ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 796697 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

丹沢 大倉〜塔ノ岳〜丹沢山〜蛭ヶ岳 ピストン

日程 2016年01月10日(日) [日帰り]
メンバー norikono
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
バス
行き 渋沢6:48→大倉(始発)
帰り 大倉16:55→渋沢
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間40分
休憩
40分
合計
10時間20分
S大倉バス停07:0007:40大倉山の家08:00見晴茶屋08:20駒止茶屋08:40堀山の家09:10花立山荘09:30金冷シ09:40塔ノ岳09:5010:10竜ヶ馬場10:50丹沢山10:1011:30棚沢ノ頭11:4011:40鬼ヶ岩ノ頭12:10蛭ヶ岳12:3012:50鬼ヶ岩ノ頭13:00棚沢ノ頭13:50丹沢山13:50竜ヶ馬場14:40塔ノ岳14:50金冷シ15:00花立山荘15:40堀山の家16:10見晴茶屋16:40大倉バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
※大倉⇔蛭ヶ岳の地図でのコースタイムは、往復で11時間20分かかります。
通常のコースタイムのスピードの方は、始発のバスでスタートしても日暮れまでに帰れないのでご注意ください。

当日は積雪なし、アイゼン不要
塔ノ岳〜蛭ヶ岳は霜が解けると泥でぬかるむためゲイターがあるといいです
階段が多いので膝が弱い方はストックがあるほうがいいです
丹沢山〜蛭ヶ岳は鎖場あり
その他周辺情報大倉バス停は自販機や売店あり
温泉は渋沢から山北まで出てさくらの湯に立ち寄り
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 グローブ 防寒着 ゲイター 昼ご飯 行動食 飲料:冷たい飲み物500ml 温かい飲み物300ml 昼食用のお湯500ml ゼリー飲料1

写真

夜明けの大倉バス停
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜明けの大倉バス停
2
最初は舗装路です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は舗装路です
大倉高原山の家前から相模湾、伊豆方面の展望
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大倉高原山の家前から相模湾、伊豆方面の展望
見晴茶屋を越えると階段の多い登りが続きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴茶屋を越えると階段の多い登りが続きます
ところどころ平坦な道もありつつ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところどころ平坦な道もありつつ
キツイ登りですが、左手に富士山が見えてきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キツイ登りですが、左手に富士山が見えてきます
1
ずっとこんな感じの登りです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずっとこんな感じの登りです
1
だんだん裾野を現す富士山を励みにどんどん登ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだん裾野を現す富士山を励みにどんどん登ります
3
振り返ると、朝の光に輝く相模湾もきれいです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると、朝の光に輝く相模湾もきれいです
2
この階段をのぼれば花立山荘
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この階段をのぼれば花立山荘
1
広い裾野まで見えてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い裾野まで見えてきました
2
花立からの富士山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花立からの富士山
4
金冷シから先は、眺めのいい富士山の写真を撮ってばかりでなかなか進みません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金冷シから先は、眺めのいい富士山の写真を撮ってばかりでなかなか進みません
1
尊仏山荘の野良ネコ 人懐っこいです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尊仏山荘の野良ネコ 人懐っこいです
3
塔ノ岳から丹沢山に向かう最初の下りにわずかに雪がのこっていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳から丹沢山に向かう最初の下りにわずかに雪がのこっていました
竜ヶ馬場 丹沢山への稜線がいい眺めです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜ヶ馬場 丹沢山への稜線がいい眺めです
3
霜が降りています 帰りには霜が溶けてぬかるんだ道になってしまいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霜が降りています 帰りには霜が溶けてぬかるんだ道になってしまいます
丹沢山に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢山に到着
2
さらに蛭ヶ岳へ向かいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに蛭ヶ岳へ向かいます
1
これから行く稜線を見ながら歩くのは楽しいです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから行く稜線を見ながら歩くのは楽しいです
不動の峰 真正面に富士山を見ながら歩きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動の峰 真正面に富士山を見ながら歩きます
2
蛭ヶ岳が見えました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳が見えました
2
鬼ヶ岩の頭 ここから急に岩が露出した鎖場になります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼ヶ岩の頭 ここから急に岩が露出した鎖場になります
鬼ヶ岩の頭からの下り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼ヶ岩の頭からの下り
2
あともう少し
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あともう少し
蛭ヶ岳山頂に到着です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳山頂に到着です
4
蛭ヶ岳からの富士山アップ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳からの富士山アップ
2
風がなく日差しがあるので、のんびり昼食タイムです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風がなく日差しがあるので、のんびり昼食タイムです
1
アルプス方面もよく見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アルプス方面もよく見えます
1
さあ下山です 宮ヶ瀬湖方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ下山です 宮ヶ瀬湖方面
2
鎖場を今度は登ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場を今度は登ります
鬼ヶ岩の頭から振り返って、蛭ヶ岳の稜線越しの富士山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼ヶ岩の頭から振り返って、蛭ヶ岳の稜線越しの富士山
1
振り返って蛭ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って蛭ヶ岳
行き先の稜線の向こうに街が見えて、帰り道の景色もいいです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行き先の稜線の向こうに街が見えて、帰り道の景色もいいです
丹沢山に帰ってきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢山に帰ってきました
1
アップダウンの激しい道のりです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップダウンの激しい道のりです
1
丹沢山〜蛭ヶ岳はぬかるみドロドロ道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢山〜蛭ヶ岳はぬかるみドロドロ道
残雪は塔ノ岳すぐ北側の斜面だけでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残雪は塔ノ岳すぐ北側の斜面だけでした
塔ノ岳からの富士山 午後になると雲が湧き逆光で残雪が見えない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳からの富士山 午後になると雲が湧き逆光で残雪が見えない
1
長く続く階段の下り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長く続く階段の下り
日が傾いてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が傾いてきました
夕暮れに大倉バス停まで帰ってきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕暮れに大倉バス停まで帰ってきました
1

感想/記録

三連休を利用して丹沢山へいってきました。

蛭ヶ岳へは行けたら行こうというくらいの気持ちでしたが、順調なペースで進めたので行ってきました。

丹沢へは以前GWの時期に来ましたが、富士山が霞んで見えなかったので、冬を狙って来ました。
道中話を聞くと、やはり富士見登山は空気の澄んだ秋冬がいいとのこと。
暖かくて風のないこの日はベストコンディションとのことで、いい日に登ることができました。
富士山の撮影は、午後は雲が湧き霞むのと、丹沢からは逆光になるため、午前中のほうがきれいに撮影できると思います。
訪問者数:275人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ