ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 796237 全員に公開 雪山ハイキング蔵王・面白山・船形山

蔵王山 ☆スノーモンスターが見たかった!東北遠征1日目☆

日程 2016年01月09日(土) [日帰り]
メンバー nekojigenshichi7micco7
天候山頂付近はホワイトアウトの爆風!
アクセス
利用交通機関
車・バイク
蔵王温泉のロープウエイ駅駐車場へ、平日は無料ですが、土日祝日は1000円でした!

蔵王ロープウェイ往復料金2600円(JAFカード提示で10%off)
ロープウェイ地蔵山頂駅の最終時刻は16:30
樹氷のライトアップ(17:00〜21:00)をしている月日は要確認。
http://zaoropeway.co.jp/


経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち62%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間26分
休憩
1時間31分
合計
3時間57分
S蔵王地蔵尊10:1910:34地蔵山10:3810:54ワサ小屋跡分岐11:19熊野岳11:2511:26蔵王山11:3111:31熊野岳11:3511:36蔵王山11:4212:06馬の背分岐12:16熊野岳避難小屋13:0913:10熊野十字路分岐13:33ワサ小屋跡分岐13:3713:52地蔵山14:0114:15蔵王地蔵尊14:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道には木柱が立てられているため見失分ければ問題無い。
その他周辺情報☆宿泊
ホテルアルファーワン山形
http://www.alpha-1.co.jp/yamagata/

☆温泉
山形蔵王温泉「湯の花茶屋 新左衛門の湯」
http://zaospa.co.jp/

☆山形県の通行規制情報
http://www.pref.yamagata.jp/doro/
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 予備靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 ザック スノーシュー 昼ご飯 行動食 飲料 サーモス 地形図 コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ガイド地図 ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証コピー 携帯 時計 サングラス ゴーグル タオル ツェルト ストック カメラ

写真

四国から10時間半かけてやってきました。
2016年01月09日 08:58撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四国から10時間半かけてやってきました。
14
ロープウェイでゲレンデトップへと上がっていきます
2016年01月09日 09:46撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイでゲレンデトップへと上がっていきます
4
蔵王地蔵尊にお祈り
2016年01月09日 10:12撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蔵王地蔵尊にお祈り
11
小屋内で休憩しましょ〜
2016年01月09日 12:18撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋内で休憩しましょ〜
8
ストーブあるけど芯が無いそうで…
先に入っていた方がローソクをつけてくれていたので利用させてもらいます
2016年01月09日 12:26撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ストーブあるけど芯が無いそうで…
先に入っていた方がローソクをつけてくれていたので利用させてもらいます
4
さあ、昼飯も食べたし降りて行きましょか!
周りは何も見えません…
2016年01月09日 13:13撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、昼飯も食べたし降りて行きましょか!
周りは何も見えません…
2
木柱を見失わないように行きましょう
2016年01月09日 13:55撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木柱を見失わないように行きましょう
3
時折顔を出す太陽が幻想的な光景を演出
2016年01月09日 13:59撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時折顔を出す太陽が幻想的な光景を演出
7
玉こんにゃく、甘酒を頂きながら休憩
2016年01月09日 14:33撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玉こんにゃく、甘酒を頂きながら休憩
5
すんごい怪しい人に見えるmicco7さん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すんごい怪しい人に見えるmicco7さん
8
こちらにも怪しい人が!
って言うか、レストラン内でゴーグルする必要ないでしょ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらにも怪しい人が!
って言うか、レストラン内でゴーグルする必要ないでしょ!
3
ライトアップきた〜
2016年01月09日 16:55撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ライトアップきた〜
23
撮影機材:

感想/記録

今年は暖冬で西日本の山にはほとんど雪が無い!
それでは一気に東北地方で雪山三昧って事で、三連休を使って行ってきた!
手始めはスノーモンスターで名高い蔵王へ、四国からは北陸道を使い新潟経由で約12時間!
山形市内は雪は積もってないが登山道路を登って行くと中程からたっぷりの積雪!
二本のロープウエイで最上部の地蔵駅へ上がり、スノーシューで地蔵山に直登しますが、周りは真っ白で物凄い風が吹いています!
道標の柱を頼りに最高峰の熊野岳へ向かいますが途中からは柱もなくなり、二人のGPSを駆使して強風のなか山頂にある熊野神社の祠に到着!
祠はガチガチに凍り付き雪に囲まれていました!
休憩する場所も無いので、次の目的地刈田岳に向かうため馬の背に降りたが状況は変わらず、行っても何も見えなので避難小屋で昼食を摂ることに!
避難小屋には先客が3人ほど居たが、食事は終わったらしく私達と入れ替わりに出かけて行きました!
狭い入り口からやっと潜り込んだ避難小屋には石油ストーブが二つありましたが芯が無い?代わりのローソクが暖かい炎を揺らしてました!
食事が終わって出ても同じような感じ!帰りも道標の柱を辿って地蔵山から地蔵駅へ帰ったが、一時晴れ間が覗いてスノーモンスターが見えた!
駅のレストランでしばらく休憩、17時からのライトアップを観てからロープウエイで下山しました!


感想/記録

史上最大規模のエルニーニョによってもたらされた暖冬により四国にも雪が無い状態が続いており雪山を楽しみにしていたのに…
と、嘆いていても仕方が無く、それならば雪があるところへと行ってみましょう!
じゃあ、スノーモンスターが見てみたい!
という事で東北への遠征3daysの1日目は蔵王山に登りました。

蔵王スキー場からロープウェイで山頂駅へと上がり、スノーシューで歩き出すと楽しみにしていたスノーモンスターが!
まだ成長途中なんでしょうが初めて見る光景にテンション上がります。
これが見たかった!感動〜!!!
素晴らしい光景に見惚れながら登って行くと暴風ホワイトアウト状態。
何にも見えませんが登山道沿いに木柱が立っているので、それに沿って歩いて行きます。
途中から登山道を外れて熊野岳山頂付近へと登ると何処が山頂なんだろう〜?
って、ウロウロ…
社らしきものを発見してここが山頂と確認してから刈田岳を目指しますが暴風向かい風の中を刈田岳まで行くのはちょっと…1日目から修行ですか?
ちょっと止めておきましょう。
となって、とりあえず避難小屋方面へと向かいます。
遠くに避難小屋の入口と思しきものが見えてきて、近づいてみるとやはり避難小屋の入口でした。中に入っても−5℃ですが風が入ってこないので暖かく感じます。
昼食を食べ終え小屋外に出るとさらに何にも見えない状況…
3〜5m先しか見えずGPS2台で方向が間違っていないかダブルチェックしながら歩いていきます。
ほどなくして木柱が出てきて進むべき方向は分かりますが、それでもなおGPSで方向確認しながら慎重に歩いて行きます。
地蔵山へと戻ってきて、スノーモンスターを鑑賞しながらロープウェイ山頂駅へと下っていきライトアップが始まる時間まで休憩することに。

17時前よりライトアップが始まり、幻想的な光景に後ろ髪をひかれる思いですが移動時間もあるのでロープウェイにて麓へと降り、温泉、食事をしてから山形市内へと移動し宿泊。
ホテルへと着くと安堵感からなのか疲れがドッと出てすぐに就寝の1日目でした。

2日目は西吾妻山へ。
訪問者数:1287人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ