ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 795388 全員に公開 山滑走甲信越

鍋倉高原から頂上へ

日程 2016年01月10日(日) [日帰り]
メンバー sptaka
天候快晴〜曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
除雪終了の温井集落路肩
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間3分
休憩
16分
合計
6時間19分
Sスタート地点06:5311:47鍋倉山12:0313:12ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
行動時間 7時〜13時
スタート7時 頂上12時 終了13時
標高範囲 500m〜1200m
合計登行 700m
気温 朝ー4 帰り4
山で会った人 5人 下で講習会10人 下でハイカー10人
森林限界 稜線に出ると展望
積雪の様子 非常に少なくて頂上付近で1m程度 悲しい滑り
山域は なだらか高原
日帰り温泉  JR津南駅にオヤジ銭湯温泉(もういかない
帰りの渋滞 上越スキー渋滞2時間
Black Diamond/justice/fatski 175cm/137mm/110mm/120mm

写真

朝焼けのあれが目的の鍋倉山
2016年01月10日 07:21撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝焼けのあれが目的の鍋倉山
2
背中からの日の出
2016年01月10日 07:27撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
背中からの日の出
1
林道モービル跡
2016年01月10日 07:59撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道モービル跡
飯山下界は雲の下
2016年01月10日 08:35撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飯山下界は雲の下
2
林道最終カーブ
2016年01月10日 08:36撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道最終カーブ
藪の中に踏み込んで
2016年01月10日 08:59撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藪の中に踏み込んで
樹氷氷の森
2016年01月10日 09:59撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹氷氷の森
2
静かなブナ樹林
2016年01月10日 10:31撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
静かなブナ樹林
あの辺りが頂上で
2016年01月10日 11:05撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの辺りが頂上で
ボサが全然埋まってない鍋倉頂上
2016年01月10日 11:44撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボサが全然埋まってない鍋倉頂上
1
帰りはブナ樹林パウダー少し
2016年01月10日 12:16撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りはブナ樹林パウダー少し

感想/記録
by sptaka

グレートサミッツ国内編NO157
 鍋倉高原から山頂へ
 暖冬(エルニーニョ)だと出かける気力も萎えるが、せめて津南周辺ならと鍋倉高原へ。初めていくのだ。
 除雪終了点からショートカットの林道に入って、小屋の脇の狭い道を上がると、いきなり広域林道に出た。この辺りは、スノーハイクのメッカでもあって、昨日のトレースがあちこちにできている。でも山の中はブッシュ生え放題で、踏み込む勇気がなく、林道のモービル跡を上がっていく。こちらは山の向こうの上越市まで、真冬の物資の輸送とかで塩の道が営業しているらしく、いつでもモービル跡がついている(ウソ)。農家の長男坊か、湘南辺りの違法モービルが、乗り入れ禁止の林道を暴走しているというのだ。
 1時間ほど上がって、道が大きく屈曲するところが、鍋倉と黒倉への沢沿いで、その流れの向こう側斜面が、やや疎林かという勘だけで入るが、冬の藪漕ぎあったら、林道に戻ろうと、実に消極的な山行なのだ。何しろ高速湯沢辺りじゃ、積雪は例年の5分の1とかで、戦後最悪の温暖化らしい。
 それでも登ると1mくらいの雪がある感じ。沢の中はまだ水が出ていて、降りられないということで、斜面を斜上していく。そのたびに小さな流れを窪地に入って横断するのも面倒で、そんなときは直上し高度を稼ぐ。上の方に出ると、鍋倉のブナ林をどうにか登っていける。まだ若い百年くらいのブナ周辺は、藪も少なくてパウダーのまま。天気晴れ、暑いくらいで、少しは曇らないと雪が溶ける。傾斜は緩くなって、稜線付近の感じになってきた。
 ラッセルはブーツ中ほどだから気にならないはずだが、どうにも疲れる。
 こんな高原状のなだらかな山なのに、2時間近くも登り続けて、ようやく上の方に出た感じで。一旦稜線に上がると、逆に樹氷のブッシュに悩まされて、藪の中をジクであがり、3時間で、フラフラになって頂上に。すると5人も客がいて、向こうから登ってきたようで(私の方がマイナールートだ)。「こちらもブッシュだ」というから、下りは合流しようかとも思ったがやめて、自分が登ったブナ樹林の方がまだ滑れるという感じで、来た道を戻る。パウダーでもよく滑るし、思った以上に藪は迂回して気にならなくて、ブナの中を滑ったりして、林道に出る。あとは林道飛ばしで、本日も下りだけは少々満足。今シーズンは何しようか?この温暖化に気力が萎える。帰りは津南で雨が降るしねえ。
訪問者数:814人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ