ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 795518 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

唐沢鉱泉-天狗岳周回 冬らしい山行でした

日程 2016年01月11日(月) [日帰り]
メンバー y-urano, その他メンバー1人
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
唐沢鉱泉下無料駐車場 半分位空いていました
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間52分
休憩
48分
合計
4時間40分
S唐沢鉱泉07:5008:30唐沢鉱泉分岐08:3109:16第一展望台09:33第二展望台09:3409:57天狗岳10:0110:16東天狗岳10:20天狗の鼻10:2110:44中山峠10:4510:49黒百合ヒュッテ11:2911:48渋ノ湯・唐沢鉱泉分岐12:29唐沢鉱泉12:30天狗岳登山口駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
上部は新雪が3僂曚匹△辰震詫諭.船А璽鵐▲ぅ璽鵑肇好肇奪で周回出来ました。
その他周辺情報唐沢鉱泉 700円 空いていてほっとする良い温泉でした。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

駐車場は半分ほど、昨日は混んだらしく下った道脇にも車がありました
2016年01月11日 07:48撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場は半分ほど、昨日は混んだらしく下った道脇にも車がありました
準備をして出発、先ずは西天狗、唐沢鉱泉横の橋を渡って行きます。気温はマイナス7度、それでも例年と比べたら暖かい方かな
2016年01月11日 07:51撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
準備をして出発、先ずは西天狗、唐沢鉱泉横の橋を渡って行きます。気温はマイナス7度、それでも例年と比べたら暖かい方かな
ジグザクの登山道を上って稜線に出て少し登ると霧氷の樹林帯です。
2016年01月11日 09:00撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジグザクの登山道を上って稜線に出て少し登ると霧氷の樹林帯です。
少し見晴らしの良い岩場に出ました。
2016年01月11日 09:05撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し見晴らしの良い岩場に出ました。
赤岳方面はガスのなか
2016年01月11日 09:05撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳方面はガスのなか
南アルプスはすっきり見えますね
2016年01月11日 09:05撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプスはすっきり見えますね
1
こっちは中央アルプス
2016年01月11日 09:05撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちは中央アルプス
第一展望台に到着
氷世界です。
2016年01月11日 09:08撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一展望台に到着
氷世界です。
稜線は風があって寒い!
2016年01月11日 09:09撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線は風があって寒い!
中山方面
2016年01月11日 09:10撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山方面
パウダーをまぶしたような岳樺、青空に映えて綺麗でした。
2016年01月11日 09:16撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パウダーをまぶしたような岳樺、青空に映えて綺麗でした。
3
一旦下って
2016年01月11日 09:31撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦下って
やせ尾根を通過
2016年01月11日 09:32撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やせ尾根を通過
また登って第二展望台、標高2500m位です。
2016年01月11日 09:32撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また登って第二展望台、標高2500m位です。
第二高点から少し下っていよいよ西天狗への岩場の登りです。
岩場から来た方向を振り返ります。
2016年01月11日 09:45撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第二高点から少し下っていよいよ西天狗への岩場の登りです。
岩場から来た方向を振り返ります。
1
岩場では3名の登山者がいました。
2016年01月11日 09:45撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場では3名の登山者がいました。
ガスと強風のなか登っていきます
モノクロの世界の始まりです。
2016年01月11日 09:54撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスと強風のなか登っていきます
モノクロの世界の始まりです。
岩場をのぼること20分、登山口から2時間ほどで西天狗到着
意外と近かった。
2016年01月11日 09:58撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場をのぼること20分、登山口から2時間ほどで西天狗到着
意外と近かった。
N君はメガネが凍って真っ白、吹雪でなくて良かった。
2016年01月11日 09:59撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
N君はメガネが凍って真っ白、吹雪でなくて良かった。
9
今度は東天狗に向かいます。
青空が見えてきましたが・・
2016年01月11日 10:09撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度は東天狗に向かいます。
青空が見えてきましたが・・
残念東天狗の山頂もガスで覆われてしまいました。
2016年01月11日 10:15撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残念東天狗の山頂もガスで覆われてしまいました。
2
仕方ないのでさっさと下ります。
もしやと振り返ってもガスの山頂・・
2016年01月11日 10:18撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仕方ないのでさっさと下ります。
もしやと振り返ってもガスの山頂・・
少し下るとガスが取れてきました。
2016年01月11日 10:23撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し下るとガスが取れてきました。
下の雪のない風景と岳樺の白い姿が不思議な感じ
2016年01月11日 10:23撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下の雪のない風景と岳樺の白い姿が不思議な感じ
雪と雪のないところのがくっきり
2016年01月11日 10:28撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪と雪のないところのがくっきり
みどり池方面
2016年01月11日 10:28撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みどり池方面
1
西側の白い世界と東の雪のない世界
2016年01月11日 10:28撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西側の白い世界と東の雪のない世界
下ってから両天狗を振り返ります。
やっぱり山頂付近はガスが取れませんね。
2016年01月11日 10:38撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下ってから両天狗を振り返ります。
やっぱり山頂付近はガスが取れませんね。
下るにつれ青空が広がります。
2016年01月11日 10:38撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下るにつれ青空が広がります。
山頂から30分で中山峠
2016年01月11日 10:44撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から30分で中山峠
すぐに黒百合ヒュッテ、まだテントが数張り、昨日は一杯だったんだろうなあ
小屋の脇で昼食を録りますが、風があって寒い、カップヌードルも麺がほぐれずつゆも直ぐ冷えてしまいました。
2016年01月11日 10:47撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに黒百合ヒュッテ、まだテントが数張り、昨日は一杯だったんだろうなあ
小屋の脇で昼食を録りますが、風があって寒い、カップヌードルも麺がほぐれずつゆも直ぐ冷えてしまいました。
1
帰りは緩やかな登山道なので早足で下りました。
12時半に到着、時間がたっぷりあったのでここの風呂に入りました。ゆっくりのんびり冷えた体をほぐして帰りました。
2016年01月11日 12:26撮影 by PENTAX K-3, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは緩やかな登山道なので早足で下りました。
12時半に到着、時間がたっぷりあったのでここの風呂に入りました。ゆっくりのんびり冷えた体をほぐして帰りました。
4
撮影機材:

感想/記録

3週連続での八ヶ岳だった。
3連休の最終日なら静かな山行が出来るだろう、それに今年は登山口までの雪がほとんど無いので唐沢鉱泉からの天狗岳周回コースにした。

天候は山頂付近に雲が残り北アルプス方面の眺望もなかったが、上部では前日に少しだけ降った新雪のおかげで真っ白の世界が広がり、曇り空の下凍り付くような岩場とのモノクロの世界が広がりそれなりに非日常を感じることができて楽しめた。

山頂部は風が吹いていたものの、それでも吹雪にはならず幸いだったが、それでも充分寒くて-10以下だった。
先週の赤岳での厚着の反省から、今回はハードウェアの下にベースレイヤーとメリノウールの中厚のフルジップだけだったが、登りの汗も稜線を登るうちにひいて山頂ではちょうど良い塩梅だった。
N君は今回メガネをしていったが、山頂付近での寒冷で凍って真っ白になり何度も拭いたりしたものの視界が不自由になり大変そうだった。

また立ち止まると寒いため、ほとんど休憩は黒百合ヒュッテまで降りてからだった。
ヒュッテでも風があってお湯を沸かしてカップラーメンをすすったが、すぐ冷えてしまったのには閉口した。暖冬とはいえこの日は特に寒く感じた。

ところで今回、N君もチェーンアイゼンで周回したが、圧雪や凍結箇所、土や石のミックスする登山道でのその万能ぶりにびっくりしていた。
簡易アイゼンと比べたら着地の安定性が抜群でこのくらいの積雪量なら何も問題がなく、足下が軽いので終始軽快な歩行に周回コースも快適・快速で行ってこれた。

寒いながらも思った以上に早く回ってこれた。そのぶん唐沢鉱泉の静かな風呂でのんびりくつろげ、寒さとせかせかした気分が暖かさでほっこり・・、冬ながらの山行だった。
訪問者数:1193人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ