ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 796070 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走九州・沖縄

英彦山 冬枯れのハードハイキング

日程 2016年01月11日(月) [日帰り]
メンバー kirisame
アクセス
利用交通機関
電車バス
小倉駅7:00-8:45彦山駅 8:50-町営バス-9:02銅の鳥居バス停
神宮下バス停15:56-16:13彦山駅16:24-小倉駅18:15
バス200円(両替できません)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

銅の鳥居バス停9:05-9:40奉幣殿-10:35玉屋神社10:40-11:20鬼杉11:30-12:40南岳12:45-13:00英彦山神社-13:35北岳13:45-14:40豊前坊14:50-15:35神宮下バス停
コース状況/
危険箇所等
結構細かいアップダウンと鎖の修験道です
その他周辺情報電車・バスの乗り継ぎがぴったりで、周辺をウロウロする時間がとれませんでした
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

誰もいない静かな
石畳を歩き始めます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
誰もいない静かな
石畳を歩き始めます
1
奉幣殿を振り返る
遠くは霞んでます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奉幣殿を振り返る
遠くは霞んでます
1
杉林に朝日が射し込みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉林に朝日が射し込みます
玉屋神社の巨岩
上り下りで既にバテバテ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玉屋神社の巨岩
上り下りで既にバテバテ
1
このころは青空が
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このころは青空が
巨大な鬼杉が登場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨大な鬼杉が登場
2
このあたりだけ雪が残ってます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりだけ雪が残ってます
へばりまくりで山頂へhappy02
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
へばりまくりで山頂へhappy02
2
本宮へ向かいます
雪と泥のみち
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本宮へ向かいます
雪と泥のみち
北岳へ向かう冬枯れの道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳へ向かう冬枯れの道
1
北岳から犬ヶ岳方面
雲というか霞んでます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳から犬ヶ岳方面
雲というか霞んでます
1
苔むした岩の道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔むした岩の道
あ、あれが望雲台ですか
迷わずパスです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あ、あれが望雲台ですか
迷わずパスです
1
高住神社 お神酒とささ湯であったまります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高住神社 お神酒とささ湯であったまります
1
さて長い旅路を帰りましょう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて長い旅路を帰りましょう
1

感想/記録

関節を痛めていまいち気力が乗らず、連休をすっかり忘れてました。土曜の夜にあわてて山行を検討しましたが、手元には平日用プランしかありません。休日の前泊日帰りで英彦山なら軽く・・これが甘かった〜

町営バスで銅(かね)の鳥居へ、車窓から「大菩薩」「百羅漢」などの観光看板が見えます。きっと「奇岩めぐり」「胎内くぐり」なんてのもあるのかな。大鳥居前のバス停で下車、鳥居をくぐり、まだ人も少ない静かな石畳を歩きます(もう9時だけどね)。

久しぶりの山行でリハビリでもあり、登りは心臓が働いてくれません。玉屋神社を経て鬼杉にかけては細かいアップダウンがあり、つい数年前までこのくらいは走って行けるくらいだったのに、ここのところの不摂生がこたえます。
鬼杉から南岳へ、へばりながら到着するころには雲が空を覆ってしまい、景色は見えません。続けて中岳山頂の神社にお参りし、北岳へ向かいます。冬枯れの雰囲気もいいですが、ブナやシオジは紅葉は素敵でしょうね。三山を縦走したのでとりあえず良しとして、北に下山します。見上げる様な望雲台は当然パス(景色が見えそうになかったので!)、下山した高住神社でお神酒とささ湯を頂き、青年の家を横切り帰路につきました。結局最終バスぎりぎりの時間になり、またまた体力の低下にガックリする一日でした。

雪景色か霧氷も期待しましたが暖冬、神宮下のお土産屋のおばあちゃんは「昔は腰まで雪に埋まったんだけどねぇ」。
訪問者数:211人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

紅葉 ブナ 山行 シオジ 前泊 奇岩 クリ 霧氷
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ