ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 795858 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

足ならしに須磨アルプスぶんたロード

日程 2016年01月11日(月) [日帰り]
メンバー hanamaru123
天候くもり
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち41%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間28分
休憩
13分
合計
2時間41分
SJR塩屋駅13:5714:29旗振山15:15栂尾山15:1915:29横尾山15:3215:43須磨アルプス馬の背15:4815:53東山15:5416:38山陽東須磨駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
文太郎道は、急斜面で滑りやすい部分はありますが、特に危険な場所はありませんでした。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック 行動食 飲料 GPS 携帯 時計 タオル カメラ

写真

JR塩屋駅からスタート。
2016年01月11日 13:54撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
JR塩屋駅からスタート。
塩屋商店街のこの店でアンパン買いました。
2016年01月11日 13:58撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩屋商店街のこの店でアンパン買いました。
1
左足のケガが心配されたが、急な上り坂も問題なし。意外にも平坦な道のほうが痛みがあります。
2016年01月11日 14:01撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左足のケガが心配されたが、急な上り坂も問題なし。意外にも平坦な道のほうが痛みがあります。
登山道の途中にあった温度計。1月なのに、かなり暖かいです。
2016年01月11日 14:15撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道の途中にあった温度計。1月なのに、かなり暖かいです。
須磨浦山上遊園地。以外にも、ちらほら人がいました。
2016年01月11日 14:22撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
須磨浦山上遊園地。以外にも、ちらほら人がいました。
旗振茶屋。うっすら雲のかかった天気です。
2016年01月11日 14:29撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旗振茶屋。うっすら雲のかかった天気です。
1
おらが茶屋の手前。六甲全山縦走の時、左の道を下る人が多かったので、行ってみることに。
2016年01月11日 14:44撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おらが茶屋の手前。六甲全山縦走の時、左の道を下る人が多かったので、行ってみることに。
ここで縦走路に合流。なだらかな下り坂でした。ショートカットには良さそう。
2016年01月11日 14:48撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで縦走路に合流。なだらかな下り坂でした。ショートカットには良さそう。
高倉台から須磨アルプスへの階段が見えますが、今日は通りません。
2016年01月11日 14:55撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高倉台から須磨アルプスへの階段が見えますが、今日は通りません。
1
縦走路はここを左に行きますが、今日は右に進みます。
2016年01月11日 14:58撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路はここを左に行きますが、今日は右に進みます。
1
こんな感じの道です。
2016年01月11日 14:59撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じの道です。
1
踏み跡をたどります。
2016年01月11日 15:00撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡をたどります。
見にくいですが、写真右手に堰堤が見えます。堰堤の左側に進み・・
2016年01月11日 15:01撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見にくいですが、写真右手に堰堤が見えます。堰堤の左側に進み・・
コンクリ部分から尾根に上がります。
2016年01月11日 15:02撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コンクリ部分から尾根に上がります。
1
いったん尾根に上がると、急ながら道は明瞭。
2016年01月11日 15:04撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いったん尾根に上がると、急ながら道は明瞭。
取り付き部分はかなり急なので、何カ所かにロープが張ってあります。
2016年01月11日 15:05撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取り付き部分はかなり急なので、何カ所かにロープが張ってあります。
何か看板が・・
2016年01月11日 15:06撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何か看板が・・
1
文太郎道の看板です。これで合っていることを確認。
2016年01月11日 15:06撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文太郎道の看板です。これで合っていることを確認。
3
危険個所はないが、急な登りが何カ所もあります。
2016年01月11日 15:07撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
危険個所はないが、急な登りが何カ所もあります。
急登が続きます。400段の階段があるすぐ横なんで、当然といえば当然。
2016年01月11日 15:12撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登が続きます。400段の階段があるすぐ横なんで、当然といえば当然。
1
ここは岩を登ります。が、足を引っ掛けるくぼみがちゃんとあり、それほど難しくはありません。
2016年01月11日 15:13撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは岩を登ります。が、足を引っ掛けるくぼみがちゃんとあり、それほど難しくはありません。
1
ロープありますが、なしで登れます。
2016年01月11日 15:14撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープありますが、なしで登れます。
ここは落葉が多く、滑りやすかったです。
2016年01月11日 15:15撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは落葉が多く、滑りやすかったです。
1
そして水野道に合流。
2016年01月11日 15:17撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして水野道に合流。
1
左を向くと、栂尾山頂のすぐ下でした。
2016年01月11日 15:18撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左を向くと、栂尾山頂のすぐ下でした。
2
う〜ん、階段登ってくるより全然良かった。もう階段使わないかも。
2016年01月11日 15:19撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
う〜ん、階段登ってくるより全然良かった。もう階段使わないかも。
そのまま東へ向かいます。このくぼみ部分、鼻と口ってありました?
2016年01月11日 15:30撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのまま東へ向かいます。このくぼみ部分、鼻と口ってありました?
1
横尾山頂。
2016年01月11日 15:32撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横尾山頂。
1
いつもの光景。
2016年01月11日 15:40撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもの光景。
2
馬の背手前でアンパン食べました。人が少ない時は、馬の背すぐ西側は景色も良く、休憩にはもってこい。
2016年01月11日 15:44撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬の背手前でアンパン食べました。人が少ない時は、馬の背すぐ西側は景色も良く、休憩にはもってこい。
1
東山に到着。板宿方面へ。
2016年01月11日 15:54撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東山に到着。板宿方面へ。
1
今日はここを右に曲がり、高尾山を目指します。
2016年01月11日 15:58撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はここを右に曲がり、高尾山を目指します。
最初に少しだけ露岩帯があり、
2016年01月11日 15:59撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初に少しだけ露岩帯があり、
2
その後は茂みの中を進みます。
2016年01月11日 16:02撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後は茂みの中を進みます。
ここで左右に道が分かれてる?あれ?前こんな分かれ道あったっけ?
2016年01月11日 16:05撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで左右に道が分かれてる?あれ?前こんな分かれ道あったっけ?
まずは左に進んでみますが、どうも前と雰囲気が違う。途中で引き返し、右の道を進みました。
2016年01月11日 16:05撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは左に進んでみますが、どうも前と雰囲気が違う。途中で引き返し、右の道を進みました。
前回は高尾山頂を見つけられなかったので、今回こそと思っていましたが、今回も分からず。いったいどこ?
2016年01月11日 16:14撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回は高尾山頂を見つけられなかったので、今回こそと思っていましたが、今回も分からず。いったいどこ?
そのうちに、住宅街が目の前に。
2016年01月11日 16:23撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのうちに、住宅街が目の前に。
実はこれを直進すると、高尾台の住宅街に迷い込んでしまう。東須磨駅に行きたいなら、小屋前を左手前に曲がらないといけません。
2016年01月11日 16:24撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
実はこれを直進すると、高尾台の住宅街に迷い込んでしまう。東須磨駅に行きたいなら、小屋前を左手前に曲がらないといけません。
2
さきほどの小屋前を左に曲がり、少し進むと舗装路になります。
2016年01月11日 16:25撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さきほどの小屋前を左に曲がり、少し進むと舗装路になります。
1
けっこう高い場所に住宅街があるんですね。
2016年01月11日 16:28撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
けっこう高い場所に住宅街があるんですね。
1
ようやく東須磨駅に到着。
2016年01月11日 16:38撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく東須磨駅に到着。
3

感想/記録

12月中旬に左足部を痛め、診察受けると軽い骨折があり、3週間は無理しないようにと言われ、1か月近く山から遠ざかっていました。多少の痛みはあるが登れそうな感じになってきたので、歩き慣れた須磨アルプスを登りました。
意外にも急な登り下りとも痛みはなく、平地歩く時が一番骨折部に響くよう。左をかばいすぎたせいで右足に水ぶくれできました。ちょっとずつ調子を戻していこうと思います。
初めて通って文太郎道はなかなか良いですね。取り付き部分さえ分かれば、尾根道は明瞭で、急登であるがそれほど難しくはなく、これからこっちを通ることになりそう。
訪問者数:194人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 堰堤 馬の背 クリ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ