ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 795906 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

三ツ頭

日程 2016年01月11日(月) [日帰り]
メンバー Gipfel, その他メンバー2人
天候sun
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報たかねの湯 820円
http://www.okanokouen.com/takane/pg143.html
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

駐車場は閉鎖中なので、
天女山入口からスタート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場は閉鎖中なので、
天女山入口からスタート
2
あっという間に天女山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あっという間に天女山
天女山の由来
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天女山の由来
1
北岳と甲斐駒ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳と甲斐駒ヶ岳
3
徐々に雪が見えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徐々に雪が見えてきた。
ここが一番きつい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが一番きつい
1
鳳凰三山手前に見える特徴的な山
調べてみたら武川町の中山らしい
ヤマレコに記録もあった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳凰三山手前に見える特徴的な山
調べてみたら武川町の中山らしい
ヤマレコに記録もあった。
2
モミとダケカンバの混交林
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モミとダケカンバの混交林
前三ツ頭からの三ツ頭
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前三ツ頭からの三ツ頭
賽ノ河原的な場所
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
賽ノ河原的な場所
2
霧氷が眩しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷が眩しい
2
前三ツ頭分岐
木戸口公園からも歩いてみたいな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前三ツ頭分岐
木戸口公園からも歩いてみたいな
1
先月登った編笠山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先月登った編笠山
2
山頂部の右側に黄色いテントと赤いジャケットの人影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂部の右側に黄色いテントと赤いジャケットの人影
6
阿弥陀岳・中岳・赤岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳・中岳・赤岳
6
赤岳
雪が全く無い
天狗尾根も真っ黒
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳
雪が全く無い
天狗尾根も真っ黒
5
天狗尾根
良くもまぁ、あんなところを登ったもんだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗尾根
良くもまぁ、あんなところを登ったもんだ
3
茅ヶ岳と富士山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茅ヶ岳と富士山
6
中央アルプス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプス
5
奥秩父方面の山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥秩父方面の山
瑞牆山と金峰山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瑞牆山と金峰山
3
小川山の奥は三国山かな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小川山の奥は三国山かな?
1
前三ツ頭に戻ってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前三ツ頭に戻ってきた。
1
遠くに富士山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに富士山
小川山、瑞牆山、金峰山
この方向からの瑞牆山が好き
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小川山、瑞牆山、金峰山
この方向からの瑞牆山が好き
1
雪がないのに閉鎖中の駐車場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪がないのに閉鎖中の駐車場
1

感想/記録
by Gipfel

友人に一緒に山へ登ろうと誘われたので、三ツ頭へ登ることにしました。

韮崎駅でピックアップしてもらい、
天女山入口に駐車して登山開始しました。

期待していた積雪は全く無く、まるで秋山のようでした。
なだらかな傾斜を登って行くとあっという間に天女山山頂でした。

正面には三ツ頭が見えていました。
あまり登ることもなく進んでいくと、駐車場に出ました。
駐車場にも全く雪がなく、冬季閉鎖する必要はないのでは?と思いました。
まぁ、今年は暖冬なのでこれはレアケースなのかもしれません。
駐車場には白い野犬が一匹だけいました。

笹原の道を進んでいき、砂っぽい道になると天の河原に出ました。
振り返ると甲府盆地越しに富士山が見えていました。

しばらくはのんびりとゆるい上り坂を進んでいきました。
標高が2,000m近くなってくると傾斜がキツくなっていくと雪が見え始めて来ました。
凍結している場所が増えてきましたが、登りであればなんとか進めそうなので、
アイゼンは付けずに進んでいきました。

途中で一回休みをとりましたが、それほど苦労せずに前三ツ頭まで行くことができました。
前三ツ頭からは登山者の姿が増えてきました。
既に権現岳に登って戻ってきた人もいました。

風が強かったものの、ここで一休みしました。
岩が転がっていて賽ノ河原と言ったらピッタリな場所を通りぬけると、
その先はまた樹林帯に入りました。

積雪量は徐々に増えてきましたが、ラッセルの欠片さえなく、
どちらかと言うと凍結していることに悩まされました。

前三ツ頭分岐を過ぎるとすぐに三ツ頭山頂でした。
山頂は大展望が広がっていました。
真正面には八ヶ岳の主峰赤岳から阿弥陀岳、権現岳等が見えていました。

一昨年に登った赤岳の天狗尾根にも雪が全く積もっていないようで、真っ黒でした。
南アルプスもよく見えていました。
風が強かったので、樹林帯に戻ってから、そこで昼食としました。

昼食をとった後は、登ってきた道を戻りました。
前三ツ頭分岐では観音平方面の道も、そのうち歩きたいなーと思いました。

下りは凍結していたので、アイゼンを付けて下っていきました。
天の河原までの急な下り坂はアイゼン必須でした。

その先のなだらかなところでアイゼンを外しました。
天の河原から先は積雪もないので安心して歩けました。
訪問者数:449人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/7/24
投稿数: 45
2016/1/20 0:01
 甲武信三山ですね
三つ頭とはまた渋いところを・・・。
小川山の奥の山は甲武信三山ですね。甲武信ヶ岳の由来は甲斐、武蔵、信州の境というのが定説ですが、遠くからみると(東西どっちから見ても)拳のように見えるからという説もあるそうです。真ん中が低いけど
登録日: 2011/11/10
投稿数: 166
2016/1/20 23:26
 Re: 甲武信三山ですね
三ツ頭にはいろんな尾根があり、最近購入した登山地図にもコースが載っていたので、
下調べも兼ねての登山でした。

今回のコースから西隣に下記のコースが有るようです。
旧西井出登山道(御神楽尾根or材木尾根?)
旧大泉登山道(御題目尾根or御神楽尾根?)
1921標高点を通る尾根(大日向尾根)
更に西側が十二山尾根というようです。

インターネットで調べると尾根の名前がバラバラで間違っているかもしれません
いずれ歩いてみたいルートがいっぱい有りました!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ