ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 796147 全員に公開 雪山ハイキング中国山地西部

新庄毛無山1219m

日程 2016年01月11日(月) [日帰り]
メンバー ohkamo
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
広島方面からだと、この時期は冬季閉鎖道路があるため蒜山インターからアプローチするのがよさそう。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間45分
休憩
25分
合計
4時間10分
S駐車場10:2510:55五合目11:25大岩11:50毛無山12:40カタクリ広場13:0513:45白馬山14:35駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
今年は雪が異常に少ないので使わなかったけれども普段の雪の量だとワカンジキは必要だと思う。雪解けのスリップに注意が必要。小川でストックや靴を洗わないようにとの注意書きがされていました(下流で養殖をしている関係)。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー ザック 輪カンジキ 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス ストック カメラ

写真

去年雪たっぷりのヤマレコレポートを見てとても気になっていた新庄毛無山へ登ることに ところが登山口まで迷いに迷って10時過ぎに到着した。10時25分に出発
2016年01月11日 10:17撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
去年雪たっぷりのヤマレコレポートを見てとても気になっていた新庄毛無山へ登ることに ところが登山口まで迷いに迷って10時過ぎに到着した。10時25分に出発
毛無山登山道との道標に従い舗装林道を進む
2016年01月11日 10:26撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛無山登山道との道標に従い舗装林道を進む
右手の川に橋がかかっており道標には右へ橋を渡って2キロで白馬山とのこと
2016年01月11日 10:27撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手の川に橋がかかっており道標には右へ橋を渡って2キロで白馬山とのこと
山頂まで1.2kmとの道標のところから尾根へ
2016年01月11日 10:48撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂まで1.2kmとの道標のところから尾根へ
山肌は笹が雪で覆われている
2016年01月11日 10:48撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山肌は笹が雪で覆われている
山腹道を登り小さな沢沿いの道へ
2016年01月11日 10:57撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山腹道を登り小さな沢沿いの道へ
11時に山頂まで0.6kmとの道標がでてきた
2016年01月11日 10:59撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11時に山頂まで0.6kmとの道標がでてきた
左上へと進んでいくと大岩がでてきた。八合目・山頂まで0.3kmとある
2016年01月11日 11:25撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左上へと進んでいくと大岩がでてきた。八合目・山頂まで0.3kmとある
2
大岩から15分で避難小屋に到着
2016年01月11日 11:41撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩から15分で避難小屋に到着
2
動物の足跡
2016年01月11日 11:43撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
動物の足跡
三角の山が見えるがどこの山だろう(→金ヶ谷山1164m)
2016年01月11日 11:47撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角の山が見えるがどこの山だろう(→金ヶ谷山1164m)
1
左手に霧氷になった杉の大木
2016年01月11日 11:50撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手に霧氷になった杉の大木
11時50分山頂に到着
2016年01月11日 11:51撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11時50分山頂に到着
6
山頂は360度の大パノラマ
2016年01月11日 11:52撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は360度の大パノラマ
3
やっぱり朝鍋鷲ヶ山だろう(→金ヶ谷山1164mでした)
2016年01月11日 11:52撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっぱり朝鍋鷲ヶ山だろう(→金ヶ谷山1164mでした)
1
諦めていた霧氷をみることができた
2016年01月11日 11:52撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
諦めていた霧氷をみることができた
2
白馬山へと続く稜線
2016年01月11日 11:54撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬山へと続く稜線
5
四季を通じてとても心地の良い稜線歩きを楽しめそう
2016年01月11日 12:39撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四季を通じてとても心地の良い稜線歩きを楽しめそう
4
カタクリ広場に到着した。島根県俣野登山口1700m・白馬山1300m・毛無山600mとの道標あり
2016年01月11日 12:41撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カタクリ広場に到着した。島根県俣野登山口1700m・白馬山1300m・毛無山600mとの道標あり
ここで昼食タイム(12時40分〜13時05分)
2016年01月11日 12:41撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで昼食タイム(12時40分〜13時05分)
カタクリ広場付近から振り返ると新庄毛無山が良く見える
2016年01月11日 13:08撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カタクリ広場付近から振り返ると新庄毛無山が良く見える
1
北側には伯耆大山や蒜山があるが低い雲に覆われて見れない
2016年01月11日 13:19撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側には伯耆大山や蒜山があるが低い雲に覆われて見れない
何山だろう?
2016年01月11日 13:22撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何山だろう?
1
北に見えたスキー場(奥大山スキー場)
2016年01月11日 13:41撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北に見えたスキー場(奥大山スキー場)
霧氷回廊を愉しみ13時45分に白馬山に到着
2016年01月11日 13:45撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷回廊を愉しみ13時45分に白馬山に到着
1
白馬山からは、ぐんぐん高度を下げていく
2016年01月11日 13:54撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬山からは、ぐんぐん高度を下げていく
登山道が雪解けでドロドロになっていて滑りそうになる
2016年01月11日 14:07撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道が雪解けでドロドロになっていて滑りそうになる
植林帯を下っていく
2016年01月11日 14:17撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植林帯を下っていく
小川沿いの道となり橋を渡って登ってきた道と合流(14時半)
2016年01月11日 14:28撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小川沿いの道となり橋を渡って登ってきた道と合流(14時半)
毛無山山の家、宿泊できるらしい
2016年01月11日 14:31撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛無山山の家、宿泊できるらしい
14時35分に駐車場へ戻ってきた
2016年01月11日 14:33撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14時35分に駐車場へ戻ってきた
蒜山インター近くまで来ると伯耆大山や烏ヶ山が姿を現した
2016年01月11日 15:05撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蒜山インター近くまで来ると伯耆大山や烏ヶ山が姿を現した
4
去年何度も通った槍ヶ峰
2016年01月11日 15:07撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
去年何度も通った槍ヶ峰
6
撮影機材:

感想/記録
by ohkamo

去年雪たっぷりのヤマレコレポートを見てとても気になっていた新庄毛無山へ登るこ
とにした。山の位置・登山口は確認したものの登山口へはいったいどのルートをとれ
ばいいのか?蒜山インターからが無難そうだけどかなり遠回りになるので新見インタ
ーで下りてカーナビに従い向かってみることに。

前夜に出発して国道375号を北上し中国自動車道の神郷PAで車中泊とした。翌朝新
見インターで下りて進むも冬季通行止め・・。かなり迷って迷ってなぜか国道181号
を南下してようやく新庄村役場までやってきた。この先で道標に従い登山口に到着し
た。日蔭に雪がうっすらと残っている。

広い舗装された駐車場がありビジターセンター兼トイレもある。立派な登山口だ。車
が10台くらいとまっているがみな出発している。到着した時点で10時15分だから仕
方がない。時間が遅くて霧氷も期待薄か?

 10時25分に出発して毛無山山の家を右に見送り毛無山登山道との道標に従い舗装
林道を進む。ゲートがありマウンテンバイク乗り入れ禁止とある。説明書きによると
役行者小角により1300年前に開かれた修験の山で戦後に女人禁制が解かれたとのこ
と。

 右手の川に橋がかかっており道標には右へ橋を渡って2キロで白馬山とある。毛無
山は舗装林道をそのまままっすぐ進む(こちらも2キロとある)。やがて未舗装
路となった。ここに案内板がありアカモノ・ダイセンヤナギ・イワカガミなどが見ら
れるとある。山頂まで1時間で毛無山から朝鍋鷲ヶ山まで5時間で縦走できるらしい。

 やがて林道は終わり登山道となった。右に沢を見ながら登っていく。雪の上に踏み
跡がたくさんある。山頂まで1.2kmとの道標のところから尾根へと上っていく。右
手の山肌は笹が雪で覆われている。昨日の鷹ノ巣山では雪はまったくなかったけどさ
すがにここまで来ると雪が見れる。

 笹の下地の自然林帯を登っていく。山はなだらかでゆったりとした感じがする。10
時55分に5合目道標がでてきた。山腹道を登り小さな沢沿いの道へ。前方上に空が見
えるがさすがにそんなに甘くないだろう。でももう山頂が近いのかと期待してしま
う。尾根とも谷とも区別がつかないようななだらかな山腹を登っていく。11時に山頂
まで0.6kmとの道標がでてきた。すぐに六合大杉との道標とともに杉の大木がでて
きた。そういえば麓から杉の大木が点在している様子がみえていた。

 山腹を右上へと登っていくと七合目道標がでてきた。左上へと進んでいくと大岩が
でてきた(11時25分)。八合目・山頂まで0.3kmとある。頭上注意の注意板のかか
る木をくぐると前に稜線が見える。

 大岩から15分で避難小屋に到着した。ここが九合目だ。開けてみるが誰もいな
い。冬だからか窓が雨戸ですべて閉じてある。温度計がそとにかけてあり1.5度をさ
している。

 灌木と笹の中の登山道を進む。雪上に動物の足跡があるがなんなんだろう。山頂左
の稜線に霧氷が見えている。諦めていたけど霧氷の回廊を楽しめるかな。右手に三角
の山が見えるがどこの山だろう(金ヶ谷山1164m)。左手に霧氷になった杉の大木
がでてきた。そこを過ぎて11時50分山頂に到着した。

 山頂はだれもいない。時間が遅いのでみな下りたのだろう。360度の大パノラマ
だ。ただ見えるはずの伯耆大山や蒜山は雪雲に覆われているのか見えない。風がとて
も強く寒い。例の三角の山の稜線には登山道がついているのが雪のおかげでよく見え
ている。やっぱり朝鍋鷲ヶ山だろう(→金ヶ谷山1164mでした)。北には伯耆大山
の左(西)斜面が少しだけ見えている。たぶん今日は猛吹雪だろう。

 西側の稜線沿いの山肌にも霧氷が見える。一方、白馬山方面の稜線にも霧氷が見え
る。時間が遅いのでピストンも考えたがせっかくなので白馬山まで霧氷回廊の稜線歩
きをしてみることにした。

 笹と背丈の低い灌木の稜線でとても明るく気持ちがよい。前方から7〜8名の団体
さんが登ってくる。霧氷がとてもきれいですよと教えてくれる。こんなに心地の良い
稜線歩きは久しぶり。ここが人気なのもわかる気がする。

 12時40分にカタクリ広場にでてきた。島根県俣野登山口1700m・白馬山1300m
・毛無山600mとの道標がある。ここで昼食とした。振り返ると新庄毛無山が良く見
えている。ここからみると全山自然林に覆われている。広場のすみで昼食タイムとし
て13時05分まで休憩した。

 霧氷回廊を愉しみ13時45分に白馬山に到着した。こちらは木々で覆われている。
朝鍋鷲ヶ山5.1km・毛無山1.9km・登山口2.0kmとある。ここからぐんぐん高度を
下げ霧氷はみれない。登山道が雪解けでドロドロになっていて滑りそうになる。植林
帯を下っていくと右下に道が見え、そこから15分で小川沿いの道となり橋を渡って登
ってきた道と合流した(14時半)。14時35分に駐車場へと戻ってきた。登山口まで
来るのに迷いに迷ったけれども白馬山まで縦走でき霧氷もみることができ満足満
足(アイゼン・ワカンジキとも使用せず)。

 車での帰りは蒜山インターから高速道路にのったが途中、真っ白な伯耆大山が姿を
現し感激。東広島の自宅には17時半に到着した。次回はたっぷりと雪が積もった時に
登ってみたい。また春の家族ハイクにももってこいだ。




訪問者数:218人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ