見えて、写真だと分かりにくいですが、その先には筑波山の姿も
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢山を過ぎると人も少なくなり、静かな山歩きになります
東京方面もよく見えて、写真だと分かりにくいですが、その先には筑波山の姿も
5
霧氷の名残り
もっと早い時間でないとダメですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷の名残り
もっと早い時間でないとダメですね
2
これから進む蛭ヶ岳、檜洞丸
その向こうには富士山と南アルプスも全山しっかり見えています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから進む蛭ヶ岳、檜洞丸
その向こうには富士山と南アルプスも全山しっかり見えています
5
なだらかな稜線に見えて、蛭ヶ岳の前が大きく切れ落ちています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なだらかな稜線に見えて、蛭ヶ岳の前が大きく切れ落ちています
5
鬼ヶ岩
ここからも富士山がくっきり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼ヶ岩
ここからも富士山がくっきり
8
鬼ヶ岩からは鎖場を下ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼ヶ岩からは鎖場を下ります
2
激しく下った後は蛭ヶ岳への上り返し
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
激しく下った後は蛭ヶ岳への上り返し
4
暖かくなってきて登山道はどろどろの泥んこ祭りが始まりました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暖かくなってきて登山道はどろどろの泥んこ祭りが始まりました
2
蛭ヶ岳到着でございます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳到着でございます
26
富士山アップ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山アップ
9
相模湾と右側には伊豆半島
海の向こうには大島、肉眼だと更にその先の島も見えていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相模湾と右側には伊豆半島
海の向こうには大島、肉眼だと更にその先の島も見えていました
5
頂上にいらっしゃったお兄さんに撮っていただきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上にいらっしゃったお兄さんに撮っていただきました
25
蛭ヶ岳山頂からの眺望を堪能し、進んできた主脈から主稜線へと進路を変えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳山頂からの眺望を堪能し、進んできた主脈から主稜線へと進路を変えます
6
ザレ場を下りて高度を下げて行きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザレ場を下りて高度を下げて行きます
3
こんな所もありますよ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな所もありますよ
6
蛭ヶ岳と右側に歩いてきた稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳と右側に歩いてきた稜線
5
臼ヶ岳を探してウロウロ
地図上の山頂まで行ってみましたが標識は見つけられず
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
臼ヶ岳を探してウロウロ
地図上の山頂まで行ってみましたが標識は見つけられず
5
神ノ川乗越、1250メートル、ここが最低鞍部かな
檜洞丸は1601メートルなのに・・・
とにかくアップダウンが多い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神ノ川乗越、1250メートル、ここが最低鞍部かな
檜洞丸は1601メートルなのに・・・
とにかくアップダウンが多い
3
青ヶ岳山荘
蛭ヶ岳を出てから2時間半経っているのでちょっと休憩しましょう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青ヶ岳山荘
蛭ヶ岳を出てから2時間半経っているのでちょっと休憩しましょう
7
てんぷらそば(600円)と味噌汁(400円)で合計1000円也
う〜ん、ミニてんぷらそばですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
てんぷらそば(600円)と味噌汁(400円)で合計1000円也
う〜ん、ミニてんぷらそばですね
5
休憩時の小屋の外のテーブル使用料は1人100円
使用料は福島や宮城に寄付されているようです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩時の小屋の外のテーブル使用料は1人100円
使用料は福島や宮城に寄付されているようです
2
本日最後のピーク、檜洞丸到着
ようやく大きな登りは終了です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日最後のピーク、檜洞丸到着
ようやく大きな登りは終了です
12
ここからも急な下りが続きます
もう足が・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからも急な下りが続きます
もう足が・・・
3
ゴーラ沢まで下りてきました
水量は少なく、簡単に渡れてよかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴーラ沢まで下りてきました
水量は少なく、簡単に渡れてよかった
4
こんな所を通り、西丹沢自然教室までもう一息
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな所を通り、西丹沢自然教室までもう一息
2
登山道終点です
ここからは車道を少々歩きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道終点です
ここからは車道を少々歩きます
4
途中でジュースを買っていたら、発車するバスの後姿を見送ることに・・・
次のバスの時刻まで1時間以上ありましたが、自然教室内の暖房の効いた部屋で待たせてもらうことができました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中でジュースを買っていたら、発車するバスの後姿を見送ることに・・・
次のバスの時刻まで1時間以上ありましたが、自然教室内の暖房の効いた部屋で待たせてもらうことができました
11
19時、どんぐりハウスに戻ってきました
お疲れ様でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
19時、どんぐりハウスに戻ってきました
お疲れ様でした
6

感想/記録

3連休ではありますが、日帰りで丹沢へ。
どうせならがっつり満腹コースで歩こうと主脈〜主稜縦走コースをチョイスしてみましたが、私にはかなりハードなコースでした。
日が短いので、歩き始めを早くするため車で大倉へ、日の出前の出発になるので、途中で御来光を拝むのも目的の1つに。
西丹沢に下山して、バスと電車を乗り継いで車を回収に大倉へと戻ります。
天気は快晴、富士山を間近に見ながらひたすらアップダウンを繰り返す、体力的にはハードでしたが、素晴らしい景色を堪能できました。
蛭ヶ岳は3回目ですが、過去2回はガス気味、終始大展望を眺めながら歩けたのは初めてで天気に感謝です。

登山道はというと、朝、早いうちは土も凍っていて良かったのですが、日が昇ってくると融けて泥んこ祭りに。
蛭ヶ岳の手前からそんな状態、雪や氷よりやっかいで歩きにくく、余計な体力を使います。
檜洞丸から西丹沢への下りになると足にも相当きていましたが、何とか歩ききれました。
バスの時間を見ずに歩いていたので、最後、自販機でジュースを買っていたら、タッチの差でバスに乗り遅れて1時間半近く待つことに。
ただ、西丹沢自然教室の暖房している待合室で待たせてもらった上に、お湯まで分けていただいて、寒さに凍えることなく過ご過ごすことができありがたかったです。

たまにはこのくらい歩くのもいいですが、頻繁にはとても無理!というヘタレ具合が露呈した山行でした。
訪問者数:899人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ