ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 796434 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

厳冬期白峰三山単独縦走 奈良田周回

日程 2016年01月09日(土) 〜 2016年01月10日(日)
メンバー liew2fow
天候晴れ
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
17時間10分
休憩
1時間30分
合計
18時間40分
S奈良田ゲート00:1003:00大門沢小屋03:4011:40農鳥岳11:5012:50西農鳥岳13:0014:00農鳥小屋14:2017:00間ノ岳17:1018:10中白根山18:0018:40北岳山荘
2日目
山行
7時間50分
休憩
2時間0分
合計
9時間50分
北岳山荘06:1006:30トラバースルート分岐07:0007:20吊尾根分岐08:00北岳08:3009:00八本歯のコル09:2010:10ボーコン沢ノ頭11:30池山御池小屋11:5013:20アルキ沢橋BS13:4016:00奈良田ゲート16:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

さ。いよいよスタート。無事に帰れることを祈ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さ。いよいよスタート。無事に帰れることを祈ります。
今回は大門沢からの縦走なのでバス停を左に登っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は大門沢からの縦走なのでバス停を左に登っていきます。
工事が終わり工事用道路の橋が撤去されていました。
上へまわり吊り橋を渡ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
工事が終わり工事用道路の橋が撤去されていました。
上へまわり吊り橋を渡ります。
小さな発電所的なところの2つ目の吊り橋。
めっちゃゆれる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな発電所的なところの2つ目の吊り橋。
めっちゃゆれる。
普段ならこの辺も凍ってますが、全然。
3つ目の橋を渡る辺りから雪が出てきますが、
大門沢小屋までクロックス。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
普段ならこの辺も凍ってますが、全然。
3つ目の橋を渡る辺りから雪が出てきますが、
大門沢小屋までクロックス。
1
小屋でブーツに履き替え
2100辺りでアイゼンを装着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋でブーツに履き替え
2100辺りでアイゼンを装着。
稜線辺りで見たかったですが、今回はスローペースの為樹林帯でのご来光・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線辺りで見たかったですが、今回はスローペースの為樹林帯でのご来光・
2
途中、標高がわかるようになっています。
あ、途中でブラックダイヤモンドの黒の手袋拾いました。
多分正月に行かれた方。
きづいたら連絡ください。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、標高がわかるようになっています。
あ、途中でブラックダイヤモンドの黒の手袋拾いました。
多分正月に行かれた方。
きづいたら連絡ください。
このままピンクテープを追うと雪崩地帯トラバースになるのでトレースを追い上の方へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このままピンクテープを追うと雪崩地帯トラバースになるのでトレースを追い上の方へ。
正月のトレースがいたる所にありますが、ハイマツに雪が乗ってなさそうなので、斜めに夏道の方へ
後から来た方はまっすぐいって断念してトラバースしたらしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正月のトレースがいたる所にありますが、ハイマツに雪が乗ってなさそうなので、斜めに夏道の方へ
後から来た方はまっすぐいって断念してトラバースしたらしい。
1
表面はクラストしてますが、膝までは埋まる。
やな感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表面はクラストしてますが、膝までは埋まる。
やな感じ。
上部は風が渦を巻いてます。
風が強いのだろうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上部は風が渦を巻いてます。
風が強いのだろうか。
2
やっと固められたトレースにでました。
あの先は下降点!もうちょいだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと固められたトレースにでました。
あの先は下降点!もうちょいだ。
1
大門沢下降点にでました。
雪も風もなし。
快適です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大門沢下降点にでました。
雪も風もなし。
快適です。
3
あの先のピークまで。
トレースは風でなくなってるが、固まってそうなところを選んで進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの先のピークまで。
トレースは風でなくなってるが、固まってそうなところを選んで進む。
2
足首までだったり、腿まで踏み抜いたり。
このランダムな感じが一番体力奪われる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足首までだったり、腿まで踏み抜いたり。
このランダムな感じが一番体力奪われる。
1
ピークから大門沢下降点方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークから大門沢下降点方面。
6
途中で出会った日帰りの縦走者に撮ってもらう。
俺ももうチョイ荷物軽くしてくればよかったぁぁぁ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で出会った日帰りの縦走者に撮ってもらう。
俺ももうチョイ荷物軽くしてくればよかったぁぁぁ。
8
農鳥から西農鳥方面。
夏道でゆっくり進める。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
農鳥から西農鳥方面。
夏道でゆっくり進める。
4
西農鳥から農鳥方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西農鳥から農鳥方面。
5
西農鳥つきましたよ。
間の岳も雪なさそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西農鳥つきましたよ。
間の岳も雪なさそうです。
1
この分岐で右に下降していきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この分岐で右に下降していきます。
1
あ、こっちも雪ないし楽勝そう★
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あ、こっちも雪ないし楽勝そう★
1
と、思ったらココクライムダウン。
切れてる〜〜
楽勝ですが、怖い人は怖いだろう。
初心者は確保を。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と、思ったらココクライムダウン。
切れてる〜〜
楽勝ですが、怖い人は怖いだろう。
初心者は確保を。
1
核心部降りてきた所。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
核心部降りてきた所。
農鳥小屋。
思ったより埋まってないんだよな。
うまく掘ればビバークOK
行動食をブッコみ少し休憩して進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
農鳥小屋。
思ったより埋まってないんだよな。
うまく掘ればビバークOK
行動食をブッコみ少し休憩して進みます。
4
降りてきた農鳥岳を望む。
頂上直下の白い所が核心です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降りてきた農鳥岳を望む。
頂上直下の白い所が核心です。
2
はい。間の岳に進みますよ~。
この辺から少し風が出てくる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はい。間の岳に進みますよ~。
この辺から少し風が出てくる。
1
左の方から上がるが最後20Mは前爪で登って行った。
反対方向の下降は怖い人は怖い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の方から上がるが最後20Mは前爪で登って行った。
反対方向の下降は怖い人は怖い。
1
ついに日が暮れます。
なんとか分岐まで到着。
ここから頂上までちょっとあるんだよね〜。
風がめっちゃ強くなってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついに日が暮れます。
なんとか分岐まで到着。
ここから頂上までちょっとあるんだよね〜。
風がめっちゃ強くなってきた。
3
富士山も夕日に染まってきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山も夕日に染まってきます。
5
あ〜
きれいだ〜
こんな中俺一人〜
風強い〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あ〜
きれいだ〜
こんな中俺一人〜
風強い〜
3
見えた!
間の岳頂上!
ココまできたら山荘まで行くしかない!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えた!
間の岳頂上!
ココまできたら山荘まで行くしかない!
5
北岳も赤く染まります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳も赤く染まります。
6
ついに到着。
17時。
休憩もなしに先をいそぐ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついに到着。
17時。
休憩もなしに先をいそぐ。
5
ちょっと滑落。一回転。
でも、大丈夫。
もう真っ暗。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと滑落。一回転。
でも、大丈夫。
もう真っ暗。
何とか18:40頃に山荘へ到着・
夕飯も食べず即寝。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何とか18:40頃に山荘へ到着・
夕飯も食べず即寝。
1
2度寝がたたって6:20分頃出発。
トラバース分岐で日の出を眺める。
昨日よりさらに風が強く体が持って行かれる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2度寝がたたって6:20分頃出発。
トラバース分岐で日の出を眺める。
昨日よりさらに風が強く体が持って行かれる。
5
ここから間の岳見るとめっちゃ雪はあるが
間の岳〜北岳間が一番雪がある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから間の岳見るとめっちゃ雪はあるが
間の岳〜北岳間が一番雪がある。
5
吊尾根分岐に到着。
ここが一番風が強い。
ストックでバランスをとりゆっくり進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊尾根分岐に到着。
ここが一番風が強い。
ストックでバランスをとりゆっくり進む。
1
普段なら何ともないトラバースも西風で思うように進めず、風が弱まったすきを狙って前へ進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
普段なら何ともないトラバースも西風で思うように進めず、風が弱まったすきを狙って前へ進む。
3
雪があれば稜線沿いに行こうと思ったが
年末より雪が消えているので夏道を選ぶ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪があれば稜線沿いに行こうと思ったが
年末より雪が消えているので夏道を選ぶ
2
正月だいぶ人が入ったみたいでトレースはしっかり。
階段状になっていて危険個所ではない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正月だいぶ人が入ったみたいでトレースはしっかり。
階段状になっていて危険個所ではない。
ついに到着。
厳冬期の白根三山縦走コンプリート。
後は降りるだけだ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついに到着。
厳冬期の白根三山縦走コンプリート。
後は降りるだけだ!
6
八本歯まで降りダウンを脱ぎ
手袋を薄いのに替えゴアも脱いだ。
風がないと天国。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八本歯まで降りダウンを脱ぎ
手袋を薄いのに替えゴアも脱いだ。
風がないと天国。
八本歯のコルから北岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八本歯のコルから北岳
4
よく見るとバットレス中央稜に2人取りついている。
雪質はよく締まっており登りやすいだろうな。
次の目標は、ここだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よく見るとバットレス中央稜に2人取りついている。
雪質はよく締まっており登りやすいだろうな。
次の目標は、ここだ。
4
俺の好きなこの稜線。
富士山を眺めながらゆっくり歩く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
俺の好きなこの稜線。
富士山を眺めながらゆっくり歩く。
2
稜線の真ん中あたりからみるバットレス。
ここが一番きれいに見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線の真ん中あたりからみるバットレス。
ここが一番きれいに見える。
5
富士山を眺めながら
疲れをいやす。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山を眺めながら
疲れをいやす。
1
亡魂の頭到着
休憩なしで先へ進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
亡魂の頭到着
休憩なしで先へ進む。
1
樹林帯はきれいにトレースが出来ている。
誰かが言ってた高速道路ww
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯はきれいにトレースが出来ている。
誰かが言ってた高速道路ww
池山御池避難小屋
ここまで雪が降りていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池山御池避難小屋
ここまで雪が降りていた。
2
倒木がたくさんある急坂まで雪があり、そこを過ぎたあたりでアイゼンを脱ぐ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木がたくさんある急坂まで雪があり、そこを過ぎたあたりでアイゼンを脱ぐ。
あるき沢登山道入り口まで到着。
ここまでブッ飛ばした。
後林道を12km  www
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あるき沢登山道入り口まで到着。
ここまでブッ飛ばした。
後林道を12km  www
これで半分・
両足にマメができる。
でも後1時間半。気合を入れる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これで半分・
両足にマメができる。
でも後1時間半。気合を入れる。
こんな林道をひたすら歩く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな林道をひたすら歩く。
これが最後のトンネル。
長くきつい戦いが終わる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが最後のトンネル。
長くきつい戦いが終わる。
無事に生きて帰ってこれました。
後は温泉で。。。天国・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に生きて帰ってこれました。
後は温泉で。。。天国・
2

感想/記録

2016.1.9-10
厳冬期白峰三山単独縦走
9日8時気温-16℃ 10日7時気温-18℃
天気の予報が良かったので
かねてから計画していた厳冬期の白峰三山縦走を実行に移す。
計画書は池山吊尾根から北岳山荘泊
雪の状態や風によっては停滞か農鳥小屋ビバークで考えていたが
予報の風の強さを考慮し
行きの車の中で計画変更。
大門沢からINし北岳山荘まで一気に行ってしまえば
日曜風が多少強くても登頂し一気に降りれると考え
奈良田発電所を0:00に出発。
長時間行動を考えスローペースで進む。
大門沢下降点の冬ルートはハイ松に雪が付いていないため
夏道を選択し、膝ラッセル。
正月のトレースは風で薄くなっていた。
農鳥到着11:40
いくらなんでもちょっと遅すぎる。
雪が十分締まっておらず、足を取られながら進む。
追いつかれた日帰り登山者に山頂で写真を撮ってもらい
今日は進めるだけ進んでビバークでもいいくらいの
考えで進む事にする。
西農鳥からの下降は7.8m位のクライムダウンがある程度だが
慣れてない人は怖いだろう。
農鳥〜間の岳はほぼ雪はついていない。
間の岳山頂手前に20mほど前爪でクライムアップする場面があったが
雪がしまりアイゼンもよく効いた。
間の岳5:00
日が落ちる前に行けるだけ行きたかったが、
ここまで来ると、山荘まで頑張った方がいい。
風が強くなり、どれだけ動いても寒い。
バラクラバが凍って鼻が痛い。
ヘッデンで薄いトレースを探しながら前へ進む。
真っ暗ななか、トラバースしていると
急に腰まで山側にしずんだ。
ストックでバランスを取ろうとするがストックも埋まり
一回転して滑落。
なぜか下の方はクラストしており、
アイゼンが引っかかって1mほどで停止した。
こんな事ではもう、ドキドキもしないほど疲れ果てており
なんとかルーファイしながら山荘へたどり着く。
北岳山荘6:45
登山者一名が先にいた。
彼は明日農鳥方面へ行くと言う。
西側を通るルートは強風で大変だろう。
食事を作る事もできず
そのまま就寝。
翌日6:20頃出発
稜線に出ると体を持って行かれるような強風。
ルート変更をしてよかったなと思いながら、
8:00北岳登頂
下を見ると多くの登山者が登ってくる。
だいたい20名だろうか。
吊尾根方面へ降りればこの強風から逃れられる。
その一心で素早く下山した。
4:00 奈良田発電所到着
両足にマメができ久しぶりにあちこちが痛い。
2泊で行けば楽だったろうが
今回も自分に打ち勝つことができた山行でした。



訪問者数:1268人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/12/12
投稿数: 1260
2016/1/12 17:58
 こんにちは
liew2fowさん、初めまして
八本歯のコル付近ですれ違った者です。

『もう登ってこられたのですか?早いですね。』の問いに『農鳥から来ました。』と言っていたのを覚えてます。
ヤマレコユーザーさんだったのですね!!

今年は雪が少ないとはいえ、とても真似できることのできないようなハードな山行ですね
1回転したくらいじゃ驚かないってところもビックリです(笑)

お疲れさまでした
登録日: 2013/5/15
投稿数: 2507
2016/1/12 21:58
 流石です!!!
liew2fowさん、明けましておめでとうございます!
僕はてっきり年末の北岳に行っておられたので、この三連休に北岳に行くとは思っていませんでした
もし分かっていればご一緒したかったので残念です

それにしても、ハイブリッドが更に進化されているようで正月のトレースが消えても、この工程を歩き通すのですから本当に素晴らしいです!!!
またどこかご一緒出来るのを楽しみにしています
登録日: 2013/9/10
投稿数: 57
2016/1/13 10:14
 Re: 流石です!!!
おめでとうございます!
誘う事も考えたのですが、多分ペースについていけないし
しかも、今回はどうしてもソロで行きたかったので((+_+))

でも何とかコンプリートできました。
もうちょっと雪が降ったらどこか行きましょう!
登録日: 2010/5/9
投稿数: 1895
2016/1/14 8:14
 お会いしましたね
liew2fowさん 初めまして

北岳山頂直下でお会いした5人組です。
『只者じゃない!』って雰囲気満載でしたが、レポを読んで納得です
ここまで時間を詰めれば一泊二日で行けるんですね

コメントを書かれているkaikaireiさんとはヤマレコ繋がりで、春・秋に丹沢24Hと称して、100Km前後を走破する遊び仲間です。 世の中は狭いなぁ
登録日: 2013/9/10
投稿数: 57
2016/1/14 9:04
 Re: お会いしましたね
あ!あのグループの方ですね。
無事帰還お疲れ様でした。

健脚の人ならもうちょっと早くいけるんだろうけど、
ちょっと休憩しすぎましたww
西側は風が強いのであんまり雪が付いてないのも幸いでした。

世の中狭いっすw 
彼とも鋸〜甲斐駒縦走の時に出会いました。
また、どこかでお会い出来るの楽しみにしておきます。
登録日: 2013/9/10
投稿数: 57
2016/1/14 9:05
 Re: こんにちは
お疲れ様です。
お互い無事に帰還出来て何よりです。

昔のレコで女の子がソロでやってたのを見て
どうしてもやってみたかったルートなのです。

また、どこかでお会いしましょう。
登録日: 2014/12/13
投稿数: 2
2016/1/22 0:21
 お疲れ様でした!
当日北岳山荘でお会いしたものですー。無事縦走お疲れ様でした!
1泊2日でやり遂げるとはすごいです・・・

僕は翌日暴風の中なんとか縦走して奈良田まで降りられました。
素晴らしい景色でしたね!(^^)

またいつかどこかの山でお会いしましょう!
登録日: 2013/9/10
投稿数: 57
2016/1/26 16:37
 Re: お疲れ様でした!
こんにちわ。
次の日、朝から風が強かったので心配していました。
無事に帰還できてなによりです。
安心しました。

また、どこかで会いましょう。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ