ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 795329 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

本格復帰登山は甲武信ヶ岳!(徳ちゃん新道ピストン)

日程 2016年01月10日(日) [日帰り]
メンバー tkc0515, その他メンバー1人
天候快晴!
アクセス
利用交通機関
電車
・西沢渓谷無料駐車場に駐車。朝7時でガラガラでした。トイレ等はありません。
・トイレは道の駅みとみを利用しました。
http://www.ktr.mlit.go.jp/honkyoku/road/Michi-no-Eki/station/yama_mitomi/
暖房付と至れり尽くせりです。他にも自動販売機もあります。
・道の凍結はありませんでした
※あくまで1/10時点。最新情報を確認して下さい
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間46分
休憩
1時間26分
合計
9時間12分
S西沢渓谷駐車場07:2307:37ねとりインフォメーション07:43徳ちゃん新道登山口07:4709:33徳ちゃん新道分岐09:3411:07木賊山まき道分岐11:0811:13木賊山11:1811:43甲武信小屋11:5812:20甲武信小屋12:35甲武信ヶ岳12:4412:56甲武信小屋13:3613:54木賊山まき道分岐13:5615:01徳ちゃん新道分岐15:0516:12徳ちゃん新道登山口16:1516:17近丸新道登山口16:1816:34西沢渓谷駐車場16:3516:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【登山ポスト】
西沢渓谷の入口にあります。自分は「コンパス」でWebより事前提出しました。
http://www.mt-compass.com/

【道の状況】
2000m以下は積雪・凍結共にありません。まるで秋山のようでした。木賊山巻き道分岐の少し手前から数センチの積雪と凍結が出てきます。木賊山付近が一番雪が多かったですが、それでも足首以下でした。但し全面凍結してツルツルでした。
その他周辺情報【お風呂】
正徳寺温泉初花
http://onsen.nifty.com/koufu-onsen/onsen002102/
700円。営業時間10:00〜21:30。
→養殖の鰻屋に温泉が出たという珍しい温泉施設とか。その為か食事処が充実してました。登山後に初めて鰻食べました。うまし!
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

備考 ・ピッケルの使用箇所はないと思います。
・凍結はあるのでアイゼンは必要です。積雪が少ないので前歯長いものは今のところ不要、6-8本の軽アイゼンでよいと思います。自分はチェーンアイゼンを使用しました。
・季節/標高に相応の防風&防寒対策は当然必要です。

写真

駐車場より鶏冠山のモルゲン。お天気良さそう♪
2016年01月10日 07:33撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場より鶏冠山のモルゲン。お天気良さそう♪
2
駐車場はガラガラ。紅葉シーズンが嘘みたい
2016年01月10日 07:34撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場はガラガラ。紅葉シーズンが嘘みたい
2
しばらく平坦な道を歩き登山口に到着。
2016年01月10日 08:00撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく平坦な道を歩き登山口に到着。
いよいよ急登開始。足元はフカフカの枯れ葉で秋山の様です。
2016年01月10日 08:30撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ急登開始。足元はフカフカの枯れ葉で秋山の様です。
尾根筋に出ると鶏冠山がチラリ。尖っててカッコ良いです。
2016年01月10日 08:52撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根筋に出ると鶏冠山がチラリ。尖っててカッコ良いです。
1
暫く進むと辺り一面シャクナゲロード。
2016年01月10日 09:11撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暫く進むと辺り一面シャクナゲロード。
1
急登に喘ぎながらも振り返ると男前な富士山が。この日はずーっと見えてました
2016年01月10日 09:26撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登に喘ぎながらも振り返ると男前な富士山が。この日はずーっと見えてました
3
ひたすら登ります。一定のペースで登ったので暑すぎず寒すぎず。コンディションは良好です。
2016年01月10日 09:27撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひたすら登ります。一定のペースで登ったので暑すぎず寒すぎず。コンディションは良好です。
1
近丸新道分岐。風の抜けがよいのソフトシェルを羽織ります。ここで数名に抜かされました。自分達も遅くはないはずですが…皆さん健脚です
2016年01月10日 09:34撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近丸新道分岐。風の抜けがよいのソフトシェルを羽織ります。ここで数名に抜かされました。自分達も遅くはないはずですが…皆さん健脚です
まだまだ急登は続きます。アップダウンはなくずーっとアップのみw
2016年01月10日 10:16撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ急登は続きます。アップダウンはなくずーっとアップのみw
標高2000m付近よりやっと足元が少し白く。
2016年01月10日 10:59撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高2000m付近よりやっと足元が少し白く。
3
雪ではなく氷。カチカチなので滑らないように注意して登ります
2016年01月10日 11:01撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪ではなく氷。カチカチなので滑らないように注意して登ります
1
木賊山まで15分位の所にあるビュースポット。富士山とのバックショットがイカすtoriちゃん
2016年01月10日 11:03撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木賊山まで15分位の所にあるビュースポット。富士山とのバックショットがイカすtoriちゃん
5
遠くには大きな山脈。南プスでしょうか?
2016年01月10日 11:04撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くには大きな山脈。南プスでしょうか?
1
ビュースポットから先はやっと足元の色がほぼ真っ白。カチカチでノーアイゼンだと足の置き場に少し難儀します。
2016年01月10日 11:07撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ビュースポットから先はやっと足元の色がほぼ真っ白。カチカチでノーアイゼンだと足の置き場に少し難儀します。
1
この辺りからそこかしこに大好きな苔が。奥秩父の登山道の良いところですね〜
2016年01月10日 11:08撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りからそこかしこに大好きな苔が。奥秩父の登山道の良いところですね〜
破風山との分岐点。ここまでくれば木賊山は目前!
2016年01月10日 11:22撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
破風山との分岐点。ここまでくれば木賊山は目前!
木賊山。展望はありません。ベンチがあるので一休み。
2016年01月10日 11:29撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木賊山。展望はありません。ベンチがあるので一休み。
1
甲武信小屋への下り。カチカチでノーアイゼンでは危険(行動食いれた袋が数メートル滑落しました。。)なので…
2016年01月10日 11:46撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲武信小屋への下り。カチカチでノーアイゼンでは危険(行動食いれた袋が数メートル滑落しました。。)なので…
ここからチェーンアイゼンを装着。俄然歩きやすいです。
2016年01月10日 11:46撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからチェーンアイゼンを装着。俄然歩きやすいです。
1
登ること4時間半、ついに甲武信ヶ岳とのご対面。山角錐の綺麗な山容です
2016年01月10日 11:50撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ること4時間半、ついに甲武信ヶ岳とのご対面。山角錐の綺麗な山容です
2
ちょこっと樹林帯を抜け、甲武信小屋に到着。ここで一休憩。
2016年01月10日 11:59撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょこっと樹林帯を抜け、甲武信小屋に到着。ここで一休憩。
2
ながーいツララw止まってると寒いです
2016年01月10日 11:59撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ながーいツララw止まってると寒いです
1
荷物をデポし、トイレ脇の道から甲武信ヶ岳のピークに向かいます。
2016年01月10日 12:34撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荷物をデポし、トイレ脇の道から甲武信ヶ岳のピークに向かいます。
1
…最後までずっと登りです。
2016年01月10日 12:40撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
…最後までずっと登りです。
山頂到着!頑張って登ったご褒美がこの青空。堪りませんね〜
2016年01月10日 12:50撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂到着!頑張って登ったご褒美がこの青空。堪りませんね〜
4
奥には南アルプス
2016年01月10日 12:52撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥には南アルプス
3
ヤツ。予報では霧でしたが天気良さそう
2016年01月10日 12:52撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤツ。予報では霧でしたが天気良さそう
2
中央アルプス?雲多いです
2016年01月10日 12:52撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプス?雲多いです
1
勿論富士山もバッチリ見えます
2016年01月10日 12:53撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
勿論富士山もバッチリ見えます
2
国師ヶ岳や金峰山に続く奥秩父縦走路。素敵な稜線です
2016年01月10日 12:53撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国師ヶ岳や金峰山に続く奥秩父縦走路。素敵な稜線です
1
金峰山アップ。大きいホクロみたいなポッチの五丈岩
2016年01月10日 12:57撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金峰山アップ。大きいホクロみたいなポッチの五丈岩
2
記念にツーショット!居合わせた方に撮って頂きました。
2016年01月10日 12:54撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
記念にツーショット!居合わせた方に撮って頂きました。
2
簡単に昼食を済ませて下山開始。散々登ったので巻き道(左)に進みます。
2016年01月10日 13:52撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
簡単に昼食を済ませて下山開始。散々登ったので巻き道(左)に進みます。
今回のルートで一番雪が多い箇所でした。凍結なくて歩きやすかったです。
2016年01月10日 13:54撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回のルートで一番雪が多い箇所でした。凍結なくて歩きやすかったです。
1
少し登り返して木賊山分岐。ここからはアップなし。ひたすらダウンです。
2016年01月10日 14:10撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し登り返して木賊山分岐。ここからはアップなし。ひたすらダウンです。
お昼過ぎでもカチンコチン。下りはアイゼン必須です。
2016年01月10日 14:10撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お昼過ぎでもカチンコチン。下りはアイゼン必須です。
お昼ゆっくりし過ぎたので近丸新道まで少し急いで下山。一気に秋山の様相です。
2016年01月10日 14:37撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お昼ゆっくりし過ぎたので近丸新道まで少し急いで下山。一気に秋山の様相です。
日没も近かったので予定していた近丸新道ではなく特定から下山。夕陽染まった木々が綺麗。
2016年01月10日 16:04撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日没も近かったので予定していた近丸新道ではなく特定から下山。夕陽染まった木々が綺麗。
1
何とか予定通り日没前に下山!お疲れ様でした〜
2016年01月10日 16:26撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何とか予定通り日没前に下山!お疲れ様でした〜
西沢渓谷の沢。ツララはあるもののジャンジャン流れてました。
2016年01月10日 16:30撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西沢渓谷の沢。ツララはあるもののジャンジャン流れてました。
1
下山後は「正徳寺温泉初花」でお風呂とご飯。下山後の鰻は初。美味しゅうございました
2016年01月10日 19:36撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後は「正徳寺温泉初花」でお風呂とご飯。下山後の鰻は初。美味しゅうございました
3
撮影機材:

感想/記録

[url=http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-795356.html]前日の北横岳ハイク[/url]の翌日に、友人と二人で登りました。

前々から春か秋に行きたいと思いつつも、ここ数年、計画倒れで終わっていた甲武信ヶ岳。例年のこの時期であれば自分ではとても登れなかったと思います(しかも日帰り)。これもひとえに暖冬の恩恵(?)ですね〜。

今回歩いた徳ちゃん新道は噂通りの急登でしたが、アップダウンは殆んどなく、登りは基本ずっとアップのみでひた。却って一定のペースで登れました(シンドかった事には変わりないですが…)。

しかしこの時期に甲武信ヶ岳登られる方はみんな健脚でびっくり。次々と抜かれました。自分達も決して遅くないはずなのに…

何はともあれ[url=http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-715183.html]昨年9月に針ノ木岳で手の甲を骨折[/url]して以来、約4ヶ月振りのガッツリ登山。歩ききれるか不安がありましたが、お天気と友人のお陰で楽しく歩けました。でも、翌日はやっぱり筋肉痛。これも久々の感覚で悪くないです(笑)

次回は雪山に行きたいな〜
訪問者数:347人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ