ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 795938 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

登りに神塚尾根、下りに沢井尾根を使って高水三山

日程 2016年01月11日(月) [日帰り]
メンバー shinsan
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
往き:JR川井駅
帰り:JR軍畑駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間55分
休憩
1時間0分
合計
5時間55分
S川井駅08:0508:10山道入口08:4033号鉄塔09:10624mピーク(神塚山)09:1509:35惣岳山09:4510:25岩茸石山10:50高水山11:10岩茸石山11:5012:25惣岳山12:3012:50沢井駅分岐13:05544mピーク13:20490.5mピーク(樋口入)13:45新所沢線30号鉄塔14:00軍畑駅14:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
川井駅〜惣岳山の神塚尾根は、バリエーションコースです。
33号鉄塔までは巡視道がありますが、その後は踏み跡の薄い作業道になります。登りでは、尾根を外さなければ迷うところはありません。
また、惣岳山直下は、露岩帯交じりの急登になりますので、注意が必要です。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

一旦青梅街道に出て、御岳方面に戻って消防施設の横から林道に入る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦青梅街道に出て、御岳方面に戻って消防施設の横から林道に入る。
青梅街道から林道に入ると、ガード(線路)の下をくぐる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青梅街道から林道に入ると、ガード(線路)の下をくぐる。
1
ガードをくぐったすぐの所に、東電の道標が立っているが表示が見えにくくなっている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガードをくぐったすぐの所に、東電の道標が立っているが表示が見えにくくなっている。
ガードをくぐった直ぐの右側に山道が見える。これを、線路に沿うようにしばらく進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガードをくぐった直ぐの右側に山道が見える。これを、線路に沿うようにしばらく進む。
1
鉄塔の立つ尾根の側面の斜面を登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔の立つ尾根の側面の斜面を登る。
斜面を上からみたところ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜面を上からみたところ。
2
33号鉄塔に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
33号鉄塔に到着。
1
倒木の根に破れた手袋がささっていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木の根に破れた手袋がささっていた。
1
この写真を撮った後カメラが故障してしまったので、これ以降は写真無し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この写真を撮った後カメラが故障してしまったので、これ以降は写真無し。

感想/記録

先日、平溝尾根と沼沢尾根を使って高水三山をあるいたが、今回は、神塚尾根を登りに、沢井尾根を下りに使って、高水三山を歩くことにした。

川井駅で身支度ストレッチをして8時5分にスタートする。
駅のプラットホーム沿いの通路を通り、沼沢尾根の取り付きの階段を下りて、青梅街道に一旦出る。御岳方面に10m程進むと、消防施設がありその横から林道が始まっている。
林道に入り、ガード(線路)をくぐった直ぐ右側に山道が見える。
この道を、線路に沿うように御岳方面にしばらく進み、民家が数軒並ぶ上にでたところから、九十九折りに尾根筋に向かって登る。尾根に登り上げてから、尾根に沿ってしばらく進むと、傾斜がきつくなってきた。尾根の左側に作業道がのびているので、そちらに進んでみた。しばらくすると踏み跡が無くなるが、傾斜のややきつい尾根上にでるので、その尾根を上に向かい進むと、33号鉄塔の真下に上り上げた。最初の尾根を忠実に進むのが正しい道と思うが、今回のルートにも薄いながら踏み跡も見られるので、こちらでも良いのではないか。
鉄塔の下をくぐり尾根を登って行くと、小さなピークに到着する。頂上には、624m、神塚山と書かれた小さな木の杭が立っていた。写真を撮ろうとしたが、カメラが故障して動かず、これ以降は写真無しとなった。
ここから細尾根を進み、一旦下りわずかに登り返して、小さなピークに立つ。なぜか、1升ビンが2本転がっている。
そこから、細尾根をさらに進むと、目前に壁のような急坂が立ちはだかる。途中には、露岩帯も見える。ここ今日最大の難所であるが、良く観察すると、斜め左上の露岩帯の切れ目に向かって踏み跡があり、それを進み切れ目を過ぎると、今度は踏み跡は右上に向かう。この短い激坂を過ぎると直ぐに、惣岳山の頂上に出る。ここで一休みした後、岩茸石山経由で高水山に向かい、高水山から折り返し、岩茸石山に11:10頃到着した。ここで40分程昼食休憩をした後、惣岳山に引き返す。
惣岳山から、沢井駅方面の道を進み、沢井駅方面の分岐、544mピークと順調に進み、JR古里線の鉄塔をくぐり、490.5mピークについたが、ここに「樋口入り」と書かれた木札が立ち木に下げられていた。
さらに下り、新所沢線30号鉄塔、沢井配水施設を過ぎて、青梅街道に出る。青梅街道をすこし進み、軍畑駅入口の信号から上り坂を上がり、14時頃軍畑駅についた。
今回使った神塚尾根は、ヤマレコの記録では激坂が続くように書かれていたが、惣岳山直下を除くと、激坂という程の所は無く、大半がふみ跡がしっかりした歩き易い作業道だった。
訪問者数:246人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 林道 倒木 ストレッチ 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ