ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 795465 全員に公開 雪山ハイキング蔵王・面白山・船形山

北蔵王 八方平避難小屋泊 ブドウ沢コース

日程 2016年01月10日(日) 〜 2016年01月11日(月)
メンバー manimani
天候1/10 (日) くもり
1/11 (月) 雪
稜線はガス&強風15m以上
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道286号の新落合橋から林道を5キロ以上進むとブドウ沢登山口
林道は砂利道の悪路、落石に注意、乗用車でも行けない事もないが車高の高い車が無難かと思う。
登山口駐車場は3台ほど
積雪は行き数cm、帰り20cmほど
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.4〜1.5(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち98%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間5分
休憩
0分
合計
4時間5分
Sブドウ沢登山口08:0112:06八方平避難小屋
2日目
山行
2時間17分
休憩
0分
合計
2時間17分
八方平避難小屋08:1510:32ブドウ沢登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●ブドウ沢コース
◆登り:全行程、ツボ足深いところで膝辺りの積雪
沢沿いの林道を30分ほど歩くと一度目の沢の渡渉があり
飛び石づたいに渡るがなかなか良い渡渉ポイントがなかった。
増水時は注意が必要だろう。
また少し歩くと二度目の渡渉あり。こちらも良い渡渉ポイントがなく苦労した。
二度目の渡渉をして少し歩くと急登が始まる。
展望の効かない樹林帯を登る。
急登を登り少し登ると樹林帯のヤブ漕ぎになる。ピンクテープはあるが分かりづらい、夏道はほぼわからない。
ヤブ漕ぎを1時間ほどすると突然目の前に八方平避難小屋が姿を現した。

◆下り:ツボ足+アイゼン
風雪で前日のトレースは消えていた。積雪は膝辺りのラッセルが続く。
ピンクテープを目印にヤブ漕ぎ、テープは不鮮明なので要注意、ルートファインディングが必要。
尾根道の急登からアイゼン使用。昨日より積雪が増していた。
積雪は多いが下りはやはり楽ですね。

過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 ザック ザックカバー サブザック アイゼン ピッケル スノーシュー ショベル 朝晩ご飯 行動食 非常食 調理用食材 調味料 飲料 水筒(保温性) ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 コードバンド ロールペーパー 携帯 時計 タオル ナイフ カメラ テントマット シェラフ マット 灯油(2リットル)

写真

今回の装備
一応テントも持っていく予定だったが灯油2リットルが思いのほか重くテントを持っていくのは止めにした。
2016年01月10日 06:36撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の装備
一応テントも持っていく予定だったが灯油2リットルが思いのほか重くテントを持っていくのは止めにした。
4
登山口手前にあるブドウ沢清水
2016年01月10日 07:49撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口手前にあるブドウ沢清水
2
国道286号から林道を5kmほど来るとブドウ沢登山口
林道は悪路で車のサスペンションが壊れるんじゃないかと不安になってしまった^^;
2016年01月10日 08:05撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国道286号から林道を5kmほど来るとブドウ沢登山口
林道は悪路で車のサスペンションが壊れるんじゃないかと不安になってしまった^^;
2
駐車スペースの脇を進んでいきます
2016年01月10日 08:05撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車スペースの脇を進んでいきます
1
時折、日差しもうかがえるが晴れ間は期待できないだろう
2016年01月10日 08:14撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時折、日差しもうかがえるが晴れ間は期待できないだろう
2
駐車スペースから更に奥まで車の轍が残っていた。
自分の車では無理だが車高の高い4WDならまだ行けるだろう。
2016年01月10日 08:14撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車スペースから更に奥まで車の轍が残っていた。
自分の車では無理だが車高の高い4WDならまだ行けるだろう。
木々の間から日差しが覗く
2016年01月10日 08:18撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々の間から日差しが覗く
2
轍を辿って進むと少し開けた駐車スペースがあった。夏はここまで車で入れるのかな?
ここから本格的な登山道のスタート
2016年01月10日 08:19撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
轍を辿って進むと少し開けた駐車スペースがあった。夏はここまで車で入れるのかな?
ここから本格的な登山道のスタート
一度目の渡渉
飛び石伝いに渡るみたいだが、中々良いポイントが見つからなかった。
2016年01月10日 08:30撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一度目の渡渉
飛び石伝いに渡るみたいだが、中々良いポイントが見つからなかった。
2度目の渡渉
2016年01月10日 08:55撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2度目の渡渉
1
行けそうで中々行けない!
飛び石の上部が丸くて足を乗せられない・・・
2016年01月10日 08:55撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行けそうで中々行けない!
飛び石の上部が丸くて足を乗せられない・・・
1
ここから急登が始まる
2016年01月10日 09:06撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから急登が始まる
1
ここまでツボ足
スネ辺りまでの積雪
2016年01月10日 09:06撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまでツボ足
スネ辺りまでの積雪
1
昨日のトレースが辛うじてまだ残っていた。
2016年01月10日 09:16撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日のトレースが辛うじてまだ残っていた。
晴れていれば雁戸山が見えるのだろうか?
2016年01月10日 09:17撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れていれば雁戸山が見えるのだろうか?
急登が続く
2016年01月10日 09:30撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登が続く
2
ブドウ沢林道
ブドウ沢って名前、各地にありますよね・・・
2016年01月10日 09:33撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブドウ沢林道
ブドウ沢って名前、各地にありますよね・・・
急登を登りきりやっと尾根まで辿りついた、結構キツイ登りでした^^;
2016年01月10日 09:33撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登を登りきりやっと尾根まで辿りついた、結構キツイ登りでした^^;
1
眺望はイマイチ
2016年01月10日 09:47撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眺望はイマイチ
登りきった地点の左側は道なし
写真は右側
2016年01月10日 10:16撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りきった地点の左側は道なし
写真は右側
1
スノーシューに履き替えようと迷ったがツボ足のまま進むことにした。
2016年01月10日 10:24撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スノーシューに履き替えようと迷ったがツボ足のまま進むことにした。
1
赤布(ピンクテープ)はまだ確認できる
2016年01月10日 10:39撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤布(ピンクテープ)はまだ確認できる
前日トレース主の親子と遭遇
トレースなんか当てにしてなかっただけに有難かった。
この先のコース状況を色々教えてもらいました。
2016年01月10日 11:00撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前日トレース主の親子と遭遇
トレースなんか当てにしてなかっただけに有難かった。
この先のコース状況を色々教えてもらいました。
4
展望のない樹林帯が続く
2016年01月10日 11:09撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望のない樹林帯が続く
3
親子の情報どおり
樹林帯のヤブ漕ぎは酷かった・・・
トレースがあったので迷いはしなかったがこれでトレースがないとなるとルートファインディングが必要となりそう。
2016年01月10日 11:53撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
親子の情報どおり
樹林帯のヤブ漕ぎは酷かった・・・
トレースがあったので迷いはしなかったがこれでトレースがないとなるとルートファインディングが必要となりそう。
1
突然視界が開けて八方平避難小屋が姿を現した。
2016年01月10日 11:54撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突然視界が開けて八方平避難小屋が姿を現した。
7
去年の7月に下見に一度訪れたが、あの時は雁戸山を越えて来たので方向が分からなくなってしまった。
2016年01月10日 11:55撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
去年の7月に下見に一度訪れたが、あの時は雁戸山を越えて来たので方向が分からなくなってしまった。
2
中の入ってみると、まだほのかに暖かい・・・
2016年01月10日 12:04撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中の入ってみると、まだほのかに暖かい・・・
3
しかし温度計は0℃
2016年01月10日 12:04撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし温度計は0℃
早速ストーブに火を点けたが中々暖まらない・・・
2016年01月10日 12:05撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早速ストーブに火を点けたが中々暖まらない・・・
1時間かかって要約暖かくなった。
ん〜もうストーブ限界に近いのかなぁ
2016年01月10日 13:55撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1時間かかって要約暖かくなった。
ん〜もうストーブ限界に近いのかなぁ
3
ストーブを点けたがそれほど暖かくならず
暖まるため食事をしよう
晩御飯で食べる予定だったうどんを作ります。
2016年01月10日 14:03撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ストーブを点けたがそれほど暖かくならず
暖まるため食事をしよう
晩御飯で食べる予定だったうどんを作ります。
惣菜のかき揚げを乗せて完成
あったまるぅ〜
2016年01月10日 14:05撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
惣菜のかき揚げを乗せて完成
あったまるぅ〜
3
今回ストーブ用に灯油2リットルを荷上げ
重い重い・・・
2016年01月10日 14:17撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回ストーブ用に灯油2リットルを荷上げ
重い重い・・・
4
翌朝の朝食も昨日と同じ
かき揚げうどんです。
2016年01月11日 06:22撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝の朝食も昨日と同じ
かき揚げうどんです。
3
この時期なら持って来れるんじゃないかと冷凍チャーハンを持参してみた。
うどんでお腹いっぱいで半分も食べられなかった^^;
2016年01月11日 06:22撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この時期なら持って来れるんじゃないかと冷凍チャーハンを持参してみた。
うどんでお腹いっぱいで半分も食べられなかった^^;
1
小屋前
夏道へは雪壁を登ります
2016年01月11日 08:12撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋前
夏道へは雪壁を登ります
天気が良ければ
名号峰か南雁戸山へ行く予定でしたが・・・
2016年01月11日 08:13撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気が良ければ
名号峰か南雁戸山へ行く予定でしたが・・・
3
強風&天気も悪い、それとこの先ヤブ漕ぎだろうと考えたら行く気力はもうなくなってしまった。

写真は南雁戸方面
2016年01月11日 08:13撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
強風&天気も悪い、それとこの先ヤブ漕ぎだろうと考えたら行く気力はもうなくなってしまった。

写真は南雁戸方面
1
昨日少し迷った小さな谷(沢?)を渡るポイント
2016年01月11日 08:54撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日少し迷った小さな谷(沢?)を渡るポイント
ここから急な尾根斜面を下るのでアイゼンに履き替えた。
2016年01月11日 09:13撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから急な尾根斜面を下るのでアイゼンに履き替えた。
1
一気に飛びましたが林道まで下ってきました。
2016年01月11日 10:21撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一気に飛びましたが林道まで下ってきました。
1
駐車スペースまで戻ると車は雪で埋まってました^^;
2016年01月11日 10:29撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車スペースまで戻ると車は雪で埋まってました^^;
2
撮影機材:

感想/記録

 冬の八方平避難小屋に泊まってみたい。
夏にコースの下見をするなどしてきた。
例年なら2月頃になると雪も締まり雁戸山を越えて八方平避難小屋に行けるのだが、今年は圧倒的に雪がない、前山も雪不足で稜線通しで歩けないだろうし、かといって夏道のトラバースも危険・・・いっそのこと別ルートでブドウ沢ルートで直で向かってみようと考えてしまった。
ただブドウ沢コースはまだ一度も歩いたことがなく不安でした。
 登山口に辿りつくと、嬉しいことに前日に登った方の先行トレースが残っているではないか、これにはかなり助かりました。トレースを辿り登っていく、すると二ヶ所渡渉があるのだが、どちらも良いポイントがなく少し苦労することになった、増水時は注意が必要だろう。
 この後、急登が始まる。色々な山行レコを見たがこの急登が結構キツイらしい、実際に登ってみると噂通りの急登で体力奪われました。急登を登って樹林帯を登っていると前日のトレースの主をと遭遇、親子二人組みでした。この先のコース状況などを聞いたところ、樹林帯のヤブ漕ぎが酷いらしく苦労したらしい。しかし有難いことにここから先はトレースが当てに出来るのでかなり助けられた。ヤブ漕ぎは話どおり大変、ピンクテープもあることはあるのだが不鮮明で注意して歩かないとあっという間に迷いそうな状況でした。
突然、視界が開けたかと思うと目の前に八方平避難小屋が姿を現した。出合いはいつも突然〜
 まだ時間もあり休憩したら南雁戸山か名号峰へ足を伸ばしてみようかと考えていたのですが、この休憩がいけなかった。ゆっくりしたら行く気力が薄れ、もういいやとなってしまった^^;
灯油ストーブを点けてみたのだが、中々暖まらなくもしかして壊れてる?
しばらく待っていたら1時間ほどでようやく火も回り暖かくなってきた。しかし1時間もかかるのは問題じゃないか?去年もストーブ火の付が悪いと言っていたし寿命が近いのではないだろうか。暖かくなったはいいが、小屋が広くストーブの目の前じゃないと暖かさを感じられない。
濡れた衣服を乾かすのも時間がかかり苦労することになった。

 食事を早めに済ませて18時には就寝、寒がりな自分は冬用シュラフ+インナーシーツ+ダウン上下+ダウンソックス+足裏にカイロを貼って寝るという重装備。足裏カイロは以前やった所かなり効果的だったので今回もやろうと思っていた。結果はと言うと暑すぎて汗かいてしまうぐらいでした^^;

 翌朝、外を見るとガスと強風、天気予報を確認すると雪の模様、ピークアタックは諦めで早々に下山することに決めた。風雪で昨日のトレースはすっかり消えてしまっていた。
積雪はツボ足で膝までのラッセルだった、樹林帯のヤブ漕ぎはピンクテープを探しながら進んだので思いのほか時間をとられた。開けた樹林帯まで抜けてようやく一安心、ヤブ漕ぎは生きた心地がしないですね・・・
昨日辛らかった急登の斜面、下りはアイゼンを使用した。登りはあんなに苦労したのに下りはあっという間で下山。渡渉もすんなり渡りきり無事に駐車スペースまで戻ることができました。

車は雪で埋まってました^^;
訪問者数:395人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ